生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性に出会えない人もいるのではないでしょうか。

自分には本当に結婚が必要なのか、生涯独身でもいいのではないかと考えている人もいることでしょう。

ここでは、女性が生涯独身で生きるために必要な覚悟やメリット・デメリットについてお伝えします。

どんな人が生涯独身に向いているのかを知って、必要な準備をしながら有意義な生活が出来るようにしましょう。

あなたの人生はあなたのものです。自分にとって一番幸せな選択は何かを考え、後悔しない一生を過ごしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

ネットに多くの時間を使う生活をやめる方法。試すべき具体策

あなたは、一日のうちにどのくらいの時間スマホを手にしていますか?年代によっても違いはあると思いますが...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり!クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

お祝いの袋を捨てるのは問題ナシ!処分方法やマナーとリメイク術

結婚式などのお祝いで頂いたご祝儀の入った袋は、つい捨てることができずに残してしまっていませんか?...

クローゼットに掃除機の収納がおすすめ!使いやすく収納するコツ

クローゼットに掃除機の収納するのは、一人暮らしなどの狭くスペースがない部屋には最適です。ただ、掃除機...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは?毎月の光熱費はできる...

花屋さんでの上手な花束の頼み方!イメージを伝える注文のコツ

花屋さんへは、日常はあまり入らないという方も多いと思います。特に男性の場合には、今まで一度も入ったこ...

男性が苦手な女性に共通する特徴や原因などについてご紹介

世の中には男性を苦手とする女性が一定数存在します。そういった女性は、一体何が原因でそのようになっ...

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。そのキレイなお花を持ち帰りする...

スポンサーリンク

生涯独身でいる覚悟を決めたい女性が知っておきたい独身のメリット

女性であれば、結婚をして出産をするのが当たり前とされてきたこと。

しかし、仕事をこなし自立した生活が出来ている女性も多く、そういった方は生涯独身を選択する方も増えています。

生涯独身であった場合は、どのようなメリットがあるのか紹介します。

自分のライフスタイルが保てる

仕事や自宅での過ごし方など、時間の使い方に制限がなく自分の思うままの過ごし方をすることが出来ます。

お金のあり方

結婚、出産していると結婚式にかかる費用や、出産や育児にかかる費用が毎月多くかかることも。

しかし、独身であれば自分にかかる費用がメインであり、他のことでお金を制限しなければいけないことが少なくなります。

ペット

一緒に住む人がアレルギーなどがあるという理由で、ペットが欲しくても飼えないという方もいますが、一人で暮らしているためアレルギーなどの理由がなければ自由にペットを飼うこともできます。

本当に生涯独身でいいのか覚悟を決める前にデメリットも確認

独身でいることは自分は良いと感じていても、自分のまわりの環境でストレスに感じてしまうこともあります。

そういった、デメリットとされることも確認しておきましょう。

生涯独身でいるデメリット

結婚をすすめられる

自分は独身でいたいと思っても、中には心配をして結婚をすすめる人もいます。

そういった、まわりとの認識の違いでストレスが溜まってしまうことも。

看病をしてくれる人がいないことも

風邪で体調を崩し、熱を出してしまった場合など。

自分が体調が悪くても、自分で食事の準備をしたり熱があるなか必要な物を買いに出かけなければいけないこともあります。

子供がいないこと

自分は、結婚を選択しなくても小さな子どもが好きという方もいます。

そういった方であれば、親戚の集まりなどで小さい子供と関わると自分に子供がいないことを悲しく思ってしまうことも。

あなたは当てはまる?生涯独身に向いている人の特徴

結婚をする人が多いなか、生涯独身でいるにはある程度の覚悟が必要です。

そういった覚悟がある方には、元々の性格など特徴があります。

協調性がない・苦手

人に合わせたり、自分が我慢をすることが苦手という方は、一人でいるほうが気楽でありノンストレスということがあります。

自宅での過ごし方にこだわりがあったり、お金で縛られたくない方に多いです。

恋愛を続けたい

結婚をすると、相手以外と恋愛はできなくなります。

しかし、結婚すると恋愛というより家族になるので物足りないと思うことも。

そこで、結婚をして落ち着くよりもずっとドキドキするような恋愛がしたいという方は、独身であることを苦に思わないことがあります。

結婚に悪いイメージがある

自身の生い立ちの他に、結婚での苦労話を聞いていくうちに「結婚をして幸せになる」と思えないのではないかと考える方もいます。

生涯独身を覚悟するときにやっておきたい将来の準備

今は楽しく充実した生活だとしても、いつか日々の暮らしが難しいと感じてしまう可能性もあります。後に後悔してしまわないように、一度立ち止まりこれからのことを想像してみましょう。
今やっておくべきことが見えてきます。

生涯独身を覚悟するなら保険の見直しを

自分が保険に加入しているか。

加入している場合は、将来体調を崩し働けない時のことも考える必要があります。

現在、元気に仕事ができているとそれが当たり前に感じてしまいます。

しかし、結婚をしても、していなくてもいつ事故や震災にあうかはわかりません。

将来、自分が困ることなく生活が出来るものであるか見直しをしておきましょう。

体のメンテナンス

独身であれば、自分の体のこと、健康管理は自分自身でしなければなりません。

そのため、自分の体のメンテナンスが必要です。

例えば、健康診断で数値が良くなかっ場合は、食生活などの改善が必要になります。

運動が足りないと感じた時は、ジョギングをしたり、ジムに行くなど体のための時間をつくりましょう。

頼れる機関を利用する

将来、いざという時に頼れる人がいないと感じた時は、公共の利用できる福祉サービスを取り入れてみるのがおすすめ。

「自分にはまだ早いのでは?」と思うかもしれません。

すぐに利用しなくても、いずれ利用したいと思った時に困ることがないように調べておきましょう。

一生独身で生きる覚悟を決めたら周囲の人との人間関係も築こう

一人で生活をすると決めたら、すべきことの一つに「まわりとの関わり方」があります。

独身であれば、他の人を頼ることがないと思うかもしれません。しかし、自分一人では対処できないことが起きた時に、相談をしたり頼ることができる相手をつくるには、今から人間関係を築いておく必要があります。

例えば、昔からの友人であったり、近所に住む同じ趣味を持つ方など。

自分が、独身であることを知っていて、何かあった時に何でも話せる相手を見つけておくのが良いです。

特に趣味がないという方は、町内会のイベントなどに参加するのがおすすめです。

近所に住む方であれば、普段から関わりを持ちやすく顔を見ることもできます。

また、自分の兄弟がいる場合は密に連絡を取り合いましょう。

お互いの体のことや、仕事のことなど。

自分のことを知っておいてくれる相手が必要なのです。

生涯独身でも楽しい毎日を過ごすためには計画を立ててしっかり準備を

将来の不安は、考えるとキリがないですが事前に準備をしておくことで不安も解消され、日々の生活にも前向きになることができます。そのためにも、将来のことについて具体的な計画を立てましょう。

例えば、貯蓄について。

現在の貯蓄を把握し、この先入院などをした時にかかる費用を用意できる分は事前の準備が必要です。

また、不要な物を溜め込まないのも大切です。

自由な暮らしをしていると、人によっては好きな物を自宅に多く飾っていたり溜め込んでしまっていることも。

自分が、体調を崩した時にそれが生活をしにくくする原因とならないためにも、暮らしやすい環境を今から整えておきましょう。