モラハラ男の特徴を理解し、モラハラ男との今後を考えていこう

モラハラ男は自分でモラハラをしている事に気がついてない、もしくは、モラハラをすることに慣れて感覚が麻痺しているかのどちらかです。
モラハラを受ける被害者の心は知らず知らずのうちに蝕んでしまうのです。

モラハラを受けているのか心配になったら、モラハラ男の特徴やモラハラされやすい女の特徴に当てはまっていないか確認してみましょう。

決してモラハラされやすい女が悪いというわけではありませんが、モラハラ男は基本的に治りません。
上手く付き合っていくためには、あなたがモラハラ男との付き合い方を改善していくしかないのです。

あなたが我慢を強いられている関係は良いとは言えません。
モラハラ男との今後を慎重に考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社会人の恋愛・彼氏が欲しい女性が身につけたいスキルと出会い方

彼氏が欲しいと思っていても、仕事が忙しくてなかなか出会いのきっかけに恵まれず、悩んでいる女性もいるの...

話し方が優しい男性を振り向かせたい!恋愛に発展させるコツ

話し方が優しい男性のことを好きになってしまったあなた。誰にでも優しく接する男性は人気もあります。...

好きな男性から告白される方法は女としての魅力を忘れないこと

好きな人がいると誰でも「告白されたい」と思うものです。自分から積極的にいくガツガツ系女性は男性は...

彼氏と別れたけれど、やっぱり復縁したい人へ

自分から別れたとしても、前の彼氏が恋しくなってしまうこと、ありますよね?そんな時「復縁」が頭をよ...

男は浮気をするもの?浮気する確率の少ないパートナーを探すコツ

男性は浮気をする動物なんて言われることがありますが、お付き合いをしている女性にとっては、いつ浮気をす...

恋愛が成就する、好きな相手を落とす方法についてご紹介

恋愛は、片思いだけでは先に進むことが出来ません。自分だけではなく、相手からも好きになって貰えるこ...

26歳の結婚に焦りを感じている女性へ。自分のペースで歩く方法

女性も26歳になると、結婚している友達も増えてきて、子育て中という女性もいれば、まだまだ独身も多い年...

恋愛がうまくいかないと、ついイライラ。その時に出来る対処法

恋愛の多くは、うまくいかない事だらけです。そのせいでついイライラしてしまうことは、よくあ...

結婚の祝福を伝えるなら手紙がおすすめ!友人へのお祝いについて

親しい友人の結婚の報告はとても嬉しいものですよね!その祝福の気持を友人に伝えるなら、手紙がおすす...

地雷のように爆発する男とは?その特徴についてご紹介

世の中には地雷男と呼ばれる男性がいるのをご存知でしょうか?一見まともに見える男性でも、うっかり関...

大好きな彼氏と復縁するために効果的な方法は待てる女になること

大好きな彼氏との恋愛はとても楽しく幸せな時間を与えてくれます。ですが、そんな彼氏と破局を迎え...

失恋を引きずる女性の特徴と失恋から早く立ち直るための方法

失恋を引きずるのは女性よりも男性と耳にしますが、一概には言えず女性でも長く失恋を引きずってしまう方も...

男性の気持ちを理解すれば恋愛で失敗しない、恋愛上手になる方法

男性の気持ちを理解せずに恋愛をしてしまうと、実は本命でなかったりフラレてしまうなど悲しい結末を迎えて...

好きで仕方がないときに出てしまう男性の行動について

男性は好きで仕方がない相手がいるとどのような行動や態度をとってしまうのでしょうか。少し気にな...

告白するベストタイミングとは?女性から男性に伝えるコツ

好きな人に想いを伝える告白は、とても勇気のいる行動です。「断られたら…。」と思うとどうしても躊躇...

スポンサーリンク

モラハラ男の特徴

典型的なモラハラ男かどうかを判断するには、その特徴を知っておく必要があります。

まずは、彼氏がこの特徴に該当するかどうかを見ていきましょう。

途中で態度が急変する

相手が自分の思い通りになる人間かどうかを見極めているうちは優しいのですが、そのうちに態度が急に冷たくなり、やがてモラハラが始まるのです。

他の人に見せる顔は穏やか

モラハラ男は内と外の顔を器用に使い分けるため、彼の本当の姿を知らない人にとっては、優しくていい人に見られることが多いでしょう。

ストレスを溜め込みやすい

仕事などで過度に溜め込んだストレスのはけ口として、彼女や妻に対してモラハラな言動を繰り返している可能性も。

親との関係性

異常なほど過保護に甘やかせて育てられたか、もしくはその反対に親からの愛情不足のまま大人になってしまった場合は、どちらもモラハラ男になりやすいと言われています。

男にモラハラされる女の特徴と改善の仕方

パートナーに対してモラハラを繰り返す男性は、付き合った全ての女性に対してモラハラを行うわけではありません。

もしも、あなたがこれまで付き合ってきた相手の中にも、同じようにモラハラまがいの発言をする男性がいた場合、これはあなたの自身がモラハラ男を引き寄せやすい体質である可能性が高いとも言えるでしょう。

次は、モラハラ男に付け入られやすい女性の特徴について見ていきたいと思います。

常に人の顔色をうかがってしまう

他人からどのように思われるのかが気になり、ビクビクと人の顔色をうかがうクセがある女性は、モラハラ男のターゲットになりやすいようです。

自分の意見を言えずに周囲に同調する

自分から意見を言うのが苦手で、嫌なことも嫌だと言えずに何でもガマンしてしまう傾向にあります。

人に尽くすのが好き

とくに好きな相手にはとことん尽くしてしまうため、理不尽な相手のモラハラにも耐えて徹底的に尽くしてしまうと、相手もますます言動がエスカレートすることも。

このようなタイプの女性は、自分に自信が持てないことで、相手に依存型の恋愛に陥りやすいため、一旦モラハラ男に捕まってしまうと、そこからなかなか抜け出せなくなってしまうのです。これ以上モラハラ男の被害に遭わないためには、男性に依存する形の恋愛は止めて、もっと自分に対して自信を持てるようにならなくてはいけません。

モラハラ男の言いなりにはならないとアピールしよう

モラハラ男が求めるのは、自分の思い通りになる女性です。

なんでも自分の言いなりになると判断されてしまうと、さらに状況が悪化してしまう可能性が高くなりますので、とにかくこの状況から脱することが先決だと考えましょう。

心を傷つけられないためにできること

相手やその家族を罵ったり、存在自体を否定するような言動があれば、それはすでにモラハラ行為だと言えるでしょう。

このような言動が続くうちに、たとえこちらには何も思い当たるフシがないのにも関わらず、急に彼の機嫌が悪くなったりすると、その原因は自分にあるのではないかと、とりあえず謝ってしまうことで、さらにその態度は悪化してしまうのです。

効果的な対応策としては、顔色をうかがって先読みするのをやめることです。

もしも、あなたに否がないのであれば、謝る必要は全くありません。またそこで、機嫌の悪くなった理由を尋ねてしまうと、今度はあなたに責任があるかのように丸め込まれてしまうことにもなりかねませんので、自分を責める方向に持っていかずに、機嫌が直るまで放っておくくらいがちょうど良いのです。

モラハラ男であることを自覚させる

モラハラ行為が日常化してしまう前に、自分はけっして彼の言いなりにはならないという態度を明確に示すことが最も重要です。そのためにも、モラハラな言動は普通ではなく異常なことなのだと、勇気を持ってその都度繰り返し指摘することで、思い通りにはコントロールできないということを悟らせる必要があります。

自分の気持ちに正直に今後を考えよう

彼氏からのモラハラな言動が繰り返されると、果たして自分は彼のことが好きだから一緒にいるのか、だんだんと分からなくなってくるものです。しかもそれはいつしか、支配という形であなたから冷静な判断力さえも奪ってしまいかねないのです。

モラハラ男と常に一緒にいることで、この先も付き合っていくべきかどうかの判断ができない場合は、一度彼から離れて一人で冷静に考える時間を持つことをおすすめします。

好きだけでは続かない

女性に対してモラハラを繰り返すのは、もはや心の病気なのです。そのことに彼自身が気づかないうちは、たとえ違う女性と付き合ったとしても、同じことを繰り返すのです。

一定期間は彼との距離を置くことで、彼のことが本当に好きなのかどうか、またモラハラをされても一緒にいたいと思えるほどの相手なのかどうかが判断できるまでは、彼との連絡も断ったほうが良いでしょう。

モラハラの特徴を持っている男と2人きりで話すのは危険

もしも、よくよく考えたうえで、モラハラ男とは別れる決断を下したのであれば、迷いが生じないうちにすぐに実行してください。ここで大切なのは、第三者の力を借りるということです。

モラハラ男の特徴に当てはまる男性と付き合う女性の中には、彼氏からモラハラを受けていること自体に気付いていない、いわゆる洗脳状態に陥っているケースもあるため、第三者にそのことを相談したくてもできなかったり、そもそも相談しようという発想もなく、自分自身を責め続けることにもなりかねません。

しかし、別れを決断したのであれば、今の状況を相談することで、冷静にアドバイスをくれる第三者の存在は不可欠なのです。彼氏と直接会って別れ話をする際には、上手く口車に乗せられて別れられなくならないように、必ず他の人も介して3人以上で会うようにしましょう。

もしも、別れることを前提としているのでしたら、モラハラに該当する発言を録音しておいたり、メールなども保存しておくことで、モラハラが行われた証拠を残しておくことをおすすめします。