出産した後の手続きの期日について、順番を決めて準備をしよう

出産の後にはいろいろと手続きが必要となります。受付期日が短いものもあるので、しっかりと確認をして忘れずに手続きを行いましょう。

ここではどのような手続きをするのか?期日が早い順番でご紹介をいたします。

産後は赤ちゃんのお世話もあり、バタバタしてしまいます。手続きの順番に合わせてリストを作って準備をしておくと、わかりやすく便利なのでおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金持ちになりたい女性に出来ること・お金を増やす仕組みと働き方

「金持ちになりたい」と野心を持って仕事をしている女性の中には、一体どうすれば金持ちになれるのか知りた...

バイト面接時のメイクはナチュラルに!第一印象は大切

バイト面接時のメイクはどうすればいいのかな?と悩む女性が多いです。メイク好きの人にとっては尚更で...

アレンジメントした花を長持ちさせるコツとポイントを紹介します

フラワーアレンジメントの花を長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?できるだけきれ...

主婦の履歴書の書き方!アルバイトの志望動機について

アルバイト先を選ぶ時、何を重視しますか?主婦の場合には、子供の保育園や幼稚園から近い場所を選んだ...

プレゼントの値段を調べる理由と調べる際の注意点

あなたはプレゼントをもらった時、ネットなどで値段を調べることがありますか?調べる派、調べない派で...

お札の向きの正解は?神社で頂くお札の向きと置き方

神社で頂いたお札を家に置く時、お札の向きをちゃんと考えていますか?そこで今回は、お札の向き、置き...

指輪の外し方のコツを紹介!簡単にできる方法や指のむくみ取り

指輪の外し方にはコツがあるんです。長い間指輪をつけたままにしていると、指がむくんで指輪が外せなくなっ...

隠れ金持ちの人に多い特徴と取り入れたい幸せライフスキル

ごく一般的な家庭に育ったと思っていた友人が、実は実家がお金持ちだったということもあります。いかにも、...

赤口の読み方と意味を解説!赤口にNGなことと対処法を紹介

カレンダーを見てみると「赤口」という文字が書かれていることがあります。この文字の読み方や意味は一体何...

花を1輪だけラッピングする方法!喜ばれる手作りプレゼント

花を1輪だけ手作りのラッピングプレゼントしたい。花をラッピングをするときは、ラッピングの前にやる...

応募動機の正しい書き方を覚えてアルバイトに受かろう

アルバイトの応募をするにあたり、ほとんどは履歴書が必要になります。履歴書には志望動機を書く欄があ...

PC処分に初期化は必要だが完全にデータを消すことが最も大切

PCを処分する時は初期化にすることが大切です。初期化する方法について詳しく説明しますので、まずは...

結婚式のご祝儀袋の処分方法!リメイクして再利用するアイデア

結婚式でいただいたご祝儀袋を処分する時、一体どの用意処分をすればいいのか悩むこともあります。...

子持ち主婦が資格取得を目指す!おすすめの資格や勉強法を紹介

資格があると就職や転職に有利なイメージがあります。独身のうちに資格を取得している人もたく...

赤ちゃん連れで結婚式に出席する場合の持っていきたい持ち物

赤ちゃんと一緒に結婚式に参加するという時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?基本はいつも...

スポンサーリンク

出産したら何から手続きする?順番の最初は出生届

初めての出産を前に、幸せを感じながらもこれからやってくるであろう忙しい生活に少しだけ不安を感じているプレママもいるでしょう。

生まれてくる赤ちゃんは可愛いことに違いありませんが、ただ可愛い可愛いと言ってばかりはいられません。

しばらくは赤ちゃんのお世話で昼も夜も関係のない生活が続いたり、赤ちゃんを1人の人間、そして自分たちの家族として登録するための様々な手続きが必要になります。

特に、出産後に提出する書類は多岐にわたるため、整理しないと頭の中がごちゃごちゃしてしまいそうですよね。

出産前のまだ時間に余裕があるうちに、手続きすべき書類や順番を確認しておくことがおすすめです。

出生届は出産後すみやかに提出する

赤ちゃんが生まれたら、これまでの生活とは一変し、赤ちゃんのお世話に忙しい毎日になります。

そのため、役所に届け出る手続き書類は出かけるという手間を考えると後回しになってしまいがちですが、赤ちゃんが生まれたという証明にもなる「出生届」は手続きの中でも生まれたらすみやかに提出する必要がある重要な書類です。

なぜなら、出生届を出すことによって、赤ちゃんも一人の人間として社会に登録されるからです。

病院にかかるのも、様々な手当を受けるのも、出生届が出ていることが前提です。

出生届は、生後14日以内に提出という期日が設けられていますので、必要なもの(母子手帳や印鑑、病院からの出生証明書)を用意しておき、家族にも協力をしてもらいつつ、期日内に提出するようにしましょう。

出産の後は健康保険加入の手続きの順番は?国民健康保険なら14日以内に手続きをしましょう

生まれてすぐに加入する必要がある健康保険も忘れずに

日本では、法律により国民全員に健康保険に加入する義務があります。

健康保険に加入することで、病院にかかった時に少ない負担で受診出来ます。

「国民健康保険」への加入は、出生届と同じく生まれてから14日以内に行う必要がありますので、こちらも忘れずに手続きするようにしましょう。

国民健康保険に期日内に加入しておけば、赤ちゃんが生後1ヶ月で受ける1ヶ月健診も健康保険証を持参することで受けることが出来ます。

この健診は、赤ちゃんがはじめて受ける健診で、成長の様子を確認するための大切なものです。

うっかり忘れていて健康保険証をもらっていないと、自費で払い、後から払い戻しをするなどの余計な手続きが必要になることがあります。

健康保険の加入は出生届と同じ14日以内なので、出生届を提出する時に、一緒に手続きしておくと安心です。

出産の後の手続きの順番、児童手当金の申請は15日以内

児童手当金の申請は出生届と一緒に提出するのがベスト

小さな子供がいる家庭には、国から生活の補助金として決まった額が支給される児童手当があります。

これも、子供が生まれたら自動的にもらえるという訳ではなく、申請をしてその申請が通ってはじめてもらえる手当です。

そのため、児童手当の申請も忘れずに行いましょう。

児童手当が受け取れるのは、0歳から中学校卒業するまでの児童に限ります。

手当金の額も年齢によって変わり、3歳の誕生日を迎えるまではひと月あたり1万5千円が、三歳から中学を卒業するまではひと月あたり1万円が児童1人に対し給付されます(令和2年現在)。

ポイントとしては、申請した日から児童手当金が発生するということです。

他の手当金の中には申請を忘れていても、申請前の対象手当金を遡ってもらえるという物もありますが、児童手当金は、申請する前の分はたとえ対象期間であっても遡って受け取ることは出来ません。

そのため、うっかり申請し忘れしていたということのないように、出生届を出す時に一緒に手続きするようにしましょう。

出産後一ヶ月以内を目安に乳幼児医療費助成の申請をしましょう

病院にかかる機会が多くても乳幼児医療助成制度があれば安心

生まれて間もない赤ちゃんや幼児は、まだ免疫が低いため、色々な環境に適応するのが難しく、病気することも多いもの。

しょっちゅう熱を出したり、具合が悪くなったりして、病院を受診する機会が多い赤ちゃんや小さなお子さんも多いでしょう。

そんな病院にかかる回数が多めな子供に対し、家庭の医療費の負担を軽減するための乳幼児医療助成という制度があります。

これは医療費の全額もしくはほぼ全額が免除されるという制度です。

乳幼児医療助成制度は各市町村によって取り決められているので、日本全体で統一されている制度ではありませんが、お子さんがいる家庭にとっては医療費の負担が少なくて済むという点で非常にありがたい制度と言えます。

乳幼児医療助成の申請が通ると、保険証の他に「乳幼児医療証」という証明書が発行され、病院にかかる時に保険証と一緒にこれを提出することで、通常自己負担になる分の医療費が免除されます。

乳幼児医療助成の申請は、出産後1ヶ月以内に行うのが原則です。

他の手続きとは別に申請書で申請する場合もあれば、児童手当の申請を同時に行える場合もあり、各市町村ごとに手続きの仕方や対象となる条件は異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

まだある出産後に忘れずに行なっておきたい手続き

出産した後に、提出しなければいけない手続きはまだまだあります。

おもに、次の手続きがあります。

  • 出産育児一時金
    受給条件に該当していれば、一律42万円が受け取れます(令和2年現在)。
  • 未熟児養育医療給付金
    出産時、未熟児という状態で生まれた赤ちゃんは、退院出来るくらいに成長するまでそのまま病院に入院し、治療を受けなくてはいけません。
    その際にかかる入院費や治療費の負担を減らすために、未熟児養育医療給付金を受けられる場合があります。
    各自治体によって、条件や手続きに違いがあるので、該当する場合は忘れずに手続きしましょう。
  • 育児休業給付金
    会社の育児休業制度を利用して休業中に出産した場合、会社から支払われる給与に代わって、国から育児中も給付金を受け取れるという制度があります。
    ただし、受け取るためにはいくつかの条件があるため、その条件に沿っている必要があります。
自分が受け取れる給付金をチェックし、すみやかに受け取れるように、該当する手続きにはモレがないようにしましょう。