彼氏がメールを返さないのは彼氏なりの理由がある

社会人1年目はとにかく忙しいです。
早く仕事を覚えようと、会社に慣れようと必死な時期です。
メールすら返さないことで彼氏にイライラしてしまうことも多いでしょうが、決して彼女のことをおろそかにしているつもりはないのです。
あなたも社会人になったら彼氏の気持ちがわかるはず。

今後も彼氏と上手く付き合ってくために、今は見守る側に徹しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

恋愛がうまくいかないと、ついイライラ。その時に出来る対処法

恋愛の多くは、うまくいかない事だらけです。 そのせいでついイライラしてしまうことは、よくあ...

職場の上司と恋愛するのは難しい?上司を好きになってしまったら

職場の上司を好きになり、恋愛感情を抱いてしまうこともあるでしょう。 上司は部下である自分のことをど...

社内で恋愛するなら公認?それとも言わない?社内恋愛の仕方

社内で恋愛をするときには公表をして公認カップルになったほうがいいのでしょうか。それとも、隠しておくべ...

男性の恋愛事情!感情表現は苦手だけど嫌いなわけじゃない

彼氏が自分の事を恋愛対象としてみているのか、疑いたくなる時ありますよね? 付き合ってから一度も...

独身で寂しいと感じているアラフォー女性が考えるべきこと

普段は仕事に忙しいキャリアウーマンでも、マイペースに仕事をこなし趣味を充実させている方でも、独身で一...

シングルマザーが再婚で幸せになるためのポイントを紹介します

シングルマザーの再婚は一回目のときよりも慎重になるものです。家族が本当に幸せになれるのかどうかを考え...

恋愛が苦手な男性を振り向かせるコツとポイントを紹介します

恋愛の苦手な男性を振り向かせるにはどうしたらいいのでしょうか。恋愛の苦手な男性と仲良くなるには、まず...

マンネリ解消のために効果的な方法。恋愛を長続きさせるコツ

彼との付き合いが長くなると、安定した関係にはなりますが、安定しすぎてときめきも何も感じなくなってしま...

30代の婚活は厳しい?30代女性が婚活を成功させるコツ

20代は結婚なんてまだまだと思っていても、将来を見越して20代から婚活を始める女性が増えてきています...

付き合う前のラインの頻度や内容は?男性の脈ありサインを解説

片思い中は好きな男性とラインをすることでさえドキドキして緊張するものです。付き合う前は、ラインの内容...

ネットで異性と出会うケースが多くなっている。初対面の時の注意点

スマホの普及によりネットで男性と出会うケースは珍しくありません。 ネットで出会った男性とカップルに...

同棲するなら間取りは2DK!その理由とおすすめレイアウト

これから同棲するカップルにとって、間取りを1LDKにするか2DKにするか悩むのではないでしょうか。 ...

甘えたくなる女性とは?男性はこんな女性に惹かれやすい

男性が甘えたくなるのはどんな女性なのでしょうか。また、どんなときに甘えたくなるのでしょう。 い...

どうして?浮気するをする男性の心理が気になる!

好きな男性に浮気をされてしまうと、当然女性は傷付き気分も沈みます。 浮気をされると、自分の存在を否...

既婚子持ち男性に魅力を感じる?恋愛をしてはいけない理由

気になる相手が既婚男性だったらどうしますか?また既婚で子持ちの場合はどうでしょうか?既婚だということ...

スポンサーリンク

メールを返さない彼氏が考えていること

社会人になってから彼氏のメールが減ると自分の事が嫌いになったのかと心配になる人もいるでしょう。しかし、メールが帰って来ないのはあなたのせいではないことも多いです。社会人になると、自然に日常で考えることは仕事の割合が増えてしまいます。なぜなら一日中働いているわけですから、仕事の事を考えざるを得ません。社会人一年目だとなおさら仕事や人間関係に慣れることに精一杯になってしまうのです。

仕事が忙しくメールの返信をしたくてもなかなかできないこともあります。

もちろん、仕事だけでなくあなたのこともしっかり考えていると思いますよ。

今仕事を頑張ることで、早く生活を安定させて将来あなたといっしょになりたいと考えているかも知れません。

また、仕事中でもあなたの事を思い出して仕事を頑張れているのかもしれませんよ。

男性は女性よりも連絡にまめじゃない人も多く、連絡をしなくても大きな問題ではないと思っています。その為、あなたの事を嫌いになったと考えるのではなく、彼氏を信じてみた方がよいでしょう。

メールを返さない忙しい彼氏が惚れ直す女性の行動

彼からのメールの返信がないとついつい連絡を催促したりなんで返信がないのかと責めてしまいたくなるかもしれません。しかし、そうすることは彼氏との関係性を悪くしてしまうきっかけになるかもしれません。そういった行動には出ないで彼氏の事を信じて行動すると、彼氏もあなたの事を惚れ直してくれるでしょう。

ただでさえ仕事で精一杯で疲れているのに、恋愛面で疲れるような事はしたくないでしょう。

その為、あなたは余裕のある態度を見せてあげた方が良いです。

疲れているときはそっとフォローしてあげられるような言葉をかけてあげましょう。

会えなくてもいつもあなたの味方であることを伝えるだけで彼氏は安心して仕事に打ち込むことができます。

彼氏の仕事の相談なども聞いてあげて力になってあげられると彼氏はさらにあなたの事を大事にしたいと考えるようになるはずです。

彼氏がメールを返さないのは自分に原因がないか考えてみよう

彼氏のメールが返って来ないのは仕事が忙しい場合が考えられますが、中にはあなたの行動に対して嫌気がさしている場合も考えられます。

最初は仕事がただ忙しくて連絡が遅かっただけだったかもしれません。
しかし、それに対するあなたの行動でさらに連絡を返さなくなっている場合もあるのです。

彼氏のメールが返って来ないと不安になり、こちらからたくさんの連絡を送ってはいませんか。

また、メールの催促をしたりや彼を責めるような言葉を言ってしまうと、彼氏の気持ちはどんどんあなたから離れてしまうでしょう。

これはつまり、あなたが重たい女だと彼氏から思われている可能性が高いでしょう。

メールのやり取りの仕方や考え方には個人差があります。

あなたがメールを一日にたくさんやり取りするのが普通と思っていても、彼はそうでないかもしれません。

その為、何で返信が遅いのかといわれても、彼にとってはそれが普通である可能性があるのです。そういったことも頭に入れて、相手のメールのペースもしっかり考えましょう。相手の事を理解して行動することで、きっと彼氏もあなたの事を見直してくれるはずです。

メールの返事をしない彼氏からメールをしてもらうためにできること

彼氏のメールが返って来ない場合は、彼氏がメールを返しやすいようにしてあげるとよいでしょう。

男性は女性と違って、用事がないとメールのやり取りをあまりしない場合が多いです。

そのため、女性の世間話程度のメールをあまり意味のないメールと感じている場合があります。

そういったメールに対して、どう返事をかえせばいいのか困ったり、返事をする必要はないと判断してしまうこともあるのです。

なので、彼氏がメールを返しやすいような内容にしてあげた方が良いでしょう。

質問などの疑問形のメールは彼氏にとってはメールが返しやすいですし、返さなきゃならないと考えるでしょう。

また、休日や彼氏の忙しくないであろう時間帯に連絡をするのも一つの手です。

社会人1年目の彼氏の気持ちを汲み取り今はメールを返さない彼氏を見守ってあげよう

以上のことからも、社会人一年目だと特に仕事で精一杯で、連絡を取ることまで手が回っていない場合が考えられます。

その為、あなたの事を嫌いになったからメールの返信が遅くなったと考えないで彼氏を信じてあげましょう。

むしろ、その後のあなたの対応によって彼氏との関係性は変わっていくのです。

返事がないと不安になって彼氏を責めてしまいたくなるかもしれませんが、ここは彼氏を支えてあげられるように努力しましょう。

仕事が大変な時に、常にあなたの味方で支えてくれる彼女の存在は大きいはずです。彼が仕事で忙しくしているときこそ、温かい目で見て彼に寄り添ってあげましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688