彼氏の女友達に嫉妬して喧嘩!仲直り方法と上手な気持ちの伝え方

付き合っている彼氏の女友達に嫉妬心を抱き、彼氏と喧嘩をしてしまったときは、どうにかして彼氏と仲直りがしたいと考えるものです。

彼氏が女友達と仲良くしている姿を見ると、胸が苦しくなって辛い感情に襲われてしまいます。

ここでは、彼氏の女友達への嫉妬で喧嘩をした時の仲直り方法と、彼氏に上手に気持ちを伝える方法についてお伝えします。

また、嫉妬心をコントロールする方法や気をつけた方が良い女友達の特徴についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なんとなく好きだけどこのままでいいの?恋愛感情を知る方法

告白されたからなんとなく付き合うという女性はたくさんいらっしゃいます。恋愛も経験値が必要な時代で...

外国人の彼氏がほしい!出会える場所と付き合う時のポイント

外国人の彼氏がほしいと考えている女性もいるのではないでしょうか。お付き合いがしたいと思っても、どこで...

メンヘラ彼氏とは?特徴と上手な付き合い方について

良く耳にするようになった造語の一つに「メンヘラ」があります。自分がお付き合いしている人のことを「...

【男性の嫉妬の心理】恋愛で嫉妬する理由と行動に表れる特徴

付き合っている彼氏の行動を見て「これはもしかして嫉妬してる?」と感じたことはありませんか?恋愛での嫉...

賢い女は恋愛上手!特徴と男に好かれる理由・賢い女になる方法

今までの恋愛がことごとくうまくいかず、全て自分が原因でフラレてしまった女性もいるのではないでしょうか...

告白の返事が「ありがとう」だけ!その意味について

勇気を出して告白した返事が「ありがとう」だけだっら、OKなのかダメだったのかわからずにモヤモヤしてし...

恋愛を成就させる秘訣!連絡がこない場合の対処方法

片思いの男性や気になる男性がいると、少しでも近づきたいと思いますよね。携帯やSNSを利用して連絡をと...

大好きな彼氏と復縁するために効果的な方法は待てる女になること

大好きな彼氏との恋愛はとても楽しく幸せな時間を与えてくれます。ですが、そんな彼氏と破局を迎え...

彼氏と喧嘩をしてしまった時に知っておきたい仲直りの方法

お付き合いをしていると、彼氏と喧嘩してしまうこともあります。このままお別れしたくないのであれば、...

大人の男性と恋愛を始めたい女性が彼に振り向いてもらう方法

好きになるのは、いつも自分よりも少し年の離れた大人の男性、という方も多いと思います。中には、年が離れ...

浮気相手と彼氏どっちが好き?浮気相手と円満に別れる方法

彼氏がいても他の男性に惹かれてしまったり、ふとしたきっかけから他の男性と浮気をしてしまうこともありま...

既婚男性を落とす方法はあるけれど、それに伴うリスクもある

既婚の男性に恋をしてしまう女性は多いです。なぜなら独身女性からすると既婚男性は魅力的な部分が多い...

子連れで再婚・タイミングと伝え方を解説!子供を最優先に考えて

シングルマザーとして1人で子育てをしている女性の中には、お付き合いをしている男性との子連れ再婚を...

デート後の連絡なしの男性は脈なし?脈アリデートの特徴

デート後に連絡なしの男性は、その日のデートを楽しんでいなかった?なんとなくデート後の連絡は自分からし...

結婚の年齢差の理想とは?女性は自分よりも○歳上が理想的

結婚相手の理想となる年齢差はいくつくらいなのでしょうか。恋愛から結婚を考えるときには、今の生活が楽し...

スポンサーリンク

彼氏の女友達に嫉妬!喧嘩になってしまった時の仲直り方法

女友達の多い彼氏を持つと心穏やかに過ごすのは難しいものです。
彼氏を好きであればあるほどに嫉妬心が強くなり、それが原因で彼氏と喧嘩になってしまう。彼氏との関係の悪循環の始まりです。

自分が嫉妬をしたことで喧嘩になり仲直りしたい場合

素直に自分の気持ちを伝えて謝るのが一番です。

その際には嫉妬する原因となった事柄や状況とそれに対する自分の考えや感情を冷静に説明することが大切です。

感情的になったり説明が下手だと彼氏は訳が分からず彼女に理解を示す事はないでしょう。

まずは嫉妬をする気持ちが芽生えた原因を話します。

そうして嫉妬する前の気持ちとしては悲しさがあります。その悲しくなった気持ちを伝えます。そうして素直に謝ります。

男性は抽象的な話は理解できない人が多いので、具体的に「誰とどの様にしていた行動を見て悲しい気持ちになりあのような事を言ってしまった。」などと説明します。
男性は女性が思っている以上に事細かに状況を説明しないと、自分の行動のどこが問題だったのかに気づきません。

男性と女性とでは思考パターンが異なるので、女性の思考パターンを説明してあげる必要があるのです。

これを怠ると彼氏は

「何訳の分からない事でヘソを曲げて怒るのだろう。面倒な女性だな。」

と思うようになります。

男性に気持ちを分かってもらうためには感情的にならずに理論的に説明する事が大切なのです。
そうして男性は素直に謝られると優しい気持ちになり相手に好感を持ちます。

自分の気持ちを上手に彼氏に伝えよう!女友達に嫉妬したときの伝え方

彼氏の女友達に嫉妬してしまったときは、嫉妬心で気持ちが穏やかではない時に彼氏と話す事は避けましょう。そのようなときはマイナス的な言葉しか出ず、彼氏をうんざりとさせるだけです。

彼氏と自分が穏やかに会話できるような時を選んで話すこと

話す前に話す内容をまとめておきます。

まずは嫉妬する事になった状況を整理して、それが客観的に見て嫉妬しても仕方がないほどの事であるかどうかを考えます。
単なる女友達との付き合いの域を超えていて、どんな女性でも怒るであろう事柄である場合にはそれを冷静に彼氏に説明し、今後そのような事をしないでほしいと伝えます。

「そのような行動は女友達の域を超えている。自分は悲しい気持ちになるので止めてほしい。」と冷静に話します。

嫉妬してしまった事柄が客観的に見て友達として問題のない行動で、それを制限すると彼の交友関係を壊すような事になる場合には自分の考えを改めましょう。
その事で既に嫉妬して喧嘩になってしまっている場合には素直に自分の非を認めて謝ります。

彼氏を思う気持ちが強くそのようなことで嫉妬してしまい恥ずかしく思っている。嫉妬は感情の問題なので急に変えるのは難しいけれど改善していけるように頑張る。

というような前向きな気持ちを伝えます。

どうして嫉妬してしまうの?彼氏の女友達に嫉妬する理由

嫉妬とはとても厄介な感情です。

頭では「嫉妬する必要はない。嫉妬しても何もよい事はないのでしないでおこう。」と考えても湧き上がる嫉妬の感情を抑える事は難しいものです。

嫉妬してしまうのは彼氏をとても好きで誰にもとられたくないと思っているためでしょう。

彼氏は自分のものと思っている気持ちがある

少しでも彼氏をとられる可能性がある女性と親しくしている様子を見ると、嫉妬の気持が自然と湧いてしまうのです。

女友達に恋愛感情が芽生えるということは大いにあり得ます。女友達が彼を好きになる可能性もあります。

彼が女友達と二人っきりで会うとなると嫉妬の気持ちが芽生えるのは当然のことです。

彼女がいるのに女友達と二人っきりで会うとなると、それは彼氏に配慮がたりないと言えるでしょう。

特に彼女がそれを不快に思っていることを知っても改善しないとなると、問題なのは嫉妬してしまう彼女ではなく彼です。

何度進言しても改善されない場合には不誠実な男性とみなして交際をやめることをおすすめします。

この先ずっと嫉妬する気持を抱えながら彼と付き合うか、別れて誠実な男性との出会いを求めるのかは自分で決められることです。

別れる時は寂しいものですが、時間が解決してくれます。別れは新しい出会いの可能性に繋がるのです。

上手に気持ちのコントロールを!彼氏の女友達に嫉妬したときの対処法

彼氏の女友達に嫉妬してしまうという場合には、その女友達との接触を試みましょう。

彼氏が女友達と会う時に自分も一緒に行って紹介してもらうこと

彼氏が女友達の事を異性として意識していないのであれば問題なく紹介してくれるでしょう。自分も彼氏の女友達と友達になり、二人の間に特別な異性に対しての気持が無い事がわかれば嫉妬をする気持もなくなるでしょう。

彼氏が女友達と二人だけで会うという時には当然のごとく自分も参加するようにします。
もし、彼氏が女友達を紹介することを嫌がるような場合にはやましい気持がある可能性があるので注意が必要です。

こんな女友達は要注意!気をつけたい彼氏の女友達

彼が「いいやつだよ」などという女友達は要注意です。

男女の交際では「男らしさ」「女らしさ」に惹かれて交際する場合が多くありますが、それは年齢が若いうちに多い交際スタイルです。

年齢が上がり思考が成熟してくると異性としての魅力よりも、内面の魅力を重視するようになる人が多くなります。

「男らしさ」や「女らしさ」に惹かれて結婚すると、最初のうちはラブラブの夫婦となりますが、一緒にいる事に慣れて恋愛感情が冷めてくると何も残らなくなる場合があります。異性としての魅力以外に趣味が同じであったり気が合う場合には恋愛感情が冷めても一緒に楽しむことができますが、そうでない場合には会話も無く一緒にいても楽しくない相手となるでしょう。

よく年月を経た夫婦で「会話が無い」という話を聞きますが、それは異性としての魅力だけに惹かれて結婚した結果である可能性が高いでしょう。
内面が好ましいと思ったり、趣味が同じであったり相手の人間性に惹かれて結婚した相手の場合は恋愛感情が冷めても他に残るものが多いのです。人間性や相手の考えに共感できたり尊敬できる部分があると、一緒に居て何かしら得られるものがあり良い人生のパートナーと思えるものです。

男性も女性も異性と交際をしながら年齢を経ていくうちのそのことに気がついてくるのです。

彼が今は女友達としてしか意識していなくても、後々は結婚相手として意識するようになる可能性もあります。