失恋した時の男女の受け止め方の違いと失恋から立ち直る方法

失恋をした時には、男女の心理には違いがあるようです。
そこで、失恋の時の男女それぞれの行動や、受け止め方の違いについてご紹介します。失恋は、誰しも経験のあることだと思います。そんな時、あなたはどうだったのか。きっと共感できる部分があるはずです。今は辛くても、立ち直って新しい恋愛を始めるために、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男女の仲良しグループ内での恋愛は慎重に!リスクを考えて

大学生は同じサークル、同じ学部など男女の仲よしグループができるのも珍しくありません。 男女仲良...

既婚子持ち男性に魅力を感じる?恋愛をしてはいけない理由

気になる相手が既婚男性だったらどうしますか?また既婚で子持ちの場合はどうでしょうか?既婚だということ...

仕事仲間と恋愛がしたい!職場の彼への片思いを実らせる方法

職場の仕事仲間を好きになってしまい、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。「片思いを実らせ...

結婚式に贈るお祝いの言葉のマナーや書き方のコツについて

結婚式の知らせを受け取ったらお返事と一緒にお祝いの言葉も贈るのがおすすめです。 しかし、いざ書...

頭がいい男性の特徴や、頭のいい人と付き合う方法についてご紹介

頭がいい男性はそれだけで魅力的です。 しかし、頭の良さは学歴だけで計れるものなのでしょうか。 こ...

好きには色々な意味がある。恋愛における好きの定義について

好きという言葉の意味を説明しようと思ったら、さまざまな説明の仕方があります。 特に恋愛おける好きの...

結婚する時、男性は相手の年齢を気にする?女性の婚活について

30代になると友達は徐々に結婚していき、独身者が減ってきますから多くの方が自分の結婚も意識しはじめる...

27歳の女性は気持ちの切り替えが必要!結婚を意識した恋愛

20代のうちは結婚よりも恋愛、その延長線上に結婚があると思いがちです。しかし20代前半の恋愛と結婚は...

30歳実家暮らしの男のイメージは悪いが良い部分もある

彼氏が30歳、実家暮らしだったら、このまま付き合っても良いのか迷う女性が多いでしょう。 「30...

浮気されそうなときの対処方法とは?浮気を防止するコツを紹介

浮気されそうなとき、なんとなく普段と違う彼氏の態度を不安に思う事はありませんか。 浮気をされる人と...

友達から異性の友人を紹介してもらう時の異性との接し方について

彼氏が欲しいと思った時に、友達から異性の友人を紹介してもらうという方法もひとつの手です。 しかし、...

男友達と同じベッドで寝たのに何もない!男性心理と注意点

片思い中の男友達との関係が進展することを期待して同じベッドで寝たのに、男友達との間には何もないま...

好きな人に寂しい気持ちを伝えるのはあり?忙しい彼とのお付き合い

彼氏の仕事が忙しくてなかなか会う時間がないと、寂しい気持ちを抱えながらお付き合いをすることになります...

感情をコントロールして、恋愛の失敗を繰り返さないようにしよう

人間は感情があるから楽しいと感じたり、その人が魅力的に感じるものです。 しかし、その感情が上手くコ...

カップルで貯金をする時の確実な方法について知りたい

彼氏と彼女がお付き合いをしていく中で、結婚のように大きな目標あるのであれば、二人で力を合わせて貯金を...

スポンサーリンク

失恋した時の男女の違い、女性は失恋直後に泣くパターン

恋愛をしたことのある男女なら誰しも失恋を経験した事があるでしょう。

どうやら、失恋をした時の感情には男女で違いがあるようなのです。

失恋直後に泣くのは女性

女性は失恋した直後から、失恋した原因を考えて落ち込んで涙し、彼氏との楽しかった思い出を振り返って涙します。走馬灯のように彼氏との思い出が頭に浮かんで悲しい気持ちになってしまうのです。

失恋から時間が経って泣くのが男性

男性は失恋した直後でも、失恋した現実を受け入れようとしません。失恋した事を忘れようとする気持ちなのか、趣味に没頭したり新しい出会いを求めて行動します。そのため、失恋しても別に悲しくないじゃないかと最初のうちは思っているのですが、失恋から時間が経って寂しいという感情が出てきて涙するのです。

失恋した時の未練の引きずり方は男女で違いがある

女性は先程も紹介したように、最初のうちは失恋したことに対して悩んで涙します。

失恋後の女性は、悩みきった後はポジティブになり未練もありません。

最終的には「どうしてあんな男と付き合っていたんだろう!別れて正解だった!」と未練どころか別れたことが正しかったという感情が芽生えるのです。

一方で男性は、失恋直後からアクティブに活動していて元カノのことなんて忘れたよとケロッとしてそうな印象ですが、実は心の中では元カノの事が忘れられずに未練たらたらな男性が多いようです。そして、自分が好きだから相手もまだ好きなのではないかと考えている人が多いために、別れてから時間が経った頃に連絡をしてくるようです。

その頃の彼女はもう気持ちが切り替わっているので、彼に対しての思いがないことがほとんどです。

失恋した男女で復縁に対しての考え方にも違いが

失恋をしたあとは、そのままお互いの人生を歩む事が多いですが、復縁をするカップルも少なくありません。

実は復縁に対しての考え方も男女で違うようです。

カップルの別れ話は、圧倒的に女性からすることのほうが多いそうなので、復縁を考えている女性は少ないそう。また、新しい彼氏が出来たら元カレのことを綺麗サッパリ忘れるというパターンが多いので、復縁を考える事はありません。

しかし、男性は上記で触れたように振られる側の方が多いです。そのため、未練タラタラで元カノの事を引きずる傾向にあるのです。また、女性は失恋から時間が経つにつれて「なんであんな男と」とマイナスに感じるようになる人が多いですが、男性は「元カノはこんな所がよかったな…」と失恋を経験してから、彼女のことを思い出すたびに美化していく傾向にあるようです。このことから、自分が振られた側であった場合はほとんどの男性が復縁を望んでいる傾向にあるようです。

女性は思い出をすっきりと消去する人が多い

女性は、彼から貰った思い出の物や、写真、履歴など彼を思い出す全ての情報を消去してしまう傾向にあるようです。

彼の事を思い出すまいと立ち直るために必死なのです。失恋の直後に沢山涙を流すのもそのためです。

少々強引ですが、女性は涙を流したり彼との思い出を消去したりして無理やり元カレの事を忘れようとする生き物なのです。

一方で男性は、元カノの写真を消さないという人が多く、単純に消すのがめんどくさくてそのままという人も多いですが、未練あり思い出を消したくないから残している人も少なからず居るようです。

そう言われてみれば、元カレの写真が見つかったという話はあまり聞きませんが「この写真は元カノなの?」と現在付き合っている彼女に問いただされている図は容易に想像できますよね。
上記のような男女の考え方の違いで起こったことなのでしょう。

女性が失恋からの立ち直りで一番効果的なのは新しい恋

女性が失恋をした場合、最初のうちはショックでこの世の終わりのような状態になってしまう人も多いです。

しかし、先程から触れているように男性と違って引きずることはありません。時間が経つにつれてどんどんと忘れていき、新しい恋が見つかれば、一瞬で忘れることが出来ます。

男性は新しい恋をしていたとしても、元カノの事を綺麗サッパリ忘れる事は難しいようですが、女性は新しい恋をすると元カレはただの過去の男性と割り切って未練も残らないようです。

自分が失恋してどうしようかとまだ落ち込んでいる状態であった場合は、新しい恋愛をする努力をしましょう。

また、友達が失恋して落ち込んでいるという話を聞いた時は「新しい人が見つかったら自然と忘れるよ!」と新しい出会いを探しに行くように導きましょう。

失恋をした時、相手の男性はケロッとしているのに私だけなんでこんなに苦しんでいるんだろうと、余計に悩んでしまうかもしれませんが、それはあなたが過剰に落ち込んでいるわけでもなく、彼氏が落ち込んでいないわけでもありません。失恋をした時の感情の動きが男女で違うからなのです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688