プラチナとシルバーの見分け方。色、重さ、刻印で見分ける方法

プラチナとシルバーの見分け方を知っていますか?
一見みるとどちらも銀色に輝いており、どちらがプラチナでシルバーか見分けることができませんが、2つを見分ける方法はあります。
もし気になる指輪があれば一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
これを見ればプラチナとシルバーの区別くらいはできるかもしれませんが、最近プラチナの偽物も出回っているとか。
購入後に後悔しないよう、知識を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラチナの指輪についた傷消しの方法は?自分でできる対処法

プラチナの結婚指輪に傷がついてしまったら、傷消しをしてもう一度指輪の輝きを取り戻したいと考えるもので...

オシャレな指輪の重ね付けセンスが光る指輪の付け方を紹介します

指輪の重ね付けをしたいけれど、いまいちオシャレに見えない、なんだか野暮ったく見えてしまう…そんなとき...

プラチナに元の輝きを!基本の磨き方から裏技までご紹介します

結婚した時は輝いていたプラチナの指輪でも、毎日しているうちにどうしても汚れてしまうもの。しか...

結婚式の参列に指輪はOK?注意が必要な指輪やアクセサリー

結婚式に参列する際には、服装やアクセサリーについてもマナーが存在します。NGな服装については知ってい...

シルバーの指輪のお風呂での対処法!黒ずみへの簡単ケアと注意点

いつも付けているシルバーの指輪はお風呂に入るときもできれば外したくないというあなた。でも、お風呂に付...

指輪の外し方!基本の外し方と糸を使った外し方・色々な外し方

どうにかして指輪を外したいのに指輪が抜けなくなってしまったら、どんな外し方をすれば指輪を抜くことがで...

指輪はつける場所で意味が変わる?小指につける意味について

小指に指輪をつけるとどんな意味があることになるのでしょうか?可愛らしいピンキーリングは、さり気ないけ...

彼氏が指輪をくれないのはなぜ?理由とおねだりの方法

カップルがおそろいの指輪をしていたりすると、羨ましくなりますよね?女性は指輪などのアクセサリ...

スポンサーリンク

プラチナとシルバー、色での見分け方

宝石に興味のある方、もしくは、宝石の雑誌なんかをみていて、プラチナとシルバー、この2種類、どうやって見分けたらいいのか、見た目で何か区別がつくのか、あなたは「見分け方」を知っていますか?

簡単にプラチナとシルバーの違いを見分ける方法

この2種類の宝石ですが、シルバーの方は、当たり前ではありますが、色は銀、そして、色が変わりやすいのが特徴です。どんな色に変わるかというと、黒に変わりやすいです。

また、プラチナとシルバーを両方を磨くと、シルバーの方がより輝くというのも特徴です。宝石の中でも、光る度合いが高いのが、シルバー。これで、プラチナとシルバーの違いが色でわかると思います。

プラチナとシルバーの見分け方、重さでもある程度わかる

プラチナとシルバーは、持った時の重さでも見分けることは可能

プラチナとシルバーの重さを比較すると、実は、プラチナの方が圧倒的に重いんです。その重さを比較すると、プラチナが2に対して、シルバーは1です。この差があります。
この「軽さ」という意味では、シルバーは宝石好きの方には、好まれやすいのではないでしょうか?どうせ宝石を点けるのであれば、軽い宝石、プラス上記でも触れていますが、輝きやすいというのもシルバーの特色です。磨いたらすぐ光ってくれるし、プラス、重さも軽い。これらの理由からどうして、シルバーが好まれるのか、よくわかると思います。

シルバーは軽いので、大きな指輪やアクセサリーを作るのに便利というのもあります。プラチナが悪いという訳ではありません。ただ、重さを考慮すると、軽いというメリットがシルバーにはありそうです。

逆に、プラチナは、その重さから、「宝石を身に着けている」と実感できるのがメリットだと思います。

プラチナ製品には必ず刻印が刻まれているため、刻印での見分け方も方法の一つ

この宝石、プラチナなのかな?それともシルバーなのかな?どちらかを見分けるのに使われるのが、なんと、「刻印」になります。

プラチナを買った場合、pt900など、その名のごとく、ptという刻印が押されます。その刻印で、素材がプラチナだということがわかるのです。

それが、シルバーになると、同様の考えで、SV925のように、SVという刻印が押されています。見た目や色では、私はプラチナなのか、シルバーなのか、判断がつきにくい、そんな方は、刻印に、ptなのか、svが刻まれているのか、どちらか確認することでより見分けがつくと思います。

あとは、上記でも書かれている通り、重さも見分ける方法です。重いか軽いか、身につけて、重く感じるのなら、プラチナ、軽く感じるのなら、シルバーになるようです。

注意!シルバーとの見分け方はできても、偽プラチナを見分けるのは困難

プラチナとシルバーの見分け方はそれ程難しくありません。

上記でも紹介している通り、刻印、ptかsvでどちらがプラチナなのか、シルバーなのか、見分けるのは簡単だと思います。

一歩進んで、どうやって、偽物を見分けることができるのか、そんな点もあなたは知りたいと思いませんか?特に、プラチナの偽物なんて、絶対買いたくないですよね?偽物かどうか確認するのに最も簡単で確実な方法は、上記でも紹介している、刻印です。刻印が押されているのかどうか、これで、その宝石がプラチナなのか、それとも偽物なのか、判断することができるのです。

ただし、注意して欲しいのは、刻印が押されていないのが、必ずしも、偽物とも限りません。恐らく、刻印が誕生する前に、作成されたプラチナには刻印は押されていません。刻印はあくまでも、「基準」としてみるべきです。もしかしたら、刻印が押されていなくても、プラチナである可能性があります。あくまでも簡単に見分けられる一つの手段として用いられています。

結婚指輪を買うなら変色しないプラチナがおすすめ。予算がないのであれば、シルバーよりもチタン素材を選んでみては

あなたが何を理由にして、プラチナやシルバーの様な宝石を買いたいのか、その理由により、どの宝石を選ぶべきなのか、その種類は変わると思います。結婚指輪なら、上記でも触れている通り、シルバーだと色が変わるので、あまりお薦めできません。プラチナは色の変色がないので、結婚指輪として身につけるのであれば、プラチナの方が適切だと思います。

ただ、プラチナの良さがわかっていたとしても、経済的に余裕がない方も勿論いると思います。そんな場合は、チタンがお薦めです。

流行といいますか、経済的なことも考えて、チタンを使用する方も多くいます。プラチナから比べると質は落ちますか、その分、経済的にはだいぶ抑えられます。プラス、金属アレルギーを持っている方にも、チタンはお薦めです。経済的な問題があるのなら、プラチナにこだわらず、チタンという選択肢も考慮すべきだと思います。
プラチナとシルバー、どうやって見分けられるのか、その見分け方について紹介しました。色や重さ、刻印が鍵になります。偽物はかどうかを見分けるにも、刻印がよく使用されます。ptが刻まれているのか、svが刻まれているのか、それを見るだけで、見分けはつきます。プラチナは重く、それに比べてシルバーは軽いというのも特徴の一つです。その分、シルバーでは大きなアクセサリーを作れるというのもメリットですね。