ドレスの胸元にコサージュ!結婚式に参加する祖母の服装について

結婚式に参加する場合、洋装だと女性は胸元にコサージュを付ける方が多いですよね。コサージュには「お祝いをする」という意味があり、まさに結婚式にぴったりなアクセサリーです。

ここでは結婚式に参加する祖母の服装、洋装の場合のコサージュの選び方、また基本の付け方や注意点についてご紹介をいたします。

年配の方のドレスは色が落ち着いたものを選ぶ傾向がありますので、胸元を華やかに彩るコサージュを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シングルマザーの再婚は子供の苗字について慎重に考えるべき

シングルマザーが再婚相手と婚姻届を提出しても子供の苗字はそのままです。そのため子供の苗字をどうす...

28歳の独身女性の悩みを解決!結婚や貯金と転職のススメを紹介

28歳の独身女性は結婚や転職のことなど悩みが多くなる時期です。例えば、実家暮らしだと生活にはそれ...

彼氏がいないクリスマスの過ごし方お一人様を楽しみましょう

彼氏のいないクリスマスは、どのように過ごしたらいいのでしょうか?なんとなく、自分だけが一...

恋愛の相談は誰にするべき?異性に相談をするときのポイント

恋愛の相談は異性となる男性にしたほうがいいのでしょうか。異性に相談する場合と同性に相談する場合で...

男性の心理を知りたい!告白を決意するときやタイミング

男性が告白をしたいと思うのはどんな心理のときなのでしょうか。男性はただ好きという気持ちだけで告白する...

妊婦の妻を持つ旦那は浮気しやすい傾向にある。その理由について

妊婦の妻がいるのに旦那が浮気をするケースはとても多いです。うちの旦那は安心と思っていても、妊娠中...

彼氏の女友達に嫉妬して喧嘩!仲直り方法と上手な気持ちの伝え方

付き合っている彼氏の女友達に嫉妬心を抱き、彼氏と喧嘩をしてしまったときは、どうにかして彼氏と仲直りが...

彼氏にもう依存しない!自立した大人の女性になるためのステップ

今まで付き合った男性から『重い』というのが理由で別れたという女性も多いと思います。彼氏が大好きで、何...

非モテ女子を卒業するには?まずは自分に優しくしてあげましょう

非モテ女子になりたくてなったわけではないのに、いつの間にか非モテ女子になってしまった人達へ傷...

沖縄の男性は恋愛もマイペース?沖縄男性の性格と恋愛の特徴

人にはそれぞれの性格がありますが、性格には県民性も関係しているように感じられます。恋愛をする際にはそ...

もう恋愛なんてしないと感じる女性の心理と心の休ませ方

「もう恋愛なんてしない…」そう思っている女性もいるでしょう。その原因は、きっと何か辛かった理由が...

美意識の高い男性の心理とは?付き合ったときの特徴について

美意識の高い男性にはどのような特徴があるのでしょうか。また、なぜそこまで美意識が高いのでしょうか。...

引き出物のカタログギフトが有効期限切れ!商品の注文について

結婚式の引き出物でもらったカタログギフトの期限を確認すると「うっかりしていて期限切れになってしまった...

恋愛が苦手な男性を振り向かせるコツとポイントを紹介します

恋愛の苦手な男性を振り向かせるにはどうしたらいいのでしょうか。恋愛の苦手な男性と仲良くなるには、まず...

告白の返事が「ありがとう」だけ!その意味について

勇気を出して告白した返事が「ありがとう」だけだっら、OKなのかダメだったのかわからずにモヤモヤしてし...

スポンサーリンク

結婚式に参加する祖母の服装

結婚式で新郎新婦の親族が着る衣装と言えば、昔で言えば父親は紋付き袴姿、母親は黒留袖というのが主流でした。しかし今では、父親は黒のタキシードに白ネクタイ姿が一般であるのに対して、母親はあいかわらず和装を着用されている方が圧倒的に多いようですが、挙式から出席する親族にとっては、長い時間着慣れない着物を着て過ごすのは、何かと大変ですよね。しかしながら、高齢の祖母などの中には、やはり「結婚式では着物を着るもの」との考え方も根強いようです。

結婚式に出る女性親族は和装じゃなきゃダメ?

結婚式のようなフォーマルな場で、ましてやそれが孫の晴れ舞台ともなると、格式高い和装で参列するのが当たり前だと感じている祖母世代もまだまだ多く、母親と同様に黒留袖姿を選ぶのが基本です。ただし、母親よりも目立つことのないよう、裾の色柄を控えるべきとされています。

また、新郎新婦の姉妹に関しては、黒以外の上品で派手すぎない色味の着物を着用する方もいますが、まだ独身であれば振り袖を、既婚でしたら留め袖を着用すると良いとされています。

結婚式に参加する祖母が高齢の場合の服装

高齢の祖母が結婚式に参加するとなると、少しでもラクに過ごしてもらうために、あえて洋装スタイルを選ばれるケースも増えているようです。和装の両親と並んだ際の格を気にして、和装にこだわる方も少なくない反面、待ち時間の長さなどを考えると、祖母にはあえて洋装を勧めるという選択肢があっても良いのではないかと思います。

結婚式で高齢の祖母に洋装を勧める理由

  • 着心地がラクで快適に過ごせる
  • 体温調節がしやすい
  • 足運びがラク
  • トイレにも行きやすい

普段から着物を着慣れた方にとってはなんてことないのかもしれませんが、あまり和装を身に着ける機会のない高齢の方にとっては、着物で長時間過ごすだけでも非常にストレスがかかるものです。

その点、洋装であれば、自分の着心地の良い洋服や靴を身に着けられるので、身体的な負担を減らすことができるだけでなく、移動の際もラクに歩けるため、トイレに立つのを我慢したりする必要がなくなるという利点もあります。

結婚式のドレスにコサージュを付ける際の注意点

洋装で祖母が孫の結婚式に出るとなると、いくら華やかな場とはいえ、果たしてどのようにフォーマル感を出せば良いのかと、悩まれる方も多いかと思います。ともすると地味になりすぎる祖母世代のファッションですが、胸元にコサージュをあしらうことで、一気に結婚式にふさわしいいでたちになります。
しかし、コサージュであれば何でもいいというわけでありませんので、そこはやはり、場の雰囲気に沿ったマナーを覚えておく必要があるでしょう。

結婚式用のコサージュとして避けるべき色

着る服に合わせてコサージュを選ぶわけですが、洋服の色やデザインに合うからといっても白や黒のコサージュは避けるべきです。結婚式における白は、花嫁が身に着けるべき色とされていることから、コサージュといえどもできれば白ではない色を選びましょう。また、結婚式に弔事を連想させる黒のコサージュを選ぶ方はさすがに少数派だとは思いますが、これもマナー違反となることを念の為お伝えしておきます。

生花は避ける

花嫁のブーケや髪飾りに生花が使われることがよくありますが、親族はあくまでも主役より目立つ装いとならないように、造花やプリザーブドフラワーで作られたコサージュを選ぶようにしましょう。

結婚式に参加する祖母に似合うコサージュ選び

結婚式で高齢の祖母が洋装をするとなると、どうしても地味な色味やデザインの服を選びがちですが、ここにコサージュを付けることで、一気に華やいだ雰囲気になります。服の色にもよりますが、パールやレース、ビーズなどがあしらわれた、上品でなおかつ華のあるタイプがおすすめです。

結婚式なら華やかながらも祖母としての気品を感じられるような、そんなコサージュを

高齢の方はどうしても、地味で洋服と同化してしまいがちな色味のコサージュを選ぶ傾向にありますが、恥ずかしがらずに明るめの色を付けるべきだと、ご家族がすすめてあげると良いかと思います。明るい色とは言っても、やはりそこは年齢に合わせた上品さを優先するべきですので、あまりに派手な色遣いは避け、淡いピンクやゴールドなどを選ばれると合わせやすでしょう。

結婚式の胸元の飾りをコサージュではなくブローチにする場合

祖母世代の中には、コサージュだと大げさでなんだか気恥ずかしいと感じてしまう方もいることでしょう。そんな時は、結婚式以外にも使える華やかなブローチもおすすめです。コサージュほど目立ちはしないものの、顔立ちをパッと明るく見せてくれるような、上品なブローチであれば、今後もちょっとしたお出かけ時に使うことができるという利点もあります。

パールやラインストーンなどがあしらわれたタイプで、なおかつ大きすぎず普段遣いしやすいものを選んでプレゼントすれば、結婚式のあともさりげないおしゃれを楽しむことができますので、祖母もきっと喜んでくれるのではないでしょうか?
コサージュやブローチはそれだけでも目を引くアイテムですので、アクセサリーをムダに付けすぎてしまっては逆効果です。ピンポイントで華やかさを足すアイテムとして、活用されてみてはいかがでしょう。