お祝いの袋を捨てるのは問題ナシ!処分方法やマナーとリメイク術

結婚式などのお祝いで頂いたご祝儀の入った袋は、つい捨てることができずに残してしまっていませんか?
しかし、それではいつまでも手元に袋ばかりが残って片付けられません。

そこで、お祝いで頂いたご祝儀袋を捨てるタイミングについて、ご祝儀袋を捨てる方法やマナー、再利用方法などお伝えしていきましょう。

これを読めば、ご祝儀袋の処分の仕方や処分するときにやっておくべきことがわかり、スムーズに取り掛かることができます。
捨てるのがもったいないきれいな袋は封筒などにリメイクすることもできますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。そのキレイなお花を持ち帰りする...

小さい虫を発見!茶色の虫の正体はシバンムシ・駆除と予防方法

家の中に小さい茶色い虫を発見。その虫の正体は「シバンムシ」の可能性があります。虫が苦手な人は...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

クローゼットに掃除機の収納がおすすめ!使いやすく収納するコツ

クローゼットに掃除機の収納するのは、一人暮らしなどの狭くスペースがない部屋には最適です。ただ、掃除機...

クローゼットは収納ケースのしまい方や使い方でスッキリ片付く

クローゼットをスッキリ収納させたいなら、収納ケースのしまい方や使い方に工夫をしてみませんか?これ...

お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは?毎月の光熱費はできる...

花屋さんでの上手な花束の頼み方!イメージを伝える注文のコツ

花屋さんへは、日常はあまり入らないという方も多いと思います。特に男性の場合には、今まで一度も入ったこ...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり!クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

スポンサーリンク

お祝いで頂いたご祝儀袋の捨てるタイミングとは

お祝い頂くものと言えばご祝儀ですよね。
そしてご祝儀を頂くときには、必ずご祝儀袋に包まれています。結婚式など一生に一度のイベントでご祝儀を頂いた場合、袋の処分に困るというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

ご祝儀袋の処分については厳格が決まりごとはありません。

それは、たとえ結婚式に頂いたものでもです。

結婚式などで頂いた場合、内祝いを送ったりしますし、今後のお付き合いの為にもお名前、ご住所、金額くらいは控えておきましょう。
相手の方のお祝い事では、同等のご祝儀お包みするのが、一般的な礼儀です。

必要な事を控えたら、ご祝儀袋は捨ててしまっても問題ありません。

ご祝儀袋の役目は、「おめでとう!」という気持ちをあなたに伝えることですから、あなたが受け取った時にすでに役目を終えています。

結婚式のお祝いのご祝儀袋を捨てるときの処分方法

役目を終えたお祝いのご祝儀袋。
しかし、いざ処分するとなると、立派な紙が使われていたり、豪華な水引がついていることもあって、なかなか処分しにくいというのも本音でしょう。一般的な処分方法は、燃えるゴミとして捨てることです。
ゴミ箱にポイッと捨てる方法ですね。「それはちょっと。」と思ってしまう方もいらっしゃるはず。
そんなあなたには、「お焚き上げ」もご紹介しましょう。

お焚き上げは、神社などで行われていて、正月明けに行われるどんど焼きが有名ですね。
正月飾りやお守りなどを感謝の気持ちを込めて燃やし、天に還す行事です。

燃えるゴミとして処分するのはいたたまれないという方には、こういった方法も良いでしょう。

また、どんど焼きの時に出せなかった正月飾りなどを燃えるゴミとして捨てる場合には、新聞紙に塩を振って包むという方法も用いられます。
ただ燃えるゴミとして捨てるのは心苦しいけどお焚き上げまではというときには、同じ様な手法を取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

捨てるあなたの負担にならない方法で処分すると良いでしょう。

お祝いで頂いた袋を捨てる際に気をつけたいマナー

お祝いのご祝儀袋を捨てるときには、処分方法よりも先に気をつけたい事があります。

それは、ご祝儀袋に記載されている個人情報が漏れないように配慮することです。
名前や住所などが欠かれている紙は、シュレッダーなどを使って処分してくださいね。

「自分がされて嫌な事はしない!」
小学生でもわかるマナーです。

また、処分するときにはご祝儀袋だとわからないように新聞紙などに包んでから、捨てるようにしましょう。
特にご近所の方からご祝儀を頂いたときには、気をつけてくださいね。

ご祝儀袋は捨てるものだと理解していても、自分の渡したご祝儀袋がゴミ袋から透けて見えていて良い気分になる人はいないものです。

お焚き上げの場合にもバラバラの状態で持参するのは好ましくありません。
新聞紙に包んだり、紐でまとめるのがマナーです。

お祝いの袋を捨てるのは気が引けるなら再利用もおすすめ

お祝いで頂いたご祝儀袋を捨てるのは、どうしも気が引けるという方は、捨てるのでは無く再利用する方法を考えてみてはいかがでしょうか?

ご祝儀袋は綺麗な紙や水引が使われていますら、ちょっとしたぽち袋やお年玉袋などにリメイクすることが出来ます。

また、ご祝儀を頂いた方をお食事に招いて、箸袋や箸置きとして登場させてみるはいかがでしょう?
お祝いをとても喜んでいることが相手にも伝わりそうですよね。

結婚式などでたくさんの方からお祝いを頂いた場合には、水引を集めてインテリアにしてみるのもおすすめですよ。
水引を輪になるように並べてリースにしたり、好みの額縁に水引をレイアウトしてインテリアにしてみるのはいかがでしょうか?
袋自体も素敵な紙が使われている事が多いので、一緒にレイアウトすればより素敵な壁掛けになることでしょう。
結婚式の写真なども一緒にレイアウトするのも良いでしょう。

おめでたい水引の飾りは、お正月のインテリアとしてリメイクするのもおすすめです。
正月リースにアレンジするのも素敵ですし、お正月を感じるお花を活けて飾りとして使うのもおすすめです。

アイディア次第でいろいろなアレンジが楽しめますよ。

お祝いに感謝して袋は処分もリメイクもしても良し

お祝いのご祝儀袋はそのまま捨てるにしても、お焚き上げでも、リメイクでも、最終的には処分することになります。

ご祝儀袋の処分についてのルールは基本的にありませんから、正直どの方法を選んでも問題ありません。

忙しいご家庭で家族も全く気にとめていないなら、燃えるゴミとして捨てるのがもっともスマートな手段です。

燃えるゴミとして捨てる事に気が引けてしまうなら、お焚き上げすることでこころ安らかに見送れることでしょう。

リメイク好きの方にとっては、ご祝儀袋はとてもリメイクしがいのある素材ですよね。
リメイクしたものが、あなたや家族、包んだ方の幸せにつながるなら、より良い処分方法と言えるはずです。