結婚式に贈るお祝いの言葉のマナーや書き方のコツについて

結婚式の知らせを受け取ったらお返事と一緒にお祝いの言葉も贈るのがおすすめです。
しかし、いざ書こうと思うと意外と筆が止まってしまうものですよね。
ここでは、お祝いの言葉を贈る時のマナーや、シチュエ-ション別の書き方のコツをご紹介します。
また、センスが光るお祝いの言葉にする方法もご紹介します。
ありきたりなお祝いの言葉では物足りない人は、ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モラハラをする男性の特徴や、対処方法などについてご紹介

みなさんは「モラハラ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。 時々耳にはするけど、どういった...

癒し系の女子になるには、その特徴をしっかり掴もう

男性が好む女性にはさまざまなタイプがいますが、特に人気が高いのは癒し系の女子です。 もし、自分自身...

結婚祝いで商品券を贈りたい時の送り方とポイント

結婚祝いとして商品券を贈りたいけどどんな送り方があるの?今回はそんな悩みについてご紹介します。 結...

旦那がモテるから不安そんな心配な気持ちを和らげる方法

旦那がモテるタイプの人間だと妻としては不安になってしまいます。他人に優しい、気遣いができるところ...

両思いが確定するタイミングとは?きっかけやサインを紹介

両思いが確定しているとわかっていれば、もう少し自分から行動に移せるのにとモヤモヤしたことはありま...

既婚男性を落とす方法はあるけれど、それに伴うリスクもある

既婚の男性に恋をしてしまう女性は多いです。 なぜなら独身女性からすると既婚男性は魅力的な部分が多い...

恋愛しない男性に多い特徴と彼を振り向かせるための秘訣

好きになった男性が、あまり恋愛をしないタイプの男性ということもあると思います。恋愛にあまりにガツガツ...

出会いがない社会人女性が出会える場所と男にモテる女の心得

長い間彼氏がおらず、なかなか出会いがないことに頭を悩ませている女性もいるのではないでしょうか。 ...

高学歴の男性が好きなタイプや結婚相手として選ぶ女性

高い学歴の男性はどんな女性が好きなのでしょうか。好きなタイプは人それぞれですが高学歴の男性の特徴から...

彼氏がメールを返さないのは彼氏なりの理由がある

社会人1年目はとにかく忙しいです。 早く仕事を覚えようと、会社に慣れようと必死な時期です。 メー...

「なんか辛い」は恋愛している証拠!辛い気持ちの原因と対処法

大好きな人とお付き合いをしているのに、「なんか辛い」と感じることがあります。大好きな彼と幸せな恋愛が...

子持ちバツイチ女性でも恋愛は出来る!子供と自分の幸せのために

バツイチで子持ちの女性は、子供はいるけれど独身という微妙な立場に置かれるので複雑な心境ですよね。 ...

40代後半男性の恋愛観と好きな女性のタイプ・アプローチ方法

40代後半の男性に片思いをしている女性の中には、彼との年の差を気にしてなかなかアプローチができない人...

告白の返事が「ありがとう」だけ!その意味について

勇気を出して告白した返事が「ありがとう」だけだっら、OKなのかダメだったのかわからずにモヤモヤしてし...

彼氏の浮気が許せない心理と浮気を許す方法!別れを選ばない時は

彼氏が浮気をしたら、とても悲しくて苦しい気持ちを抱えてしまうことになります。相手のことが好きであれば...

スポンサーリンク

結婚式にメッセージを贈る時の言葉のマナーについて

メッセージを贈る前に、必ずチェックしておきたいマナーがいくつかあります。

日常生活で何気なく使っている言葉の中にマナー違反となる言葉があったり、文章の書き方も注意しましょう。

「忌み言葉」「重ね言葉」は避ける

まずは、結婚祝いのメッセージに絶対に使ってはいけない、忌み言葉と重ね言葉です。
この言葉は離婚や再婚を想像させるとされていますので使うのはやめましょう。

忌み言葉
別れる、切る、終わる、消える、離れる、流れるなどがあります。
重ね言葉
またまた、ますます、繰り返し、次々、いよいよなど。
普段文章を書く時に使ってしまっている言葉が沢山あると思います。

また、普通文章を作るときには句読点を使うと思います。
「、」「。」です。

これらの記号は、意味合いとして区切りや終わりなどと思われてしまうために使わないのがマナーです。

しかし、句読点を入れないと、文章が繋がってしまって、とても読みにくいメッセージになってしまいます。
そんな時は文章内を区切る時にスペースを空けて書きましょう。

そしてメッセージを書く時には個性をだしたり、心に残るものにしたいとカラフルなペンなどを使いたくなってしまうかもしれませんが、インクの色は黒、もしくは紺色にしましょう。
また、万年筆や筆ペンを持っているのならそちらを使いましょう。

メッセージを贈る時に二つ折りのカードを使うことが多いと思いますが、その時は横開きのカードの場合は右側、縦開きのカードは下側にメッセージを書くことをおすすめします。

結婚式に参加できなかったときに贈るお祝いの言葉のコツについて

もしも、都合が付かなくて結婚式に参加が出来ない時には、欠席をしてしまうお詫びと、結婚式に参加をしたかった気持ちを書くようにして結婚する2人へのお祝いのメッセージを書きます。

お詫びの言葉

  • 「お招きいただいたのに」
  • 「お誘いいただいたのに」

などの言葉の後に

  • 「式に出席できずに申し訳ありません」
  • 「2人の晴れ姿を見ることが出来ずに残念です」

など、結婚式に参加したい気持ちでいっぱいなのに欠席してしまうことへのごめんなさいという気持ちと残念な気持ちを伝えることが大切です。

2人へのお祝いのメッセージも必ず盛り込む

  • 「結婚式が素敵なものになりますように」
  • 「末永くお幸せでありますように」

など、結婚式に参加はできなくても、お祝いする気持ちが沢山あることを伝えましょう。

友人や同僚の結婚式でお祝いの言葉を贈る時のコツについて

仲の良い友人や同僚などへメッセージを贈るときには、心からお祝いしているという気持ちが伝わるような内容、書き方が大切です。

一番嬉しい言葉は「おめでとう」

メッセージの最初に「おめでとう」という言葉を少し大きめに書くのことも、祝福の気持ちを伝える書き方としては有効でしょう。
また、ビジネス文書の様にならないように言葉遣いは丁寧でも優しさを感じられるようにします。

字を書くのが得意ではなくても、一生懸命頑張って書いてくれた字というものは相手にわかるものです。
手書きのメッセージというのは貰った側はうれしいものです。

そして、メッセージの内容は、親友であれば、楽しかった思い出など、同僚であれば、一緒に苦労して成功させた仕事などのエピソードを盛り込むと良いでしょう。

また、新郎に対しても一言メッセージを添えると、新婚の2人にとってはうれしいメッセージになるでしょう。
その時は新郎の名前を呼びかけるように書くことがコツです。

上司や先輩、部下や後輩の結婚式でお祝いの言葉を贈る時のコツについて

上司や先輩など、自分よりも年上か、会社での立場が上の人に対して、または部下や後輩へメッセージを贈るときには、ポイントをおさえて書くようにしましょう。

上司や先輩へのメッセージには、日頃からお世話になっていう気持ちを伝える

先輩ならば、部活で色々教えてもらったことや、上司ならば、新入社員の頃に沢山仕事のミスをカバーしてもらったなどが良いでしょう。

また、上司や先輩は、後輩から慕われているということをうれしく思います。
普段はそんな事を言えなくても、憧れていることや尊敬していることを伝えて見るのも一つの手です。

部下や後輩へのメッセージには、いつも先輩や上司として見守ってきたことを伝えましょう。
得に頑張る姿勢や、性格などの長所を褒めてあげるようにします。

そして、小さい頃から知っている後輩や新入社員の頃から見てきた部下などには、このような晴れ姿が見れたことへの喜びを伝えましょう。
ただし、自分の立場が上司や先輩だからといって上から目線になってしまったり、説教のような文章にならないように気をつけましょう。

結婚式でセンスが光るお祝いの言葉を贈りたいにおすすめの方法

丁寧で優しさの伝わるお祝いの言葉は素敵ですが、一味違う言葉を使ってメッセージを贈りたいと思う方は、以下の方法を取り入れて見てください。

一番わかりやすいのが、CMで流れているキャッチコピーを使ってみること

前向きで幸せになれそうなキャッチコピーが多いので取り入れやすいでしょう。
旅行会社や車、鉄道などのCMはこれからスタートする意味合いを込めたキャッチコピーが多いのでおすすめです。

また、少し格好をつけて英語を使ってみるのも良いでしょう。
「HappyWedding」などが有名でしょうが、洋楽などには使えるフレーズが沢山ありますので参考にしてみましょう。

英語を盛り込む場合には最初に英語を入れるのも良いですが、最後に伝えるメッセージとして使うと言葉が強く感じます。
そして、すこしお茶目さが出るような言葉も使ってみましょう。
新郎のことを「白馬の王子様」と表現したり、新婦のおいしい朝ごはんを新郎に独り占めされるのは寂しいなど、本気ではないけれど、嘘ではないようなユーモアを入れてみるのも良いです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688