指輪に選びたい素材はステンレスかシルバーか。素材の特徴を比較

銀色に輝く指輪と言えば、シルバーが一般的ですが、最近はステンレスの指輪もあります。実際に店頭で見てみると、シルバーなのかステンレスなのかわかりません。
そこで、シルバーとステンレスの比較についてご紹介します。
ステンレスと言うと、キッチン用品をイメージする方も多いと思います。しかし、アクセサリーとしても、最近は人気が高くなっています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花屋さんにブーケを頼みたい時の頼み方、基本情報は伝えよう

花屋さんにブーケを頼む時、あなたはどんな頼み方をしているでしょうか。うまくイメージが伝わらない、...

指輪をつける時の場所やバランス、おしゃれに見える付け方

指輪をつける時は、場所やバランス、指輪の太さに注意することでおしゃれに見せることができます。それ...

【黄色い宝石の名前】宝石の種類と特徴について

宝石の中で黄色い宝石を探すといろいろな種類の宝石があります。そこで、黄色い宝石の名前と特徴をご紹...

可愛い女の子と思われたいなら、さまざまな条件を満たそう

可愛い女の子を思い浮かべた時に、さまざまな条件が出てきます。しかし、自分の中にある条件を満たした...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

髪飾りの手作りのやり方。簡単でかわいいお子様とママの髪飾り

髪を結んだ時に髪飾りが一つあるだけで、雰囲気がアップしますね。ですがかわいい、素敵と思った髪飾り...

ショートネイルのデザインの中で簡単に出来るものは

ネイルをする人の多くは、見栄えを良くするために爪を長くします。しかし、仕事や学校の都合や、長い爪...

押し花の作り方・アイロンを使って綺麗な押し花やしおりを作ろう

簡単な押し花の作り方を知りたいと思ったら、アイロンを使って押し花を作る方法を試してみましょう。...

指輪のおしゃれな付け方のコツ!バランスや印象の楽しみ方

指輪のおしゃれな付け方はコツがわかれば簡単です。ただ何も考えずに付けてしまうと、その指輪の良さが...

スポンサーリンク

シルバーの指輪のメリット

指輪と言えばシルバーとゴールドの2色を連想される方が多いかと思います。

シルバーの指輪は同じように見えてもいくつかの材質があり、それによって価格やお手入れ方法などが違ってきます。

結婚指輪として身に着ける場合は、プラチナ製を選ばれる方が圧倒的に多いのに対して、普段遣いのアクセサリーとして使われることが多いのが、シルバー製の指輪です。

これに加えて、近年は金属アレルギーの方も身に着けやすい、ステンレス製の指輪を選ぶ方も増えつつあるようです。

指輪と言えばやっぱりシルバー

きちんとお手入れさえしていれば、美しい輝きを保つことができるという利点があります。

また、他の材質と比べても柔らかいため、加工がしやすくデザインが豊富であるという点が最大の魅力です。

結婚指輪に使われることが多いプラチナと比べると安価なため、気軽におしゃれを楽しむためのデザインリングとして好まれています。

シルバーの指輪は正しいお手入れで長く使える

普段遣いしているシルバーの指輪であれば、なんとなく輝き方が鈍くなったなと思った段階で、時々磨いておく程度でも十分。

ですが、久しぶりに使おうとしたシルバーの指輪が、真っ黒に変色していて、あまりの変わりように驚いてしまった経験のある方も少なくないかと思います。

真っ黒なシルバーの指輪、温泉も注意

シルバーは光り輝く姿が魅力的なのですが、お手入れをせずにいると、徐々に黒ずんでしまうという欠点があります。

シルバー専用のクロスで丁寧に磨くだけで元の輝きが取り戻せる代わりに、放っておくとまたすぐに黒ずんでしまうため、こまめに磨く必要があるのです。

また、シルバーの指輪は温泉の主成分である硫黄と反応することでも黒っぽく変色してしまいます。

温泉に入る際には必ず指輪を外す習慣を付けておいたほうが安心かと思います。

万が一そのまま外さずに温泉に入り、指輪が変色してしまった場合は、きちんと処置をすれば元のキレイな状態に戻すことはできますが、何度も繰り返すのはおすすめできません。

最近人気のステンレスの指輪の魅力

近年では、プラチナ製の結婚指輪の代わりに、ステンレスの指輪を選ぶ方も増えてきました。

ステンレスと言えば、キッチンのシンクやガスコンロの五徳などに使われる材質であることからもわかるように、丈夫でサビにくいといった点が、ステンレス製の指輪が広まった理由のひとつでしょう。

ステンレス製指輪の魅力

ステンレスは熱に強く、傷が付きにくいという面からも、常に身に着けている結婚指輪にも向いています。

さらに、シルバーのように頻繁にお手入れをしなくても、黒ずんだりするという心配もありません。

結婚指輪として選ぶ最大の理由

その価格の安さが挙げられます。プラチナやゴールドといった材質と比べると、かなり価格を抑えることができるので、まだ十分に蓄えのない状態で結婚するご夫婦や、結婚指輪にあまりお金をかけたくないという場合などにも、プラチナではなくステンレスという選択肢もあるようです。

また、金属アレルギーを起こしにくいという点を考慮して、あえてステンレスを選ぶという方も多いのだとか。

指輪に限らず、ステンレス製のピアスやネックレスなどの需要も年々高まっているようです。

ステンレスの指輪のデメリット

ステンレス製の指輪にはさまざまな利点が多い反面、結婚指輪として考えると、注意しておきたい点がいくつかあります。

指輪のお直しがしにくい

結婚指輪として選ばれることの多いプラチナは、妊娠や出産などによって指の太さが変わってしまった際には、指輪をお直しに出してサイズを修正してもらうことが可能ですが、ステンレスの指輪はそれが難しいため、サイズの合う他の指に付けるか、指輪を買い直すかの選択になってしまいます。

丈夫であるがゆえに、緊急時に取り外しにくい

サイズが合わない状態で無理やりきつくなった指輪をはめていて、万が一の緊急時に指輪が取り外せないとなると、指輪を切断することになるわけですが、ステンレス製の指輪の場合は指に付けた状態で切断するのはかなり難しい作業となるため、指を傷つけてしまう可能性が高くなってしまうのです。

このように、傷が付きにくく丈夫であることが、逆に欠点となってしまうということも覚えておきましょう。

結婚指輪でステンレスかシルバーで迷った時には

結婚指輪を取り扱う店舗では、まだまだ圧倒的にプラチナ製の指輪を結婚指輪として選ばれる方たちが多いようですが、やはりそこには「結婚指輪は高価なものでなければならない」という漠然とした考え方が根強いのでしょう。

きちんとお手入れさえ欠かさなければ、ステンレスやシルバーの指輪もけっして見劣りするというわけではありません。

日常的に身に着けるものだと考えると、むしろ扱いやすさにおいては、プラチナよりもステンレスのほうが優れていると言えるかと思います。

丈夫で変形したり、傷がついたりする心配が少ないというだけでなく、何と言っても結婚指輪にかける費用が安く済むため、その分を結婚式の費用や生活資金にあてることができるというのが、ステンレス製の指輪の最大の魅力でしょう。

もちろん、プラチナにはプラチナの、シルバーにはシルバーの良さもありますので、ご自身の使い方やお手入れの頻度などに合わせて選ばれてみてはいかがでしょうか?