花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?
そんなとき家にある花瓶を花屋に持ち込みできたら、プロにキレイに花を生けてもらえることでしょう。

そこで、花屋の花瓶の持ち込みは可能なのか、花瓶を花屋に持ち込みするときの注意点についてお伝えしていきましょう。

花を部屋に飾って彩りのある明るい部屋に変身させるためにも、花を長持ちさせるケアも知っておきたいですね。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。 そのキレイなお花を持ち帰りする...

お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは? 毎月の光熱費はできる...

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

押し花の作り方・アイロンを使って綺麗な押し花やしおりを作ろう

簡単な押し花の作り方を知りたいと思ったら、アイロンを使って押し花を作る方法を試してみましょう。 ...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり! クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

髪飾りの手作りのやり方。簡単でかわいいお子様とママの髪飾り

髪を結んだ時に髪飾りが一つあるだけで、雰囲気がアップしますね。 ですがかわいい、素敵と思った髪飾り...

【黄色い宝石の名前】宝石の種類と特徴について

宝石の中で黄色い宝石を探すといろいろな種類の宝石があります。 そこで、黄色い宝石の名前と特徴をご紹...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。 詰まりの原因が何か...

可愛い女の子と思われたいなら、さまざまな条件を満たそう

可愛い女の子を思い浮かべた時に、さまざまな条件が出てきます。 しかし、自分の中にある条件を満たした...

男性が苦手な女性に共通する特徴や原因などについてご紹介

世の中には男性を苦手とする女性が一定数存在します。 そういった女性は、一体何が原因でそのようになっ...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

クローゼットに掃除機の収納がおすすめ!使いやすく収納するコツ

クローゼットに掃除機の収納するのは、一人暮らしなどの狭くスペースがない部屋には最適です。ただ、掃除機...

クローゼットは収納ケースのしまい方や使い方でスッキリ片付く

クローゼットをスッキリ収納させたいなら、収納ケースのしまい方や使い方に工夫をしてみませんか? これ...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。 駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

スポンサーリンク

花屋に花瓶を持ち込みして花を生けてもらうのは可能

花屋さんで花を見かけると素敵で自宅の卓上などに飾りたくなります。

しかし、切花を購入して自分で花瓶に入れてもあまりピンとこない場合があります。

花屋さんで花束を作ってもらうととても素敵に作ってくれるので、その豪華さをそのままに飾りたいという場合には、花瓶を持ち込んで生けてもらう方法があります。

特別なお祝い事や、お客様が訪れるときは花瓶持ち込みがおすすめ

花瓶を持ち込むなんて考えてみた事もない方は多いのではないでしょうか。

しかし、以外と多くの花屋さんが花瓶の持込を了承してくれるものです。

特別な日に素敵な花瓶のお花が飾ってあると非常に華やかな雰囲気になります!

花瓶の持込をしても良いかどうかを事前にお花屋さんに確認してから出掛けると良いでしょう。

また、その場合にはどの様な花瓶を持って行くのかを伝えて、作ってもらいたい雰囲気や色合い、使用したい花がある場合にはそれを伝えておくとスムーズに作ってもらうことができます。

時間が無い場合には事前に花瓶を預けておく事が可能かも確認すると良いでしょう。

花屋へ花瓶を持ち込みするなら料金の内訳を明確にしておくこと

花瓶を持ち込んで花を生けてもらうには、当然その花屋さんで花を購入することになります。

どうしても自宅で咲いた花を利用したいなどと特段の事由がある場合には、ある程度の技術料金で作ってもらえるかどうかをお花屋さんに相談してみましょう。

花瓶をラッピングする場合

花を花瓶に生けて、更に素敵な紙やフィルムで包んでリボンを付けたり人形を付けたりと、ラッピングを施すとより素敵な仕上がりになります。

ラッピングをしてもらいたい場合には、花瓶に合わせて自分で包材を用意して持ち込んでも良いのか、または花屋さんにある包材を利用してお任せするかを確認しておきましょう。

また、その場合の料金についても明確にしておきましょう。

通常は花を購入すると包材は無料でラッピングしてくれるお店が多いので、自分で持ち込んでもお店のものを使用してもらっても料金は変わらない場合が多いでしょう。

但し、人形などピックの付いた飾りは通常は有料です。

お花は見た人の気分を和らげる華やかな飾り物です。

生けてもらう時に金銭トラブル等になりそれを見る度に嫌な気持ちになるような事になると本末転倒です。

事前によく確認して気持ちよく購入できるようにしましょう。

花瓶を持ち込みして花屋で生けてもらった後はケアをしましょう

せっかく花瓶に素敵に生けてもらったお花は長持ちさせたいものです。
そのためには毎日適切なお世話をしてあげるとよいでしょう。

花瓶の水は毎日取り換える事

お花は以外と多くの水を吸います。

私はよく野花を一輪挿しに入れて卓上に飾りますが、ある時はいつもよりも多くのお花を一輪挿しに入れました。そうすると翌日にお水を換えようとして見ると、水が減っていて花の茎が水から出た状態になっていました。花の数が多いとこんなにも水の減りが早くなるのかと驚きました。

水だけの場合は汲み置きしてもそう簡単には傷みませんが、花の茎が入っているので水の劣化が早まります。
水が汚れるとお花の劣化も早くなります。

水は冬など涼しい季節では2~3日おきに、夏や室温が高い場合には毎日取り換えるようにしましょう。

水を交換する時に、茎を水中で斜めに切って水切りをするとより花が長持ちします。

これは水を交換する時に毎回ではなくても、水を交換する2~3回おきに行うと良いでしょう。

花屋に持ち込みしたくなる花瓶の選び方

花瓶は実に様々な種類があります。
飾りたい場所のスペースや雰囲気に合わせて大きさや形、デザインを選びましょう。

玄関の棚など広くて安定した場所に置く場合の花瓶

大きめでどの様なデザインの花瓶でも置く事ができます。飾りたい花のボリュームに合わせて選ぶと良いでしょう。

食卓テーブルやリビングのテーブルなど人が集う場所の花瓶

底部の面積が広くずっしりとした安定感のある転倒しづらい花瓶を選ぶことをおすすめします。

洗面所やトイレなど狭い場所の花瓶

鏡に貼って飾る事のできる小さな花瓶があります。鏡に貼り付き落ちても割れない特殊な素材で作られています。

また、ビニール製の落ちても割れない花瓶もあり、狭い窓辺などに飾る場合におすすめです。

花瓶のプレゼントは喜ばれるのでおすすめ

花瓶に花を生けてプレゼントすると、その新鮮な発想に喜ばれる可能性は高いでしょう。

プレゼントでフラワーアレンジメントはよく販売されていますが、その器はなかなか活用できないものです。

花瓶ならば切花を入れるだけで使用できるので、プレゼントされてからの活用度が非常に高まります。

デザインも非常に幅広くあるので、相手の好みを考えて贈るときっと喜ばれる事でしょう。

  • おしゃれなヨーロピアン調の花瓶
  • ガラスの透明感が美しい花瓶
  • 和風の焼き物の花瓶
  • 動物の形をした花瓶

選んでいると楽しくなり、自分でも欲しくなってしまいます。

先日フクロウの形をした花瓶を見つけ一目惚れしました。

つぶらな黒い瞳のフクロウさんの頭に素敵なお花を飾って置くと、見るだけで毎日幸せな気持ちになれそうです。

贈り物で食べ物も品物もあまり喜ばれない場合には是非とも花瓶に花を生けたプレゼントをおすすめします。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688