花屋さんでの上手な花束の頼み方!イメージを伝える注文のコツ

花屋さんへは、日常はあまり入らないという方も多いと思います。特に男性の場合には、今まで一度も入ったことがないという方も少なくないのではないでしょうか。いざ、花束を頼みたいという時にも、何をどう伝えれば良いかわからないという方も多いでしょう。
そこで、花屋さんで花束を頼むときの、上手な頼み方についてご紹介します。花束を頼む時には、イメージに近いものに仕上がるように、上手な伝え方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり!クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

男性が苦手な女性に共通する特徴や原因などについてご紹介

世の中には男性を苦手とする女性が一定数存在します。そういった女性は、一体何が原因でそのようになっ...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

ネットに多くの時間を使う生活をやめる方法。試すべき具体策

あなたは、一日のうちにどのくらいの時間スマホを手にしていますか?年代によっても違いはあると思いますが...

クローゼットに掃除機の収納がおすすめ!使いやすく収納するコツ

クローゼットに掃除機の収納するのは、一人暮らしなどの狭くスペースがない部屋には最適です。ただ、掃除機...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。そのキレイなお花を持ち帰りする...

友達との話が続かない時の対処法!困ったときにおすすめの話題

友達数人と話をしているときは問題なく話ができるのに、二人っきりになると話が続かないことに頭を悩ませて...

お祝いの袋を捨てるのは問題ナシ!処分方法やマナーとリメイク術

結婚式などのお祝いで頂いたご祝儀の入った袋は、つい捨てることができずに残してしまっていませんか?...

花屋に花瓶の持ち込みして花を楽しむ!注意点や長持ちさせるコツ

花屋で花を購入していざ花瓶に花を生けようと思うとうまくできないという人も多いのではないでしょうか?...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

スポンサーリンク

花屋さんでの花束の頼み方、まずは用途と予算

職場において、転勤や退職される方へ花束を渡すシーンに居合わせたことがある方も多いと思います。

しかし、いざ実際に自分が花屋さんへ花束を注文するとなると、そもそもどのように頼めば良いのかわからず、戸惑うかもしれませんね。

電話で花束を注文する時の頼み方

花屋さん側からしても、ただ「花束を頼みたい」と言われても、それだけではどのような目的で使われるのかがわかりにくいため、もっと具体的な用途を伝えることで、相手もイメージがつかみやすくなります。

例えば、退職される方に向けて花束を贈る際でも、若い女性なのか、年配の男性なのかでは花束のイメージが違ってきますよね。

用途だけでなく性別や年齢を伝えることで、それに合わせて仕上げてもらうことができます。

金額次第で花束の内容も変わる

花屋さんに花束を頼む際には、必ず金額も確認されます。

職場で花束を贈るのであれば、事前に金額が決まっている場合も多いかもしれませんが、個人的に何人かで花束を贈るというケースでは、あらかじめいくら位の花束にするかを確認しておくことも重要です。

それによって、お花の種類も変わってきますので、花屋さんにとっては金額を提示してもらわないことには、花束を作るのは難しくなるのです。

花屋さんで花束かフラワーアレンジメントか迷った時には

送別会などでは花束が贈られることが多いようですが、最近では花束ではなくフラワーアレンジメントを贈るケースも増えているようです。

そもそも、普段から花屋さんに出向く機会のない方にとっては、花束とフラワーアレンジメントの違いすらよくわからないというのが本音かもしれません。

  • 花束
    切り花を根元で一つに束ねたもの
  • フラワーアレンジメント
    カゴやプラスチックなどの容器にさまざまな花をさして作られるもの

花束贈呈で使われるのが花束で、お店の開店祝いなどで飾られているのがフラワーアレンジメントだと思っていただければ、よりわかりやすいかと思います。

花束は贈る相手に合わせて選ぶ

花屋さんへの頼み方としては、贈る相手が独身か家族持ちかによって、花束もしくはアレンジメントにしてもらうという方法もあります。

独身男性

自宅に大きな花瓶などがない可能性が高いため、花束よりもそのまま飾れるアレンジメントの方が良いかもしれません。

奥さんのいる男性

普段からお花を飾る習慣があるご家庭も多いため、花束を贈っても問題ないと思います。

予算次第でフラワーアレンジメントにするのもおすすめ

同じ予算であれば、カゴなどの花以外の材料を使わない分だけ、花束のほうがボリュームが出ますが、アレンジメントも金額次第で見栄えのする仕上がりにしてもらえますので、金額を伝えたうえで花屋さんに相談してみるのも良いでしょう。

花屋さんでイメージに近い花束にしてもらう頼み方

せっかく花束を頼んだのに、なんとなく好みの仕上がりにならなくて、ガッカリすることになるのは避けたいですよね。

どんな花束にしてもらいたいのかを明確に伝えることで、花屋さん側もよりイメージに近いものを作ることができるのです。

頼み方ひとつで花束の仕上がりは変わる

同じ予算であっても、使うお花の種類によっては、大きくボリュームが出るようにしたり、反対にコンパクトに仕上げることもできます。

また、全体的に長めに切りそろえるか、短めのブーケにするかだけでも、花束の印象はだいぶ違ってきます。

さらに、どんな花を使って欲しい、こんな色を使いたいといったような具体的な頼み方をすることで、より作りやすくなります。

お花に詳しくない方でしたら、花束を贈る相手のイメージ(おだやかな女性、清潔感のある男性など)を伝えてみるのも、良いヒントになります。

こんな頼み方は花屋さんを困らせる

ここまでは、花屋さんへの花束の頼み方について触れてきましたが、同じ頼むにしても、できれば避けたほうが良い頼み方もあります。

「なるべく急ぎで!」と時間に余裕のない頼み方

花屋さんは花を扱うプロですから、できるだけこちらの依頼に応えるべく頑張ってくれるわけですが、花束が必要な時間の直前になって急に頼まれると、場合によっては希望に添えないことも。

忙しい時には他の予約で手が離せずに、時間通りに仕上げられない可能性もありますので、なるべく余裕を持って頼んでおくようにしましょう。

希望が多すぎる頼み方

花屋さんへの頼み方としては、どんな花束にしたいのかを具体的に伝えることは大切。

ですが、あまりにもこだわりが強すぎると、予算内で収めるのが難しかったり、全体的な花の組み合わせがイマイチになってしまったりすることもありますので、ある程度の希望を伝えたら、あとは花屋さんのセンスにおまかせするようにしましょう。

花屋さんで花束を頼むときには早めに予約しておくのがおすすめ

花屋さんの店先には色とりどりの花が並んでいますが、もちろん季節によって仕入れる花の種類は変わってきます。とくに、送別会シーズンにおいては、どの花屋さんも花束の予約が立て込んでいるため、送別会当日に注文したところで、希望通りの時間に受け取れなかったり、予約自体を断られてしまう可能性も。

花束の予約は早めに済ませましょう

忙しい時間帯にアレコレと頼まれても、花屋さん側としてはゆっくりと電話応対をしている余裕もないかと思いますので、できれば平日の日中に電話をしたほうが良いかと思います。

さらに、あらかじめ花束を渡す日時が決まっているのであれば、使いたい日の一週間くらい前には頼んでおくとより安心でしょう。

電話で上手く頼む自信がない場合は、事前に花屋さんに出向いて直接頼んでみてはいかがでしょうか?