バイト面接時のメイクはナチュラルに!第一印象は大切

バイト面接時のメイクはどうすればいいのかな?と悩む女性が多いです。
メイク好きの人にとっては尚更でしょう。

派手なメイクができるかどうかは働くバイト先によって異なりますので、派手メイクが可能なバイト先を選びましょう。

ただ、大切なのはどんなバイト先であろうと最初の印象は肝心ですので面接時はナチュラルメイクが必須です。

ナチュラルメイクは今後就活にも役立ちますので、この機会にナチュラルメイクの仕方を覚えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足のむくみは、寝る前にこれをやって解消させよう

座り仕事や立ち仕事は、足がむくみがちです。一晩寝ることで解消できれば良いのですが、疲れが溜まって...

指輪の外し方のコツを紹介!簡単にできる方法や指のむくみ取り

指輪の外し方にはコツがあるんです。長い間指輪をつけたままにしていると、指がむくんで指輪が外せなくなっ...

金持ちになりたい女性に出来ること・お金を増やす仕組みと働き方

「金持ちになりたい」と野心を持って仕事をしている女性の中には、一体どうすれば金持ちになれるのか知りた...

隠れ金持ちの人に多い特徴と取り入れたい幸せライフスキル

ごく一般的な家庭に育ったと思っていた友人が、実は実家がお金持ちだったということもあります。いかにも、...

花を1輪だけラッピングする方法!喜ばれる手作りプレゼント

花を1輪だけ手作りのラッピングプレゼントしたい。花をラッピングをするときは、ラッピングの前にやる...

出産した後の手続きの期日について、順番を決めて準備をしよう

出産の後にはいろいろと手続きが必要となります。受付期日が短いものもあるので、しっかりと確認をして忘れ...

プレゼントの値段を調べる理由と調べる際の注意点

あなたはプレゼントをもらった時、ネットなどで値段を調べることがありますか?調べる派、調べない派で...

お札の向きの正解は?神社で頂くお札の向きと置き方

神社で頂いたお札を家に置く時、お札の向きをちゃんと考えていますか?そこで今回は、お札の向き、置き...

応募動機の正しい書き方を覚えてアルバイトに受かろう

アルバイトの応募をするにあたり、ほとんどは履歴書が必要になります。履歴書には志望動機を書く欄があ...

モテる女性の特徴を知って、自分もモテる女になろう

モテる女性と聞くと、つい外見の良さばかりを考えてしまいますが、実はモテる女性の特徴はそれだけではあり...

結婚式のご祝儀袋の処分方法!リメイクして再利用するアイデア

結婚式でいただいたご祝儀袋を処分する時、一体どの用意処分をすればいいのか悩むこともあります。...

赤ちゃん連れで結婚式に出席する場合の持っていきたい持ち物

赤ちゃんと一緒に結婚式に参加するという時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?基本はいつも...

主婦の履歴書の書き方!アルバイトの志望動機について

アルバイト先を選ぶ時、何を重視しますか?主婦の場合には、子供の保育園や幼稚園から近い場所を選んだ...

アレンジメントした花を長持ちさせるコツとポイントを紹介します

フラワーアレンジメントの花を長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?できるだけきれ...

指輪の外し方で困った時に試したい、簡単にできる外し方

今回はいざという時に役立つ、指輪の簡単な外し方についてご紹介したいと思います。結婚してから太って...

スポンサーリンク

バイトの面接時は清楚感あるナチュラルメイクにしよう

オシャレが好きで普段からメイクにも力を入れている人なら、バイトの面接にもメイクをしっかりして少しでも良い印象を与えたいと思いますよね。ぱっちりした目や明るい頬は顔全体を明るく見せ、印象的でもあります。

バイトといっても面接のときのメイクは控えめにすることをおすすめします。

メイクが濃い時の印象

  • 場をわきまえない人
  • 見た目ばかりに力を入れる人

このような印象を与えてしまう可能性があるからです。TPOを意識しないような人は雇った後も問題がありそうです。

バイトの面接も第一印象がとても大切

清潔感があり、健康的で爽やかな見た目を心がけてください。

面接では濃いメイクよりもナチュラルメイクにして、清楚なイメージを出すようにしましょう。

職種によってはしっかりメイクが有利に働く場合もある

洋服の販売員や美容関係のような見た目を意識した方がよい職場なら、メイクをしっかりした方がその職場にあっている感じがします。
逆に飲食業や受付、教育関係の職場なら濃いメイクは場違いな感じになります。

バイト先に合わせて、メイクの仕方も工夫するようにしてください。

ナチュラルメイクは就活にも使えるので今のうちに覚えておこう

ナチュラルメイクはバイトの面接だけでなく、これから先に待ち受けている就活にも使うことができます。バイトの面接を受ける機会に、上手なナチュラルメイクの方法も覚えておくと良いでしょう。

メイクが苦手な人ならナチュラルメイクの方法がわからないという人もいるでしょう。メイクに興味があり、流行を意識したしっかりメイクをしている人にとっても、ナチュラルメイクとなるとちょっと難しく感じるかも知れませんよね。

ナチュラルメイクはすっぴんっぽく見えれば良いというわけではありません

素肌の欠点を上手にカバーし、顔色を良く見せながら素肌を感じさせるメイクです。

  • ポイントメイクのカラーは抑えるようにし、ベースは素肌感が出るように意識して、血色が良く透明感のある肌に仕上げるようにします。
  • ファンデーションは薄めにのばし、気になる部分だけコンシーラーで調整します。
  • ファンデーションを塗った後はパウダーを重ねて、肌にツヤと透明感を出すようにしてください。
  • アイメイクやチーク、リップは色を抑えてナチュラルに仕上げてください。
  • カラコンやつけまつげはしないでおきましょう。
  • また、強い香りの香水もナチュラルメイクには合いません。

バイト面接の合否に関わるのはナチュラルメイクだけではない、身だしなみも気をつけよう

バイトの面接にはナチュラルメイクが基本になりますが、服装など身だしなみにも気をつけてください。身だしなみが整っていない人は見た目を気にしない人というイメージがあります。

だらしない印象を与えてしまいますので、面接では全身の身だしなみを整えてください。

メイク、ヘアスタイルや服装にも清潔感を意識して、爽やかな見た目に仕上げてください

髪の毛が長い人なら束ねてすっきりと見せます。ショートヘアでも顔に髪の毛がかかっているのは不潔で暗いイメージがあります。顔周りは髪の毛がかからないようにしてください。髪の毛が伸びている人は面接の前までにカットして整えておきましょう。

服装も面接を意識したものを選んでください。

ファッション関係の仕事なら別ですが、大抵のバイトの面接には少し堅さが感じられるくらいの服装の方が良いです。

白又はパステルカラーの清楚なブラウスにタイトスカート、又はスリムなパンツといったシンプルな服装がおすすめです。

季節によってはこの上からジャケットを羽織ったり、又はシンプルなカーディガンを合わせても良いでしょう。

事務や受付などの職種ならスーツを着ても良いくらいです。きちんとした感じを求められる職種なら、身だしなみもそれに合わせることが大切です。

メイク好きなら派手なメイクができるバイト先を見つけよう

メイクが好きで、ノーメイクとかナチュラルメイクなんて考えられないという人もいますよね。いつでもしっかりメイクをしたいのなら、バイトも派手なメイクOKの仕事を見つけてください。

接客業は外見も重要なため、派手なメイクができない場合も多い

特に飲食業のような食べ物を扱うお店では派手なメイクは避けた方が良いでしょう。
塾や受付、事務系の仕事もまた、派手なメイクが難しい場合もあります。

逆に、客と直接会うことのないコールセンターやデーター入力の仕事なら外見に対して細かい規定がないことも多いです。

メイクが濃くても、金髪や派手なネイルをしていても、仕事に差し支えがありません。外見にこだわらない会社もありますので、そういったところのバイトを見つけるようにしてください。

バイトの面接を受ける前に、そのお店や職場に行ってみて雰囲気を見ておくと良い

バイトで働いている人たちのメイクやヘアスタイル、服装などをチェックしておくと、派手なメイクができるのかどうかも知ることができます。

派手なメイクが許されるようなお店であっても、オーナーによっては禁止している場合もあります。そこで働いている人を見て判断することもできます。

失敗しないバイト選び

メイクが好きな人なら、思う存分好きなようにメイクができるバイトを見つけることが大切ではあります。ですが、バイトはそれだけではありません。お金目的でするバイトであっても、バイトから得られることはたくさんあります。

一緒に働く仲間とは仕事の楽しさや大変さを分かち合い、時に励まされたり力になったりということもあります。かけがえのない友人となることも多いです。

バイトをしている長い時間を共に過ごすのですから、親しみを感じるのも当然でしょう。バイトを通してたくさんの人と知り合い、仲良くなれることも多いのです。

バイトが貴重な経験となる

お金のためとか、家から近いとか、そういった理由で見つけたバイトであっても、バイトの経験が将来の役に立つこともあれば、バイトをきっかけに自分に適した仕事がわかるということもあります。

コールセンターでバイトをしたことで自然な敬語が身についたという人もいれば、ホテルでのバイトを通して自分は接客が好きなのだと知ったという人もいます。

また、つきたい職業にバイトとして下積みをすることもできますよね。就職する前に、まずバイトとして働いて仕事の経験を積んでおくこともできます。
バイトを選ぶときは働きやすさだけでなく、自分が真剣に打ち込むことができるかどうかも考えてみると良いでしょう。