元カレに結婚できないと振られた!復縁を望む女性必見

元カレに結婚できないと振られてしまい、落ち込む女性もいるでしょう。

復縁したければ、なぜ振られたのか、元カレの心理と自分に非の有無を考えてみましょう。
自分に非がある場合はその非を克服する必要があります。

また復縁が見込みないと感じたらいつまでも執着しててはいけません。
前を向いていけるよう自分に自信をつけて元カレから卒業しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏の職場に女が多い!浮気の兆候は?不安を感じる時の対処法

女性の多い職場で働く男性とお付き合いをしている人は、彼氏が浮気をしているのでないかと考え、嫉妬心を抱...

両思いが確定するタイミングとは?きっかけやサインを紹介

両思いが確定しているとわかっていれば、もう少し自分から行動に移せるのにとモヤモヤしたことはありま...

気難しい男性の落とし方とは?恋愛に発展させる方法を紹介

気難しい男性が気になるけれど恋愛に発展させるにはどうしたらいいのでしょうか。 気難しい男性の特...

冷たいけど本当は優しい男性の特徴冷たく見えてしまう理由

冷たいけど本当は優しい男性はかっこいいですよね。しかし、その本当は優しいというのは案外わかりにくいも...

仕事仲間と恋愛がしたい!職場の彼への片思いを実らせる方法

職場の仕事仲間を好きになってしまい、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。「片思いを実らせ...

もしかして?浮気する男性の心理と取り戻す方法

彼氏からの連絡頻度が急に減ったり妙にオシャレに気を使うようなったりすると、「もしかして浮気している?...

彼氏に自信をつけさせたい!自分に自信がない男性との付き合い方

自分に自信がない彼氏とお付き合いをしている女性の中には、どうにかして彼氏に自信を持ってもらいたい...

男も結婚に焦る?焦る理由と結婚を意識する瞬間・男性心理を解説

30代の男性とお付き合いをしている女性の中には、彼氏が結婚に焦る様子を見せていることに気がついてしま...

地雷のように爆発する男とは?その特徴についてご紹介

世の中には地雷男と呼ばれる男性がいるのをご存知でしょうか? 一見まともに見える男性でも、うっかり関...

一目で惚れてしまう人とは相性がいい?一目惚れの不思議

一目惚れをしてしまう相手との相性はもともと知っている人との相性と比べてどうなのでしょうか。 一...

30歳実家暮らしの男のイメージは悪いが良い部分もある

彼氏が30歳、実家暮らしだったら、このまま付き合っても良いのか迷う女性が多いでしょう。 「30...

恋愛にトラウマがある男性の特徴と心理・アプローチ方法

過去の恋愛にトラウマがあり、その過去を引きずっている男性に恋をすると、アプローチをしてもなかなか振り...

年下で可愛い女性に見られる年上男性への上手なアプローチ方法

好きになった男性が、自分よりも年上という方も多いと思います。男性が、年下の女性に対して可愛いと感じる...

彼氏いない歴=年齢で男性が引くとは限らないが伝え方が重要

「彼氏いない歴=年齢」がコンプレックスで、男性に伝えると引くかもしれない…と不安に思う女性も実は...

浮気相手と彼氏どっちが好き?浮気相手と円満に別れる方法

彼氏がいても他の男性に惹かれてしまったり、ふとしたきっかけから他の男性と浮気をしてしまうこともありま...

スポンサーリンク

結婚できないと振られたら、彼氏の心理

結婚間近だと思っていたのに振られた理由

彼の結婚に対する考え方があなたと違っていたからという場合と、結婚自体する気が実はなかったかのどちらかでしょう。

結婚する気がなかったのに結婚を迫られたので別れを切り出した、または、結婚を決断できなかったので別れることを選んだ場合などはしっかりと彼と話し合う必要があるでしょう。
復縁を求めるなら、相手の気持ちを理解して相手に合わせなければなりません。
その為には、彼の心理を知る必要があります。

また、あなたに非がある場合も受け止めなけばなりません。
どの部分が彼にとっては別れる原因になったのが聞く必要があります。
別れることになったのはなぜなのでしょう。思い当たることがあるのならばその部分を改善する必要がありますし、復縁したくてもその部分が改善されていなければ復縁の話を持ち出すこともできません。

結婚を考えた時に、妻としての将来が見れない場合や、付き合っているときはよいけれど、毎日一緒にいることを考えると、毎日は難しいと考えてしまった可能性もあります。
彼の時間を大切にしてあげたり、家庭的な面などを見せていない場合などは彼の結婚のイメージと違いすぎていた可能性もあります。

復縁を考える前に自分に非がなかったのか考えてみよう

フラれた直後は混乱していますし、感情的になっていたりと自分を見つめなおすことが難しい状態にあります。

時間をおいて落ち着いてから、なぜ振られたのか考えてみましょう。

自分に非があった場合には、彼に甘えすぎていたり、彼を傷つけてしまっていなかったかどうか考えてみましょう。
わがままを言いすぎていて彼が疲れてしまっていた場合もあります。彼を試したり、彼を失望させてしまっていなかったかどうか。

また、彼に尽くしすぎていても彼があなたにありがたみを感じなくなってしまったのかもしれませんし、自分を抑えてしまっていて素を出した関係を築けなかった場合もあるでしょう。

男は追うくらいが丁度良いのです。
すべて彼に合わせた生活をしていて自分が無い状態であったり、彼に頼り切って依存していたりしている場合も相手が離れていってしまうでしょう。

急に結婚できないと振られた!元カレと復縁する方法

振られた原因が分かっているのなら、その部分を改善する事で復縁できる可能性がありますが、どうして振られたのか分からない場合は一度距離を取る必要があります。
相手はあなたのどこかの部分が認められなくてこれ以上関係を続けるのを断ったのです。

一度お付き合いを解消したのに、何度も連絡したり、しつこく何度も復縁したいと迫っても何もかわりません。
一度距離を置いて冷静になり、自分の気持ちもまっさらにしてから相手に接してみてはどうでしょうか。
怒りに任せて感情的になったり、いつまでもしつこく連絡したりすると相手も更にうっとうしく思ってしまうかもしれません。

相手に他に意中の女性がいないのであれば、しばらくは気持ちを落ち着かせるために時間を取るでしょう。
しつこく連絡するのではなく、お互いの記念日やイベントなどの日に一言メッセージを送るなどしてあなたがまだ彼を思っていることを伝えましょう。

また、長年付き合っていたのなら彼のことを誰よりもわかってあげられるはずです。彼が落ち込んでいるときや、弱っているときにそっと手助けすることによって、「やっぱりこの人でないと、また一緒にいたい」と思わせることが大事です。

結婚できないと振られた彼女が立ち直る方法

振らたからといっていつまでも彼を追っていても心の穴は埋められません。
一度リセットする必要があります。
時間を持て余すとついつい彼のことを考えてしまいますから、わざと自分のスケジュールを埋めて忙しく過ごしましょう。

立ち直る方法を考えて行動するようにすると、自然と振られた痛みの薄らいでいきます。

失恋の痛みは思い出せば出すほど辛くなっていきます。
一人でいると気持ちも落ち込んでいきますから付き合ってくれる友達がいるのなら失恋の話を聞いてもらって気持ちを整理しましょう。

人に話すことでスッキリすることができますし、後悔する気持ちや、相手に対する負の感情なども浄化することができるでしょう。

復縁が無理なら自分に自信をつけて元彼から卒業しよう

今は失恋の悲しみから前に進めないかもしれませんが、広い視野で周りを見てみると付き合っていた彼の他にも魅力的な男性が沢山いることに気が付けるはずです。

新しい恋愛に踏み出すことで元彼を忘れることができますし、新しく恋愛を始めるときに相手を追う女ではなく追われる女を意識して自分で変わる努力をしてみてもよいのではないでしょうか。

恋愛に執着するのではなく、自分に自信を付けて自立した女性になることでもっと魅力的な女性になれます。
いつまでも元彼のことを思うのではなく、気持ちを切り替えられる女性になりましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688