開店祝いのお花の持ち帰りたいときはマナーを守るのが常識

お店の開店祝いに店先にたくさんのお花が飾られていることがあります。
そのキレイなお花を持ち帰りすることはできるのか気になりませんか?

そこで、開店祝いのお花の持ち帰りたいときの気をつけたいマナーについてお伝えしていきましょう。

お店から持ち帰ったお花はせっかくなので、長く楽しめるように手入れをしてあげてくださいね。ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小さい虫を発見!茶色の虫の正体はシバンムシ・駆除と予防方法

家の中に小さい茶色い虫を発見。その虫の正体は「シバンムシ」の可能性があります。虫が苦手な人は...

友達との話が続かない時の対処法!困ったときにおすすめの話題

友達数人と話をしているときは問題なく話ができるのに、二人っきりになると話が続かないことに頭を悩ませて...

生涯独身でいるための覚悟とメリットやデメリット・必要な準備

仕事が好きでバリバリと働き、それなりに収入を得ている女性の中には、婚活をしてもなかなか理想の男性...

法事のお花【お寺で行う場合】知っておきたい準備について

法事にはお供えとして花や果物などを用意しなければなりませんね。それは、お寺で法事を行うときにも必要で...

お風呂の換気扇を点けっぱなしにしたときの電気代と効果

お風呂の換気扇をずっと点けたままだと電気代がかなりかかってしまうのでは?毎月の光熱費はできる...

100均の収納ケースで服を整理するおすすめアイデア

100均のあのアイテムが服の収納ケースに早変わり!クローゼットのごちゃついた服たちも、100均ア...

お祝いの袋を捨てるのは問題ナシ!処分方法やマナーとリメイク術

結婚式などのお祝いで頂いたご祝儀の入った袋は、つい捨てることができずに残してしまっていませんか?...

ユニットバスの詰まりの原因と直し方、注意点を解説

ユニットバスが詰まり水が流れない時、詰まりの直し方を知っておくことは大切です。詰まりの原因が何か...

金持ちになる方法!女が金持ちになるために考えられる選択肢

金持ちになる方法が知りたいのに、具体的にはどんなことをすれば良いのかわからない女性もいるのではないで...

ネットに多くの時間を使う生活をやめる方法。試すべき具体策

あなたは、一日のうちにどのくらいの時間スマホを手にしていますか?年代によっても違いはあると思いますが...

赤いダニの駆除方法で洗濯のりが効果的な理由と具体的な駆除方法

玄関先のコンクリートに発生した赤いダニ。駆除方法として市販の殺虫剤を使うといった方法もありますが...

往復はがきの返信が未使用な場合の使い方や交換方法について

クラス会の案内などに使われる往復はがき、ついつい出さずに結局電話で出欠を報告!なんてことありますよね...

クローゼットは収納ケースのしまい方や使い方でスッキリ片付く

クローゼットをスッキリ収納させたいなら、収納ケースのしまい方や使い方に工夫をしてみませんか?これ...

フリーター女性の末路、将来を見据えて今できること

仕事を探しているけど、自分にあった仕事が見つからない。正社員として就職していたけど、辞めてしまった。...

クローゼットに掃除機の収納がおすすめ!使いやすく収納するコツ

クローゼットに掃除機の収納するのは、一人暮らしなどの狭くスペースがない部屋には最適です。ただ、掃除機...

スポンサーリンク

開店祝いのお花を持ち帰りたいときは確認をすること

新しく開店するお店には、店頭に沢山の開店祝いのお花が飾られていますよね。
お花好きにとっては、色とりどりの豪華な花たちが眩しく、とても魅力的で癒やされる空間でしょう。

そのお花を

「持ち帰りたい・・・」

なんて思ったことありませんか。
傍からみると卑しい考えかもしれませんが、お花好きにとっては至って素直な気持ちでしかないはずです。

開店祝いのお花を持ち帰りたい時は、マナーやモラルを守って失礼のないようにすることが前提です。

お店に持ち帰っても良いか確認すること

なんらかの理由で持ち帰ることを禁じているお店もあります。

また、開店祝いのお花を持ち帰る風習がない地域で無断でそんなことをしてしまうと、あなたはただのお花泥棒に過ぎません。

開店祝いのお花はお店側が受け取ったもので、あなたのものではないことを頭に入れておきましょう。

その人のものを無断で持ち帰ることは社会的マナーとしてもよくないですね。

必ず一言確認してから行動してください。
お店側に許可を得てから持ち帰りすることは何も問題ありません。

開店祝いのお花の持ち帰りはマナーを守りましょう

開店祝いのお花を持ち帰りたい!

そんな時はマナーを守って持ち帰りましょう。

持ち帰りOKなお花はスタンド花だけ

持ち帰ってもよいお花は、基本的に店頭に並んでいるスタンドのお花です。
店内に飾ってある鉢に入ったものや、アレンジされたものには手をつけてはいけません。ただし、お店側が良いと言えばOKです。

開店後にお店を利用してから

  • 好きなお花が他の人に取られないようにキープしておく
  • お花が好きなだけだからお店を利用しないでお花だけ持ち帰る

これらはマナー違反です。

開店祝いのお花はあなたのものではありません。
頂く側ですのでお店に失礼のないように行動しましょう。

開店祝いのお花の持ち帰りは地域によって異なるので注意すること

開店祝いのお花の持ち帰りは地域によって異なります。

関西地方ではこのような風習が盛んに行われています。
開店したお店にお花目的でむらがるオバサマ方の光景は珍しくないそうです。

北海道も地域によってはこのような風習があるそうですが、北海道に住む私の地域にはこのような風習はなく、持ち帰っている人を見たことがありません。

ただお店側自らの行為として開店祝いのお花を配っているのを見たことは何度があります。
少しづつ束に分けて置いてあり、お客様に「ご自由にお持ち帰りください」というお声をかけていました。

このような風習がない地域の人達は、開店祝いのお花を持ち帰るなんて…と思う方も少なくないでしょう。

開店祝いのお花を持ち帰りすることは失礼なことではない

なぜなら、開店祝いのお花が早くなくなればなくなるほどお店が繁盛するという意味が込められています。

なので、お店側が自らお花を配ることもあれば、その意味がわかっている方はお花を持ち帰りたいと思う方もいるのです。

お店に枯れたお花を飾ることは良くない

枯れる前に持ち帰ってくれる人がいるならお店側も有り難いこなのです。

ただ、その地域の風習もありますので、一言お店に声をかけて確認することは大切です。

店を利用してからお花を持ち帰るようにしてください

開店祝いのお花を持ち帰りたい時はお店を利用してから!
これはマナーです。

開店祝いのお花を持ち帰るのは、お花が早くなくなるほどお店が繁盛する という意味が込められています。

ただ綺麗なお花が好きで開店祝いのお花を持ち帰りたいのかもしれません。
ですが、少なくともこのお店が繁盛するようにと願いを込めてあげると、あなたの人間味が伝わるし、お店側も嬉しいでしょう。

お店を利用した上で、願いを込め開店祝いのお花の持ち帰りましょう。

持ち帰ったお花は育てながら楽しみましょう

せっかく頂いたお花です。
インテリアとしてできるだけ長く綺麗に保てるよう管理しましょう。

開店祝いのお花を持ち帰ってしてはいけないこと

仏花として仏壇に供えること

1度利用した花を再利用して仏壇に供えることは先祖に失礼にあたるとされています。

お墓参りでお墓に供えた花さえも、持ち帰って仏壇に供えることは禁じられているマナーなのです。

お店の繁盛が込められている開店祝いのお花の持ち帰りは悪いことではありません。

ただマナーやモラルのない行動は無礼に過ぎません。
本来の意味にそぐわない行動は避け、お店側も頂く側も気持ちよくなるような行動をとって開店祝いのお花を持ち帰りましょう。