彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法と考え方

彼氏の元カノに嫉妬していませんか?
もうとっくに別れているのに、なぜか気になる元カノの存在。
彼氏は私のものなのに、ふとした瞬間に元カノの存在がチラつき、そのたびに嫉妬してしまうのです。
元カノに嫉妬してしまう時はどうすればいいのでしょうか。嫉妬しないためには?
彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法や考え方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2回目デートに女性を誘う心理と2回目デートで告白するメリット

付き合う前の2回目デートは、女性側としては告白を意識しだすタイミングです。またデートに誘ってくれたと...

告白の返事が「ありがとう」だけ!その意味について

勇気を出して告白した返事が「ありがとう」だけだっら、OKなのかダメだったのかわからずにモヤモヤしてし...

好きで仕方がないときに出てしまう男性の行動について

男性は好きで仕方がない相手がいるとどのような行動や態度をとってしまうのでしょうか。 少し気にな...

彼氏がいない女子の特徴とは?彼氏を作るコツとポイント

彼氏がいない人にはどのような特徴があるのでしょうか。可愛いけれど彼氏がいないのはナゼ? 彼氏が...

44歳バツイチ男性の恋愛観と効果的なアプローチ方法・注意点

44歳でバツイチの男性に片思いをしている女性の中には、どんなアプローチをすれば彼を振り向かせることが...

彼氏からの愛を感じない時に確認することやすべき行動

世の中のカップルは、付き合いたての頃は仲良しでも、しばらく経つと淡白な付き合いになることもありま...

出張の多い彼氏との付き合い方とは?向き合い方について

出張の多い彼氏だと、会いたいときに会えない事や不安に思ってしまう事が多いですよね。 しかし、寂...

可愛い女の特徴とモテ女子になる方法!男目線で見る可愛い女とは

男性から見て「可愛い」と感じる女性には一体どんな特徴があるのでしょうか。現在彼氏がおらず、素敵な異性...

可愛いのに彼氏ができないのはナゼ?こんな女子は近づきにくい

可愛いけれど彼氏がなかなかできない女子にどんな特徴があるのでしょうか?そこまで可愛くないのに常に彼氏...

ずっと愛される女性に多い特徴と居心地の良い彼女になる方法

ずっと愛される女性になりたい。そう考える女性は多いと思います。彼氏ができてもいつも長続きしないという...

【結婚式の洋服マナー】女性ゲストの洋服選びのマナーと注意点

結婚式に招待された時には、どのような服装で出席すれば良いのかとお悩みの方も多いと思います。結...

31歳女性の結婚へのハードルが高くなる理由と出会いを掴むコツ

31歳、女性、彼氏なしという方も多いと思います。周りの友人が次々に結婚していき、結婚に対して焦りを感...

彼氏からメールが返ってこないのは意外と単純なことが理由だった

付き合っている彼氏からメールが返ってこない。と悩んだ経験のある女性は少なくありません。 男性がこの...

カップルで盛り上がるお家デートを楽しむ方法

彼が初めて家に来る時には、どんなことをして過ごそうかと考えている女性も多いと思います。せっか...

付き合う前のラインの頻度や内容は?男性の脈ありサインを解説

片思い中は好きな男性とラインをすることでさえドキドキして緊張するものです。付き合う前は、ラインの内容...

スポンサーリンク

彼氏の元カノに嫉妬するのは元カノと比べてしまい自信が持てないからかも

自分に自信がない

自分に自信がある人はあまり元カノに嫉妬しません。

「私は私」と考えることができるからです。

しかし自分に自信がないと、実際に元カノと比較して劣っている・優れている関係なく、なんでもかんでも比べて勝手に落ちこんでしまいがちなのです。

自信がない状態だと、彼にいくら「安心して」と言われようが心が休まることはありません。

愛情が足りていない

彼氏からの愛情が足りていないと感じる時に元カノの存在を知ると、一気に不安になってしまうことがあります。そして元カノのことはもっと大事にしていた、色々なところに連れてってもらっていたと、自分の時と比べて落ち込んでしまうのです。

他の女性の存在が辛い

彼氏のことが大好きだと、以前付き合っていた女性にまで嫉妬してしまいます。

「ここは元カノとも来た場所なんだろうな」「元カノにも同じことしたのかな」とすべてを元カノ基準で考えてしまいがちです。

それは元カノと付き合っていた期間が長いければ長いほど強くなる傾向があります。今付き合っているのは自分なんだと自信を持つようにしましょう。

彼氏の元カノに嫉妬してしまうときの対処法

過去ばかりを見るのはやめる

彼氏の元カノのことが気になるのは、過去ばかり見てしまっている証拠です。
彼氏と今繋がっているのは元カノではなくあなたなのに、いつまでも元カノとの切れた縁ばかりを気にしていたらもったいありません。

それよりあなたが彼の中にある元カノの記憶を塗り替えていけば良いのです。過去は過去とふっきりましょう。

自分磨きに励む

過去に元カノがいたといえど、今、彼氏と付き合っているのはあなたです。

今、彼氏と色んなところに出かけたり、絆を深めることができるのも元カノではなくあなたなのです。まずはその事実に自信を持つようにしてください。

元カノの容姿や性格に嫉妬してしまう部分があるなら、自分磨きに励みましょう。

その時は基準を元カノにするのではなく、自分なりに自分の良いところを磨くといった方法をおすすめします。

彼氏の元カノが自分より可愛くて嫉妬してしまう時の考え方

付き合っていることに自信を持つ

よく男性は過去の恋愛の思い出を忘れるのではなく、大切にするといわれます。
女性からしたら、大切にしている=まだ好きなのでは?と思ってしまいがちですが、そういうわけではない時もあるのです。それを理解してあげましょう。

彼氏の中にあるのは元カノとの思い出だけで、一番大切にしてるのは、今お付き合いしているあなた自身なのです。
その事実を再認識することが大事です。

少しの嫉妬なら可愛いものですが、あまり嫉妬しすぎると彼氏は困ってしまいます。元カノとの思い出は事実でありどうすることもできないからです。不安になってしまう原因は、彼氏からの愛情が足りないと感じているからかも。

たくさん会って話して、彼氏との絆を深めることに尽力しましょう。

どうしても元カノに嫉妬してしまうなら、彼氏に一度だけ気持ちを伝えるのもあり

一度だけ嫉妬の気持ちを伝える

彼氏がもう元カノを気にする素振りを見せていないのに、あなたが気にしてしまっているのは良くありません。

自分に自信を持つことが大切です。

しかし、彼氏の方から元カノの話をしてきたり、元カノの存在を匂わせてきた場合。
考えたくもないことを考えさせられてうんざりしてしまいますね。

そんな時は、正直に「元カノの話をされるのは嫌だ」「悲しい」という気持ちを我慢せずに伝えましょう。

この気持ちを伝えるのは、1度きりの方が良いです。

注意しておきたいのが、勝手に物を捨てたり、元カノへ敵意をむき出しにしたり、何度もしつこく言うことは禁物です。単に攻撃的で嫉妬深い人と思われてしまいかねません。

彼氏のことが好きだからこそ、元カノに嫉妬してしまって辛いという気持ちを一度だけきちんと正直に伝えれば、ちゃんとした彼氏なら自分の言動を見返して考え直してくれるはずです。

今の彼氏がいるのは元カノのおかげ、そう思えば嫉妬も和らぐ

過去があったからこそ今がある

ある意味元カノのおかげと考える

彼氏と元カノは別れに至ったわけですから、それまでたくさん失敗やすれ違いなどもあったのではないかと予想できます。

そうやって色々経験してきて、今あなたとお付き合いをしています。
付き合うタイミングが訪れたのも、彼氏が過去の失敗を活かしてあなたに優しくできているのも、ある意味元カノのおかげ。

出会いの順番が違ってあなたが元カノより彼氏と先に付き合っていたら、元カノと同じ運命を辿って上手くいっていなかったかも?そう考えることで嫉妬心は少し和らぐのではないでしょうか。
嫉妬してしまう元カノへは、「あなたのおかげで順調に付き合っています。ありがとう」ぐらいの心持ちでいましょう。
そして彼氏との二人の未来に目を向けるようにしてください。過去は過去のことと切り替えて、彼氏を信じることが大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688