結婚式の参列に指輪はOK?注意が必要な指輪やアクセサリー

結婚式に参列する際には、服装やアクセサリーについてもマナーが存在します。NGな服装については知っていても、アクセサリーについてはご存知ではない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでここでは結婚式に参列する場合の注意が必要なアクセサリーについて、特に指輪に注目をしてご紹介をいたします。

女性の指輪だけでなく男性の指輪についても、また着物の場合の指輪の注意点についてもご紹介をいたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

指輪はつける場所で意味が変わる?小指につける意味について

小指に指輪をつけるとどんな意味があることになるのでしょうか?可愛らしいピンキーリングは、さり気ないけ...

シルバーの指輪のお風呂での対処法!黒ずみへの簡単ケアと注意点

いつも付けているシルバーの指輪はお風呂に入るときもできれば外したくないというあなた。でも、お風呂に付...

プラチナの指輪についた傷消しの方法は?自分でできる対処法

プラチナの結婚指輪に傷がついてしまったら、傷消しをしてもう一度指輪の輝きを取り戻したいと考えるもので...

オシャレな指輪の重ね付けセンスが光る指輪の付け方を紹介します

指輪の重ね付けをしたいけれど、いまいちオシャレに見えない、なんだか野暮ったく見えてしまう…そんなとき...

彼氏が指輪をくれないのはなぜ?理由とおねだりの方法

カップルがおそろいの指輪をしていたりすると、羨ましくなりますよね?女性は指輪などのアクセサリ...

プラチナとシルバーの見分け方。色、重さ、刻印で見分ける方法

プラチナとシルバーの見分け方を知っていますか?一見みるとどちらも銀色に輝いており、どちらがプラチ...

プラチナに元の輝きを!基本の磨き方から裏技までご紹介します

結婚した時は輝いていたプラチナの指輪でも、毎日しているうちにどうしても汚れてしまうもの。しか...

指輪の外し方!基本の外し方と糸を使った外し方・色々な外し方

どうにかして指輪を外したいのに指輪が抜けなくなってしまったら、どんな外し方をすれば指輪を抜くことがで...

スポンサーリンク

結婚式に参列する際の指輪の注意点について

結婚式の参列のマナーは服装だけではありません。

普段から身につけていることの多い指輪はどうしたらいいのか悩んではいませんか?

指輪を含め、身につけるアクセサリーにもマナーがあるのできちんと覚えておきましょう。

結婚式にゲストとして参列するときの指輪について

指輪はつけても◎

結婚式に参列する際には、指輪をつけていても問題ありません。
気にしなくても大丈夫ですよ。

結婚式にふさわしい指輪

指輪の中でも特にふさわしいとされているのは結婚指輪や婚約指輪です。
両方持っているのなら重ねてつけるのも素敵で上品です。
どちらも結婚式で身につけてOKです。

結婚式にふさわしくない指輪

宝石が大きいもので存在感が強いものはふさわしくないので避けてください。
きちんと指先までおしゃれをして参列することも大切ですが、花嫁よりも目立ってしまうのはよくありません。

結婚指輪や婚約指輪以外のものを身につけるのであれば、派手であったり存在感が強いものは選ばないように気をつけましょう。

結婚式の昼と夜とでは指輪やアクセサリーの参列マナーに違いあり

指輪やアクセサリーを選ぶ際には、結婚式が行われる時間帯にも注目してください。

お昼に行われる結婚式と夜に行われる結婚式では、そのマナーも変わるのです。

お昼の結婚式のマナー

お昼に行われる結婚式に参列する際の指輪として「光らないもの」というのが重要です。ダイヤなどは素敵に輝きますが、結婚式の撮影の際にその輝きに反射してしまい、せっかくの結婚式の写真の写りが悪くなる可能性もあります。
ですので、パールやサンゴの指輪やアクセサリーをチョイスするのがおすすめです。
パールは上品な美しさでありながら、フラッシュに反射することもないです。
服装に合わせたり、少し華やかさを出したいのであれば赤が素敵なサンゴもいいでしょう。

夜の結婚式のマナー

夜に行われる結婚式に参列するときにはお昼とは反対に「光輝くもの」を選びましょう。夜の結婚式に華やかさを添えてくれるダイヤモンドやゴールドの指輪やアクセサリーを選んでください。
華やかさを意識するあまり、派手になりすぎないようにアクセサリーの大きさを考慮したりして注意してください。

和装で結婚式に参列する場合の指輪やアクセサリーについて

結婚式に参列する際の服装として洋装を選ぶ人も多いですが、和装で参列する人もいます。
そこで気になるのが、和装の際の指輪を含むアクセサリーのマナーです。
和装で参列することでそのマナーに違いはあるのかをご紹介します。
結婚式の参列に和装を考えているという人は参考にしてみてください。

和装で参列する時のアクセサリーのマナー

和装での参列では指輪などのアクセサリーのマナーとしては身に着けないのが正しいです。

そのようなマナーとなった背景には、和装を日常としていた時代にアクセサリーを身につける習慣がなかったということ、髪飾りや帯留めがアクセサリーの代わりとなるためといったことがあります。
アクセサリーで着飾らなくても、着物の柄などでも十分華やかさは感じることができます。
ネックレスやブレスレットは和装の際には似合わない、必要ないというのも想像できますね。
しかし、結婚指輪はアクセサリーとはならないので身につけていてもOKです。
もし、着物をきるのに生地をダメにしてしまわないか不安という場合には結婚指輪をつけていなくても問題はないので外しましょう。
髪飾りなどで華やかさを出すことはできます。

結婚式の参列時に注意が必要な宝飾品について

結婚式では指輪以外のアクセサリーについても注意が必要です。

身に付けないほうがいいアクセサリーをご紹介します。

  • 白いもの
    花嫁の象徴である白を基調としたアクセサリーは付けないでください。
    先程ご紹介したパールも白いアクセサリーとなりますが、これは例外なので身につけて参列しても問題ないので間違えないようにしましょう。
  • 生花のアクセサリー
    生花は白いものと同様に花嫁の特権です。
    ヘアアクセサリーに生花を使ったり、大きな花を使ったコサージュも避けましょう。
    コサージュは花のものが多いですが、生花ではない造花を使ったものにしたり、目立ちすぎない小さめのものにしましょう。
  • ファーや毛皮、アニマル柄のアクセサリー
    これは服装において有名ですが、アクセサリーについても同じことが言えます。
  • 腕時計
    意外に思われるかもしれませんが、腕時計も結婚式で身につけるのはマナー違反です。
    時計をつけていることで移管を気にしながら過ごしている、早く帰りたいと思っているといったように受け取られてしまいます。
    実際、結婚式の最中に時計を見る必要があまりないので、つけていなくても不便に感じないと思います。
    式の間は忘れずに外しておきましょう。

結婚式に参列する際の注意が必要な男性の指輪

指輪を身に着けているのは女性だけと思いがちですが、男性でもファッションとして指輪を身に着けている人は多いです。

男性の場合でも、結婚式に参列するときには指輪のマナーがあるので気をつけましょう。

まず、男性の指輪で多いのが結婚指輪です。
こちらは女性と同じようにつけたまま参列して問題ありません。

それ以外の指輪はファションリングや恋人とのペアリングであることがほとんどだと思います。
それらに関しても基本はつけて参列したとしても何も問題ありません。
ですが、そのような指輪がゴツゴツしたものや、王冠のデザインなどカジュアルな印象のものである場合は外してください。
結婚式はフォーマルな場なのでデザインによっては不向きです。
自分が普段つけている指輪をつけても大丈夫かどうか悩んだ時は、外して参列するのがおすすめです。

男性の指輪のマナーに関して意外と知られていないことが多いので、もし一緒に参列した男性の中に不向きな指輪をしている人がいたときには、外すように声をかけてあげることができるといいですね。