東京の結婚式はご祝儀を持って出席する。友人に渡すご祝儀の相場

東京の結婚式に招待されたら、悩むのがご祝儀の金額ではないでしょうか。
新郎新婦との関係性によっても異なりますが、友人の場合は3万円~になります。
また、遠方から出席する場合は新郎新婦からお車代などがありますので、それを考慮しつつご祝儀の金額を決めましょう。

ご祝儀の相場も大切ですが、最も大切なのは新郎新婦への気持ちです。
ご祝儀の金額が相場より少なめだとしても、プレゼントを用意したりメッセージを添えたりするだけで、気持ちが伝わるはずです。

自分なりの方法で祝福の気持ちをしっかり伝えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼が電話に出ない時に考えられる理由とそんな時の正しい対応

最近、彼があまり電話に出てくれないとお悩みの方はいませんか?電話をしたのに、出てくれないことが続くと...

31歳女性の結婚へのハードルが高くなる理由と出会いを掴むコツ

31歳、女性、彼氏なしという方も多いと思います。周りの友人が次々に結婚していき、結婚に対して焦りを感...

賢い女は恋愛上手!特徴と男に好かれる理由・賢い女になる方法

今までの恋愛がことごとくうまくいかず、全て自分が原因でフラレてしまった女性もいるのではないでしょうか...

結婚相手は運命の人!運命を感じる瞬間と前兆・相性の見分け方

運命の相手と幸せな結婚をしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。でも、本当に運命の男性...

友達よりも彼氏を優先する女友達の特徴と心理・付き合い方のコツ

自分に彼氏ができると友達よりも彼氏を優先する女性がいます。先に約束をしていたのはこちらなのに、彼氏と...

恋愛に興味ない男性をなんとかして振り向かせる方法

世の中には恋愛に関する映画やドラマ、小説などさまざまなものがあります。 それは、多くの人が恋愛に興...

30代のいい女の特徴とは?モテる30代女性の条件を紹介します

30代でいい女と言われる女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。年齢ではなくその人自身の評価...

彼氏の暴言がひどい!暴言を吐く彼氏の心理と彼氏との今後について

暴言を吐く彼氏に悩まされている女性は少なくないでしょう。 暴言を吐く男性は基本的に自分に自信が...

結婚の年齢差の理想とは?女性は自分よりも○歳上が理想的

結婚相手の理想となる年齢差はいくつくらいなのでしょうか。恋愛から結婚を考えるときには、今の生活が楽し...

外国人と本気で恋愛がしたいなら自立した女性になろう

「外国人と本気の恋愛がしたい!」と国際恋愛に憧れる女性は多いですが、国際恋愛の現実を知る必要はありま...

男女の仲良しグループ内での恋愛は慎重に!リスクを考えて

大学生は同じサークル、同じ学部など男女の仲よしグループができるのも珍しくありません。 男女仲良...

彼氏が自分の気持ちを分かってくれないと感じた時の対処法

彼氏が自分の気持ちを分かってくれないと、イライラしている女性はいませんか?あまりに自分のことを理解し...

メンヘラ彼氏とは?特徴と上手な付き合い方について

良く耳にするようになった造語の一つに「メンヘラ」があります。 自分がお付き合いしている人のことを「...

女の37歳はもう手遅れ?独身を抜け出したい方へ

女性はとかく若いほうがもてはやされますよね。 37歳でまだ独身の場合、今までは結婚は自然と出来ると...

男性は仕事が忙しいと恋愛が面倒?多忙な彼へのアプローチ方法

仕事が忙しい男性に片思いをしている女性は、どうやって彼にアプローチをすれば振り向いてもらうことが出来...

スポンサーリンク

北海道の結婚式は会費制に比べ東京の結婚式は招待制である

場所によって、結婚式のご祝儀の金額は違うように感じますか?地域によって結婚式のご祝儀の金額が違うのではなく、どういった形式で結婚式のご祝儀を集めるかでご祝儀の金額の差が出るようです。

北海道の結婚式は会費制が多い

結婚式のご祝儀には、会費制と招待制があり、北海道ではご祝儀は会費制で結婚式をする傾向が強いようです。会費制は一定の金額をご祝儀として払うことになります。出席者は、決まった金額のご祝儀を支払った方が経済的にも精神的にも楽だと思います。

東京は会費制ではなく、招待制でご祝儀を払う形が多いです。

そうすると、招待される方、一人一人が払う金額に差が出ることになり、相場の金額に従って、ご祝儀を払うことになります。

北海道と東京では、結婚式のご祝儀は、会費制と招待制、どちらを使うのかで差が出ることになりそうです。

会費制の場合、他に特に結婚式で払うものはないので、その分、出席者は経済的に楽だと思います。地域によって、結婚式のご祝儀に、会費制と招待制、どちらを使用するのか、違うようです。

東京で結婚式に出席する時に気をつけよう!友人に渡すご祝儀の相場

東京で結婚式に出席する時は、相場によって結婚式のご祝儀が違うので、まず、結婚式のご祝儀の相場を調べてから、結婚式に出席するようにして下さい。

ご祝儀の額は結婚をする相手との関係によって異なる

友達が結婚する場合、結婚式のご祝儀の相場は、3万円くらいです。会社の方が結婚する場合も大体は3万円なので、ご祝儀の基準は3万円と考えれば問題はないと思います。

これが、親族となると結婚式のご祝儀の金額に違いが生じます。誰が結婚するかによって結婚式のご祝儀の相場は異なりますが、3万円を基準として、結婚式のご祝儀を用意しましょう。

友達でも、仲が良い場合は、3万円以上ご祝儀として包んでも全く問題はありません。また、お友達が結婚する時でも、あなたが先に結婚した時は、相手の方からご祝儀をいくらもらったかを確認して下さい。もらった金額をご祝儀で返すというのがマナーになります。

東京の結婚式はお車代がある!お車代を考慮してご祝儀の金額を決めると良い

ひょっとしたら、東京の結婚式と他の地域の結婚式の差は、お車代かもしれません。東京で行われる結婚式に使われる、このお車代。この金額を考えつつ、ご祝儀の金額を決めましょう。結婚式で使われるこのお車代は、結婚式のご祝儀を決める時に役に立つようです。

お車代は結婚式で何かと働いてくれる方のためのお金

遠くから出席してくれる方、結婚式で受付をしてくれる方には、お車代というものを支払います。お見合いの場合は、仲人さんに、1万円から3万円くらいのお車代を払います。

また、遠くに住んでいる方で、わざわざ結婚する二人が少し無理をお願いして出席してもらう場合は、お車代として、交通費代はお支払いをするようです。わざわざ遠くに住んでいるのに出席してくれるのですから、その分、少し上乗せしてお車代を支払います。

東京で結婚式を行う際、結婚式をあげる方は、このお車代のことも頭に入れておくべきです。遠くからわざわざ出席して下さる方で、結婚する二人に頼まれて出席する方には、それなりのお礼が必要ということですね。

ご祝儀の選び方や書き方、袱紗のマナー

結婚式のご祝儀を出す時、まずは適切な金額がいくらか知らないといけません。渡す相手が、友人や会社の同僚なら3万円を基準として、結婚式のご祝儀を用意します。 ご祝儀の中に入れるお金は新札を用意するのがマナーです。

結婚式に招待されたら、新札で適切な金額のご祝儀を用意するようにして下さい。

ご祝儀袋も適切なものを用意して下さい。ご祝儀袋は金銀、あわじ結びの水引が書かれているものが適切になります。ここで注意したいのは、蝶結びの水引は、何回でも結ぶことができるので、ご祝儀袋としては適切ではありません。

蝶結びは選ばず、あわじ結びの水引をご祝儀袋に選ぶようにして下さい。

お店で、色んなタイプのご祝儀袋を見ると思いますが、その際は、必ず、適切なご祝儀袋を買うようにして下さい。

また、ご祝儀に文字を書く時は、筆ペンを使うようにして下さい。何気に、ご祝儀にボールペンで文字を書くのは、不適切になります。

結婚式のご祝儀の相場も大事だけど、最も大切なのは「気持ち」

結婚式に招待されているのですから、ご祝儀は用意しなくてはいけません。相場やご祝儀袋のことも考えてご祝儀を用意します。ですが、一番大切なのは、相手を思う気持ちです。

相場は確かにあります。でも、それ以上に、あなたから結婚をする相手に対して、どんな配慮をすることができるかがもっと大切になります。

例えば、現金ではこのくらい渡し、後は新居に使うものをプレゼントしても構いません。あなたが既婚なら、どんなものがこれから必要なのか、見当はつきますよね。現金ではこのくらいの金額をご祝儀として渡し、他、結婚した後に使うものをプレゼントする、相手が好きなものがわかっているなら、それをプレゼントしても勿論大丈夫です。
金額だけが物を言う訳ではありません。あなたの結婚する二人への気持ちへの配慮が伝わるものでも全く問題はありません。結婚をするお二人がどんなものが好きなのか、わかっているなら、それをご祝儀としてプレゼントしても全く問題はありません。結婚式でのご祝儀の相場も大切ですが、あなたが思う気持ちも大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688