ドレスの胸元にコサージュ!結婚式に参加する祖母の服装について

結婚式に参加する場合、洋装だと女性は胸元にコサージュを付ける方が多いですよね。コサージュには「お祝いをする」という意味があり、まさに結婚式にぴったりなアクセサリーです。

ここでは結婚式に参加する祖母の服装、洋装の場合のコサージュの選び方、また基本の付け方や注意点についてご紹介をいたします。

年配の方のドレスは色が落ち着いたものを選ぶ傾向がありますので、胸元を華やかに彩るコサージュを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠を打ち明けた時の男性の反応と心理について

新しい生命の誕生である妊娠は本来はとても喜ばしい事です。 しかし、まだ結婚の話もしていないカップル...

ハイスペック男子が女性に人気?当てはまる条件や結婚について

ハイスペックな男子とお付き合いをしたい!そんな気持ちは今も昔も女性の希望として、実在します。少し前ま...

恋愛に奥手な男性の特徴と心理・女性からのアプローチ方法を解説

片思い中の男性との恋がなかなか進展せずにじれったい思いをしている女性の中には、恋愛に奥手な男性の特徴...

失恋を引きずる女性の特徴と失恋から早く立ち直るための方法

失恋を引きずるのは女性よりも男性と耳にしますが、一概には言えず女性でも長く失恋を引きずってしまう方も...

片思いの相手には好きなことがバレるくらいがおすすめです

片思いの相手に好きという気持ちがバレそう…。実はこの好きという気持ちはバレてしまったほうが恋愛が...

恋愛中の男性が好きな女性に取る行動・好意の見分け方を紹介

片思い中の女性の中には、自分の好きな男性が自分の事をどう思っているのか知りたい人もいるのではないでし...

可愛い女の特徴とモテ女子になる方法!男目線で見る可愛い女とは

男性から見て「可愛い」と感じる女性には一体どんな特徴があるのでしょうか。現在彼氏がおらず、素敵な異性...

アラサーの男性と大人の恋愛をする時のコツ

アラサーの男性と聞くと、大人の魅力が溢れる素敵な男性を想像する人もいるでしょう。 そういった落ち着...

浮気相手と彼氏どっちが好き?浮気相手と円満に別れる方法

彼氏がいても他の男性に惹かれてしまったり、ふとしたきっかけから他の男性と浮気をしてしまうこともありま...

彼氏がダメ男かどうかを判断するポイントなどについてご紹介

大好きな彼氏と楽しく付き合う事が出来たら、それだけで幸せな気持ちになるでしょう。 しかし、一緒に過...

恋とはどんな感じ?好きになりかけているときの特徴について

恋をするとはどんな感じになる事を言うのでしょうか。ついつい目で追ってしまったり、会えると嬉しいな...

話し方が優しい男性を振り向かせたい!恋愛に発展させるコツ

話し方が優しい男性のことを好きになってしまったあなた。誰にでも優しく接する男性は人気もあります。 ...

社会人と大学生の恋愛事情と長続きさせるコツ

大学の時に知り合い、当時は同じ学生だったとしても、少しでも年齢差があれば、後に社会人と大学生のカップ...

既婚の元彼から連絡がきたらどうする?元彼の気持ちと対処方法

ある日、既婚の元彼から連絡が来たらどうしますか?大好きだった元彼だったり、良い思い出ばかりが頭に浮か...

30代の婚活は厳しい?30代女性が婚活を成功させるコツ

20代は結婚なんてまだまだと思っていても、将来を見越して20代から婚活を始める女性が増えてきています...

スポンサーリンク

結婚式に参加する祖母の服装

結婚式で新郎新婦の親族が着る衣装と言えば、昔で言えば父親は紋付き袴姿、母親は黒留袖というのが主流でした。しかし今では、父親は黒のタキシードに白ネクタイ姿が一般であるのに対して、母親はあいかわらず和装を着用されている方が圧倒的に多いようですが、挙式から出席する親族にとっては、長い時間着慣れない着物を着て過ごすのは、何かと大変ですよね。しかしながら、高齢の祖母などの中には、やはり「結婚式では着物を着るもの」との考え方も根強いようです。

結婚式に出る女性親族は和装じゃなきゃダメ?

結婚式のようなフォーマルな場で、ましてやそれが孫の晴れ舞台ともなると、格式高い和装で参列するのが当たり前だと感じている祖母世代もまだまだ多く、母親と同様に黒留袖姿を選ぶのが基本です。ただし、母親よりも目立つことのないよう、裾の色柄を控えるべきとされています。

また、新郎新婦の姉妹に関しては、黒以外の上品で派手すぎない色味の着物を着用する方もいますが、まだ独身であれば振り袖を、既婚でしたら留め袖を着用すると良いとされています。

結婚式に参加する祖母が高齢の場合の服装

高齢の祖母が結婚式に参加するとなると、少しでもラクに過ごしてもらうために、あえて洋装スタイルを選ばれるケースも増えているようです。和装の両親と並んだ際の格を気にして、和装にこだわる方も少なくない反面、待ち時間の長さなどを考えると、祖母にはあえて洋装を勧めるという選択肢があっても良いのではないかと思います。

結婚式で高齢の祖母に洋装を勧める理由

  • 着心地がラクで快適に過ごせる
  • 体温調節がしやすい
  • 足運びがラク
  • トイレにも行きやすい

普段から着物を着慣れた方にとってはなんてことないのかもしれませんが、あまり和装を身に着ける機会のない高齢の方にとっては、着物で長時間過ごすだけでも非常にストレスがかかるものです。

その点、洋装であれば、自分の着心地の良い洋服や靴を身に着けられるので、身体的な負担を減らすことができるだけでなく、移動の際もラクに歩けるため、トイレに立つのを我慢したりする必要がなくなるという利点もあります。

結婚式のドレスにコサージュを付ける際の注意点

洋装で祖母が孫の結婚式に出るとなると、いくら華やかな場とはいえ、果たしてどのようにフォーマル感を出せば良いのかと、悩まれる方も多いかと思います。ともすると地味になりすぎる祖母世代のファッションですが、胸元にコサージュをあしらうことで、一気に結婚式にふさわしいいでたちになります。
しかし、コサージュであれば何でもいいというわけでありませんので、そこはやはり、場の雰囲気に沿ったマナーを覚えておく必要があるでしょう。

結婚式用のコサージュとして避けるべき色

着る服に合わせてコサージュを選ぶわけですが、洋服の色やデザインに合うからといっても白や黒のコサージュは避けるべきです。結婚式における白は、花嫁が身に着けるべき色とされていることから、コサージュといえどもできれば白ではない色を選びましょう。また、結婚式に弔事を連想させる黒のコサージュを選ぶ方はさすがに少数派だとは思いますが、これもマナー違反となることを念の為お伝えしておきます。

生花は避ける

花嫁のブーケや髪飾りに生花が使われることがよくありますが、親族はあくまでも主役より目立つ装いとならないように、造花やプリザーブドフラワーで作られたコサージュを選ぶようにしましょう。

結婚式に参加する祖母に似合うコサージュ選び

結婚式で高齢の祖母が洋装をするとなると、どうしても地味な色味やデザインの服を選びがちですが、ここにコサージュを付けることで、一気に華やいだ雰囲気になります。服の色にもよりますが、パールやレース、ビーズなどがあしらわれた、上品でなおかつ華のあるタイプがおすすめです。

結婚式なら華やかながらも祖母としての気品を感じられるような、そんなコサージュを

高齢の方はどうしても、地味で洋服と同化してしまいがちな色味のコサージュを選ぶ傾向にありますが、恥ずかしがらずに明るめの色を付けるべきだと、ご家族がすすめてあげると良いかと思います。明るい色とは言っても、やはりそこは年齢に合わせた上品さを優先するべきですので、あまりに派手な色遣いは避け、淡いピンクやゴールドなどを選ばれると合わせやすでしょう。

結婚式の胸元の飾りをコサージュではなくブローチにする場合

祖母世代の中には、コサージュだと大げさでなんだか気恥ずかしいと感じてしまう方もいることでしょう。そんな時は、結婚式以外にも使える華やかなブローチもおすすめです。コサージュほど目立ちはしないものの、顔立ちをパッと明るく見せてくれるような、上品なブローチであれば、今後もちょっとしたお出かけ時に使うことができるという利点もあります。

パールやラインストーンなどがあしらわれたタイプで、なおかつ大きすぎず普段遣いしやすいものを選んでプレゼントすれば、結婚式のあともさりげないおしゃれを楽しむことができますので、祖母もきっと喜んでくれるのではないでしょうか?
コサージュやブローチはそれだけでも目を引くアイテムですので、アクセサリーをムダに付けすぎてしまっては逆効果です。ピンポイントで華やかさを足すアイテムとして、活用されてみてはいかがでしょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688