指輪の外し方のコツを紹介!簡単にできる方法や指のむくみ取り

指輪の外し方にはコツがあるんです。長い間指輪をつけたままにしていると、指がむくんで指輪が外せなくなってしまった、なんてことはありませんか?

そこで、ここでは指輪の外し方のコツについて、基本の外し方やなかなか外れない指輪の簡単にできる外し方、さらに指のむくみの取り方などお伝えしていきましょう。

これらの方法を試してみれば、きっとその外せなくなった指輪も簡単に外すことができるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のご祝儀袋の処分方法!リメイクして再利用するアイデア

結婚式でいただいたご祝儀袋を処分する時、一体どの用意処分をすればいいのか悩むこともあります。...

金持ちになりたい女性に出来ること・お金を増やす仕組みと働き方

「金持ちになりたい」と野心を持って仕事をしている女性の中には、一体どうすれば金持ちになれるのか知りた...

足のむくみは、寝る前にこれをやって解消させよう

座り仕事や立ち仕事は、足がむくみがちです。一晩寝ることで解消できれば良いのですが、疲れが溜まって...

ケーキをカットする方法!きれいな断面にカットするコツと手順

お誕生日などでホールケーキをカットする時、断面がきれいならずケーキが潰れてしまったり、見た目が悪くな...

赤口の読み方と意味を解説!赤口にNGなことと対処法を紹介

カレンダーを見てみると「赤口」という文字が書かれていることがあります。この文字の読み方や意味は一体何...

隠れ金持ちの人に多い特徴と取り入れたい幸せライフスキル

ごく一般的な家庭に育ったと思っていた友人が、実は実家がお金持ちだったということもあります。いかにも、...

指輪の外し方で困った時に試したい、簡単にできる外し方

今回はいざという時に役立つ、指輪の簡単な外し方についてご紹介したいと思います。結婚してから太って...

アレンジメントした花を長持ちさせるコツとポイントを紹介します

フラワーアレンジメントの花を長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?できるだけきれ...

お札の向きの正解は?神社で頂くお札の向きと置き方

神社で頂いたお札を家に置く時、お札の向きをちゃんと考えていますか?そこで今回は、お札の向き、置き...

子持ち主婦が資格取得を目指す!おすすめの資格や勉強法を紹介

資格があると就職や転職に有利なイメージがあります。独身のうちに資格を取得している人もたく...

応募動機の正しい書き方を覚えてアルバイトに受かろう

アルバイトの応募をするにあたり、ほとんどは履歴書が必要になります。履歴書には志望動機を書く欄があ...

モテる女性の特徴を知って、自分もモテる女になろう

モテる女性と聞くと、つい外見の良さばかりを考えてしまいますが、実はモテる女性の特徴はそれだけではあり...

バイト面接時のメイクはナチュラルに!第一印象は大切

バイト面接時のメイクはどうすればいいのかな?と悩む女性が多いです。メイク好きの人にとっては尚更で...

プレゼントの値段を調べる理由と調べる際の注意点

あなたはプレゼントをもらった時、ネットなどで値段を調べることがありますか?調べる派、調べない派で...

PC処分に初期化は必要だが完全にデータを消すことが最も大切

PCを処分する時は初期化にすることが大切です。初期化する方法について詳しく説明しますので、まずは...

スポンサーリンク

指輪が外せなくなったときの上手な外し方のコツとは

結婚してもうすぐ10年が経過しようとしています。

普段指輪をする習慣の無い私と旦那さんは結婚指輪の存在をすっかりと忘れていました。
しかし、ふとしたことから結婚指輪の話題になり「そういえばどこにしまってあるのだろう」「どんなデザインだったっけ?」という話になり結婚指輪を探してみました。

出てきて見ると懐かしいもので、指輪を選んでいた時のことが思い出されました。
指輪にお互いの名前がハート付きで刻印されているのを見ると、自分達にもそんなロマンチックな時代があったのかと大笑いしてしまいました。

指にはめてみると私はすっと入りましたが旦那さんはなかなか入りません。
力を入れてはめようとしているので、外せなくなったら困るので止めるように言いました。

指輪が外せなくなったら一大事。

指輪が外せなくなったときの外し方のコツを考えてみました。

コツは指輪のはまっている指の付け根のお肉を引っ張って指をスマートにさせること

一人で行う場合は指輪をはめている手の親指でお肉を付け根側に寄せます。

その状態でもう一方の手で指輪を挟むようにつかんで指先に対して上下にゆっくりと揺するようにして移動させます。

関節まできたら関節をしわが伸びるように軽く曲げて、同様に指輪を移動させ続けます。

関節を通過したらもう安心です。

なかなか外れない指輪の外し方は滑りをよくするのもコツのひとつ

指輪が外せないときに焦って必死になって抜こうと格闘しているうちに、汗をかくとするりと抜けることがあります。

これは汗により指輪が滑りやすくなったためです。

指輪と指との間の摩擦が少なくすると指輪は抜けやすくなる

汗をかくまで格闘するよりも簡単に効果的にこの摩擦を減らす方法があります。

石鹸を塗る

  1. 石鹸を指輪をしている指全体に塗ります。
  2. もう一方の手の指に石鹸をつけてその指で指輪をはめている指全体を撫でるようにして塗りつけます。
  3. 特に指輪の下には石鹸をたっぷりと塗りましょう。
  4. 指輪をしていない手はしっかりと洗い石鹸を流します。
  5. そうしてから指輪をつかんで引き抜きます。

それでも抜けづらい場合は前項で紹介したように指先に対して上下にゆっくりと揺すりながら移動させましょう。

石鹸ではなく油やハンドクリームを使用しても良いでしょう。指輪の素材への影響が無いものを選びましょう。

糸やひもを使った指輪の外し方のコツも試してみましょう

糸で指をぐるぐる巻きにして細くして抜く方法もあります。

使用する糸はあまり細い糸だと指を傷つけてしまう可能性があるので、木綿の縫い糸くらいの太さのものが良いでしょう。ここでは木綿の縫い糸を使用します。

  1. まずは指輪をできるだけ指の付け根側に移動させます。
  2. そうして指先側からみて指輪の手前から糸を巻きつけ始めます。
  3. 一人で行う場合は指輪をしている手の親指と人差し指で糸を挟んでもう一方の手で糸をきつく隙間無く巻きつけていきます。
  4. 指輪から見て最初の関節を超える辺りまで巻きつければ大丈夫です。
  5. 糸を巻きつけ終わったら指輪を糸の上を滑らせるようにして引き抜きます。
成功するかどうかは巻き方が重要です。

糸が偏ったり巻くときの締め付け方が偏らないように、特に指先側が太くなってしまわないように気をつけながら巻きつけましょう。

指のむくみが取れれば簡単に指輪を外しやすくなります

指がむくんでいて外れない場合は、むくみを取ると外す事ができます。

私は先日半そでを着ている時に自分の腕を見て驚きました。血管がくっきりと浮き出ているのです。子供にも「ママの腕何かある~」と言われてしまいました。

ちょっと気持ち悪いくらい出ているのですが、腕を上げると直ぐに引っ込むのです。
ずっと上げているとくぼむ程です。

腕の中の血は上げ下げするだけでこんなにも簡単に移動するのかと感心しました。

人間の身体は多くが水分であるというのが納得できます。
そのため、手を上げると指の水分も下に下がりむくみも解消されて指が細くなります。

一分間程度手を上に上げてから指輪を外してみましょう。また、冷水につけて冷やすのも効果があります。

何をやってもどうしても指輪が抜けないときはやむを得ない決断を

どの方法をいくら試しても抜けないという場合は、最終手段に踏み切るしかありません。

指輪を切断

指輪の切断は消防や医療機関に問い合わせて依頼すると良いでしょう。

指輪は切断しても直すことができるケースもあります。(デザインや材質により、絶対修復可能とはいえません。)貴金属店に切断した指輪を持参して修理の見積もりをしてもらい決めると良いでしょう。

その際に、指輪のサイズを大きくしてもらう事もできます。その場合は工賃の他に素材分の追加料金が必要になります。

指輪が外れなくなると焦ってしまうものですが、最後は切るという方法もあると冷静に対処しましょう。焦って闇雲に引っ張ると爪で引っかいて傷を作ってしまう場合があります。傷ができると炎症したり痛みで余計に指輪を外す障害となってしまうので、まずは石鹸や糸を巻く方法を試みて下さい。

むくみを解消するのに手を上げたり冷やすだけでは充分ではない場合があります。

人が起床して活動をするほどにむくんでくるので、一旦諦めて就寝して朝起きて直ぐに試みるとあっさりと外れる場合もあります。