恋愛のさまざまな場面での男性の本音を知りたい

恋愛をする時は、どんな時でも楽しいわけではありません。
女性にとって楽しくても、男性にとっては楽しくないこともありますし、もちろんその逆の場合もあります。
ここでは、恋愛におけるさまざまな場面での男性の本音をいくつか例としてご紹介しますので、今付き合っている彼氏とこれからも仲良くしたい人や、これから彼氏を作る上で付き合い方を学びたいという人は、ご一読のうえ、お付き合いの参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

出会いがない社会人女性が出会える場所と男にモテる女の心得

長い間彼氏がおらず、なかなか出会いがないことに頭を悩ませている女性もいるのではないでしょうか。...

浮気する男の心理!結婚前の浮気の理由と許す方法・浮気の予防策

お付き合いしている男性との結婚が決まり、結婚式の準備をしていたのもつかの間、彼氏の浮気が発覚してしま...

もしかして?浮気する男性の心理と取り戻す方法

彼氏からの連絡頻度が急に減ったり妙にオシャレに気を使うようなったりすると、「もしかして浮気している?...

彼氏からメールが返ってこないのは意外と単純なことが理由だった

付き合っている彼氏からメールが返ってこない。と悩んだ経験のある女性は少なくありません。男性がこの...

しつこいアプローチをしてくる男に無視以外の撃退方法はあるのか

何事においても、しつこい男性を好む女性はいません。こちらとしては興味もなく、関わりたくもないのに...

合コンではおとなしい女性ほど好感度が高い合コン必勝法

合コンでは控えめでおとなしい女性のほうがモテるのはどうしてでしょうか。場の雰囲気を一生懸命盛...

【結婚式の洋服マナー】女性ゲストの洋服選びのマナーと注意点

結婚式に招待された時には、どのような服装で出席すれば良いのかとお悩みの方も多いと思います。結...

男性が自分の写真を女性に送る時に隠されている心理と対処方法

友達とは気軽な気持ちで、メールやLINEなどで写真を送り合うことが多いですが、送られてきた相手が男性...

男性が浮気をするのはなぜなのか、傾向と対策を知ろう

男性は浮気をしやすい生き物だという人がいますが、それはなぜなのでしょうか。もちろんすべての男...

彼氏から会いたくないと言われた時に出来ること

好き同士で付き合うことが出来ても、すべてのカップルが上手くいくわけではありません。中には彼氏から...

彼氏が欲しい理由とタイミング。こんな瞬間に寂しさを感じる

彼氏がいない女性の中には「彼氏が欲しい」と感じている方も多いと思います。日常の中でも、ふとした瞬間に...

好きな人との会話から脈ありかを判断する方法

好きな人がいて片思いしていると、相手が自分をどう思っているのか気になるものですよね。実は普段の会...

職場の先輩と恋愛関係になりたい!男性心理とアプローチ方法

職場の先輩に恋愛感情を抱いてしまうというのは、よくある話です。テキパキと仕事をこなす男性の姿は魅...

彼氏が仕事でいつも忙しい。好きだけど別れたい

以前は頻繁に会えていても、彼氏が仕事で忙しい時期になったり、またはそういったポジションに配属され、会...

職場の男性に片思い!恋愛相談は誰にする?相手の選び方と注意点

片思いをしている時は恋の悩みを抱えやすいものです。誰かに話しを聞いてもらいたくなることもあるのではな...

スポンサーリンク

恋愛で気をつけたい男性がデートで考えている本音

2人で楽しんだり、お互いをもっと好きになれるはずにデートですが、自分では楽しいと思っていても、気付かぬうちに男性の方は退屈だと思っていることがあります。

興味の無い、好きでもない場所でデートすることも退屈と思われている可能性がある

例えば、ふらっとお店に立ち寄って、友達へのプレゼントなどを選ぶときなどがあると思います。

自分ではそんなに時間が経っていないと思っていても、何件かお店を回ったり、あれこれと悩んだりしえいる間、男性は暇です。
彼女自身の服などを探しているのであれば、似合うものを一緒に探したり出来ますが、全く知らない友達へのプレゼント探しに費やす時間は無駄だと思っています。

また、SNSに写真を投稿するために、デートの場所を決めたりしていませんか?

男性も同じことをしているのであれば問題はないのでしょうが、写真を撮影した後にスマートフォンで画像加工などをせっせとやったりしていると、何のためにデートをしているのかわかりません。

そして、自分と仲の良い友達カップルとのグループデートなど提案する女性がいますが、彼氏にとっては2人で楽しみたいのであって、知らない友達と一緒に会話も楽しめないようなデートは勘弁して欲しいと思っています。

話題性だけを求めて、得に興味もない美術展やライブに行っても結局お互いに何も感じられないようなデートはムダです。
雑誌で有名だから、テレビで宣伝していたからというだけで場所を選ぶのも避けたいです。

恋愛に夢中なようで隠れている、男性が会いたい頻度の本音

女性は恋愛をすると四六時中そのことで頭がいっぱいになったり、いつも会いたいと思ってしまいます。
一方で男性側は同じ気持ちなのでしょうか。

男性側は仕事の状態、趣味の多さや、友達と会う頻度によって変わってくるようです。

男性が彼女と会いたいと思う回数

仕事が忙しい男性

数ヶ月に1回、もしくは半年に一回

毎日夜遅くまで仕事をし、休日出勤も当たり前、そんな男性は休みが少しでもあるなら体を休ませたいと思っています。
自分に精神的余裕があるときに会いたいと思っているタイプの男性です。

友達感覚の強い男性

月に1回、もしくは2ヶ月に1回

飲みに行く友達との回数と同じように考えている男性です。
特に放任主義の彼女と付き合っている人が多いです。

自分の趣味も楽しみたい男性

数週間に1回、もしくは1週間に1回

1ヶ月のうちに何回かは自分の趣味に没頭したい男性や、週末には疲れた気持ちを彼女に会うことで癒してほしいと思っている男性です。

寂しがりや、不安がる男性

1週間に3回、もしくは毎日

彼女中心の生活の男性、彼女がいつどこで何をしているのか不安になるタイプの男性です。

沢山会いたいと思っている男性でも、やはり、仕事などで忙しく思ったように会えないことも多いようです。

恋愛に効果抜群な男性が言われて嬉しい本音

彼氏と一緒にいる時、褒めたり、感謝したりしていますか?

実は男性は褒められるととてもうれしくて、もっと言って欲しいために努力する人が多いのです。

男性は「褒められると伸びるタイプ」

うまく褒めようとしても言葉がでてこなくても、「かっこいい」「イケメン」だねとストレートに言うのが一番伝わりやすいでしょう。
特に褒める所は無いと思っていても、必ずどこかに男性を喜ばせる場所があるはずです。

  • ドライブデートをしたなら、「運転うまいよね」
  • 髪を切ってきたら、「その髪型に合ってるよ」
  • パソコンの設定をしてもらったら、「頼りになるね」

など、してもらったことに対しての感謝の気持ちも含めて褒めると良いでしょう。

褒めようと思って、色々な言葉を詰め込んでしまっては伝わりにくくなります。
短めの一言でも褒めることで、男性は満足するのです。

男性が恋愛でも言われたくない、本音の言葉

女性はいつも自分の見た目や体型を気にしています。

言葉にしないだけで男性も体型を気にしている

例えば、自分が今ダイエットを頑張っていてなかなか成果がでなく焦っているときに、痩せている男性に対して「痩せてて良いな」と何気なく言ったとしてしたら、それは男性にとってはとても傷つく言葉になってしまう可能性があります。

なぜなら、男性は筋肉をつけたくて努力をしているのに、やせている体型を褒められても何もうれしくないからです。
たとえ草食系といわれる男性でも女性のことを守るために筋肉をつけてかっこいい自分でありたいと思っているのです。

収入の面での言葉も気をつけなくてはいけない話題

男性が自分より給料が安いなどの話題は特に慎重になる必要があります。
その話題に触れただけで見下されていると思われるからです。

「この給料で1ヶ月過ごせるの?」など、心配して言ってあげたとしても、それは男性にとっては馬鹿にされたと思われても仕方ありません。
自分が言われたくないことは男性も言われたくないです。
不器用ながらも少し褒められるとうれしいのが男性です。

男性が本音で語る、本気で結婚したくなる女性のタイプ

一般的に言われている、男性が結婚したい女性に求めるタイプの「家庭的な人」とは、具体的にどのような人でしょうか。

1番最初に思い浮かぶのが料理でしょう
次に掃除、洗濯など、結局は家事全般ができる女性を家庭的な人と言われるタイプを指しています。

収納の少ない部屋なのに部屋の中はいつもすっきしていたり、急にお腹が減った時に冷蔵庫の中にあるもので一品作れたり、着るものがいつも清潔であるなど、自分がなかなか出来ないことを女性に求めている男性が多いです。

ちなみに私の夫は家庭的な人よりも一緒に趣味を楽しんでくれる人が良いと私を選んだはずなのに、新婚早々、共働きで私も正社員として残業して帰ってきた後に「晩御飯どうするの?」と言われた一言で大喧嘩をしたことがあります。
結局、私の夫が求めることは家庭的である条件を満たした上で一緒に趣味を楽しむことなんだとその時思いました。

家庭的な所だけでは無く、一緒にいて楽しい居心地の良さのはもちろん、楽しむために頑張ってくれている女性にも男性は惹かれます。
疲れていたから、夕飯に胃に優しいものを作ってくれたなど、ちょっとした気遣いに居心地の良さを感じます。

そして、お金や、将来に対する考え方や価値観が同じ人と結婚したいと思っています。
貯金をするために子どもが産まれるまでは今の会社に勤めるなど、結婚した後の将来設計が同じ考えの女性と一生一緒にいたいと思っています。