好きには色々な意味がある。恋愛における好きの定義について

好きという言葉の意味を説明しようと思ったら、さまざまな説明の仕方があります。
特に恋愛おける好きの意味を考えると、どういった状況や気持ちから生まれるものなのかで自分や相手の気持ちがわかります。
ここでは、恋愛での「好き」の意味や、愛との違い、自分や相手の気持ちの確かめ方などについてご紹介しますので、最近気持ちがモヤモヤしている方などは、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏が仕事でいつも忙しい。好きだけど別れたい

以前は頻繁に会えていても、彼氏が仕事で忙しい時期になったり、またはそういったポジションに配属され、会...

社会人と大学生の恋愛事情と長続きさせるコツ

大学の時に知り合い、当時は同じ学生だったとしても、少しでも年齢差があれば、後に社会人と大学生のカップ...

30代で恋愛ができないと感じる理由と前向きになるための対処法

30代になると、10代や20代の頃のように、気軽に恋愛ができないと感じている女性も多いと思います。恋...

気難しい男性の落とし方とは?恋愛に発展させる方法を紹介

気難しい男性が気になるけれど恋愛に発展させるにはどうしたらいいのでしょうか。 気難しい男性の特...

モラハラをする男性の特徴や、対処方法などについてご紹介

みなさんは「モラハラ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。 時々耳にはするけど、どういった...

男女の仲良しグループ内での恋愛は慎重に!リスクを考えて

大学生は同じサークル、同じ学部など男女の仲よしグループができるのも珍しくありません。 男女仲良...

二回目デートに着ていきたい女性の服装選び

二回目のデートでは、どのような服装をすれば良いのかとお悩みの方はいませんか?クローゼットにあ...

「忙しいから別れよう」と言われた彼と復縁するためのステップ

恋人と別れる理由には、いろいろなことがありますが、「忙しいから別れよう」と別れを告げられた方も少なく...

男性は仕事が忙しいと恋愛が面倒?多忙な彼へのアプローチ方法

仕事が忙しい男性に片思いをしている女性は、どうやって彼にアプローチをすれば振り向いてもらうことが出来...

性格も美人になるには、こんな方法を実践しよう

人間の魅力を計るには、外見だけでは十分とはいえません。 見た目だけではなく性格も合わせることで本当...

恋愛にトラウマがある男性の特徴と心理・アプローチ方法

過去の恋愛にトラウマがあり、その過去を引きずっている男性に恋をすると、アプローチをしてもなかなか振り...

片思いの相手には好きなことがバレるくらいがおすすめです

片思いの相手に好きという気持ちがバレそう…。実はこの好きという気持ちはバレてしまったほうが恋愛が...

彼氏が浮気をするのはなぜ?浮気心の心理をご紹介

世の中の彼氏のすべてが彼女一筋なら良いのですが、残念ながら浮気をする人もいます。 彼女と別れたくな...

失恋を引きずる女性の特徴と失恋から早く立ち直るための方法

失恋を引きずるのは女性よりも男性と耳にしますが、一概には言えず女性でも長く失恋を引きずってしまう方も...

彼が電話に出ない時に考えられる理由とそんな時の正しい対応

最近、彼があまり電話に出てくれないとお悩みの方はいませんか?電話をしたのに、出てくれないことが続くと...

スポンサーリンク

恋愛の上での好きの意味についてご紹介します

「好き」という言葉の意味

「好き」という言葉は、「心が惹かれる」「気に入る」など言う意味があります。

好きの定義

言葉としては明確な意味がありますが「好き」の定義とは何でしょうか?

この言葉は人それぞれかんじ方も違うので大きな定義はないのですが、誰や何に対しての思いかによって変わってくるのです。

食べ物

食べ物に対して抱く「好き」は、「お気に入り」です。

家族

血のつながりがある家族ゆえの心から嫌いになれない「好き」です。
家族=自分自身と捉えるとわかりやすいのですが、離れられないけど守りたい傷つけたくないという保守的な好きです。

友達

友達としての「好き」は仲間意識です。
一緒に同じことを乗り越えたり、共有したりすることによって芽生えます。

異性

異性として、恋愛対象としての「好き」。

恋愛の意味での「好き」という感情は、異性の家族や友達には感じない特別な感覚を抱くことです。

恋愛対象として好き

恋愛をしている人ですらはっきりとは表現できない「好き」ですが、異性として「好き」な場合、相手を見たり触れただけで心臓の音がバクバクと跳ね上がるようになりますし、好きな相手のことを直視することが恥ずかしく思えたりします。

恋愛における、好きと愛してるの違いと意味について

恋愛は「恋」と「愛」で出来ている言葉ですが、「恋」と「愛」には大きな違いがあります。

「恋」

恋は、一方的に想っていても成立します。

たとえばあなたに好意を抱いている男性がいたとします。
その時点で彼はあなたに恋をしています。

反対にあなたが好意をい押せる男性がいたとすれば、それも恋です。

告白の言葉の「好きです」。
この言葉は恋から生まれる好きという言葉です。

「愛」

愛は、一方的では成り立ちません。

そして、付き合いたての関係の間にもまだ愛は生まれていないでしょう。

ドキドキすることが減ってきたり、相手のことをより深く知って受け止めあえるようになってきてから愛になります。

愛しているという言葉を求める女性が多いですが、捉え方によっては愛しているという言葉には責任が伴ってしまう場合がありますので簡単には口に出せないのです。

好きの意味が自分にとって恋愛によるものなのか確認しよう

あなたが抱いている感情は、恋愛感情による「好き」なのかを確認してみましょう。

2人で居たい

彼と2人きりで過ごしたいと思いますか?

そのような感情を抱くのであれば、恋愛感情の「好き」といえるでしょう。

反対に2人はちょっと…と想うのであれば、tも立ちとしての「好き」が強いのではないでしょうか。

やきもちをやく

彼が、他の異性と仲良くしていたやきもちをやいてしまいますか?

嫉妬するのは恋愛感情の表れです。

その光景をみて悲しい気持ちになったり嫌な気持ちになるようでしたら、やきもちを焼いているのでしょう。

触りたい

たまたま触れてしまった場所を意識してドキドキしてしまったり、男友達に軽くぶつかってしまうなど日常によくあることでも、心臓がドキドキしてしまいます。
そして、また近くに行きたい、触れたいと思うようになるのです。

相手が自分を恋愛対象として好きなのかを確認する方法

恋愛対象として見られているのかどうかを確認するために、彼に質問を投げかけてみましょう。

明日あいてる?

もしあなたのことが気になっていたら、予定があってもまた誘ってといってくれるでしょうし、何か急用だったら予定空けるよとアクティブに行動してくれるはずです。

彼女欲しくないの?

もしあなたに興味があるのであれば、彼女が欲しいことを伝えてくるでしょう。
恋愛対象になっていない場合は、今入らないかなときっぱり言ってくるでしょう。

ほかには、こちらからの会話ではなくて相手からの質問でわかることもあります。

過去の恋愛について聞いてきたり、好きな人がいてもかたくなに教えようとしないなどの長好悪があれば、彼はあなたに好意を寄せているかもしれません。

自分の好きが本物なら、思い切って思いを伝えよう

恋愛感情かもイマイチわからないし、友達関係を今後も崩したくないと思うのであれば、このままずっとお友達のままでももちろん良い選択だと覆います。

気があって仲良くしている男性との間を壊してしまうことが怖いと思うのであればそっと胸にしまっておくことも出来ます。

実際そのような経験をしていますが、付き合ってから「やっぱり友達だったな」と感じたこともありました。

ですが、もし自分の抱いている感情が恋愛における「好き」だと確信した場合は、思い切って相手に伝えてみましょう!

なんとなく良い感じ、嫌われてはいないと感じている相手なのであれば、すぐに断られたり疎遠になったりということは考えにくいと想います。

恋愛の最初の甘酸っぱいひと時を楽しんでくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688