癒し系の女子になるには、その特徴をしっかり掴もう

男性が好む女性にはさまざまなタイプがいますが、特に人気が高いのは癒し系の女子です。
もし、自分自身が癒し系の女性になることが出来れば、男性からモテるようになったり、意中の男性を射止めることが出来るかも知れません。
ここでは、癒し系女子が男性から支持を集める理由や、行動や外見の特徴などについてご紹介しますので、癒し系女子を目指しているかたは是非自分に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏から会いたくないと言われた時に出来ること

好き同士で付き合うことが出来ても、すべてのカップルが上手くいくわけではありません。 中には彼氏から...

彼氏なしアラサー女性が結婚を意識したお付き合いを始める方法

アラサーになると急に彼氏なしの状況に焦りを感じ始めます。しかし実際にはアラサーで結婚する方は多く...

30代のいい女の特徴とは?モテる30代女性の条件を紹介します

30代でいい女と言われる女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。年齢ではなくその人自身の評価...

男女の仲良しグループ内での恋愛は慎重に!リスクを考えて

大学生は同じサークル、同じ学部など男女の仲よしグループができるのも珍しくありません。 男女仲良...

彼氏がいないクリスマスの過ごし方お一人様を楽しみましょう

彼氏のいないクリスマスは、どのように過ごしたらいいのでしょうか? なんとなく、自分だけが一...

26歳の結婚に焦りを感じている女性へ。自分のペースで歩く方法

女性も26歳になると、結婚している友達も増えてきて、子育て中という女性もいれば、まだまだ独身も多い年...

冷たいけど本当は優しい男性の特徴冷たく見えてしまう理由

冷たいけど本当は優しい男性はかっこいいですよね。しかし、その本当は優しいというのは案外わかりにくいも...

両思いが確定するタイミングとは?きっかけやサインを紹介

両思いが確定しているとわかっていれば、もう少し自分から行動に移せるのにとモヤモヤしたことはありま...

結婚する時、男性は相手の年齢を気にする?女性の婚活について

30代になると友達は徐々に結婚していき、独身者が減ってきますから多くの方が自分の結婚も意識しはじめる...

マンネリ解消のために効果的な方法。恋愛を長続きさせるコツ

彼との付き合いが長くなると、安定した関係にはなりますが、安定しすぎてときめきも何も感じなくなってしま...

アラフォーでバツイチの女性が幸せなりたい時に知るべきこと

アラフォーでもバツイチとなって子供もいない女性であれば、もう一度結婚したいと考える方も多いでしょう。...

40代バツイチ男との未来を考えるならこんなことを理解しよう

日本は時代と共に離婚率が増えてきています。 ですから、バツイチの男の人も決して珍しくはありません。...

恋愛相談は誰にする?片思いの社内恋愛で恋の相談をする時の心得

社内に好きな人がいて片思いをしている女性の中には、切ない自分の気持ちを誰かに相談したいと考えている人...

もしかして恋愛に依存してる?依存をしない方法と注意点

大好きな彼氏とはいつも一緒にいたい、声を聞きたいと思ってしまいます。それは誰にでもあることですが、度...

結婚に踏み切るタイミングとして多いパターン。結婚したい女性へ

『結婚はタイミングが重要』そんな言葉を聞いたことがある方も多いと思います。長く付き合っていると、ゆく...

スポンサーリンク

癒し系の女子を求めている男性はこんな特徴がある

仕事に疲れて癒やしを求める

日々プレッシャーに追われていたり、忙しく働く男性は癒し系女子を求める人が多いです。癒し系女子は男性に対して発破をかけたり責めるといったようなことはしません

仕事で疲れているのにプライベートでもあれこれ口を出されたくない、優しく包みこんで欲しいという男性は、癒し系女子を求めるのです。

自信がない

癒し系女子は、相手のことを否定しなさそう、だめなところも受け入れてくれそうというイメージがあります。

自分に対して自信を失っている男性は安心感を求めているので、癒し系女子に惹かれるのです。自分に寄り添ってくれそうなところが高ポイント。

過去に付き合った女性が真逆

過去に付き合った女性が厳しくものを言う人だったりきつい口調が多い人だったりすると、その反動で癒し系女子を求める男性も多いです。若いころは派手で目立っていた人の方が好みだったけど、年をとるにつれ落ち着いている癒し系女子が好きになったという男性もいます。

癒し系な女子は見た目にこんな特徴があるから癒やされる

癒し系女子を目指すなら、まずは見た目から入りましょう!
外見のイメージを変えることで、内面のイメージもおのずと癒し系へ持っていきやすくなります。

癒やし系おっとりを目指す

癒し系女子がテキパキしているイメージはあまりありません。
癒し系女子の特徴でよく挙げられるのが、おっとりしていること。

仕草、口調、表情、全てを柔らかく穏やかにすることを心がけると良いでしょう。

癒やし系ふわふわした服装

癒し系女子の人はピシッとしたパンツスタイルより、フレアスカート、ワンピース、ワイドパンツ、もこもこシャギーニットなどふんわりした服装が多いです。肌見せも適度な感じで「大人可愛い」系が理想。

癒やし系は「丸顔、童顔、たぬき顔」

シャープなフェイスやつり目より、丸顔でたれ目な方が相手に優しい印象を与えます。
メイクで工夫することは十分可能なので、ぜひ癒し系女子メイクを取り入れましょう。

そして最も大事なポイントは薄化粧であることです。ほぼすっぴんに近いけど、うっすら化粧してある…ぐらいが理想です。ダマになっているまつげなどはNGです。

癒し系女子の行動の特徴を自分にも取り入れてみよう

癒し系女子の行動もチェック

いつもポジティブ

いつもにこにこ、ネガティブな言動をしないというのも癒し系女子の特徴。
いつも笑顔でポジティブな人は柔らかく包み込んでくれそうな雰囲気があるので、仕事で疲れている男性でも「会いたい」と思わせられるのです。

いつも控えめ

出しゃばらない、図々しくない、男性を立てる。この控えめな感じが、日々仕事で疲れている男性を癒すのでしょう。癒し系女子は普段の会話でも、自分の話ばかりすることや相手を質問責めにすることはせず、笑顔で聞いてくれる印象が強いです。休日の過ごし方も「家でゆっくり読書」「料理をたくさん作る」など、ギラギラ夜遊び系女子とは程遠い印象です。

たまにドジ

天然ボケでおっちょこちょいなイメージもあります。素で変なことをやっちゃう可愛さに、男性も癒されることでしょう。厳しそうな雰囲気とは程遠いのが癒し系女子のポイントです。

男性はドジッ子な癒し系女子に対して、守ってあげたい、頼られたいという気持ちになるのです。

話し方を変えることで、誰でも癒し系女子になれる

癒し系女子は話し方がポイント

癒し系女子は、せかせかと話したり、相手を急かすということはしません。

ゆったりと話すのが特徴です。

声が大きすぎることもありません。優しく穏やかです。

テキパキ結論を話すというよりは、合間が適度にあり、相手もほっと一息つけるような話し方が多いでしょう。「えーとね」「うーん」とか言葉が最初につきがちなのも特徴の1つです。
このふんわりした雰囲気に相手は癒されるのです。

自分が早口になっていると相手も早口にさせてまいがちなので、言葉のペースには気をつけましょう。

また男性に自信を持たせる言動や、謙遜が上手な人が多いのも癒し系女子の特徴です。

笑い方が「うふふ」と可愛らしいのもポイント。下品な笑い方は癒し系女子のイメージを崩してしまうので注意です。

癒し系はやりすぎるとぶりっ子に思われるので要注意

癒し系女子の特徴を紹介しましたが、どれもやりすぎてしまうとただのぶりっ子になってしまうのが難しいところです。

あくまで自然にが鉄則

内面のやわらかさ、ポジティブさが雰囲気として出てくる状態が理想的なので、内面を柔らかくすることから始めましょう。

普段から悪口を言わない・悪意や敵意を持たないようにすることも大切です。
そういった感情は表に出てしまいやすいです。

話し方をゆったりとするだけが癒し系というわけではないので、自分に合わないなと感じたら無理せず、別のところから癒し系を目指しましょう。

男女問わず同じ態度で周囲に気遣う、年相応の振る舞いをするというのも大事なポイントです。
ぶりっ子だと思われて男性に本性を見抜かれたり、女性から嫌われてしまうことのないようにしましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688