花を1輪だけラッピングする方法!喜ばれる手作りプレゼント

花を1輪だけ手作りのラッピングプレゼントしたい。
花をラッピングをするときは、ラッピングの前にやるべき準備があります。

そこで、生花を1輪だけ自分で手作りのラッピングをする方法についてお伝えしていきましょう。

花は1輪だけでも花屋さんで購入することもできますし、1輪だけ部屋に飾っても素敵なのでプレゼントとして喜ばれます。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金持ちになりたい女性に出来ること・お金を増やす仕組みと働き方

「金持ちになりたい」と野心を持って仕事をしている女性の中には、一体どうすれば金持ちになれるのか知りた...

応募動機の正しい書き方を覚えてアルバイトに受かろう

アルバイトの応募をするにあたり、ほとんどは履歴書が必要になります。履歴書には志望動機を書く欄があ...

指輪の外し方のコツを紹介!簡単にできる方法や指のむくみ取り

指輪の外し方にはコツがあるんです。長い間指輪をつけたままにしていると、指がむくんで指輪が外せなくなっ...

指輪の外し方で困った時に試したい、簡単にできる外し方

今回はいざという時に役立つ、指輪の簡単な外し方についてご紹介したいと思います。結婚してから太って...

アレンジメントした花を長持ちさせるコツとポイントを紹介します

フラワーアレンジメントの花を長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?できるだけきれ...

バイト面接時のメイクはナチュラルに!第一印象は大切

バイト面接時のメイクはどうすればいいのかな?と悩む女性が多いです。メイク好きの人にとっては尚更で...

ケーキをカットする方法!きれいな断面にカットするコツと手順

お誕生日などでホールケーキをカットする時、断面がきれいならずケーキが潰れてしまったり、見た目が悪くな...

主婦の履歴書の書き方!アルバイトの志望動機について

アルバイト先を選ぶ時、何を重視しますか?主婦の場合には、子供の保育園や幼稚園から近い場所を選んだ...

結婚式のご祝儀袋の処分方法!リメイクして再利用するアイデア

結婚式でいただいたご祝儀袋を処分する時、一体どの用意処分をすればいいのか悩むこともあります。...

隠れ金持ちの人に多い特徴と取り入れたい幸せライフスキル

ごく一般的な家庭に育ったと思っていた友人が、実は実家がお金持ちだったということもあります。いかにも、...

子持ち主婦が資格取得を目指す!おすすめの資格や勉強法を紹介

資格があると就職や転職に有利なイメージがあります。独身のうちに資格を取得している人もたく...

赤ちゃん連れで結婚式に出席する場合の持っていきたい持ち物

赤ちゃんと一緒に結婚式に参加するという時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?基本はいつも...

PC処分に初期化は必要だが完全にデータを消すことが最も大切

PCを処分する時は初期化にすることが大切です。初期化する方法について詳しく説明しますので、まずは...

お札の向きの正解は?神社で頂くお札の向きと置き方

神社で頂いたお札を家に置く時、お札の向きをちゃんと考えていますか?そこで今回は、お札の向き、置き...

赤口の読み方と意味を解説!赤口にNGなことと対処法を紹介

カレンダーを見てみると「赤口」という文字が書かれていることがあります。この文字の読み方や意味は一体何...

スポンサーリンク

生花を1輪だけ自分でラッピングしたいときはまずは水揚げをすること

花束のラッピングを自分でやるのは難しそうでも、1輪の花であれば自分でもきれいにできるように思います。

ですが、造花であればラッピングに取り掛かっても問題もありませんが、生花をプレゼントする際にはそのラッピングをする前にはやるべきことがあります。

生花は水揚げが必要

生花を扱ったことの無い方や少ない方はなんのことだか検討もつかないと思います。

水揚げを簡単に説明すると、生き物である生花に水をきちんと与えることです。

方法として、ただ花瓶につけておくだけでいいというわけではありません。

1.花の茎についているトゲを取り除くこと

そして、たくさん葉のついているものであれば、取ってしまうことが大切です。
処理する際には怪我などに気をつけましょう。

2.茎の根元をハサミで切る

そうすることで、より水を吸い上げる力が強くなります。

切る時は、切れ味のよいハサミを使うか、専用のハサミがあるならそちらを使うのがおすすめです。

茎を斜めに切ったほうが断面が大きくなるので水を吸いこみやすくなります。

3.水を吸わせる

茎が出るように花を新聞紙でくるんで、バケツなど深さのある容器に水を入れて立てていれます。
半日以上つけておくといいでしょう。

花の保水をしてから1輪花のラッピングをしていきましょう

しっかりと水揚げができたら、花の保水をしっかりとしましょう。

ラッピングしてプレゼントするまでの間に枯れることを防ぐのが保水

保水のために用意するものは、ティッシュ、水、アルミホイルです。
  1. まず、アルミホイルを必要な長さに切って置いておきます。
  2. 用意したティッシュを水揚げした花の茎の根元にしっかりと巻きます。
  3. ティッシュを巻いたら水につけます。
    このとき、あまりつけすぎてしまうとティッシュから水が垂れてしまうので、水につけた後は軽くしぼるのがいいでしょう。
  4. 先に用意しておいたアルミホイルの上に花を置いてティッシュ部分に巻きつけます。

この後のラッピングにもよりますが、アルミホイル部分が見える可能性がある場合には、保水専用のキャップを使ってみたり、デザインや色のあるアルミホイルを使ってアレンジしてみるのもおすすめです。

方法は簡単なので水揚げのあとの保水作業を忘れないようにしましょう。

1輪の花の手作りラッピング方法を紹介

ここまでしっかりと準備ができたらいよいよラッピングに取り掛かりましょう。

ラッピングに使えるもの

  • カラーセロハン
  • 透明のセロハン
  • 不織布
  • リボンやテープ

花束とは違い1輪の花のラッピングなので、主役ははっきりとしています。

例えば花の色が鮮やかなものであったり大きさが大きいものであれば、ラッピングはシンプルにしたほうが花の存在感が際立ちます。
また、花の持つイメージや色合いに合わせたラッピングやラッピング用紙を選ぶと統一感が出ておしゃれに見せることができます。

シンプルで簡単なラッピングのご紹介です。

セロハンとリボンでラッピング

  1. ラッピングの前に花の保水をして、濡らしたペーパーを巻いてアルミホイルでカバーします。
  2. 適度なサイズにセロハンを切って机に置きます。
  3. アルミホイルを巻いた部分がセロハンからはみ出るように花を置きくるりと巻きます。
  4. 巻き終わったらラッピングした下部分にリボンを形を整えて結びます。

リボンはカールさせたり2色、3色と使うのもかわいいですよ。

きれいに結べない時は出来上がったリボンを両面テープでとめると簡単です。

ラッピングペーパーや不織布を一緒に使う時はセロハンの内側に入れます。

花の色との相性も考えて決めましょう。

セロハンを使わなくても、ラッピング用紙をデザインと無地の2枚を重ねてまくのもいいでしょう。
ラッピング用紙に合わせてリボンの質感も替えたりすると、見た目もおしゃれになるので色々試してみるのがおすすめです。

1輪花のプレゼントにおすすめな花の種類

気持ちがあれば、どんな花でもプレゼントしてもらった人は嬉しいと思いますが、中でも1輪花のプレゼントにおすすめな花があるのでご紹介します。

1輪でおすすめなのはバラ

バラの情熱的な赤は1輪でも印象が強く、豪華に感じられます。
バラはカラーや種類も複数あります。
赤の強く豪華な印象よりも落ち着いた雰囲気の1輪花のプレゼントにしたければ、やさしい色合いのものを選ぶこともできます。

大きさが特徴のひまわりも1輪におすすめ

ひまわりは大きさもあり色も明るい黄色なので、1輪でも存在感が強いです。
また見ているとなんだか元気がわいてくるような気がしませんか?
正確が明るい人や、元気を出してほしいときなどに送られると喜ばれるでしょう。

シンプルな花、マーガレット

シンプルな花ですが、白い花びらと大きさが可愛らしく1輪花のプレゼントにはピッタリです。
バラのようにかしこまった感じも少ないので、日々のちょっとしたプレゼントに送ってもいいですね。

花は1輪から飾るのも素敵です

花束を花瓶に飾っておくのも素敵ですが、1輪でも工夫することでとても素敵にすることができます。
もらった花を飾って素敵にアレンジしてみましょう。

1輪挿しのおすすめはガラス製の花器

ガラス出てきているため透明です。
そこに花を挿すと、茎の部分まで見ることができ花全体を楽しむことができます。

花器のデザイン

花を引き立てたいと思ったら、あまり派手なデザインの花器は向きません。
花のイメージに合わせたり、少し花器にカラーのついたものを使うのもおすすめです。

1輪だからこそシンプルで素敵な部分があるので、花束を飾るときとは違うアレンジをして楽しみましょう。