指輪はつける場所で意味が変わる?小指につける意味について

小指に指輪をつけるとどんな意味があることになるのでしょうか?可愛らしいピンキーリングは、さり気ないけれど存在感がありますよね。

しかし、選び方を間違えてしまうと手の大きさやたくましさが出てしまいがちです。小指は意外にも目に付きやすい!?では、どのような指輪を選べばいいのでしょうか?

ピンキーリングの選び方、付け方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラチナに元の輝きを!基本の磨き方から裏技までご紹介します

結婚した時は輝いていたプラチナの指輪でも、毎日しているうちにどうしても汚れてしまうもの。しか...

指輪の外し方!基本の外し方と糸を使った外し方・色々な外し方

どうにかして指輪を外したいのに指輪が抜けなくなってしまったら、どんな外し方をすれば指輪を抜くことがで...

オシャレな指輪の重ね付けセンスが光る指輪の付け方を紹介します

指輪の重ね付けをしたいけれど、いまいちオシャレに見えない、なんだか野暮ったく見えてしまう…そんなとき...

結婚式の参列に指輪はOK?注意が必要な指輪やアクセサリー

結婚式に参列する際には、服装やアクセサリーについてもマナーが存在します。NGな服装については知ってい...

シルバーの指輪のお風呂での対処法!黒ずみへの簡単ケアと注意点

いつも付けているシルバーの指輪はお風呂に入るときもできれば外したくないというあなた。でも、お風呂に付...

プラチナの指輪についた傷消しの方法は?自分でできる対処法

プラチナの結婚指輪に傷がついてしまったら、傷消しをしてもう一度指輪の輝きを取り戻したいと考えるもので...

プラチナとシルバーの見分け方。色、重さ、刻印で見分ける方法

プラチナとシルバーの見分け方を知っていますか?一見みるとどちらも銀色に輝いており、どちらがプラチ...

彼氏が指輪をくれないのはなぜ?理由とおねだりの方法

カップルがおそろいの指輪をしていたりすると、羨ましくなりますよね?女性は指輪などのアクセサリ...

スポンサーリンク

小指に指輪をつけるなら左手?右手?こんな意味が隠されています

小指が持つ意味は「変化」です。

そのため小指に指輪をつけると「チャンスがほしい」、「現在自分がおかれている仕事や家庭環境に不満がある」という意味になります。

また、同じ小指でも、右手と左手では意味が違います。

右手には「現実で直面した難関や壁を突破したい」という、強さや力を求めるという意味があります。

そのため、右手の小指に指輪をつけると、自分の可能性を広げたい、又は自分にもっと魅力をつけたい、というような意味になります。

仕事で出世がしたいときや学校の成績を伸ばしたいときにもこの指につけるといいですね。

左手には「思いを伝えたい」という意味があり、ひらめきがほしいときなどにも着けるのは左手です。

左手の小指には、自分の願いを叶えたいときにつけます。愛や恋だけでなく、さまざまな願い事を叶えたい人は左手の小指につけるといいでしょう。お守りとしてつけてもいいので、現状に不安を感じてる人にもおすすめなのがピンキーリングです。

小指以外の指輪の意味について

では他の指にはどんな意味があるのか、全部知っている人は多くありません。

小指を調べると他の指も気になりますよね。

ひとつひとつご紹介しましょう。

まず親指ですが、親指にはどんな願い事も叶うという意味があります。力強さを象徴する指でもあります。

右手親指には、困難に打ち勝つという意味があります。また、指導者がつける指でもあるので、リーダーシップを養いたい人もこの指に指輪をするといいでしょう。

左手の親指には、自分の信念を貫き通すという意味があるので、気持ちにブレを持たず力強さがしほしいのならこの指に指輪をつけましょう。

次に人差し指ですが、この指は行動力、自立心を表す指です。

右手なら集中力を高める、自分の意思を強く持つという意味があります。この指もリーダーシップを表す指なので、親指とあわせて着けるととても力強くなります。

左手なら積極的になるという意味があるので、もう少し前に出る力がほしいと思う人には指輪をつけるのにおすすめの指です。

中指には直感やインスピレーションという意味があります。

右手であれば邪気よけの意味があり、左手なら協調性を高める、人間関係を良好にするという意味です。

薬指は指輪をつける指の中でもメジャーなので知っている人も多いと思いますが、もともとは神聖な指とされていました。

特に左手は心臓に繋がっていると考えられていたので、結婚という神聖な誓いに命を懸けるという意味があるのです。

右手には愛を深めるという意味と、安らぎを求めるという意味あります。そのため。恋人募集中のときにもこの指に指輪をつけるといいとされているのです。

意味よりも女性らしさを演出してくれるから小指につけたい!指輪の選び方

ピンキーリングは、最初だけでもできるだけお店に行って実際に指に合わせて選ぶことをおすすめします。指輪だけで見るととても可愛いデザインでも自分の肌の色や手の大きさや形、指の長さによってはあまりしっくり来ないことがあるのです。一通り試着しておけば自分に似合うものと似合わないものが分かるので、その後購入した方が失敗がありませんよ。

また、女性らしさを出したいのであればできるだけ華奢なデザインから選びましょう。

太めでごつい指輪は格好いいのですが、女性らしさや華やかさとは少し遠いところにあるデザインです。

派手さのない控えめなデザインは男性ウケもいいですよ。

また、サイズはきちんと自分に合ったものを着けましょう。

小指は一番外側の指なので、ゆとりのないサイズを選ぶと指輪からお肉がはみ出てしまってあまりきれいではありません。

また、ブカブカしすぎているとすぐに外れて紛失してしまいます。

一度ジュエリーショップに行き、自分に似合うデザインや色、ぴったりのサイズを調べるようにしましょう。

小指につける指輪は重ね付けもおすすめ

指輪は重ね付けしてもとても可愛いのですが、それが特に可愛くておしゃれに楽しめるのが小指にはめるピンキーリングです。

組み合わせ方は自由です。太いのと細いのを組み合わせたり、派手なのと控えめなのを組み合わせたり、組み合わせ次第でかなり雰囲気が変わるので、手持ちのものでコーディネートして楽しみましょう。

重ね付けする場合は、片方の指だけに指輪をするようにしましょう。両手に重ね付けするとごちゃごちゃして重たく見えます。

細いものであれば3本くらい重ね付けしてもOKです。

組み合わせるときは、重ねた指輪同士にキズが出来ないようにチャームの当たりやすいものは着ける位置をすらしたりするなど、少し工夫をしましょう。

指を華奢に見せたいならこの指輪を選びましょう

リングのデザイン次第では指が太く見えることも華奢に見えることもあります。

指が短く太い人には、細いリングはかえって指を太く見せる効果があるので、少し太めのリングを選ぶようにしましょう。

ストレートな指輪よりも、波のようにうねりのあるデザインやV字のデザインのほうがすっきりして細く見えます。

できるだけデザインはシンプルなものの方が詰まって見えないのでおすすめです。

太くて長い指の人は、太目のリングで華やかなデザインの方が細く見える効果があります。指にボリュームがあるので、華やかなデザインの方が指の大きさを目立たせないのです。

指自体は細くても、関節だけが太い人もいますよね。そんなひとにはノーマル幅の華やかなデザインのリングで、サイズはゆったりめがおすすめです。

デザインが華やかだと指輪にゆとりがっても分かりにくく、間接にも目が行きにくいので目立たなくなります。

細い指は長くても短くても比較的どんなデザインの指輪も似合います。

ただしあまりにもセンターのストーンが大きいものや太すぎるものは、指が貧弱に見えてしまうので注意しましょう。

さりげないけどおしゃれで楽しいピンキーリング。服に合わせて、メイクに合わせてなど、さまざまな変化をつけて楽しみましょう。