結婚式にお呼ばれ!黄色ドレスに似合う基本コーデやマナー

結婚式に招待をされたら、服装が気になりますよね。新しくドレスを新調される方もいらっしゃるでしょう。そんな時に目を引くのは鮮やかな色やきれい色。今回はそんなきれい色の黄色に注目をして基本コーデについて紹介をいたします。

まずは自分に似合う黄色選び。そして合わせるカラーのポイント、さらに結婚式のお呼ばれで、黄色のドレスを着る場合の注意点もご紹介をしていきます。似合うコーデを見つけて、黄色のドレスを着こなしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

恋愛に奥手な男性の特徴と心理・女性からのアプローチ方法を解説

片思い中の男性との恋がなかなか進展せずにじれったい思いをしている女性の中には、恋愛に奥手な男性の特徴...

恋愛下手な男性の特徴と上手に付き合う方法について

付き合い出した彼氏の態度がなんだかそっけない時、本当に自分の事が好きなのか不安になるかもしれません。...

恋愛が苦手な男性を振り向かせるコツとポイントを紹介します

恋愛の苦手な男性を振り向かせるにはどうしたらいいのでしょうか。恋愛の苦手な男性と仲良くなるには、まず...

既婚男性を落とす方法はあるけれど、それに伴うリスクもある

既婚の男性に恋をしてしまう女性は多いです。なぜなら独身女性からすると既婚男性は魅力的な部分が多い...

失恋を引きずる女性の特徴と失恋から早く立ち直るための方法

失恋を引きずるのは女性よりも男性と耳にしますが、一概には言えず女性でも長く失恋を引きずってしまう方も...

彼氏は私の体が目的?体目的男の特徴と彼の気持ちを判断する方法

彼氏とお付き合いをしていても、あまり自分に対する愛情を感じられず、もしかしたら体が目的で付き合ってい...

54歳男性の恋愛、求める女性像や恋愛観についてご紹介

50代でもまだまだ若く魅力的な男性が増えています。そんな50代男性に惹かれる若い女性の方も少なくはあ...

社会人になってから彼氏ができない理由と彼氏作りのポイント

社会人になると多くの方が彼氏ができない、できにくくなったと感じています。なぜ学生時代...

ずっと愛される女性に多い特徴と居心地の良い彼女になる方法

ずっと愛される女性になりたい。そう考える女性は多いと思います。彼氏ができてもいつも長続きしないという...

高学歴の男性が好きなタイプや結婚相手として選ぶ女性

高い学歴の男性はどんな女性が好きなのでしょうか。好きなタイプは人それぞれですが高学歴の男性の特徴から...

妊婦の妻を持つ旦那は浮気しやすい傾向にある。その理由について

妊婦の妻がいるのに旦那が浮気をするケースはとても多いです。うちの旦那は安心と思っていても、妊娠中...

30歳実家暮らしの男のイメージは悪いが良い部分もある

彼氏が30歳、実家暮らしだったら、このまま付き合っても良いのか迷う女性が多いでしょう。「30...

彼氏の女友達に嫉妬して喧嘩!仲直り方法と上手な気持ちの伝え方

付き合っている彼氏の女友達に嫉妬心を抱き、彼氏と喧嘩をしてしまったときは、どうにかして彼氏と仲直りが...

職場の先輩と恋愛関係になりたい!男性心理とアプローチ方法

職場の先輩に恋愛感情を抱いてしまうというのは、よくある話です。テキパキと仕事をこなす男性の姿は魅...

40歳バツイチ男性の恋愛観と新しいパートナーに求めるもの

好きになったのが40歳のバツイチの男性。はじめからバツイチと知っていて好きになったという場合もあれば...

スポンサーリンク

自分に似合う黄色選びが重要

黄色のドレスで「品のある可愛さにしたい」時

  • タンポポのようなイメージのはっきりした黄色はドレスの形によっても変わりますが、元気な黄色でも落ち着いた感じに見えます。
  • 薄く透明感のある黄色は落ち着きのある上品な雰囲気を出すことができます。つけるアクセサリーによっては可愛くコーデする事が出来ます。

黄色のドレスで「落ち着いた雰囲気を出したい」時

  • くすんだ感じの黄色は華やかな黄色と違って落ち着きが出ます。黄色の中でも取り入れやすい黄色のため初めての方にはおすすめです。
  • マスタードイエローはからし色とも呼ばれていて落ち着きのある黄色です。普段あまり明るい色を着ない方でも、挑戦できる黄色のひとつです。
自身の雰囲気や肌や髪の色によっても見え方が変わってきます。何色かあわせて全身を見てみましょう。また使うアクセサリーでも違った印象に変わるため全体のコーデも考えておくといいでしょう。

黄色ドレスのコーデ!合わせる色に困った時のポイント

黄色と紺色

黄色が多いと元気なはつらつとしたイメージになり、紺色が多いコーデだと落ち着いた感じになります。色の割合や小物によって雰囲気が変わります。

黄色とグレー

上品なおとなしいイメージになります。暖かい季節には薄めのグレーを合わせたり、寒い時期には濃いグレーやチャコールグレーでコーデしてみましょう。

反対の色を合わせる事で黄色のドレスの華やかさを引き立たせることができます。

近い色を合わせるときは、お互い主張するような濃い色を合わせず、少しスモーキーな感じのくすんだ色同士を合わせる事で、浮いた雰囲気に慣らず落ち着いた着こなしができます。

小物やバッグにさし色や同色の濃くはっきりした色を取り入れてみると、全体が締まり小物ひとつでドレスのイメージや見た目の雰囲気を変える事が出来ます。

色を使いすぎないのもドレスコーデのコツ

ドレスで重きを置くカラーを決める

3色使いのコーデのときは、全部は同じ面積だと品がかけてしまう

面積を大きく占めるベースとなるカラーと、アクセントとなるカラー、さし色になるアクセントカラーの面積を考えてコーデしましょう。

ベースカラー

ワンピースやスカート、パンツなど人から見て目を引くような面積を占めるアイテムにベースカラーをもっていきましょう。

さし色

ベースになる色をはっきりと発色させる色を使うと良いでしょう。その場合は小物であまり大きくないものにさし色を入れると良いでしょう。

さし色は同系色ではなく反対の色や、原色系を使うと全体が締まり綺麗に見えます。

3色のうち1アイテムは異素材や柄を取り入れる

全部が無色だったり同じ様な素材のものの場合は違う素材のものや、柄が入っているものを取り入れてみましょう。大きく雰囲気を変えてしまうものはカジュアルになってしまうので少しずれている程度のものにしましょう。

着る服のテーマを決める

元気に見える、大人っぽくに見える、女性らしくしなやかな感じにと見せたいテーマを決めて色合いを考えましょう。元気に見せたいときははっきりしたビタミンカラーを、大人っぽく見せたいときはグレーや深いブルー、女性らしくしなやかにみせたいときは薄い青やグリーンを入れるなどテーマを決めて配色を決めると考えやすく、満足のコーデに近づきます。

黄色のドレスを結婚式のゲストで着ていく場合の注意点

黄色の元気で幸せなイメージからか新婦のカラードレスに選ばれることが多いです。

同じような色の度合いだったり、同じ色になってしまったらなんとなく失礼に感じてしまいます。

その場合は前もって新婦や周囲の人に新婦のドレスの色を聞いてみましょう。聞きずらい時は流行の花嫁の衣装を調べたり、新婦が日ごろから好きで身に着けているものをチェックしましょう。

もし新婦のドレスとかぶってしまいそうだったら小物やアクセサリー、バッグや靴で個性を出すよう考えておきましょう。

ドレスに羽織るボレロコーデも要注意

季節的に上着が必要なときやドレスだけでは味毛が無かったり、アイテムのひとつとしてボレロを取り入れたい場合のボレロの形を考えてみましょう。

流行を左右する形の上着ですが、丈がウエストよりも少し短く、前を止めないタイプの事を言います。前を止め、襟がある物はジャケットと言い少しカッチリしたイメージです。
結婚式の状況や立ちいちにあわせて上に羽織るものを変えましょう。

羽織るタイプのボレロ

袖の部分がはっきりしておらず、見た目がポンチョのような形のボレロは腕や肩を隠すことができて、素材や色によっては野暮ったい感じにならず羽織る事が出来ます。

ノーカラータイプ

ノーカラーのタイプは顔周りがすっきり見えてつけるアクセサリーやスカーフによって雰囲気を変える事が出来ます。

素材がふんわり素材

シフォンやレースの素材のボレロは柔らかく、華やかに見せる事が出来ます。式の最中や披露宴の時にも羽織ものが欲しいときは羽織っていてもドレスのひとつのように見えます。
柔らかい素材やレースのボレロは素材によっては洗濯の方法や洗剤が変わってくるため洗濯の表示をしっかりと確認してから洗濯しましょう。