結婚がめんどくさい女性の心理と結婚しないメリット・デメリット

結婚に対して、めんどくさいと感じたことはありますか?結婚に対してめんどくさいと感じるのは、男性が多いイメージですが、女性の中にも、このように感じる人が増えてきています。どんな部分に、めんどくささを感じるのでしょうか?
そこで、女性が結婚に対して、めんどくさいと感じる理由や、結婚しないメリット・デメリットなどについてご紹介します。
今は、昔ほど『結婚』という形にしばられることなく、生きていける時代です。自分らしい生き方はどちらなのか、もう一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊婦の妻を持つ旦那は浮気しやすい傾向にある。その理由について

妊婦の妻がいるのに旦那が浮気をするケースはとても多いです。うちの旦那は安心と思っていても、妊娠中...

癒し系の女子になるには、その特徴をしっかり掴もう

男性が好む女性にはさまざまなタイプがいますが、特に人気が高いのは癒し系の女子です。もし、自分自身...

結婚式に贈るお祝いの言葉のマナーや書き方のコツについて

結婚式の知らせを受け取ったらお返事と一緒にお祝いの言葉も贈るのがおすすめです。しかし、いざ書...

アラフォーでバツイチの女性が幸せなりたい時に知るべきこと

アラフォーでもバツイチとなって子供もいない女性であれば、もう一度結婚したいと考える方も多いでしょう。...

恋愛が成就する、好きな相手を落とす方法についてご紹介

恋愛は、片思いだけでは先に進むことが出来ません。自分だけではなく、相手からも好きになって貰えるこ...

浮気する男性の気持ちから学ぶ!絶対にさせないための予防対策

浮気する男性の気持ちについて気になる女性は多いのではないでしょうか。浮気した彼氏と別れたくないなら、...

男性が優しくしたい女性やつい守りたくなってしまう女性の特徴

男性が優しくしたいと思う女性にはどのような特徴があるのでしょうか。男性は、女性がこのような態度で接す...

もう恋愛なんてしないと感じる女性の心理と心の休ませ方

「もう恋愛なんてしない…」そう思っている女性もいるでしょう。その原因は、きっと何か辛かった理由が...

結婚の決め手はどこ?女性が迷った結婚を決めたポイント

彼氏から念願のプロポースをされて、その場でOKを出した方もいれば、嬉しいけれどすぐには承諾できなかっ...

38歳の独身女性が結婚したいならこの気持を捨てましょう

38歳で結婚をしたいのであれば、まずは結婚相手のハードルを下げましょう。もちろん、条件のすべてを無く...

奥手な男性へのアプローチ方法や結婚へ向けてのステップ

恋愛に奥手な男性との結婚は、かなり時間がかかるのでは?と思う方も多いと思います。奥手な男性は、恋愛に...

告白するベストタイミングとは?女性から男性に伝えるコツ

好きな人に想いを伝える告白は、とても勇気のいる行動です。「断られたら…。」と思うとどうしても躊躇...

同棲するなら間取りは2DK!その理由とおすすめレイアウト

これから同棲するカップルにとって、間取りを1LDKにするか2DKにするか悩むのではないでしょうか。...

突然音信不通になった彼氏に何が?男性の心理と女性の対処方法

仲良く付き合っていた彼氏が突然音信不通になったら、心配になってしまいます。何かあったのでは?連絡でき...

30代で恋愛ができないと感じる理由と前向きになるための対処法

30代になると、10代や20代の頃のように、気軽に恋愛ができないと感じている女性も多いと思います。恋...

スポンサーリンク

結婚がめんどくさいと感じる女性は家事が苦手なタイプに多い

女性で結婚がめんどくさいと感じるのには、家事が苦手と言うことを理由としている人が多いです。

家事が苦手な女性が結婚をめんどくさいと感じる理由

決まりごとではありませんが、結婚をするとどうしても女性が中心になって家事をする事も多くそのイメージも強いです。
もちろん、専業主婦になった場合にはそのほとんどを女性がしないといけないことになります。
共働きだとしても、洗濯や掃除などをやらなくてはいけないことになるのは簡単に想像できます。
また、一人暮らしだと自分の都合で手を抜いたりすることもできたのが、結婚生活ではそうはいきません。
「やらなくてはいけない」という義務感がうまれることになります。
もともと家事が得意だったり、一人暮らしで慣れている場合にはなんの問題もありません。

しかし、現在実家暮らしで家事を全くやっていなかったり、苦手だと感じている人は結婚したら家事をしなくてはいけないというのはとても苦痛に感じることでしょう。

見かたを変えると、家事をするという負担がなかったり少なければ結婚に前向きになるはずです。

家事がネックとなり結婚をめんどくさいと感じるのであれば一人暮らしが長い人、几帳面な人など家事を得意とする男性もいるのでそういった人と出会えることができるといいですね。

今の自由な生活がなくなるから結婚をめんどくさいと感じる

中には今の生活で幸せに感じている「自由」を失ってしまうことから、結婚をめんどくさいと思う女性もいます。

独身でいること、一人暮らしをしていることは自分の気持ちを一番に考えることができたり、その日の気分で過ごすことができるなど自由であることが多いです。それが結婚することで大きくかわります。
一緒に暮らすことになるので、自分だけを優先して考えることができなくなります。
例えば、朝の起きる時間です。
休日は思いっきり寝坊してゆっくりしていた生活がなくなることもあります。
自分と休日が違えば、起こしてあげたり食事の用意もしなくてはいけませんし、どこか出かけようとなれば早く起きて準備をしなくてはいけません。
まったく自由がなくなるわけではないですが、常に旦那さんの事を考えたり、この先の予定のことなどを考えることが多くなります。
1人でも十分に楽しめる、1人でいることで得られる自由に幸せを感じていた場合には結婚して自分の時間が少なくなってしまうことは辛く感じます。このようなことから、「自由な生活がなくなる結婚はめんどくさいものだな」と感じてしまう理由の1つとなるのでしょう。

結婚がめんどくさい理由は結婚によって増える人付き合い

結婚後の人付き合いを懸念して、結婚をめんどくさいと遠ざけている人もいます。

結婚は2人だけのものではありません。
結婚することで、旦那さんの両親との付き合いも同時に始まります。
その他にも、旦那さんの友人との関わりなど嫌でも自然に増えていくものです。

人付き合いが増えるのが嫌と感じるのには、その相手がいい人であってもそれほどかわりません。
いい人であったとしても最初のうちはお互い気を遣うことも多いですし、失礼のないように気を張ります。
結婚してこれから付き合っていく人たちは、自分の友だちのようにはいかないのでそれを想像しただけで疲れてしまうのです。

友達の経験談などを聞くことでさらに結婚に後ろ向きになることもあります。

自分は社交的ではないし上手く付き合えなかったらどうしようといったマイナスな考えをしてしまうのも結婚はいいやと思わせてしまうのでしょう。

仕事と家庭の両立に自信がないのも女性に多い理由

結婚後も今と変わらずバリバリ働く、働きたいと考える女性は多くいます。
結婚前と変わらずお互い働き続けるのであれば、仕事と家庭の両立をすることになります。

今までと変わらず働くということは、疲れて帰ってきたあとに家事をやったり、朝の出勤前にできることをやったりするなど、時間がない中でやらなくてはいけないということです。
2人分の家事は思ったより多いですし、一人暮らしのときよりも大変だと感じることが多いでしょう。それを考えると「両立はできない」「きちんとやる自信がない」という結論になってしまいがちです。

かといって、仕事をやめてしまうと収入も減りますしお金の余裕もなくなってしまい心配となってしまうので結婚はしなくてもいいなと思ってしまうのです。

仕事と同じように結婚したら家庭のこともきちんとやらなくてはいけないという気持ちが、両立への自信のなさにつながっていくのではないでしょうか。

女性が独身で過ごすメリット・デメリット

結婚という選択をせずに、独身を貫くこととにはメリットとデメリットがそれぞれあります。

独身でいることのメリット

独身でいるということは、自分を優先できる、自由気ままな生活スタイルにすることができます。
お金に関していえば独身でいれば自分の好きなように管理することができ、時間に関しては自分の過ごしやすいような生活ができるということです。
結婚には、お金や時間などいろいろな制約が出てきます。
自分のしたいことに使える時間が減ったり、相手のために時間をさくこともあります。
2人の生活のために欲しい物を我慢したり、節約することも多くなる可能性もあります。結婚するとすべてが独身のときと同じようにすることは難しいことがほとんどです。
今の独身生活を気に入っていて自由であることが幸せと感じているのであれば、独身でいるということの大きなメリットとなります。

独身でいることのデメリット

デメリットとを感じるのは、「今の生活」ではなく「将来の生活」を考えたときです。
今は幸せでいいと思っていても、将来的には1人になってしまいます。
今の生活がずっと続いていくのは絶対とは言えないので、病気をした時に寂しく感じたり、状況によっては働けなくなって収入がなくなるといった可能性も出てくるのです。

1人が好きで今の生活に満足している人でも、一度独身でいることのデメリットについて考えてみるといいでしょう。