付き合う前のラインの頻度や内容は?男性の脈ありサインを解説

片思い中は好きな男性とラインをすることでさえドキドキして緊張するものです。付き合う前は、ラインの内容にも気を使うのではないでしょうか。

ここでは、付き合う前の片思い中の男性に送るラインの頻度や内容・注意点についてお伝えします。彼と少しでも距離が近づくように、うまくラインを利用して恋を進展させましょう。

また、ラインの内容から男性が脈ありかどうかを判断する方法についてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

異性の友達に食事に誘われたら、それはデート!男性の心理を見抜け

長らく親しい異性の友達に、食事に誘われて困惑してしまう女性がいると思います。男性が女性をデー...

彼氏が帰り際にキスしてくる心理とは?別れ際の印象を上げるコツ

彼氏が帰り際にキスをしてくるのはどんな心理から?帰り際に彼氏がキスをしてくるときには、彼女を本気で好...

既婚女性と男友達が二人きりで会うのはあり?世間の目と注意点

既婚女性であるあなたが男友達と二人きりで遊ぶことに対して悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。結...

結婚の決め手はどこ?女性が迷った結婚を決めたポイント

彼氏から念願のプロポースをされて、その場でOKを出した方もいれば、嬉しいけれどすぐには承諾できなかっ...

告白の返事が「ありがとう」だけ!その意味について

勇気を出して告白した返事が「ありがとう」だけだっら、OKなのかダメだったのかわからずにモヤモヤしてし...

恋愛を成就させる秘訣!連絡がこない場合の対処方法

片思いの男性や気になる男性がいると、少しでも近づきたいと思いますよね。携帯やSNSを利用して連絡をと...

感情をコントロールして、恋愛の失敗を繰り返さないようにしよう

人間は感情があるから楽しいと感じたり、その人が魅力的に感じるものです。しかし、その感情が上手くコ...

実家暮らしの男性に多い特徴とメリット・デメリット

社会人になったある程度の年齢の男性が、実家暮らしと聞くと、ネガティブな印象を持つ方も多いと思います。...

癒し系の女子になるには、その特徴をしっかり掴もう

男性が好む女性にはさまざまなタイプがいますが、特に人気が高いのは癒し系の女子です。もし、自分自身...

恋愛がうまくいかないと、ついイライラ。その時に出来る対処法

恋愛の多くは、うまくいかない事だらけです。そのせいでついイライラしてしまうことは、よくあ...

40代後半男性の恋愛観と好きな女性のタイプ・アプローチ方法

40代後半の男性に片思いをしている女性の中には、彼との年の差を気にしてなかなかアプローチができない人...

40歳バツイチ男性の恋愛観と新しいパートナーに求めるもの

好きになったのが40歳のバツイチの男性。はじめからバツイチと知っていて好きになったという場合もあれば...

プライドが高い男性の特徴と彼の心をくすぐる上手な恋愛の始め方

好きになった男性が、プライドの高いタイプの男性、という方もいると思います。プライドが高い男性は、カッ...

結婚が怖いと言う男性の心理と男性が結婚に踏み切れない理由

あなたの周りに「結婚なんて怖くてできないよ」と言っている男性はいませんか?女性からすると、ちょっと意...

友達から異性の友人を紹介してもらう時の異性との接し方について

彼氏が欲しいと思った時に、友達から異性の友人を紹介してもらうという方法もひとつの手です。しかし、...

スポンサーリンク

付き合う前のラインの頻度はどのくらいが最適?男が考える心地よい頻度

付き合う前の段階では、ラインで連絡をとることが多い方もいると思います。

ですが、そこで悩むのがラインを送る頻度。

相手に嫌われたくない。

でも、連絡をして繋がっていたいと思ってしまう。

男性が思う、ラインの心地よい頻度について紹介します。

毎日

毎日、ラインをしてお互いが返事を送る。

これは、割と好きな女性に対して苦にならないという男性もいます。

しかし、マメに返事をすることが苦手という男性も多く、毎日ラインをしても会話が盛り上がらない場合は、男性の負担になっている可能性も。

2~3日おき

連絡がない日にちがあることがポイント。

「今日はラインが来ないなー」と、相手のことを考えてしまう時間が、自然とつくられるきっかけになります。

この2~3日おきの連絡が心地よいと思う男性も多いです。

週に1日程度

週に1日だけでは、好きな男性に連絡するには物足りないという女性も多いのではないでしょうか。

しかし、ラインの内容を考えて返事をすることが苦手という男性からすると、1週間の間に起きた出来事など、会話になる出来事が溜まっていて連絡がしやすいという男性もいます。

ラインの返事が遅かったり、あまり会話が弾まない時には少し間隔を空けて1週間おきにするのがおすすめ。

付き合う前のラインは男性の負担にならないことが鉄則

ラインで連絡をすると言っても、連絡をする時間や、長さによっては男性の負担になってしまうことも。

また、「ラインが疲れる」と思っていても、女性に言えないでいる男性もいます。

ラインを送る時の気をつけておきたいこと

1日に何度送らない

男性にも、自分の生活があるため1日に何度も連絡をしてしまうと、あなたに返事をするため、他のことが出来ずに困ってしまうことも。

お互いが盛り上がっている内容の時は、無理に止める必要はありませんが、無理に話題を探して何度もラインをしない方が、男性に負担をかけずに済みます。

長すぎは疲れのもと

ラインの文章が長いと、それに対して同じ量の返事をしなければいけないと、男性のプレッシャーになってしまうことも。

女性は割と、話し好きは方が多く長い話でも、一つ一つに対して返事をすることが得意です。

しかし、男性からすると、長い文章の中から、かいつまんで返事を考えるということが疲れてしまいめんどうになってしまうことも。

文章は、長すぎず読んですぐに内容を理解できるくらいの長さにしましょう。

ラインをするタイミング

ラインをするタイミングは、好きな男性の生活スタイルに合わせましょう。

例えば、朝が早い男性の場合は夜遅くに送ると、就寝時間と重なり迷惑になってしまいます。

夜遅くまでアルバイトや仕事をしている男性には、「お疲れ様」と1日の疲れを労う内容のラインがおすすめです。

付き合う前はどんなラインの内容?片思い男性とのやり取りにオススメの内容

付き合う前は、相手のことがわからずどんな内容にするか悩んでしまう方も多いです。

しかし、はじめの相手のことをわからない時期だからこそ、おすすめの内容があります。
付き合う前のおすすめの、ライン内容を紹介します。

はじめは他愛もない内容もあり

ラインでは、相手が自宅でどのように過ごしているかまではわからないもの。

そのため、男性が朝何時に起きるのか、何時頃には自宅を出発しているのかといった、他愛もない内容で良いのです。

ラインが盛り上がらないのでは、と感じてしまう女性もいるでしょう。

しかし、男性の負担にならずにこの先もラインが出来るために必要な内容と言えます。

仲が深まってきてからの話題

お互いの生活スタイルや、趣味などがわかってきてからおすすめなのが、出かけてみたい所など具体的な場所の話題です。

遠出は疲れないか、どれくらいの時間のゆとりがあるかなど。

男性の負担にならないことがわかってきているので、出かける時の会話も弾みやすく、具体的にすることができます。

付き合う前のラインのやり取りで男性の脈ありを判断する方法

好きな男性からの、ラインが脈ありなのか判断できずにモヤモヤとしてしまう女性も多いでのはないでしょうか。

男性とのラインで脈ありかを、判断したい時の見極めるポイント

返事が遅い場合

男性にラインをしても、返事が遅いことで不安に感じてしまう女性も多いです。

しかし、男性が返事が遅くなった理由を教えてくれたり、「遅くなってごめんね」と謝ってくれる時は、脈ありの可能性があります。

自分の報告ライン

自分が、何をしているかという報告のラインが男性から来る場合は、あなたに自分のしていることを知っておいて欲しい、という気持ちが込められていることも。

好きなことを質問してくれる

女性の好きな食べ物うあ好きなことを聞いてくれる時は、あなたと過ごすときのために聞いておくことがあります。

好きなものの話から、「一緒におすすめの場所に出かけてみよう」とデートの約束に発展することも。

好きな人と付き合う前のラインにはこんな注意点も

付き合う前に好きな人とラインをする時の、注意点を紹介します。

話題が盛り沢山

好きな人と連絡を取れることが嬉しくて、一度のラインに色々な話題を載せてしまうこと。

これは、男性からすると「1番伝えたいことがわからない」結果になるのです。

返事に迷うラインは、女性でもやり取りが疲れてしまうと思います。

相手が疲れてしまうような内容にならないように、注意しましょう。

悲観的な内容

自分の悩みを相談することもあると思います。

そういった時に、男性がアドバイスをしてくれても「でも」「やっぱり」など、後ろ向きな言葉ばかりの悲観的な内容には注意が必要です。

楽しいラインでなければ、印象も悪くなります。

略語ばかり

女性同士であれば、お互いがわかる流行りの略語をラインでも使うことがあるかもしれません。

しかし、男性も略語を理解できたとしても、恋愛の対象ではなく友達の対象となってしまうこともあります。

「特別な女性」となれるように、無理に流行りの言葉は使わないようにしましょう。