沈黙の恋愛効果を解説!元彼と復縁したい時の具体的なテクニック

大好きな彼氏にフラレて失恋をしても、どうしても彼に対する未練を断ち切ることができず、復縁を願うこともあります。

元彼との復縁を願うときは、「沈黙」を効果的に使うことで元彼ともう一度恋愛が出来る可能性があります。

ここでは、元彼との復縁を願う女性に向けて、沈黙の効果や実際のテクニックについてお伝えします。もう一度彼とヨリを戻したい女性は、是非参考にしてみてください。

元彼と復縁ができたときは、同じ失敗を繰り返さないように、二人で幸せになれるように努力をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏からの愛を感じない時に確認することやすべき行動

世の中のカップルは、付き合いたての頃は仲良しでも、しばらく経つと淡白な付き合いになることもありま...

性格も美人になるには、こんな方法を実践しよう

人間の魅力を計るには、外見だけでは十分とはいえません。 見た目だけではなく性格も合わせることで本当...

浮気する男の心理!結婚前の浮気の理由と許す方法・浮気の予防策

お付き合いしている男性との結婚が決まり、結婚式の準備をしていたのもつかの間、彼氏の浮気が発覚してしま...

既婚女性が異性の友達を作るのはあり?付き合い方と注意点

夫も子供もいる既婚女性の中には、異性の友達が欲しいと考えている人もいるのではないでしょうか。ですが、...

東京の結婚式はご祝儀を持って出席する。友人に渡すご祝儀の相場

東京の結婚式に招待されたら、悩むのがご祝儀の金額ではないでしょうか。 新郎新婦との関係性によっても...

【可愛くなる方法】男性が惹かれる女性の性格や仕草

男性からは、いつも友達以上に見てもらえないという女性も多いと思います。仲良くなっても、恋愛には発展せ...

四十代の女性が恋愛を成功させるコツやポイントを紹介

四十代女性の恋愛事情とは? 二十代や三十代のように恋愛に対して前向きになれなくなってくる四十代...

一目で惚れてしまう人とは相性がいい?一目惚れの不思議

一目惚れをしてしまう相手との相性はもともと知っている人との相性と比べてどうなのでしょうか。 一...

彼氏と音信不通になる理由と別れを意識した音信不通の対処方法

彼氏と急に連絡が取れなくなったら心配になりますよね。しつこいかも?と思っても何度も連絡をとってしまう...

元カレに結婚できないと振られた!復縁を望む女性必見

元カレに結婚できないと振られてしまい、落ち込む女性もいるでしょう。 復縁したければ、なぜ振られ...

女の37歳はもう手遅れ?独身を抜け出したい方へ

女性はとかく若いほうがもてはやされますよね。 37歳でまだ独身の場合、今までは結婚は自然と出来ると...

忙しい彼氏との遠距離恋愛を長続きさせて幸せな未来を築こう

仕事が忙しい彼氏と遠距離恋愛をいている女性の中には、彼に会えないことや連絡頻度で悩んでいる人もい...

彼氏が欲しい理由とタイミング。こんな瞬間に寂しさを感じる

彼氏がいない女性の中には「彼氏が欲しい」と感じている方も多いと思います。日常の中でも、ふとした瞬間に...

彼氏が帰り際にキスしてくる心理とは?別れ際の印象を上げるコツ

彼氏が帰り際にキスをしてくるのはどんな心理から?帰り際に彼氏がキスをしてくるときには、彼女を本気で好...

浮気を繰り返す人には特徴があった!浮気男とされる女性の特徴

浮気をする男性は何度も繰り返すとよく耳にします。そんな男性を好きになると、いつも浮気の二文字が頭をよ...

スポンサーリンク

恋愛における「効果」・復縁を願うときの沈黙の効果

恋愛における「沈黙」4つの効果

沈黙効果で嫌な思い出が薄れる

うんざりして別れを選んだ、喧嘩別れをした…まだそんな嫌な思い出が二人の頭の中に残っている中、復縁をするのは難しいです。そこであえてしつこくせず、沈黙を保ちながら時間が経つことで、嫌な思い出が薄れやすいのです。彼の気持ちをフラットにさせて復縁のチャンスを作り出すことができます。

安心をなくして焦りを生む

自分のことを好きだと言ってくる女性に対しては、軽い扱いをする男性もいます。何をしても好きでいてくれるという安心感から、その女性に対し追いかける気持ちが消えてしまうからです。しかし沈黙をすることで、「自分に興味がなくなったんだろうか?」と焦る気持ちが出て、あなたの価値を再確認してくれる可能性があります。

相手の頭の中が占領されやすい

今まで来ていた連絡が急に来なくなったら、誰しも気になるものです。
もしあなたに対して恋愛感情が残っていたら、その気持ちはだんだん膨らんできます。
「連絡ないけど、どうしたんだろう」「新しい彼氏でもできたのかな」などと、連絡を取らなくとも、相手の頭の中は自分で占領されやすくなるのです。

自分に対して冷静になる

沈黙は自分に対しても効果があります。
相手と接しない期間を作ることで、自分の至らなかったところを反省し、何が悪かったのか原因を冷静に考えることができます。ここで新しい恋愛に進もうと決断したり、やっぱり好きだから改善して復縁できるよう頑張ろうとしたり、自分が成長する時間にすることができるのです。

元彼と復縁がしたい!効果を発揮する具体的な沈黙の恋愛テクニック

沈黙の効果を高めるポイント

彼との接点をなくす

貸し借りしていたものを返す、偶然出会ってしまいそうな場所には行かないようにする、SNSの更新をやめるなど、彼の前から存在を消すようにします。気をつけたいのが、あからさまに目の前で避けたり、拒絶した態度を見せるというのはしないこと。

自分発信で会いに行ったり話しかけることをなくして、彼から連絡しない限り、あなたとの接点が作れない状況を作り出すというのがポイントです。

拒絶はしない

沈黙をしなさいというのは、拒絶をしなさいということではありません。むしろ拒絶してしまったら関係を進展させることは難しいでしょう。

恋愛の沈黙効果を生みたい場合は、「相手から連絡があったら対応するけど自分からはしない」というのが有効です。そのため電話もSNSもブロックはしないことが大事です。

もし沈黙を保ったことで効果があり彼から連絡が来た場合、ここでまた押せ押せになってしまうのは禁物。じっくり進めていかねばなりません。「連絡くれて嬉しい!」という態度を出してしまうより、「元気にやっているよ」「前向きに頑張っているよ」ぐらいのテンションで返す方がちょうど良いかもしれません。この時に復縁したいという気持ちを前面に出してしまうと、相手のプレッシャーになりかねないからです。

こんな時はどうするの?沈黙効果の使い方とポイント

沈黙を保ちつつ復縁効果を高めるワザ

SNSの扱いに気をつける

彼との沈黙を保って、せっかく嫌な思い出が薄れかけてきているのにSNSでどろどろしていたら意味がありません。ネガティブなことを書き込んだり、引きずっていることを匂わせることは書かないよう気をつけましょう。SNSはしばらく更新しないか、再び更新する時は勉強や仕事を頑張っている様子、友人と遊んだり趣味を楽しんでいる様子をアップするのがおすすめです。「変わったのかな」と思わせることが大事です。彼のSNS投稿に「いいね」を押しまくるのも、執着していると思われる可能性があるので避けた方が良いでしょう。

彼の誕生日はメッセージを送る

沈黙期間を2ヶ月以上取った後に、彼の誕生日や年末年始がやってきたら、一言メッセージを送ってみるのはおすすめです。ここでも復縁したいという気持ちは出さないようにして、単純にお祝いする気持ち、挨拶する気持ちで送るようにしましょう。執着心は見せないことが大事です。

沈黙を始める時期・やめる時期の目安とタイミング

恋愛効果を高める沈黙期間の目安

沈黙を始める時期

沈黙を始めるのは、別れた後もろもろの処理が終わってから。引越しだったり、物の貸し借りだったり、そういったやりとりを全てクリアにしてから始めましょう。相手をずっともやもやした状態にさせるのも良くないので、最後の挨拶などの大事なメールも無視しないことが大切です。

沈黙を保つ期間

沈黙の目安期間は、およそ半年がおすすめです。結構長いと感じるかもしれません。しかしこの期間はお互い反省点や改善点を見つける大事な期間です。まずは半年を目指して、様子を見てみましょう。

沈黙をやめる時期

彼から復縁したいと言われたら、もう沈黙を続ける必要はありません。前向きに話し合い、復縁できるよう進めていってくださいね。

復縁したいと言われたわけではないけど彼から連絡が頻繁に来るようになったという状態なら、その連絡には応じつつ、様子を見てみると良いです。あまり意固地になりすぎるとチャンスを逃してしまう可能性もあるので、臨機応変に対応しましょう。

彼ともう一度恋愛をするときに心がけたいこと

沈黙を始める前に

沈黙は自分が変わるために行う

沈黙で恋愛効果を高めるワザは、相手を変えるためではなく、自分を変えるために行うことです。時間を置くことで、自分の反省点を見つめ直す、改善に向けて努力することができるのです。

ここで大事なのは彼のことばかりを考える時間にするのではなく、自分磨きをしたり自分の気持ちや意思を再確認したり、自分主体で行動すること。

沈黙期間中も彼のことが中心になっていると中途半端に沈黙をやめてしまったり、彼に振り回されてしまいがちです。

ただ彼と復縁をするためだけに沈黙するのではなく、自分を変える、幸せになるために沈黙するのだと心得ましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688