花屋さんにブーケを頼みたい時の頼み方、基本情報は伝えよう

花屋さんにブーケを頼む時、あなたはどんな頼み方をしているでしょうか。
うまくイメージが伝わらない、どんなブーケがいいのか迷って決められない、そもそも頼み方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

花屋さんにブーケを頼む時は、用途や贈る相手、予算など基本情報をしっかり伝えることが大切です。
では具体的にはどう伝えるべきなのでしょうか。

素敵なブーケができるよう、頼み方には注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【黄色い宝石の名前】宝石の種類と特徴について

宝石の中で黄色い宝石を探すといろいろな種類の宝石があります。そこで、黄色い宝石の名前と特徴をご紹...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

ショートネイルのデザインの中で簡単に出来るものは

ネイルをする人の多くは、見栄えを良くするために爪を長くします。しかし、仕事や学校の都合や、長い爪...

指輪に選びたい素材はステンレスかシルバーか。素材の特徴を比較

銀色に輝く指輪と言えば、シルバーが一般的ですが、最近はステンレスの指輪もあります。実際に店頭で見てみ...

髪飾りの手作りのやり方。簡単でかわいいお子様とママの髪飾り

髪を結んだ時に髪飾りが一つあるだけで、雰囲気がアップしますね。ですがかわいい、素敵と思った髪飾り...

可愛い女の子と思われたいなら、さまざまな条件を満たそう

可愛い女の子を思い浮かべた時に、さまざまな条件が出てきます。しかし、自分の中にある条件を満たした...

指輪のおしゃれな付け方のコツ!バランスや印象の楽しみ方

指輪のおしゃれな付け方はコツがわかれば簡単です。ただ何も考えずに付けてしまうと、その指輪の良さが...

押し花の作り方・アイロンを使って綺麗な押し花やしおりを作ろう

簡単な押し花の作り方を知りたいと思ったら、アイロンを使って押し花を作る方法を試してみましょう。...

指輪をつける時の場所やバランス、おしゃれに見える付け方

指輪をつける時は、場所やバランス、指輪の太さに注意することでおしゃれに見せることができます。それ...

スポンサーリンク

花屋さんにブーケを頼みたい、頼み方のコツは用途を伝えること

あなたは普段お花屋さんに行くことが多いですか?
頻繁に通われる方は迷わないかもしれませんが、普段花屋に縁のない生活をしていると、いざブーケを頼みたいと思っても、なかなか上手く頼めないものですよね。

なんとなく注文して見たものの、出来上がったものはイメージとぜんぜん違うなんてことも多々あります。

そこで、お花屋さんでのブーケの頼み方のコツをご紹介したいと思います。

まず、一番初めに伝えること。

ブーケを使い方を伝える

ブーケを渡したいと思うときは、なにかイベントがある時ですよね?

  • 誕生日
  • 入学・卒業祝い
  • 結婚祝い
  • 出産祝い
  • 退職祝い
  • 長寿祝

用途をきちんと伝えましょう。

お花屋さんは用途を教えてもらえると、お客様がどんなブーケを求めているの想像しやすくなります。
また、用途ごとのふさわしいスタイルもアドバイスしやすくなります。

ブーケを誰に贈るかを花屋さんに伝える、これも頼み方で重要なポイント

お花屋さんでブーケを頼むときには、用途を伝えることは重要です。

頼み方のコツはどんな人に渡すのかということ

  • 男性なのか女性なのか
  • 子供なのか大人なのか
  • 若いのか年配の方なのか

また、あなたとの関係も一緒に伝えましょう。

ここまでの基本情報を組みわせると、「出産のために退職する部下にあたる女性」とか、「定年退職される上司の男性」など、人物像がはっきりしてきますからお花屋さんもイメージがしやすくなることでしょう。

さらに、かわいい・大人っぽい、ダンディーなど送る相手の雰囲気についても付け加えて見ましょう。

送る相手の雰囲気をイメージに活かすことで、ぴったりのブーケに仕上がるはずです。

実はこれが一番重要かも?花屋さんにブーケを頼む時は予算をしっかり伝えよう

お花屋さんでのブーケの頼み方で、もっとも重要なこと。

ブーケの予算をしっかり伝えること

ブーケは使うお花の種類や量によって金額が大きく異なります。
どんなに素敵なブーケでも、予算より大幅にオーバーしてしまっては買えませんよね。

重要なのは予算の考え方

ブーケを頼んだことがないと、全く想像ができませんよね。

1000円以下で考えている場合には、お花屋さんにある既製品のブーケが参考になります。
小さなミニブーケが500~600円程度で売られていませんか?
200~300円程度の花が数本入っていることでしょう。
また予算に余裕があるなら、そのブーケにお花を追加してもらうこともできます。

ちょっとしたお祝いで渡すなら、3000円くらいでイメージするのがおすすめです。
ブーケとしてちょうど良い大きさに仕上がります。

さらに予算を下げるとやや小さめに仕上がるので、プチプレゼント的なブーケとして使うときには良いでしょう。

大きめのブーケを考えているなら5000円以上は必要になります。

ただし、ブーケの大きさと予算はお店によって異なることが多いです。
揃えているお花が違いますし、ブーケのスタイルもお店によって異なります。

予算を伝えて大きさなどを確認してから頼むのがおすすめです。

基本情報を伝えた上で、花屋さんにブーケに入れたいお花や色を伝える頼み方でもOK

お花屋さんにブーケを頼む時には、基本的な情報や予算、ブーケの雰囲気などを伝えて、あとはお任せしてしまうことも多いのではありませんか?

ですがブーケのイメージがしっかりと決まっているという時には、きちんと伝えるようにしましょう。

使って欲しいお花やイメージカラーがある場合には、忘れずに伝えてくださいね。
また、入れて欲しいお花を店員さんと一緒に選ぶのもおすすめですよ。

ブーケに使う花を一緒に選ぶ

それに合うお花も教えてもらえます。
お花を自分で選べば、仕上がった時にイメージと全く違うということはほぼありません。

もう一つブーケのイメージに大きく関わるもの、それはブーケを包む包装用紙やリボンです。
お花屋さんにはいろいろなカラーが揃っているはずですから、好みを伝えて事前に選ぶのがおすすめです。

あなたは大丈夫?花屋さんが一番困ってしまうブーケの頼み方

ブーケを頼むときには、たくさんの情報をお花屋さんに伝えると、お花屋さんもイメージが湧きやすく、仕上がりも素敵になるはずです。

しかし、お花屋さんが困ってしまう頼み方というのもあります。

予算とイメージが合わないブーケの注文

お花屋さんは予算と用途、希望のボリューム、イメージカラーなどを参考にお花を選びます。
しかし、1000円しか出せない、ボリューム出して、このお花入れてといったわがまま注文は嫌がられてしまいます。

予算が決まっているなら、優先順位を決めておきましょう。

  • 入れて欲しいお花
  • ボリューム
  • イメージカラー

など、優先順位を決めて予算に合わせて妥協することが必要です。

ブーケを作るにはそれなりに時間が必要

「すぐに!」と言われると、その場にあるお花だけでブーケを作らなくてはいけませんし、デザインを考える余裕もありません。
とりあえず束ねただけのブーケになってしまったとしても、文句は言えませんね。

可能であれば当日ではなく事前に注文しておくことがおすすめです。
早くに予約しておけば、お花屋さんはブーケに合わせてお花を仕入れることも可能になすからよりイメージにちかい素敵なブーケに仕上がるはずです。