恋愛アプローチを女性からするときのコツとポイントを紹介

恋愛のアプローチを女性からするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。
男性はぐいぐい押すと逃げる傾向があります。とくに10代や恋愛に対して免疫のない男性は、間違った恋愛アプローチをしてしまうと引いてしまうのでやんわりと好きという気持ちを伝えていきましょう。

ではどのようにすれば、効果的なアプローチができるのでしょうか。女性から恋愛アプローチをするときのコツとポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男女の仲良しグループ内での恋愛は慎重に!リスクを考えて

大学生は同じサークル、同じ学部など男女の仲よしグループができるのも珍しくありません。 男女仲良...

メンヘラ彼氏とは?特徴と上手な付き合い方について

良く耳にするようになった造語の一つに「メンヘラ」があります。 自分がお付き合いしている人のことを「...

恋愛諦め男子とは?恋愛に興味のない男性を振り向かせる方法

恋愛を諦めてしまっている男子にはどのような特徴があるのでしょうか。気になる男子が恋愛を諦めているとし...

【男性の嫉妬の心理】恋愛で嫉妬する理由と行動に表れる特徴

付き合っている彼氏の行動を見て「これはもしかして嫉妬してる?」と感じたことはありませんか?恋愛での嫉...

台湾人男性の恋愛の特徴と上手く付き合うためのコツ

恋愛において台湾人男性と日本人男性は全く違います。 台湾人男性はべストレートに自分の気持ちを表現し...

カップルで盛り上がるお家デートを楽しむ方法

彼が初めて家に来る時には、どんなことをして過ごそうかと考えている女性も多いと思います。せっか...

26歳の結婚に焦りを感じている女性へ。自分のペースで歩く方法

女性も26歳になると、結婚している友達も増えてきて、子育て中という女性もいれば、まだまだ独身も多い年...

彼氏の子供を妊娠したいと考える女性がとるべき行動

「彼氏の子供を妊娠したい!」と思う女性は意外とたくさんいらっしゃることでしょう。 その思いに隠れた...

彼女の浮気が原因でトラウマを持つ男性との上手な付き合い方

彼女からされた浮気は、男性の心のなかにトラウマとして残ってしまうこともあります。今、付き合っている男...

話し方が優しい男性を振り向かせたい!恋愛に発展させるコツ

話し方が優しい男性のことを好きになってしまったあなた。誰にでも優しく接する男性は人気もあります。 ...

彼氏が欲しいアラサーへ送る彼氏をつくるコツについて

彼氏が欲しい、そう思っているのに恋愛から数年遠のいている、アラサー女子の方は少なくありません...

早く結婚する人の特徴とは?結婚したいなら見極めも重要

早く結婚する人にはどのような特徴があるのでしょうか?結婚願望がないと言っていたのに、いつの間にかゴー...

彼氏を信用したいのにできない女性は自分に自信をつけてみよう

浮気されたわけではないのに彼氏の事が信用できない女性は多いです。 その原因の多くは彼女のネガティブ...

彼氏に『好き』と言うベストなタイミングとシチュエーション

彼氏には照れくさくて『好き』と言えないという女性は多いと思います。言葉にした方が気持ちが伝わることは...

彼氏の職場に女が多い!浮気の兆候は?不安を感じる時の対処法

女性の多い職場で働く男性とお付き合いをしている人は、彼氏が浮気をしているのでないかと考え、嫉妬心を抱...

スポンサーリンク

女性から恋愛アプローチをするときにはストレートに言うほうが効果的

自分からアプローチしたいと思ったら、積極的に行動したい!

どのようなアプローチで男性はこちらを意識してくれるようになるのでしょうか。

デートのお誘い

たとえば、どこかに遊びに行きたいとき。
「歩くの嫌い?」などという内容から話がスタートし様子を伺う女性もいますが、「あまり好きじゃない」と返されたりしたら次の返答にも困ってしまいますよね。

会話を長く続けたり、相手の様子を伺いたくなる気持ちもわかりますが、そこは素直に「今度遊園地に行こうよ!」と誘ってみましょう。

遠まわしに誘われると、本当に誘われているのか上段なのかの判断が付かなくなってしまいます。

男性は全く意識していなくても、突然異性からそのような内容の話がきたら、少なからず意識しますよ。

会話に共感

好きな男性には自分のことをもっと知ってもらおうと、たくさん自分自身の話をしてしまいますが、抑えましょう。

会話する機会は男性の好きなものや趣味などを知る良いチャンスです。

ですが、質問だけ投げかけられても会話とはいえませんし、男性側は会話の主導権を握ることを得意としない場合が多いので、負担になってしまう場合があります。

自分の知らない分野のことや、趣味の話を嬉しそうに聞いてくれる女性の印象はとてもいいようですよ。

女性からの恋愛アプローチはやんわり押すがおすすめ

アプローチすることに一生懸命になってしまうと、ガツガツした女性だとおもわれてしまうため注意が必要です。

アプローチされることを嬉しく思っている半面、アプローチされたからって落とされるものかと凛とした姿勢を保とうとしているのが男性です。

アプローチの仕方で好意を抱く男性がこちらに気を向けてくれるのか、そうでないのかが決まってきます。

まだ付き合ってもいないのに、他の女友達とその男性が仲良くするところを見て過度に嫉妬したり、それを表に出すのはやめましょう。

嫉妬していることをアピールしたいのであれば、直接本人に言うのではなく、彼に気付かせましょう。

女友達と仲良く話している姿を怖い顔をしないで少しの間みつめてみると、彼と目が合うかも。そしたら彼はあなたのことを徐々に意識し始めて、もしかして好かれているのかな、を感じ取らせましょう。

恋愛上手な好かれる女性の特徴を真似しましょう

いくら頑張ってアプローチしても、一緒に過ごしていて暗い表情をしていたりすると、楽しくないなと感じさせてしまったり、アプローチされていると思っていたけど勘違いだったかなと思わせてしまう場合があります。

恋愛でも友達関係でも、好かれる人はいつでも笑顔で、周りをパッと明るくしてくれるような女性です。

そして、恋愛上手な女性は、男性に頼ることが出来ます。男性は頼られたい生き物で、女性の弱い部分を知ると守ってあげたいと思うのです。

アプローチをかけたのが自分からだとはいえ、恋愛を女性から引っ張りすぎてしまうと「頼りない」と思われているように思ってしまうこともあるので、程よく頼ってあげましょう。

恋愛上手な人に近づけるように、まねしてみるといいですね。

最後の告白は女性からではなく男性からしてもらうのが理想

女性からアプローチをかけたから、告白も女性からしないといけないわけではありません。反対に、最後の最後の告白は男性からしてもらうようにしましょう。男性には狩猟本能があり、自分から何か行動を起こし獲物を獲得することで達成感を得ることがとても大切なのです。

男性にアプローチをかけても何も変わらないなと思っている女性は、告白すれば気持ちが伝わるし彼の本当の思いが伝わるかもしれないですが、それは逆効果です。

男性には、アプローチ期間にたくさんもやもやして、たくさん悩んでもらいましょう。

告白に近いようなような内容は、ありです。でも、はっきりと付き合って欲しいとお願いしたりするのは待ってください。
その過程で盛り上がったあなたへの感情を、爆発させたいとなったとき、彼のほうから告白してくるでしょう。それまでは少しの間、辛抱です。

男性が告白したくなるような気持ちの伝え方

アプローチが上手くいっているのであれば、彼はあなたの抱いた好意に気付いているはずです。

なかなか関係が進まないときには「好きな人には告白されて付き合いたいって思うんだよね」と恋愛の価値観を話すような会話の流れで伝えてみると良いでしょう。

彼が「あなたの好きな人=自分だと」気付いていれば、告白をしてきてくれるのではないでしょうか。

それか、もし自分から気持ちを伝えることを我慢できなくなったら、「私から告白してもいい?」と聞いてみましょう。

彼も、あなたからの告白を待っているかもしれませんので、そのときは付き合ってからたくさん気持ちを伝えてもらいましょうね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688