お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは?

毎月の光熱費はできるだけ抑えたいですよね。お風呂の場合、換気扇を点けていないと湿気がこもってしまい電気代がかかるよりも面倒な事が増えてしまうと言えるでしょう。

できるだけお風呂の換気扇は点けておくことをおすすめします。換気扇の電気代を節約するよりもお風呂にかかる他の光熱費を下げるよう入り方を見直してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お祝いの袋を捨てるのは問題ナシ!処分方法やマナーとリメイク術

結婚式などのお祝いで頂いたご祝儀の入った袋は、つい捨てることができずに残してしまっていませんか?...

小さい虫を発見!茶色の虫の正体はシバンムシ・駆除と予防方法

家の中に小さい茶色い虫を発見。その虫の正体は「シバンムシ」の可能性があります。虫が苦手な人は...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

クローゼットは収納ケースのしまい方や使い方でスッキリ片付く

クローゼットをスッキリ収納させたいなら、収納ケースのしまい方や使い方に工夫をしてみませんか?これ...

男性が苦手な女性に共通する特徴や原因などについてご紹介

世の中には男性を苦手とする女性が一定数存在します。そういった女性は、一体何が原因でそのようになっ...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり!クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

花屋さんでの上手な花束の頼み方!イメージを伝える注文のコツ

花屋さんへは、日常はあまり入らないという方も多いと思います。特に男性の場合には、今まで一度も入ったこ...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

友達との話が続かない時の対処法!困ったときにおすすめの話題

友達数人と話をしているときは問題なく話ができるのに、二人っきりになると話が続かないことに頭を悩ませて...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。そのキレイなお花を持ち帰りする...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

ネットに多くの時間を使う生活をやめる方法。試すべき具体策

あなたは、一日のうちにどのくらいの時間スマホを手にしていますか?年代によっても違いはあると思いますが...

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

スポンサーリンク

お風呂の換気扇を点けたままにしたときの電気代

換気扇は部屋の空気を入れ替え、快適な環境を整えてくれる大切な役割を担っています。
特に高温多湿になる風呂場は、換気扇は欠かせません。

しかし、換気扇をずっと点けっぱなしにするとなると、気になるのは電気代です。
電気代が高くなるなら、換気扇を使用するのではなく、窓を開ける換気にした方がいいのではと考えてしまいますよね。

風呂の換気扇をずっと点けておくと、どのくらいの電気代が上乗せされるのでしょう。

  • 換気扇の年式やタイプによって消費電力は異なります。
  • 消費電力が大きいほど、かかる電気代も高くなります。

と言っても、高くなるとしても私たちが想像している電気代よりは、遥かに安い金額で済んでいるようです。

それほど最新ではなく、比較的消費電力が高めな換気扇だとしても、一ヶ月にかかっている電気代は400円以下です。

省エネを意識した新しいタイプの換気扇だと、一ヶ月にかかる電気代はなんと60円程度だそうです。

確かに60円と400円の電気代を比較してみると、6倍以上の金額の差があります。
ですが、この電気代を節約することで、違う問題が発生してしまうのです。

その問題を考えたとき、この電気代を高いとは決して思わないはずです。

お風呂の換気扇の電気代はそこまでかからないから点けておくほうがお得

意外にも点けっぱなしになっている換気扇でも、電気代はそれほどかかっていないようですね。
確かに点けなければもっと電気代を節約することは出来ますが、電気代を気にして換気扇を止めてしまうとそれ以上の代償を引き起こすかもしれません。

まず風呂の換気扇を点けっぱなしにすることで

  • カビや結露の予防
  • 臭いの改善
  • 家屋を守る

という効果を得られています。

換気扇を点けっぱなしにしていると、風呂場はそれほど不快な場所ではないはずです。

しかし換気扇の使用を停止すると、いかに風呂場にとって換気扇が重要な役割を果たしているのか実感出来るでしょう。

掃除をしてもすぐに発生するカビに悩まされ、しかも掃除をしてもなかなか綺麗に落とすことが出来ません。
そんな風呂場では、一日の疲れを癒やすことは出来ません。

カビ菌の繁殖や湿度の高さによって、いつもジメジメとした独特な嫌な臭いも充満します。
風呂場に留まらず、周囲の洗面所や脱衣所までも臭いが気になりかねません。

そして、大切な家屋の寿命を縮めることにもなってしまうのです。

家屋の大部分には木材が使用されていて、木材は湿気に弱い性質を持っています。

常に湿気にさらされてしまうと、やがてカビが発生し、木材が腐敗してしまいます。
最悪の場合、家屋の強度や住心地にも影響を与えます。

一ヶ月約60円~400円程度でこのような事態を防ぐことが出来るなら、換気扇を点けっぱなしにすることを選ぶ方がほとんどでしょう。

お風呂に入るときに換気扇は点けたまま?止めてもいいし点けたままでもOK

普段は換気扇を点けっぱなしにすることが断然おすすめですが、風呂に入るときはどうしたらいいのでしょう。

結論から言うと、風呂に入るときはどちらでもOKです。
入っている間だけ止めてもいいですし、点けたままでも構いません。

湿気のこもる感覚が不快に感じる方は、風呂に入るときでも換気扇を点けたままにした方が快適に過ごすことが出来ます。

ですが、住居環境や季節によっては、換気扇を点けたまま風呂に入ると、体が温まるどころか寒さを感じてしまうこともあります。
このような場合は、換気扇を止めて入ることがいいですね。

我が家も季節によって、換気扇を止めて入ったり点けたままにしたりと、風呂の換気扇は使い分けています。

お風呂で気にしたほうがいいのは電気代よりもこっち

いくらかかる電気代が安いとしても、光熱費は少しでも節約したいですよね。

もし光熱費を節約するなら、風呂の換気扇の金額よりも違う部分を気にした方が、きっと節約効果を実感出来るはずです。
換気扇よりも光熱費のかかっていることは、いろいろあるのですから。

普段風呂を使うとき、浴槽にお湯を溜めて入浴している方と、シャワーだけで済ませている方がいますね。

どちらも多くのお湯を使用するので、工夫次第で重要な節約ポイントとなります。

入浴

入浴をする場合、溜めるお湯の量によってガス代や水道代が変わります。
当然お湯が多いほどかかる光熱費も高くなるので、必要以上にお湯を溜めることはやめましょう。

また、季節によって水温が変わるので、変動する理由の一つとなります。

お湯の温度が下がってしまうと、次に入浴する人は追い焚き機能を使って、再びお湯の温度を上げると思いますが、追い焚きをするにも光熱費は発生しています。

入浴時に出来る節約と言うと、まずはお湯の温度を出来るだけ下げないようにすることです。
次の人がすぐに入浴しないときは、浴槽に蓋をしてお湯の温度をキープしましょう。

シャワー

シャワーで済ますことが多い方だと、日頃から意識していることも多いかと思いますが、こまめにシャワーを止めることは鉄則です。

最初から最後までシャワーを出しっぱなしにしていると、浴槽にお湯を溜められるほどのお湯が放出しています。
しかし、出しっぱなしにしているからと言って、ずっとお湯を使っているわけではないと思います。

その分無駄にお湯が出続けているのです。
家族全員が同じようにシャワーを使用したら、一日に使用するお湯の量は膨大です。

本当にこの一工夫で使用するお湯の量を節約出来ますし、同時に光熱費も抑えることが出来るので、シャワーを出しっぱなしにする入り方を見直してみて下さい。

お風呂にかかる光熱費を抑える方法

入浴でのシャワーでも、使い方によって光熱費を抑えることが出来ることがわかりました。

使い方による節約と一緒に、使用するアイテムをプラスしてさらに節約を意識してみましょう。

普段、特に意識せず使用しているシャワーヘッドですが、このシャワーヘッドを変えるだけでも節約効果があります。

ついシャワーを止めることが面倒で、少しの時間ならと出しっぱなしにしてしまうこともありますが、この積み重ねが光熱費をじわじわ高くしている原因です。
こまめに止めるだけでも、かなりの節水になりますよ。

もし、手元のボタン一つでシャワーを止めることが出来れば、それほど手間を感じずにお湯を止めることが出来るはずです。

商品によっては、今までとそれほど変わらない水圧なのに使用するお湯の量は少なくて済む、なんて夢のようなシャワーヘッドもあるので検討してみて下さい。私もつい少しの時間ならとシャワーを出したままにすることがあったのですが、手元のボタンでシャワーを止められるタイプに変えてからは、こまめにシャワーを止める習慣が付きました。

換気扇を点けっぱなしにしている家庭だと、換気扇を止めたときのジメジメ感は体験していないでしょう。

換気扇を止めるとお風呂は一気にジメジメして、モワッと生ぬるく重たい空気を感じます。
これこそが家屋にダメージを与える原因。

大切な我が家を守るためにも、換気扇にかかる電気代は必要な投資でしょう。