小さい虫を発見!茶色の虫の正体はシバンムシ・駆除と予防方法

家の中に小さい茶色い虫を発見。その虫の正体は「シバンムシ」の可能性があります。

虫が苦手な人は、どんなに小さな虫であっても家の中に発生してしまうと嫌なものです。シバンムシの特徴や被害・駆除方法を知って、シバンムシの駆除を行いましょう。

シバンムシは予防をすることも可能です。駆除をしたあとは、二度と家の中に発生させないように、しっかりと予防もしてください。シバンムシが発生しにくい環境を作ることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花屋さんでの上手な花束の頼み方!イメージを伝える注文のコツ

花屋さんへは、日常はあまり入らないという方も多いと思います。特に男性の場合には、今まで一度も入ったこ...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

クローゼットは収納ケースのしまい方や使い方でスッキリ片付く

クローゼットをスッキリ収納させたいなら、収納ケースのしまい方や使い方に工夫をしてみませんか?これ...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

ネットに多くの時間を使う生活をやめる方法。試すべき具体策

あなたは、一日のうちにどのくらいの時間スマホを手にしていますか?年代によっても違いはあると思いますが...

友達との話が続かない時の対処法!困ったときにおすすめの話題

友達数人と話をしているときは問題なく話ができるのに、二人っきりになると話が続かないことに頭を悩ませて...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは?毎月の光熱費はできる...

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。そのキレイなお花を持ち帰りする...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

男性が苦手な女性に共通する特徴や原因などについてご紹介

世の中には男性を苦手とする女性が一定数存在します。そういった女性は、一体何が原因でそのようになっ...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

スポンサーリンク

家の中に発生する茶色くて小さい虫はシバンムシかも

家の中に虫がいるととても不快な気持ちになりますが、まずは駆除する前にその虫が何なのかを特定して対処した方が効率良く駆除する事ができます。

シバンムシは夜行性の虫

日本はもちろんの事、世界中にいるワールドワイドな虫です。

オスには羽がありますので、飛びます。

一般家庭で現れるシバンムシの種類

  • ジンサンジバンムシ
  • タバコシバンムシ

二種類のジバンムシがいて、どちらも人体に影響を及ぼすような害虫ではありませんが、ジンサンジバンムシは年に1回から三回ほど発生します。

乾物が好物で体の割に噛む力が強く、袋くらいなら穴を開けてしまうくらいの力があります。

タバコシバンムシは5月から11月頃に活発になる虫で名前の通り、葉巻などの嗜好品を好み、ジンサンジバンムシ同様乾物も大好きです。

乾燥した植物が好物で畳や建材、紙類も食べてしまうという厄介な虫です。
どちらかというとこちらが一般家庭には多く発生します。

ココアなどの粉類の中に紛れ込んで、人を嫌な気持ちにさせるのもこの虫達です。

小さい茶色の虫・シバンムシがもたらす被害

シバンムシ自体は先述の通り、攻撃してくる事はなく、人体に直接影響をもたらす事はありませんが、たくさん発生しているのを見ると精神的にやられてしまうという事が起こります。

そして、乾燥した食品が大好物なので、常温で保管してある粉類の中に紛れ込んだりする厄介な点です。

繁殖力が強い、一匹見つけたら他にもたくさんいる可能性あり

乾燥している植物が好きなこの虫はい草で作られている畳も大好物です。
畳があるご家庭ですと、常にたくさんの好物があるという事になりますが、シバンムシは小さいので気付かないうちにあっという間に大量に発生している事が多いです。
そうすると気付いた時にはすでに畳が穴だらけという現場を目にする事もあります。

シバンムシはそれだけでは人体に直ちに影響を及ぼす虫ではありません。

しかし、シバンムシとアリガタバチという虫が合わさってしまうと人体に影響を及ぼしてしまう事があります。

アリガタバチはシバンムシの幼虫に寄生して成長する虫

成虫になると人を刺し、人によってはそれでアナフィラキシーショックを起こしてしまう人もいるのです。

直接は影響が無くても間接的に被害を与えてきますので早めの駆除が大切です。

茶色で小さい虫・シバンムシが発生しやすい場所

基本的にシバンムシは家の中のどこにでもいます。
乾燥した植物さえあればジバンムシは元気に生きる事が出来てしまうのです。

長期保存されている食品はもちろんの事、段ボールなどの梱包材やペットの餌、普通の虫は嫌うはずのハッカ類にも寄ってきます。

一度開封した乾燥食品は冷蔵庫で保管するようにしましょう。

お部屋に飾ってある綺麗なドライフラワーだってジバンムシにとっては餌となり、格好の棲み処としてしまいます。

また、他の虫なら参ってしまうような毒性の強い物でも平気で、果ては発泡スチロールや缶の中に保管されている食品にも入っていたというのですから、本当にどこでも発生する虫なのです。

シバンムシの大きさは3㎜程

どんな隙間でも入っていけます。
古い書物の間などから発生したというケースもありますので、ジバンムシを一匹見つけたらどこにいてもおかしくはありません。

まずは発生源を特定する事が非常に重要となってきます。

シバンムシを発見!すぐにできる対策

家の中でジバンムシを見つけたら、まずは見つけたジバンムシを駆除しましょう。

早く駆除しないとどんどんと繁殖してしまいます。

部屋の窓を開けて見つけた虫を殺虫剤を使って駆除

スプレータイプのもので先端に細いノズルが付いているものですと狭い隙間にも殺虫剤を吹き付ける事ができますので大変便利です。

見えているシバンムシを駆除出来たら、燻煙タイプの殺虫剤を使って根こそぎと言いたい所ですが、燻煙タイプの殺虫剤で駆除できるシバンムシは外にいるもののみで、食品の中などにいるシバンムシには効果が出ない場合が多いです。

殺虫剤を使う事が出来ない場合には粘着テープを使って駆除する

手で潰す事は避けた方が良いです。

手で潰した時には丸くなって動かないのですが、実はまだ生きているという事も多く、更にゾッとするのは、潰した個体がメスで卵を持っているとその卵が知らないうちに辺りにまき散らされてしまう結果となり、そこから幼虫が発生するというケースもありますので手で潰すのはやめましょう。

小さいを駆除しよう!シバンムシの駆除方法と予防法

シバンムシを本格的に駆除するためには、とにかく発生している場所を特定する事です。
やみくもに殺虫剤を撒くだけでは根本的な解決にはなりません。

虫の発生源別に駆除の方法は変わる

【食品に発生したケース】

食品にジバンムシが発生した場合には発生した食品はすぐに処分しましょう。
発生している周辺にジバンムシの餌になりうる物は排除します。

一度開封した乾燥食品や粉類は密閉できる容器に入れて保管をするか、冷蔵庫に入れて保管するとより安心です。
密閉容器もビニールのものは破ってしまうので蓋を閉める事ができるプラスチック容器の方が良いでしょう。

【住宅の建材に発生したケース】

畳に発生した場合には燻煙タイプの殺虫剤が有効です。
燻煙タイプの殺虫剤は内部までなかなか到達しづらく、幼虫などが生き残ってしまう可能性があります。

畳の内部などが気になる場合には、畳を天日干ししましょう。
また、スチームクリーナーの熱を使って駆除する事もできますが、畳の材質によっては畳が傷んでしまう可能性がありますので注意が必要です。

60度以上の高温になると成虫も幼虫も駆除する事ができます。
シバンムシ対策は日ごろの予防が特に重要です。
乾燥した食品は冷蔵庫保存、発生してしまった場合には発生源を除去してしっかりと駆除をするという事です。