アレンジメントした花を長持ちさせるコツとポイントを紹介します

フラワーアレンジメントの花を長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?

できるだけきれいな花を長く鑑賞したいですよね。長持ちさせるにはこのようなポイントがあります。どれも簡単にできることなのでぜひ試してみてください。

アレンジメントした花を置くのに向いている場所や、水のあげ方、長持ちさせるコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ケーキをカットする方法!きれいな断面にカットするコツと手順

お誕生日などでホールケーキをカットする時、断面がきれいならずケーキが潰れてしまったり、見た目が悪くな...

バイト面接時のメイクはナチュラルに!第一印象は大切

バイト面接時のメイクはどうすればいいのかな?と悩む女性が多いです。 メイク好きの人にとっては尚更で...

指輪の外し方のコツを紹介!簡単にできる方法や指のむくみ取り

指輪の外し方にはコツがあるんです。長い間指輪をつけたままにしていると、指がむくんで指輪が外せなくなっ...

出産した後の手続きの期日について、順番を決めて準備をしよう

出産の後にはいろいろと手続きが必要となります。受付期日が短いものもあるので、しっかりと確認をして忘れ...

モテる女性の特徴を知って、自分もモテる女になろう

モテる女性と聞くと、つい外見の良さばかりを考えてしまいますが、実はモテる女性の特徴はそれだけではあり...

プレゼントの値段を調べる理由と調べる際の注意点

あなたはプレゼントをもらった時、ネットなどで値段を調べることがありますか? 調べる派、調べない派で...

指輪の外し方で困った時に試したい、簡単にできる外し方

今回はいざという時に役立つ、指輪の簡単な外し方についてご紹介したいと思います。 結婚してから太って...

赤口の読み方と意味を解説!赤口にNGなことと対処法を紹介

カレンダーを見てみると「赤口」という文字が書かれていることがあります。この文字の読み方や意味は一体何...

赤ちゃん連れで結婚式に出席する場合の持っていきたい持ち物

赤ちゃんと一緒に結婚式に参加するという時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか? 基本はいつも...

足のむくみは、寝る前にこれをやって解消させよう

座り仕事や立ち仕事は、足がむくみがちです。 一晩寝ることで解消できれば良いのですが、疲れが溜まって...

お札の向きの正解は?神社で頂くお札の向きと置き方

神社で頂いたお札を家に置く時、お札の向きをちゃんと考えていますか? そこで今回は、お札の向き、置き...

花を1輪だけラッピングする方法!喜ばれる手作りプレゼント

花を1輪だけ手作りのラッピングプレゼントしたい。 花をラッピングをするときは、ラッピングの前にやる...

主婦の履歴書の書き方!アルバイトの志望動機について

アルバイト先を選ぶ時、何を重視しますか? 主婦の場合には、子供の保育園や幼稚園から近い場所を選んだ...

PC処分に初期化は必要だが完全にデータを消すことが最も大切

PCを処分する時は初期化にすることが大切です。 初期化する方法について詳しく説明しますので、まずは...

応募動機の正しい書き方を覚えてアルバイトに受かろう

アルバイトの応募をするにあたり、ほとんどは履歴書が必要になります。 履歴書には志望動機を書く欄があ...

スポンサーリンク

アレンジメントの花を長持ちさせるには置き場所が肝心

皆さんのお宅には、花を飾るのに適した場所はありますか?

せっかく貰ったフラワーアレンジメントも、置き場所次第ではすぐに枯れてしまうことも。

なるべくきれいなままでアレンジメントを楽しむには、置き場所に配慮することで、より長持ちさせることができます。

フラワーアレンジメントには通常の花束よりも短い切り花が使われているため、どうしてもきれいなままの状態で花を維持するのは難しいものです。

長持ちのポイントは直射日光を避けた涼しい場所に置くこと

昔から、玄関の靴箱の上に花を飾っているご家庭も多いですが、夏の暑い時期にはリビングのドアを開けて風通しを良くすることも重要です。

反対に冬場には暖房の熱で花がしおれやすくなりますので、やはり玄関などに飾っておいたほうが長持ちします。

しかし、花は明るい場所を好むため、玄関に日が入らず薄暗い場合は、室内の明るい場所に移してあげましょう。その際は、エアコンや扇風機の風が直接当たらないようにご注意を。

アレンジメントの花はお水のあげ方で長持ち度がアップ

アレンジメントに使われている花は、吸水スポンジと呼ばれる硬いスポンジに挿してあります。花瓶に生けた花の場合は水の入れ替えを行うことになりますが、アレンジメントの花はこのスポンジに水を吸わせることで、切り口から水を吸い上げて水分を取り込みます。

アレンジメントされた花への水やりの仕方

花屋さんで作られたあと、お客さんに手渡される際には、持ち運ぶことも考慮して、吸水スポンジに吸わせる水の量も少なめにしてありますので、まずは帰宅後すぐに水やりを行ってください。

その際はスポンジに水が染み込みやすいように、なるべくゆっくりと時間をかけて水を与えます。

吸水スポンジは、一度乾いてしまうとそれ以降は水を吸わないという特性がある

乾燥には注意する必要があります。

夏の暑い時期には毎日、それ以外の時期は2日に1回程度、花や葉っぱ全体に霧吹きで水を吹きかけつつ、スポンジが乾いていないかどうかも確認するのが、長持ちの秘訣です。

アレンジメントの花を長持ちさせる技を紹介

アレンジメントにはさまざまな花が使われていますので、種類によって枯れるタイミングはまちまちです。まだ元気に咲いている花があったとしても、枯れてしまった花をそのままにしておくことで、雑菌が増えやすくなりますので、発見した時点で取り除いておくようにしましょう。

他にも、アレンジメントの花を長持ちさせるには、このような方法もあります。

ご自宅にあるものを利用することで、花の鮮度を保つことができます。

身近なモノでできる花の雑菌対策

ちょっと意外かもしれませんが、水の中に氷を何個か入れて水温が上がるのを防ぐだけでも効果があります。

さらに、10円玉を直接水に浸けておいたり、台所用の漂白剤を垂らすだけでも同様の効果が期待できるでしょう。

お花を元気にするという意味では、糖分である砂糖を水に溶かすといった方法もあります。

鮮度保持液を利用すると長持ちする

市販の鮮度保持液は、花瓶に飾った切り花だけでなく、アレンジメントに使うことでお花を長持ちさせることができます。

自分がアレンジメントを贈る機会がある時には、こちらも一緒に付けてあげるとより喜ばれることでしょう。

どのくらい日持ちする?フラワーアレンジメントを楽しめる期間

花瓶に飾ることで、茎の状態や水質が目で見てわかりやすい花束と比べると、アレンジメントの場合は長持ちさせるのが難しいと言われています。

さらに、何のお手入れもしない状態だと、悲しいかな、あっとゆう間に枯れてしまうこともあります。

とくに日本の夏場のように、高温多湿な環境だと、花を挿してあるスポンジ自体が腐りやすいため、貰ってからわずか2~3日にうちにしおれてしまうことも。

そうならないためにも、室内の中でもなるべく気温の低い場所に置き、傷んだ花はその都度抜き取りましょう。

涼しい環境で適切にお手入れをしてあげれば、長くて一週間位はアレンジメントの花を楽しむこともできますが、花が少なくなってきた時点でスポンジから抜き取り、他の器に移し替えることによって、さまざまなアレンジで長く楽しむことも可能です。

どちらが長持ち?フラワーアレンジメントしたものと花束の違い

アレンジメントの中には、カゴなどの上に防水性の透明フィルムを敷き詰め、その上に直接吸水スポンジを乗せてあるケースもあります。

本来であれば、帰宅後すぐにフィルムを外して、別の容器に移し替えるべきなのですが、入院中のお見舞いなどでいただいたり、自宅に適当な器がない場合などは、そのままカゴに入れた状態で飾ることになります。

花をプレゼントする際に、花束とアレンジメントのどちらが良いかと言えば、それは相手の状況によって違ってきます。

先程のように、入院先でこまめに水換えができない場合や、一人暮らしで自宅に花瓶がないかもしれない人などに贈る際には、そのままでも飾ることができるアレンジメントのほうが向いているでしょう。

しかしやはり、花ができるだけ長持ちして欲しいというのでしたら、花束にして渡したほうが良いということになります。

どちらにせよ、贈った相手が喜んでくれるのが一番です。状況に合わせて相手のイメージに沿った素敵なお花を贈りたいものですね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688