友達が自分の彼氏と浮気した疑いがある時の対処法と解決策

信じていた友達と自分の彼氏が浮気をした疑いがあるとき、あなたはとても辛い状況に立たされてしまいます。

彼氏と友達の両方に裏切られてしまったら、この先どうすればいいかわからなくなることもあります。

ここでは、自分の友達と彼氏の浮気が疑われるときの対処法についてお伝えします。

待っているのは悲しい現実かもしれませんが、自分が後悔しないように、あなたにとって一番の選択をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

独身男性との不倫にハマっている友達の目を覚まさせる方法

自分の友達から独身男性と不倫していると告白されたら、かなり衝撃を受けると思います。 旦那さんやお子...

彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法と考え方

彼氏の元カノに嫉妬していませんか? もうとっくに別れているのに、なぜか気になる元カノの存在。 彼...

恋愛でいつも「重い」と言われる女性の特徴

恋愛をする時に一途なのは良いことですが、それが度を超えると「重い」と言われてしまうこともあります。 ...

彼氏いない歴=年齢で男性が引くとは限らないが伝え方が重要

「彼氏いない歴=年齢」がコンプレックスで、男性に伝えると引くかもしれない…と不安に思う女性も実は...

愛される女性の特徴とは。男性に大切にしてもらえる女性のタイプ

愛される女性にはどのような特徴があるのでしょうか?好きな人に振り向いて欲しい、今の彼氏とずっとこのま...

男性が浮気をするのはなぜなのか、傾向と対策を知ろう

男性は浮気をしやすい生き物だという人がいますが、それはなぜなのでしょうか。 もちろんすべての男...

彼氏に冷めた?気持ちを診断するために役立つ方法

付き合いたての頃は2人でいるだけでドキドキしていたのに、時間が経つと彼氏に冷めたのでは?と思うほどド...

スペイン人男性の特徴と恋愛観について。日本の恋愛との違い

スペイン人の男性は、日本人男性と比べて彫りの深い顔立ちで、大きな目元も印象的です。そんなスペイン人の...

既婚女性と男友達が二人きりで会うのはあり?世間の目と注意点

既婚女性であるあなたが男友達と二人きりで遊ぶことに対して悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。結...

彼氏が欲しい!なのにできない女性の特徴と対策についてご紹介

彼氏が欲しいと考えて、すぐにできる人と、できない人がいます。 この両者にはどういった違いがあるの...

アラフォーでバツイチの女性が幸せなりたい時に知るべきこと

アラフォーでもバツイチとなって子供もいない女性であれば、もう一度結婚したいと考える方も多いでしょう。...

地雷のように爆発する男とは?その特徴についてご紹介

世の中には地雷男と呼ばれる男性がいるのをご存知でしょうか? 一見まともに見える男性でも、うっかり関...

仕事も恋愛もうまくいかない女性へ。辛い気持ちを乗り越える方法

「最近、仕事も恋愛もうまくいかない…」と気持ちが沈んでいる女性はいませんか?どちらかひとつでも上手く...

26歳の男性が考える恋愛観と男性が結婚を意識する瞬間

26歳の男性は、仕事も楽しい時期で、まだまだ独身でバリバリと仕事をしたいと思う方も多いでしょう。また...

30代の婚活は厳しい?30代女性が婚活を成功させるコツ

20代は結婚なんてまだまだと思っていても、将来を見越して20代から婚活を始める女性が増えてきています...

スポンサーリンク

自分の友達と彼氏が浮気した疑いがあるときの確認方法

自分の親友と彼氏が浮気しているかもしれないという噂を聞いてしまった。どちらも信用しているでしょうから非常にショックだと思います。もし噂が本当だったら2人との関係を続けるのは困難でしょう。ですが、一度疑いを持ってしまった以上、悲しい現実になってしまうとしてもきっちり確認するべきです。

まずは、浮気しているかどうかの現実を確認する前に一度冷静になってください。一度浮気しているかもと感じてしまったら、彼氏の行動一つで一喜一憂してしまいます。まずは落ち着いて、現実を受け止める心の準備をしましょう。

友達と彼氏が浮気!心を落ち着ける事が出来たら、証拠集めます。

はじめに、彼の行動や気になった言動などメモに記しておきましょう。こうすることで万が一言い合いの時に彼が嘘を付いたとしても証拠になります。

そして、彼が持っているレシートや通話履歴も写真を撮るなりして記録しておきます。
また、彼自身を撮影することも非常に有効で、プレッシャーを感じて浮気のボロが出やすくなるので怪しまれない程度に写真に収めておきましょう。

彼が本当に浮気をしていた場合は「どこに証拠があるんだよ」と逆ギレされる可能性も高いですので、自分の心の中で「浮気しているな」と確信するのではなく物理的な証拠を残しておく必要があるでしょう。

友達と彼氏が浮気したときは先に彼氏に事情を聞くこと

自分の友達と浮気していることが確信出来たら、まず「彼」から先に事情を聞きましょう。

女性は男性より嘘を隠すのがうまいので、友達に先に話を聞いてしまうと口裏を合わされてしまう可能性が高いです。まずは彼に浮気しているかどうかを問い詰めましょう。

聞きたくない話かもしれませんが、いつから浮気していたのか、どうして浮気しようと思ったのか、今後はどうしていくのか、冷静に話し合いましょう。

感情を爆発させてしまうと、相手も感情的になってしまい本当に聞きたいことを聞き出せなくなってしまうのであくまで冷静に淡々と問い詰めましょう。

男性は質問攻めを受けると隠せずに正直に答えてしまう生き物ですので、落ち着いて対応することで真実を聞くことが出来るでしょう。

自分の友達と浮気した彼氏への対処法・別れの選択も視野に

自分の友達と浮気をされても簡単に許せてしまうという女性はほとんど居ないでしょう。

浮気をされた事が発覚した後の対処法として多いのが「友達も彼氏も縁を切る」です。

浮気をした彼氏も悪いけど、友達の彼氏と浮気をする神経も考えられないと考える人が多数です。
また、浮気は一度やったら繰り返すものという話をよく聞きます。そのためにどんなに「もうしないから」と言われても別れを選択する女性が多いようです。

逆に一度だけの浮気だったら許す、本当に反省していてつい魔が差してしまっただけなら仕方ない。という女性も少なからず居るようです。

別れるのか、関係を続けるのかは誰かが決めるものではありません。
自分にとって良い選択をしましょう。

好きになったら仕方ない?友達の彼氏と浮気する女の心理と特徴

浮気されてしまったのはあなたが悪いわけではなく、彼女が居るとわかって略奪して来る友達にクセがあったのかもしれません。

どうやら友達の彼氏に手を出してしまう女性には共通した心理や特徴がある

  • 喧嘩をしたら登場する
    彼氏と喧嘩する度に登場して「彼はこう言ってたよ、よかったね」と自分が仲介したおかげであなた達二人の仲は保たれているのよと言わんばかりにでしゃばってきます。しかし、裏ではあなたの悪口を彼氏に吹き込んで、喧嘩の火に油を注いでいるのです。
  • 男優先
    略奪する女性は友達という存在は薄っぺらく、男がいればそれでいいと考えています。そのため、あなたが親友だと思っていても相手はそう思ってなかった可能性があります。
  • 弱るのを待っている
    男性は弱くなっている時にアタックすると落ちることをわかっているため、喧嘩をして落ち込んでいる彼のそばに寄って「大丈夫?」と声をかけるのです。
    もしかすると、前から彼が弱るのをじーっと待っていたのかもしれません。

彼氏と浮気をした友達と自分の関係は自分の気持ちに従おう

先程も触れたように、浮気をされてもまだ付き合いを続けるのか、許して付き合い続けるのはあなた次第です。

友達も彼も切る人、友達だけ切って彼と関係を続ける人、どちらも許して関係を続ける人、その時の状況や2人の反省度などでも変わってくるでしょう。

心が不安定なため、友達が2人と関係を続けるのはやめたほうがいいと言っているから、ネットで書いているからと周りの意見に流されてしまいがちですが、こればかりは自分の気持ちに従って選択をしても良いのではないでしょうか。

自分が本当に幸せになれる方法を見つけてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688