彼氏に冷めた?気持ちを診断するために役立つ方法

付き合いたての頃は2人でいるだけでドキドキしていたのに、時間が経つと彼氏に冷めたのでは?と思うほどドキドキしなくなる事があります。

そんな時彼氏に冷めたのでは?もう恋愛感情がないのではと思ってしまうこともありますが、実際には冷めたのではなく恋愛が落ち着いてきているのかもしれません。

そこでここで彼氏に冷めてしまったのか?自分の気持ちを診断する方法について、また落ち着いた恋愛についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

恋愛テクニックで恋を実らせよう!片思い女性におすすめの心理術

現在片思い中の女性の中には、どうすれば彼の気持ちを自分に向けることができるのか知りたい人もいるのでは...

モラハラをする男性の特徴や、対処方法などについてご紹介

みなさんは「モラハラ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。 時々耳にはするけど、どういった...

男性の心理を知りたい!告白を決意するときやタイミング

男性が告白をしたいと思うのはどんな心理のときなのでしょうか。男性はただ好きという気持ちだけで告白する...

両思いが確定するタイミングとは?きっかけやサインを紹介

両思いが確定しているとわかっていれば、もう少し自分から行動に移せるのにとモヤモヤしたことはありま...

社会人になってから彼氏ができない理由と彼氏作りのポイント

社会人になると多くの方が彼氏ができない、できにくくなったと感じています。 なぜ学生時代...

高学歴の男性が好きなタイプや結婚相手として選ぶ女性

高い学歴の男性はどんな女性が好きなのでしょうか。好きなタイプは人それぞれですが高学歴の男性の特徴から...

40代バツイチ男との未来を考えるならこんなことを理解しよう

日本は時代と共に離婚率が増えてきています。 ですから、バツイチの男の人も決して珍しくはありません。...

彼氏ができない女性に多い特徴と『気になる女子』になる方法

彼氏が欲しいと思いながらも、彼氏ができない女性は多いと思います。周りの友達には、普通に彼氏ができてい...

失恋を引きずる女性の特徴と失恋から早く立ち直るための方法

失恋を引きずるのは女性よりも男性と耳にしますが、一概には言えず女性でも長く失恋を引きずってしまう方も...

出張の多い彼氏との付き合い方とは?向き合い方について

出張の多い彼氏だと、会いたいときに会えない事や不安に思ってしまう事が多いですよね。 しかし、寂...

30代実家暮らしの女性に多い特徴と新しい恋愛を始める方法

30代でも実家暮らしをしている女性はたくさんいます。職場に近いから一人暮らしをする必要がないという方...

男友達と同じベッドで寝たのに何もない!男性心理と注意点

片思い中の男友達との関係が進展することを期待して同じベッドで寝たのに、男友達との間には何もないま...

話し方がゆっくりな女性が男性にモテる理由とゆっくり話すコツ

早口で話す女性と、ゆっくりと話す女性。男性から見ると、ゆっくりと話す女性の方が好きという男性が多いよ...

台湾人男性の恋愛の特徴と上手く付き合うためのコツ

恋愛において台湾人男性と日本人男性は全く違います。 台湾人男性はべストレートに自分の気持ちを表現し...

スペイン人男性の特徴と恋愛観について。日本の恋愛との違い

スペイン人の男性は、日本人男性と比べて彫りの深い顔立ちで、大きな目元も印象的です。そんなスペイン人の...

スポンサーリンク

彼氏に冷めたかどうかの診断はスキンシップが重要な判断方法

付き合いが長くなると、交際当初のドキドキした気持ちがなくなり落ち着いた関係になるものです。最初のうちは彼と過ごす時がとても新鮮で一緒にいると周囲の景色がキラキラして見えたり、メールやSNSのやりとりをして返信が来ると胸がときめいたものでしょう。

付き合い当初の彼氏への気持ちがずっと続くカップルは皆無

だからといって相手を好きでなくなる訳ではありません。

交際期間が長くなると相手に対する気持ちが落ち着く

長く交際を続けて気持ちが落ち着いたのか、彼氏に対する気持ちが冷めてしまったのかを診断するためにはスキンシップを不快と思わないかで判断することができます。

彼に触れたり触れられることに不快感を感じる場合には異性としての愛情が冷めてしまった可能性が高いでしょう。

女性は好きではない男性に触れたいと思わず、触れられると嫌悪感を感じる

彼氏に触れられて嫌悪感を感じる場合には気持ちが冷めたと考えてもよいでしょう。
彼氏に触れたり触れられてもドキドキしないけれども不快でもないという場合には、関係が落ち着いたと考えられます。

彼氏に冷めたのか?診断のポイントはやってあげたい気持ち

人は好きな人の役にたちたいと思うもの

好きな人が自分の行いによって助かったり喜んでもらえると、自分も嬉しくなるものです。

そのため彼氏のために何かをやってあげたいと思い、実際によくやってあげているという場合にはよい愛情関係が保たれていると考えられます。

彼氏のためにご飯を作るなど何かをしてあげるのが当たり前になっていて、そのことに不満を感じていない場合には彼に対する愛情があると考えてよいでしょう。

自分でも自分の本当の気持ちというのは分からない時がある

長く付き合っていると一緒にいて相手のために何かしてあげるのが当たり前になっている場合が多くあります。
愛情が冷めると一緒にいて不満が色々と生じるものですが、一緒にいて特別不満を感じないということはとても二人の関係が良好であると考えて良いでしょう。

そのような相手とは結婚生活も同じ様にうまく続けることができると考えられます。

冷めたと診断するのは軽率!結婚前に起こるマリッジブルーについて

長く付き合っていると彼氏への気持ちが冷めたように感じる女性は多いでしょう。特に彼の方から結婚を匂わせてきた場合には、結婚を意識してマリッジブルーになり彼との関係に疑問を感じるようになる女性は多いのです。

結婚は人生の中で一大行事、まさに人生を変えるような出来事

今までの自分の人生が変わってしまうことに不安を感じて結婚する事に抵抗を感じたり、結婚相手が本当に彼で良いのかどうかと迷いを感じる女性はたくさんいます。

彼氏と長い間落ち着いた交際を続けてきたけれども結婚を意識しはじめたときに、彼氏と結婚してしまってよいのかどうか、自分は本当に彼氏のことを愛しているのかどうかと迷うことは珍しい事ではありません
多くの女性がこのようなマリッジブルーを経験して結婚しているのです。

付き合って3年が経つと冷めたような気持ちになるのには理由があった

よく「3年目の浮気。交際してから3年目に危機が来る。」などと言われることがあります。

恋愛ホルモンが関係しているという説がある

恋愛ホルモンは交際間もないうちは多く分泌されますが、3年経つと分泌されなくなるというものです。

何事も最初は新鮮ですが時の経過と共に慣れて普通になるもの

3年も経過すると交際当初の新鮮さが無くなり慣れるのは当然のことで、交際当初と比較すると気持ちが冷めるのも当たり前のことなのです。

新鮮な気持ちはなくなっても、その分相手への信頼感などが育ち安定した関係になる

交際当初は相手の気持ちが分からずにやきもきしたり不安になるようなことがあっても、付き合いが長くなると相手の人柄が分かり信頼して不安になる事もなくなります。
このように気持ちが冷めたように思われても、別な良い感情が育っているものです。

味噌が発酵して熟成して美味しくなるように、恋愛関係も熟成してよいものになるのです。

彼氏と付き合った頃のようなドキドキを取り戻す方法

彼氏との付き合いが長くなり気持ちが冷めたような関係になってしまっている場合には、交際当初の気持ちを思い出してドキドキを取り戻しましょう。

交際することになった時までの流れを物語にして書いてみる

男性と女性が付き合い始めるまでにはお互いの気持ちが分からなくて不安になったり、メールの返信が来てウキウキしたり、デートをしてドキドキしたりと様々な気持ちが渦巻くものです。その頃の気持ちを思い出すと、そんな新鮮な時期もあったものだと懐かしく思うことでしょう。

自分たちが交際に至った流れを物語にして書いてみましょう。

書くとなるとかなり詳細な部分まで記憶が蘇り、彼氏と付き合い始めた頃のドキドキした気持ちや嬉しい気持ちが鮮明に蘇る事でしょう。

気合いの入った料理を作ったり贈り物をする

普段は作る事の無いような気合の入った料理を作ったり贈り物をすると、彼は驚き彼女への愛情を再認識するでしょう。

彼のそんな想いが見て取れると、彼氏への愛情が蘇りドキドキする場合があります。
いつもしていない事をするのがポイントです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688