子持ちバツイチ女性でも恋愛は出来る!子供と自分の幸せのために

バツイチで子持ちの女性は、子供はいるけれど独身という微妙な立場に置かれるので複雑な心境ですよね。
恋愛してよいのかすら悩んでしまうかもしれません。
しかし、恋愛や再婚を望んでも良いのです。
バツイチ子持ち女性を恋愛対象としてみる男性は意外とたくさんいます。
ただし、子供がいるので相手は慎重に選ぶべきですし、子供がいるからこその障害もあります。
ここではバツイチ子持ち女性が恋愛に積極的になれるように、魅力あふれるバツイチ子持ち女性の特徴や恋愛で考えられる障害、成婚につなげるコツなどをまとめまたした。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女友達でも美人だと恋愛に発展する?男性の心理について

彼氏に女友達が多いと、どうしても気になってしまいます。友達とご飯を食べにいったり、遊びに行くことが多...

ハイスペック男子が女性に人気?当てはまる条件や結婚について

ハイスペックな男子とお付き合いをしたい!そんな気持ちは今も昔も女性の希望として、実在します。少し前ま...

2回目デートの誘い方!また会いたくなる女性からの上手な誘い方

好きな男性とのデート。1回目のデートは楽しかったはずなのに、なかなか2回目のデートのお誘いが来ないと...

ときめくだけが恋愛じゃない!落ち着く時期こそ心地よいはず

付き合い始めの頃は何もかもが新鮮で、いつもトキメキを感じていたと思います。何をしても楽しくて、彼...

旦那がモテるから不安そんな心配な気持ちを和らげる方法

旦那がモテるタイプの人間だと妻としては不安になってしまいます。他人に優しい、気遣いができるところ...

結婚がめんどくさい女性の心理と結婚しないメリット・デメリット

結婚に対して、めんどくさいと感じたことはありますか?結婚に対してめんどくさいと感じるのは、男性が多い...

彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法と考え方

彼氏の元カノに嫉妬していませんか?もうとっくに別れているのに、なぜか気になる元カノの存在。彼...

彼氏ができない女性に多い特徴と恋愛を引き寄せるテクニック

ずっと彼氏ができないことに、何か自分に彼氏ができない原因があるのでは?と思っている方もいると思います...

彼氏の様子がおかしい!浮気する男は特徴的な行動をする

大好きな彼氏が「浮気をしているかも…」。そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。...

会社の好きな男性の先輩をデートに誘うための上手な誘い方

会社に気になる先輩がいるという女性も多いと思います。なんとか二人きりの時間を作りたいと思って...

彼氏が「好き」と言ってくれないのなぜ?理由と愛情表現について

彼氏が全く「好き」と言ってくれないと、本当に自分の事を好きなのかと不安になる女性は多いことでしょう。...

独身で寂しいと感じているアラフォー女性が考えるべきこと

普段は仕事に忙しいキャリアウーマンでも、マイペースに仕事をこなし趣味を充実させている方でも、独身で一...

異性の友達に食事に誘われたら、それはデート!男性の心理を見抜け

長らく親しい異性の友達に、食事に誘われて困惑してしまう女性がいると思います。男性が女性をデー...

彼氏がいる女性の特徴!社会人女性が素敵な彼氏を作る方法

自分にはなかなか彼氏ができないのに、なぜか恋人が途切れない女性がいることを疑問に感じている人もいるの...

婚活にいるイケメンな高収入の男性は女性に求める理想が高い

婚活する女性の男性に求める条件は色々ありますが、高収入やイケメンといった条件はマストでしょう。...

スポンサーリンク

バツイチ子持ちでも恋愛対象として見てもらえる

「バツイチ子持ちだからもう恋愛なんて出来ない」と思っていないでしょうか。
実際に恋愛に対して後ろ向きな考えになってしまう女性は非常に多いですが、バツイチ子持ちでも恋愛を楽しんでいる方はたくさんいるのです。

「まさか自分なんかを恋愛対象として見られるわけがない」

とネガティブな気持ちばかり出てきますが、バツイチ子持ちでも恋愛対象として見てくれる男性は案外多いようです。

もちろん、気になった女性がバツイチ子持ちだと知った瞬間に距離を置く男性が多いのも事実ですが、たとえ子供がいたとしても人柄が好きだから気にならないよと言ってくれる男性もたくさんいるのです。

バツイチ女性の殆どが、子供がいるのに離婚をした=失敗だと思っているかもしれいませんが「むしろ人生経験豊富でいいじゃん」という考えの男性もいるようなので、自分の経験を失敗だと思わず勉強だったと前向きに考え、新しい恋愛に一歩踏み出しても誰も責めないのではないでしょうか。

男性が恋愛対象として魅力を感じるバツイチ子持ち女性の特徴について

バツイチの女性は、未婚女性より魅力が少ないと思っていないでしょうか。バツイチでも男性から言い寄られるモテる女性もいるのです。

若々しい外見で子持ちだと思わせない

年齢関係なく、女性は年齢より若く見られる方が嬉しいですし、魅力も増します。

子持ちですと、自分の外見を気にする余裕がないかもしれませんが、出産経験があるの?!とびっくりされるくらいの外見の方がモテるのは事実です。

明るくて前向き

一度離婚経験をしているのです。普段の生活で頭を悩ませている女性も多いでしょう。しかし、そんな中でも一生懸命子育てをして笑顔で頑張っている女性は非常に魅力的です。人よりつらい経験して乗り越える力もある強い女性は、結婚相手として非常に魅力的にうつるでしょう。

結婚の現実がわかっている

未婚の女性は、結婚したらどんなワクワクな生活が待っているんだろうと胸を踊らせてしまいますが、バツイチの女性は結婚後の現実をわかっており、今後の生活やお金のことを真剣に考えてくれる為男性から好まれます。

家事ができる

バツイチ女性であった場合、ある程度の家事が出来ると思います。そんな家庭的な面を信頼して男性が集まってくるのです。

余裕がある

つらい経験をしている分、男性は未婚女性にはない余裕を感じることでしょう。

そして、余裕のある女性は男性を立てることも上手ですので、そのような面でも惹かれるようです。

子持ちバツイチ女性が恋愛する時の障害について

バツイチの女性は魅力も多いです。しかし、恋愛をするときのハードルが大きいのも事実。

下記で、バツイチ女性が恋愛をしたときの障害になってしまうであろう事を紹介しているので参考にしてください。

時間のハードル

子供がいるバツイチ女性は、子供と普段の生活の事で頭がいっぱいです。

そのため恋愛のために時間を割くことが難しいです。
短期間で好きな人を見つけて彼氏にするまでの時間は非常にかかるでしょう。長期戦を覚悟してください。

金銭面でのハードル

子育てをしながら自分だけの給料で生計を立てているバツイチ女性の多くは、金銭面で余裕がない場合が多いです。そのためデートをするにしてもデートに使えるお金が限られているので、男性からの誘いを断ることもしばしば。男性が、お家デートでも良いよと言ってくれる場合は、お言葉に甘えて低予算デートを楽しみましょう。

精神的な面でのハードル

女性である前に、母親であるという気持ちが強くなってしまい、男性と恋愛することに躊躇してしまうでしょう。また、前夫と嫌な別れ方をした場合は男性を信じることが怖くて一歩踏み出せないかもしれません。

しかし、バツイチの女性が恋愛をすることはダメなことでもありませんし、次に出会う男性が前夫と同じではありません。
焦らず前向きに考えて恋愛しましょう。

子持ちでバツイチ女性がいつかは再婚と考えているなら恋愛よりも婚活がおすすめ

ただ単に彼氏がほしいのではなく、将来的に結婚したいと思う相手を見つけるために恋愛をしたいと考えているのであれば「恋愛」よりも「婚活」をおすすめします。

婚活パーティーなどを利用して、最初から結婚を考えている男性を探すことで自分も傷つかずにスムーズに相手を見つけることが出来るでしょう。

自分の事で時間を使って良いのだろうかと悩んでしまうかもしれませんが、母親の幸せが子供の幸せなのです。

子供の事が一番なのはもちろんであり、その考えを変える必要はありません。ですが、自分のことも大切にするのを忘れずに。

子持ちのバツイチ女性が恋愛から成婚まで上手にすすめるためのコツ

子持ちのバツイチの女性が、新しく恋愛を始めた相手と結婚に結ぶためにはコツが必要です。

再婚する覚悟

ステキな男性を見つけても、もしかするとこの人とも失敗するかもしれないと躊躇してしまいます。しかし、過去ばかり見ていても前に進めません。「次は絶対に失敗しない。この人と再婚して幸せな家庭を築くんだ」と覚悟を決めましょう。

子供の事も考える

最初は、子供を預けて2人でデートを楽しみたいと思うでしょう。しかし、時間が経つにつれて「子供は何してるのかな」「なんで預けてきたんだろう」と結局は子供の心配をすることになります。
バツイチの子持ち女性が再婚をした場合、再婚相手と子供との関係はいつかは通らなければならない道です。そのため、最初から子供を交えてお付き合いをするほうが懸命です。

いくら2人の仲が良くても、子供との関係が悪ければ絶対にうまくいきません。

離婚を前向きに捉える

先程も触れたように、バツイチ女性は離婚した経験と失敗だと思っている人が多いです。しかし、失敗と思わずに自分のだめな所を再確認するいい機会になったと前向きに考えましょう。

「離婚もいい勉強になった、次は失敗しないようにしよう」という考えになることができれば、再婚もスムーズに進むのではないでしょうか。