【結婚式の洋服マナー】女性ゲストの洋服選びのマナーと注意点

結婚式に招待された時には、どのような服装で出席すれば良いのかとお悩みの方も多いと思います。結婚式という大切な場所では、どのような服装が相応しいのでしょうか?
そこで、女性ゲストのための、結婚式での洋服の選び方や、マナーについてご紹介します。フォーマルな場所には、さまざまなマナーもあります。社会人として恥ずかしくないために、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

出張の多い彼氏との付き合い方とは?向き合い方について

出張の多い彼氏だと、会いたいときに会えない事や不安に思ってしまう事が多いですよね。しかし、寂...

子供好きな男性が見せる特徴や性格、子供好きかどうかの判断基準

子供好きな男性は、女性から見ても良いイメージを持つ方が多いと思います。そんな子供好きな男性と、付き合...

メンヘラ彼氏とは?特徴と上手な付き合い方について

良く耳にするようになった造語の一つに「メンヘラ」があります。自分がお付き合いしている人のことを「...

彼氏から連絡ないと不安な女性へ上手な遠距離恋愛との付き合い方

遠距離の彼氏から、連絡ないことで不安になっている女性はいませんか?連絡がこないことが不安で、スマ...

3回目のデートに誘われない!その理由について

気になる男性とのデートは心踊る気分ですよね。1回目、2回目と順調にデートを重ねていたら、3回目も...

彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法と考え方

彼氏の元カノに嫉妬していませんか?もうとっくに別れているのに、なぜか気になる元カノの存在。彼...

独身で寂しいと感じているアラフォー女性が考えるべきこと

普段は仕事に忙しいキャリアウーマンでも、マイペースに仕事をこなし趣味を充実させている方でも、独身で一...

彼氏が本当に自分のことが好きなのか不安な人が知っておくこと

お付き合いは、お互いが好きだから出来ることだとはわかっていても、自分だけが彼氏のことが好きで、彼氏は...

彼氏が自分の気持ちを分かってくれないと感じた時の対処法

彼氏が自分の気持ちを分かってくれないと、イライラしている女性はいませんか?あまりに自分のことを理解し...

彼氏がいる女性の特徴!社会人女性が素敵な彼氏を作る方法

自分にはなかなか彼氏ができないのに、なぜか恋人が途切れない女性がいることを疑問に感じている人もいるの...

好きと言わない彼氏の心理・好きと言ってほしいときの対処法

付き合っている彼氏が「好き」と言わない事に寂しさを感じている人もいるのではないでしょうか。言葉での愛...

40代後半男性の恋愛観と好きな女性のタイプ・アプローチ方法

40代後半の男性に片思いをしている女性の中には、彼との年の差を気にしてなかなかアプローチができない人...

四十代の女性が恋愛を成功させるコツやポイントを紹介

四十代女性の恋愛事情とは?二十代や三十代のように恋愛に対して前向きになれなくなってくる四十代...

彼氏からメールが返ってこないのは意外と単純なことが理由だった

付き合っている彼氏からメールが返ってこない。と悩んだ経験のある女性は少なくありません。男性がこの...

男性の心理を知りたい!告白を決意するときやタイミング

男性が告白をしたいと思うのはどんな心理のときなのでしょうか。男性はただ好きという気持ちだけで告白する...

スポンサーリンク

結婚式での洋服のマナー、白は避けるのが無難

結婚式はどんな服にしようかと考えるのも楽しみのひとつですよね。普段とは違うおしゃれができる機会なので、自分らしい華やかな服装をしたいとワクワクする人もいるでしょう。

ですが、結婚式では自分の好きな服を自由に着ていいというわけではありません。結婚式の服装にはマナーがあります。

結婚式はおめでたい華やかな場ではあります。ゲストの服装もお祝いの場にふさわしく、明るくキレイな色を選びたくなりますよね。

結婚式の服装で気をつけたい色

花嫁の着るウェディングドレスは白色をしていますよね。

白は花嫁の色

結婚式のゲストは白色の服を着ることはマナー違反となります。
白い生地というだけでなく、小さな模様が入っていて遠くから見たら白に見える服も白と一緒です。

白に近いベージュも避けてください。白は花嫁さんが着る色なので、この日ぐらいは主役に譲るようにしてください。

露出は控える

結婚式はパーティーのようなイメージがありますが、肌の露出が多い服もまたよくありません。肩が大きく開いたトップス、短い丈のスカートは結婚式ではマナー違反になります。肌を覆っていても生地が薄くて透けて見えてしまうのもよくありません。

結婚式はフォーマルな服装をします。肌の露出が多い服は下品になり、フォーマル感に欠けてしまいます。

結婚式のマナーで覚えておきたいNGな洋服や素材

結婚式の服装は素材にも注意が必要

結婚式ではタブーと考えられている素材があります。レザーやファーのような動物素材は結婚式にはふさわしくありません。

布製の服やバッグであっても部分的にファーが使われているデザインも多いです。細かい部分にも配慮して選ぶようにしましょう。

派手になりすぎないようにも注意してください。

パーティードレスには派手な色柄や肌を出すデザインのものも多いです。

服装で花嫁やよりも目立つ必要はありません。どんなに派手なデザインが好きでも、結婚式の主役は花嫁であることを忘れないでおきましょう。

華やかでゴージャスな服装だとで褒める人なんていません。場違いな印象が残るだけです。

シンプルなワンピースやスーツであっても、ミニ丈のスカートや胸元が大きくあいたデザインもよくありません。結婚式では椅子に座って食事をしますので、短い丈のスカートなら座るとさらに足が露出してしまいます。また食べるときやかかんだ時に胸元が見えないことにも気をつけてください。

アクセサリーも結婚式の洋服に相応しいものを選んで

アクセサリーで気をつけたいのが、ついついたくさんつけすぎてしまうことです。結婚式の華やかな服装にはアクセサリーもゴージャスにしたくなりますが、派手で下品な印象になる場合も多いです。

服装が華やかなので、アクセサリーは少し控えめくらいが丁度良い

おすすめなのがパールや小粒のダイヤモンドです。パールは服装を上品に見せてくれ、女性らしさを引き立てることができます。
ダイヤモンドは輝きが素晴らしく、小さなものでも十分な存在感があります。

ゴールドのアクセサリーも結婚式には良いですが、つけすぎるたりデザインによっては下品に見せてしまうことがありますので気をつけてください。

シルバーのアクセサリーはカジュアルなイメージが強くなります。

また、アクセサリーにも季節感や普段向けといったものがあります。結婚式にはふさわしくありませんので、服装や季節に合わせて上手に選んでください。

靴やストッキングなど足元のマナーも忘れずに

結婚式の服装には肌に近いベージュのストッキングを合わせてください。ワンポイントや目立たない柄なら問題ありませんが、網タイツや派手な模様が入ったもの、カラータイツはフォーマルにはふさわしくありません。せっかく結婚式用にと選んだ服なのに、ストッキング次第では下品な印象にしてしまいます。

薄手のベージュのストッキングが基本だと思ってください。

どんなに暑い時期であっても結婚式に素足でてはいけません

素足は若々しくフレッシュな印象があり、肌に自信があったとしても素足はマナー違反になります。冬の厚地のタイツもまた野暮ったくて見た目を悪くしてしまいます。

結婚式に履く靴はヒールのあるパンプスを選んでください

結婚式の服に合わせて色がデザインを選びます。ヒールは5~7センチくらいが一番足をキレイに見せてくれます。高めのヒールに慣れていない人なら3センチくらいを選んでみてください。ヒールが高いと歩きにくくなり足を痛めてしまう可能性もあります。

夏に履くサンダルのようなつま先が出ているものやかかとが出るミュール、冬のブーツは結婚式では履いてはいけません。

悪天候などで結婚式会場までの行き帰りが心配な場合は、結婚式で履く靴を持参するようにしましょう。

結婚式のご祝儀は袱紗に包むのがスマート

結婚式にはご祝儀を持ちますが、このご祝儀は袱紗に包んでからバッグの中に入れます。

袱紗は大切なご祝儀が汚れたりしないようにするためのものなので、ご祝儀袋をそのまま持ってしまうと相手に失礼という感じも受けます。袱紗はご祝儀だけでなく香典のような不祝儀を持っていくときにも使います。

社会人にもなると袱紗を使う機会はたくさんありますので、袱紗を持っていないという人はこの機会に用意しておくと良いでしょう。

袱紗の種類

色やデザインによって結婚式で使えるもの、またはお葬式用に分けられています。

結婚式のようなおめでたい場で使う袱紗は暖色系の色です。赤やピンク、オレンジといった明るい色の袱紗を使ってください。

黒やグレー、紺のような重たい色の袱紗はお葬式用になります。
袱紗のかわりにハンカチや風呂敷を使う場合も色や柄に気をつけてください。結婚式らしい明るい色を選んで使いましょう。

新しく袱紗を購入するのなら紫色の袱紗がおすすめです。慶事と弔事のどちらにも使うことができます。紫のなかでも薄い紫色は慶事用になりますので、濃い紫色を選んでください。

ご祝儀は袱紗に入れて持ち、ご祝儀を渡す前に袱紗から取り出してください。ご祝儀の向きを相手に合わせてから、差し出します。

結婚式に出席するときは服装だけでなく、結婚式のマナーもおさえておくようにしましょう。