忙しい彼氏との遠距離恋愛を長続きさせて幸せな未来を築こう

仕事が忙しい彼氏と遠距離恋愛をいている女性の中には、彼に会えないことや連絡頻度で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

彼のことを考えると、自分の気持ばかりを押し付けるわけにもいきません。

ここでは、仕事が忙しい彼氏との遠距離恋愛を長続きさせるコツについてお伝えします。
彼氏の状況や自分の気持ちを考えて、二人にとってより良い選択ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏の元カノに嫉妬してしまう時の対処法と考え方

彼氏の元カノに嫉妬していませんか?もうとっくに別れているのに、なぜか気になる元カノの存在。彼...

実家暮らしの男性に多い特徴とメリット・デメリット

社会人になったある程度の年齢の男性が、実家暮らしと聞くと、ネガティブな印象を持つ方も多いと思います。...

彼氏が欲しい!なのにできない女性の特徴と対策についてご紹介

彼氏が欲しいと考えて、すぐにできる人と、できない人がいます。この両者にはどういった違いがあるの...

彼氏に依存しないようにする方法や自立するコツを紹介

彼氏に依存をしないようにする方法ではどんな事をしたらいいのでしょうか。考えないようにすればするほど深...

職場の上司と恋愛するのは難しい?上司を好きになってしまったら

職場の上司を好きになり、恋愛感情を抱いてしまうこともあるでしょう。上司は部下である自分のことをど...

繰り返してしまう浮気。やめられない女に潜んでいる理由

男女問わず、つい浮気をしてしまったという経験を持つ人はいます。浮気をしてしまった罪悪感から、もう...

もう恋愛なんてしないと感じる女性の心理と心の休ませ方

「もう恋愛なんてしない…」そう思っている女性もいるでしょう。その原因は、きっと何か辛かった理由が...

紹介された男性に会う!第一印象や言動に注意しその後に繋げよう

初デートで最も大切なのは第一印象である。人は第一印象が悪いと自然と距離を置こうとしてしまいます。...

アプローチをしない男性心理!恋を進展させない彼の心を覗こう

好きな男性がまったく自分にアプローチをしてこないのは一体なぜなのか、もやもやを感じながら片思いをして...

シングルマザーの再婚は子供の苗字について慎重に考えるべき

シングルマザーが再婚相手と婚姻届を提出しても子供の苗字はそのままです。そのため子供の苗字をどうす...

30代バツイチ女性に対する男性のイメージとバツイチ女性の魅力

30代のバツイチ女性はたくさんいますが、一度失敗してしまったという理由から、なかなか新しい恋に踏み出...

片思いから抜け出したい!想いを成就させる方法

片思いをしていると両思いになりたいと願うものですよね。そのためにはまずは自分という存在に気づいて...

女の浮気がバレる原因!浮気は本当に大切な人を失う可能性がある

本命彼氏の他に浮気相手がいる女性の中には、自分の浮気が彼氏にバレて修羅場を迎えている人もいるので...

恋愛でいつも「重い」と言われる女性の特徴

恋愛をする時に一途なのは良いことですが、それが度を超えると「重い」と言われてしまうこともあります。...

彼氏とのデートがつまらないと感じる原因や対処法について

街を歩くカップルを見ると、ほとんどが幸せそうに歩いているように見えます。しかし、世の中のカッ...

スポンサーリンク

仕事が忙しい遠距離恋愛の彼氏への連絡頻度

遠距離恋愛中は頻繁に彼氏に会えない分、どうしても電話はメールでのコンタクトになってしまいます。

遠距離恋愛中はただ、寂しい、会いたいからといって1日のうちに何度も連絡するのは良くないことです。

そばにいないので彼氏が忙しいのか、どうなのかもわからないでしょう。
特に電話となると、仕事中や通勤中、飲み会の最中など相手が今どのような状態なのかわからないので避けなくてはいけなく、嫌がられるリスクが高いです。

そうなると電話よりも時間を気にせずに出来るのがメールです。

それでは、1日の中で何回メールを送るのが良いのでしょうか。
また、いつ送ると彼氏から返信がもらえるのでしょうか。

メールは友達から来たとしても、彼氏、彼女からだとしても、返信をすることで会話の成立になります。
しかし、仕事で忙しい中で何度も何度もメールのやりとりをしていたら、彼氏はどう思うでしょう。
たぶん「面倒くさい」と思われることは間違いないです。

普段なかなか会えない分、いっぱいメールをして気持ちを伝えたいのはわかりますが、面倒くさいと思われない1日1~2通で我慢しましょう。
1~2通であれば、彼氏から返信する負担にならないでしょうし、回数を決めたことによって、どうでも良いような内容のメールを送ることも防げます。

彼氏のライフスタイルに合わせたメールのタイミングを考えるのも必要です。

例えば、仕事に早朝出勤したり、定時で帰れる彼氏ならば、家に帰ってきて寝るまでの時間帯が一番ベストです。
気をつけることは、メールを見てもらえる時間帯を知ることです。
当然仕事中にはメールは見れないでしょうから、休憩時間などに見てもらえるかな?とか、通勤はいつも満員電車に乗るから、見れないかな?など、メールを見て返信ができる時間帯を考えてみましょう。

遠距離で忙しい彼氏に会えない!不安を拭ってお付き合いを続けるコツ

遠距離で、お互いに仕事が忙しいので会えるのは月に1回程度。
会えない不安が募るのは仕方がないことです。

遠距離をしている今の彼氏とずっと一緒に付き合っていきたいのであれば、いつくかのコツを覚えておきましょう。

お互いの仕事の休みが合わない方は多いと思います。
例え同じ土日に休みがあったとしても、他の用事が入っていたりするでしょう。
そんな時はどうしても1日中一緒にいなくてはいけないという気持ちを捨ててみることです。

  • お互いの住んでいる街の中間地点で1~2時間ランチする時間を作る。
  • もしくは、思い切って有給を取って彼氏の住んでいる所へ行くなど、不安に思い続けてマイナスな気持ちになるくらいなら、自分ができる最適な時間を作るようにしましょう。

また、1ヶ月に1回くらいしか会えないのですから、彼氏が嫌な思いをするような話題はやめましょう。
特に普段はお互いの行動はわからないのですから、ムダに不安感を煽るだけになってしまいます。
そのような行動も言動もやめましょう。

私も過去に遠距離恋愛を経験しましたが、会社の同僚数名とスキーへ行く予定だったのが当日になり私ともう一人の男性の同僚以外はインフルエンザにかかり、2人だけでスキーに行ってしまったことがありました。
事前にスキーに行くことは彼氏に伝えていてので、後日「スキーどうだった?」と聞かれて、そのままの事実を話してしまいケンカになってしまいました。
後ろめたいことは無くても、相手が嫌がるような話題はやめようと思いました。
特に普段はお互いの行動はわからないのですから、ムダに不安感を煽るだけになってしまいます。

そして、遠距離となると会うときに、交通費がかかってしまうのは仕方の無いことですが、例えば彼氏が車を持っているからいつも来てもらうのでは相手に時間もお金の負担をかけてばかりになります。
また、一緒に旅行に行っても宿泊費を出してもらったり、ずっと運転をしてもらったり、片方だけに負担がかかるのは長続きしません。
どんな負担も2人で半分この気持ちを持ちましょう。

忙しい彼氏が遠距離恋愛の彼女に求めること

会えなくて寂しいと思っているのは彼氏も同じです。
自分だけが寂しい思いをしていると思うのは間違いです。
彼氏が仕事で忙しいのがわかっているのであれば、会いたい、寂しいと常に訴えるのはやめましょう。

彼氏は、自分の忙しい状況を理解してくれる彼女を求めています。

彼氏に少しでも暇な時間ができたら、自分の為に時間を使って欲しいと言ってみたりしていませんか?
忙しくて疲れているときに束縛されたり、わがままばかり言うのは彼氏気持ちが離れてしまう原因になります。

彼氏が忙しいのならば、私は友達と遊ぼうくらいに気持ちの余裕のある人になりましょう。

遠距離の彼氏に会いたい気持ちが抑えられないときの対処法

どうしても会いたくなってしまった時は、とりあえずどこまで我慢できるのか考えて見ましょう。
どうしてこんなに会いたくなるのか、理由を考えてみてください。
その理由が話がしたい、遊びたいなど他の事で解決できるなら、我慢です。

もしくは、次に会う予定の日を決めて、具体的に何をするのか、どこへ行くのか、何を食べるのかを考えてみましょう。
楽しいことを考えてる時は、今会いたいという気持ちよりも、次に会うときの楽しい出来事に気持ちをそらす事ができるでしょう。

そして、会えない時間は自分を成長させると考えてみるのもおすすめです。
1ヶ月中に自分自身に使える時間は大半を占めているのですから、次に彼氏に会ったときに、ますます綺麗になったと思わせましょう。
もしくは、料理に磨きをかけて、胃袋をがっちり掴むのも良いでしょう。

遠距離恋愛を乗り越えて彼と幸せな未来を築こう

遠距離恋愛は、会えない分やはり、他の恋愛よりも続けるのが厳しいとは思います。
その分、お互いの負担が大きくなるのも事実です。
でも、今の彼氏との未来を考えているのであれば、なんとかこの苦難を乗り越えて将来的には結婚できたら幸せです。

そのためには、日頃の電話やメールを気をつけたり、やっと会えた時も短い時間でも楽しく過ごせるようにしましょう。
たまにしか会えないのですから、逆に新鮮な気持ちで会える位の気持ちで付き合っていきましょう。