日にちがお薬?失恋から立ち直るためのコツやポイント

失恋をしたときには日にち薬が有効ですが、使い方を間違えてしまうと効き目をダウンさせてしまいます。

では、日にち薬はどのように使えばいいのでしょうか。また、失恋から立ち直りたいときにはどんなことをしたらいいのでしょう。

あなたの一番の味方はあなた自信です。すぐに立ち直ろうとせずにゆっくりと向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が優しくしたい女性やつい守りたくなってしまう女性の特徴

男性が優しくしたいと思う女性にはどのような特徴があるのでしょうか。男性は、女性がこのような態度で接す...

結婚する時、男性は相手の年齢を気にする?女性の婚活について

30代になると友達は徐々に結婚していき、独身者が減ってきますから多くの方が自分の結婚も意識しはじめる...

シングルマザーが再婚で幸せになるためのポイントを紹介します

シングルマザーの再婚は一回目のときよりも慎重になるものです。家族が本当に幸せになれるのかどうかを考え...

彼氏の様子がおかしい!浮気する男は特徴的な行動をする

大好きな彼氏が「浮気をしているかも…」。 そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。 ...

子持ちバツイチ女性でも恋愛は出来る!子供と自分の幸せのために

バツイチで子持ちの女性は、子供はいるけれど独身という微妙な立場に置かれるので複雑な心境ですよね。 ...

片思いの相手に恋愛相談をしてはいけない理由と恋の実らせ方

片思いの相手に恋愛相談をすれば、恋に発展をして一石二鳥なのでは?と思ってしまいますが片思いの相手ほど...

職場の上司と恋愛するのは難しい?上司を好きになってしまったら

職場の上司を好きになり、恋愛感情を抱いてしまうこともあるでしょう。 上司は部下である自分のことをど...

既婚男性が妻以外の女性にときめきく瞬間と心理・浮気の防止策

夫がよその女と浮気していることを知ったとき、あなたは妻として何をすればいいのでしょうか。離婚...

頭がいい男性の特徴や、頭のいい人と付き合う方法についてご紹介

頭がいい男性はそれだけで魅力的です。 しかし、頭の良さは学歴だけで計れるものなのでしょうか。 こ...

彼氏は私の体が目的?体目的男の特徴と彼の気持ちを判断する方法

彼氏とお付き合いをしていても、あまり自分に対する愛情を感じられず、もしかしたら体が目的で付き合ってい...

彼氏の浮気が許せない心理と浮気を許す方法!別れを選ばない時は

彼氏が浮気をしたら、とても悲しくて苦しい気持ちを抱えてしまうことになります。相手のことが好きであれば...

既婚男性を落とす方法はあるけれど、それに伴うリスクもある

既婚の男性に恋をしてしまう女性は多いです。 なぜなら独身女性からすると既婚男性は魅力的な部分が多い...

片思いから抜け出したい!想いを成就させる方法

片思いをしていると両思いになりたいと願うものですよね。 そのためにはまずは自分という存在に気づいて...

もしかして?浮気する男性の心理と取り戻す方法

彼氏からの連絡頻度が急に減ったり妙にオシャレに気を使うようなったりすると、「もしかして浮気している?...

失恋した時の男女の受け止め方の違いと失恋から立ち直る方法

失恋をした時には、男女の心理には違いがあるようです。 そこで、失恋の時の男女それぞれの行動や、...

スポンサーリンク

失恋をしたら誰もが使う「日にち薬」について

失恋の傷は、日にちの経過が薬となってだんだん癒えてくるもの

しかし早く日にち薬の効果を出したい余りに無理して忘れようとしたり、自分の気持ちを抑えこんでしまうことは禁物

まずは悲しみに包まれている自分をありのまま受け入れてあげましょう。
避けたいのは、「失恋なんて大したことないよね」と無理して元気を出したり、まだ気持ちの整理がつかないうちに新しい彼氏を探すこと。
自分に嘘をついて無理をしていると、後で悲しみをぶり返してしまうのです。
我慢し続けると反動が大きく、ぶり返した時に深く落ち込んでしまいやすいです。

もちろん無理やりテンションを上げる方法で元気が出てくることも、新しい彼氏をすぐに見つけたことで失恋の傷を癒せることもあります。

しかしその行動をしていて気持ちが辛くなってくるようなら、無理にする必要はありません。

自然に気持ちが前向きなるまで自分のことを見守ってあげましょう。それが日にち薬の効果を高める方法です。

日にちのお薬以外の方法とは?失恋で落ち込んだときはコチラ

失恋の傷を癒す方法

「必要なことだった」と捉える

自分の人生を思い返してみると、なるようになったと感じることが多かったりします。
何か決断をした時、その後しばらくは後悔することがあっても、日にちが経てば「これはこれで正解だったな」と思うこともあります。

失恋も同じ

  • もしかしたらこの人と結婚しても幸せにはならなかったのかもしれない。
  • これからの自分の人生には必要がなかったのかもしれない。

そうやって捉える方法もあります。その彼と出会ったことで得た経験、思い出は大切にしていきましょう。

趣味や仕事に没頭する

趣味や仕事に没頭するのも一つの手です。

今まで彼氏に夢中だった分あまり本気で取り組めていなかったのなら、これを機に本気で取り組んでみるのもおすすめです。

趣味や仕事は、恋愛と比べれば努力が結果となって返ってきやすいです。深い悲しみに包まれた時は編み物のような単純作業を繰り返すというのも、心を癒してくれる効果があります。

失恋をして本当に辛いときには体や心を休めることも大切

自分に正直でいる

悲しくてどうしようもない時は、その気持ちに素直になることが大切です。

自分の心の声に素直に従って、我慢しすぎないようにしましょう。

人と会いたくない気分だったら休日はこもったり、何もする気が起きなかったら自宅にいる間は何もせず過ごしたって良いです。

自分の心に正直に従えば従うほど、悲しみが癒されるのも早くなります。思い切り泣くことも大切です。

失恋を軽く捉えてくるような人がいたらその人の声は無視してOK。

本人なりに励まそうとしてくれているのかもしれませんが、かえって傷ついてしまうようなら、失恋の傷が癒えていない間は距離を置いていた方が懸命です。

自然と触れ合えるところでぼーっとしてみるのもおすすめです。

自然と触れ合うと不思議と気持ちがすっきりとしてきます。地球の力を感じて、自分の悩みが浄化されていくような気持ちを味わえます。自宅にこもっているともやもやしてしまう、人と会っても元気に話せないという状態の時は、心安らぐ景色を見に行ってみましょう。

彼を美化してしまうと日にち薬も効きにくい?失恋に効く考え方

思い出を美化しすぎない

失恋をした後は元恋人との思い出が尊いものになり、「彼は本当に最高の人だった」「私が不甲斐なかったせいで…」と元恋人の評価を上げて自分を下げてしまうことがあります。

その考え方は日にちが経っても失恋の傷を癒す薬とならない可能性があるので、元恋人の嫌だったところを考えてみることも大切です。

思い出を汚すわけではなく美化をやめるのです。

するとなぜ失恋に至ったかというのが冷静に見えてきて、前を向くきっかけに繋げることができます。

自分を卑下しすぎない

失恋直後は自分を卑下してしまいがちです。

恋愛は自分のだめなところも露わにしてしまうこと。

しかし失恋で落ち込んでいる上にさらに自分を責め立ててしまったら、傷はさらに深くなって日にち薬も効きにくくなってしまいます。

「でもあの時は頑張ったな」「私、えらかったな」と自分で自分を褒めることも大切ですよ。

失恋の傷を癒せるのは自分だけ彼ではなく自分と向き合いましょう

自分と向き合ってみる

恋人と別れて、自分が得たものは?自分に必要だったものは?考えてみましょう。
  • 恋人と付き合ったことで、人を好きになることって幸せなことなんだと知った
  • お互い思いやりを持って尊重し合うことが大事だと学んだ

しかし恋人に依存しすぎているところもあったから、この別れは自分が成長するために必要だったものなのかもしれない。などと向き合えるようになったら、失恋の傷が癒える日も近いです。

新しいことに挑戦する

恋人がいる間はできなかったこと、ずっと自分がやりたいと思っていたこと、これを機に思い切って挑戦してみるのもおすすめです。

趣味にたっぷり時間を使ったり、自由に色んなところに出かけたり。新しい情報をどんどん入れてくと、過去の情報は脳内で追いやられていくものです。

たくさん泣いて少し気持ちが軽くなってきたなと感じたら、楽しそうなことを探して外へ出掛けてみましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688