子連れで再婚・タイミングと伝え方を解説!子供を最優先に考えて

シングルマザーとして1人で子育てをしている女性の中には、お付き合いをしている男性との子連れ再婚を考えている人もいるのではないでしょうか。

子供の年齢が小さいと、一体どのタイミングで入籍をすればいいのか、子供に伝えれば良いのか悩んでしまうものです。

ここでは、子連れで再婚を考えたときの入籍のタイミングや、子供への伝え方についてお伝えします。

何が最善の方法なのかを考え、みんなが幸せになれる選択をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式にお呼ばれ!黄色ドレスに似合う基本コーデやマナー

結婚式に招待をされたら、服装が気になりますよね。新しくドレスを新調される方もいらっしゃるでしょう。そ...

早く結婚する人の特徴とは?結婚したいなら見極めも重要

早く結婚する人にはどのような特徴があるのでしょうか?結婚願望がないと言っていたのに、いつの間にかゴー...

好きな男性から告白される方法は女としての魅力を忘れないこと

好きな人がいると誰でも「告白されたい」と思うものです。自分から積極的にいくガツガツ系女性は男性は...

シャイな男性の恋愛心理とは?奥手男子の特徴や気持ちを紹介

シャイな男性が恋愛をすると、好きな相手にはどんな行動をとるのでしょうか。もしかして嫌われてい...

なんとなく好きだけどこのままでいいの?恋愛感情を知る方法

告白されたからなんとなく付き合うという女性はたくさんいらっしゃいます。恋愛も経験値が必要な時代で...

彼氏が帰り際にキスしてくる心理とは?別れ際の印象を上げるコツ

彼氏が帰り際にキスをしてくるのはどんな心理から?帰り際に彼氏がキスをしてくるときには、彼女を本気で好...

2回目デートに女性を誘う心理と2回目デートで告白するメリット

付き合う前の2回目デートは、女性側としては告白を意識しだすタイミングです。またデートに誘ってくれたと...

甘えたくなる女性とは?男性はこんな女性に惹かれやすい

男性が甘えたくなるのはどんな女性なのでしょうか。また、どんなときに甘えたくなるのでしょう。い...

友達から異性の友人を紹介してもらう時の異性との接し方について

彼氏が欲しいと思った時に、友達から異性の友人を紹介してもらうという方法もひとつの手です。しかし、...

26歳独身彼氏なし女性が新しい恋愛を始めるためのステップ

女性の26歳というのは、周りと自分を比較して、いろいろなことに敏感になりやすい時期です。彼氏なしの独...

ずっと愛される女性に多い特徴と居心地の良い彼女になる方法

ずっと愛される女性になりたい。そう考える女性は多いと思います。彼氏ができてもいつも長続きしないという...

26歳の男性が考える恋愛観と男性が結婚を意識する瞬間

26歳の男性は、仕事も楽しい時期で、まだまだ独身でバリバリと仕事をしたいと思う方も多いでしょう。また...

30代バツイチ女性に対する男性のイメージとバツイチ女性の魅力

30代のバツイチ女性はたくさんいますが、一度失敗してしまったという理由から、なかなか新しい恋に踏み出...

結婚の決め手はどこ?女性が迷った結婚を決めたポイント

彼氏から念願のプロポースをされて、その場でOKを出した方もいれば、嬉しいけれどすぐには承諾できなかっ...

モテる女性にはこんな特徴が!大人だからこそ出せる魅力

モテる女性と聞くと、まず挙げられる特徴としては、美人であることが来ると思います。しかし、本当にモ...

スポンサーリンク

子連れで再婚を考えたときの入籍のタイミング

子連れ再婚をする時には子供が普段過ごす環境から途中で環境が変わらないように、進学や進級をすると同時に入籍や引っ越しを済ませてしまうことが多いようです。

物心がつく前の小さな子供と違って、物事が分かるような年齢になってくると子供と新しく父親になる再婚相手がうまくやっていけるのだろうかと不安になってしまいます。
片親だという事を不憫に思ってしまって子供に寂しい思いをさせてしまうのを避けたい思いや、子供にとって突然他人と暮らし始めることで不安を感じさせてしまわないか、ストレスに感じてしまわないかなど、どちらが正解なのかを決めかねてしまいます。
思春期真っ盛りの子供がいれば反抗的になってしまうかもしれない不安もあります。

再婚による子供への影響を少しでも抑えるためには、一緒に暮らし始めたり入籍をするタイミングを見計らいましょう。

子供の進学や進級直後は、通い始めた学校に慣れるまではとても疲れてしまいますし、学校に慣れていても進級後のクラスの雰囲気の変化に慣れるまでは時間がかかります。
また、進級や進学をした直後に名字が変わってしまうと、まわりのお友達からそのことについて聞かれることも多くなったりと心への影響がとても多くなります。

進学前に入籍を済ませて途中で名前が変わってしまうことが無いように配慮したり、進学や進級直後に引っ越しで転校するようなことが無いように配慮しましょう。

慣れてきた頃であればいいのではと思うかもしれませんが、せっかく慣れて落ち着いた頃にまた環境が変わってしまうと、子供の心にはストレスがかかり続けて疲れっぱなしの状態になってしまいます。
繊細な子供の心にストレスがかかり続けると体の不調も出てきてしまうので、最小限にしてあげられるように子供への影響を最優先に考えてあげましょう。

子連れ再婚をするときは子供と再婚相手のタイミングも大切

小さい子供であればお友達の家庭環境などに憧れてお父さんが欲しい、お母さんが欲しいと言い出すこともあるでしょう。

子供の口から再婚を後押しするような言葉が出た時には、具体的に再婚を進めていいタイミングです。

反対に思春期真っ盛りの時期では再婚話をしただけで心を閉ざしてしまったり、新しいお父さん、新しいお母さんなんか欲しくない!と言われてしまうこともあるでしょう。
その時は再婚を進めるべきではありません。

再婚を具体的に考える前にお付き合いをしている方と子供をどれだけ会わせているか、その時の関係の良し悪しも子供が再婚を喜んでくれるかの判断材料になります。

子供が懐いてくれていれば、再婚をすることで新しいお父さんやお母さんができることを喜んでくれたりその後の関係性も良くなるので、再婚を決めてもいいタイミングと言えるでしょう。

子連れでの再婚を成功させるために心がけたいこと

子供に再婚することを喜んでもらうためには、子供から新しいお父さん、お母さんになってほしいと思ってもらえるような関係作りが大切です。

自分にとっていい相手だとしても、必ずしも子供にとっていい相手とは限らないので自分の気持ちを押し付けたりはせずに、時間をかけて関係を作っていきましょう。
とはいえ、子供の目線から見て自分の親と再婚を考えている相手が仲睦まじく過ごしているのを見ていれば、自然と相手のことを好きになってくれることもあるでしょう。
お互いに無理をせずに思いやりを持って接している姿を自然に見せられることが、一番の近道です。

再婚の報告を子供に伝える方法と注意点

再婚を考えていることを子供に伝える時、注意しなければならない点がいくつかあります。

伝える人

再婚を考えているときには、子供と1対1で話し、必ず自分の口から伝えてください。
相手も一緒にその場にいてしまうと、子供は二人の世界に入っていけないような気がしてしまいますし、再婚相手から言われてしまうと嫌でも反論のしようがありません。

大切なたった一人のお母さんやお父さんを再婚相手に取られてしまうような不安な気持ちにさせてしまわないように、伝え方も考えなければなりません。

子供に判断をさせない

再婚してもいいかな?たまに遊んでくれるあの人のことは好き?嫌なら結婚はやめるよ。などと最終的な判断を子供に任せるような言い方は、子供に大きな負担や不安を与えてしまいます。
子供に聞くようなことはせずに再婚相手と普段どのように接しているのかを見て、子供はその人のことをどう思っているのかを自分で判断して下さい。

タイミング

再婚を伝えるタイミングは先述したように、進学や進級で疲れが溜まってしまったような状態でない時にする必要があります。
また、普段の子供の様子から見て機嫌のい時間帯などが分かるので、タイミングを見計らって二人で話す時間を作りましょう。

子連れで再婚を考えるタイミングは子供の気持ちや状況を最優先にしよう

再婚を考える時には、子連れである以上、何事も子供を最優先に考えてあげなければなりません。

しっかりしてるように見えても大人が思っている以上に子供の心は傷付きやすく、壁を作ってしまったり、体への不調も出やすいのです。
離婚や再婚を身近なところで目にするようになったとはいえ、当事者となった子供の負担は大きいので、最優先でケアしましょう。

子供に負担がかからないような時期を選び、引っ越しなどで友達と離れてしまう寂しさ、再婚相手に親を取られてしまったような寂しさを感じさせないように努めましょう。