ツヤ肌の作り方はパウダーで!ツヤを仕上げるポイントやおすすめ

ツヤ肌の作り方はパウダーを使ってもできます。リキッドファンデーションだとメイク崩れが気になるという人でも、パウダーファンデーションを使ったツヤ肌メイクならおすすめです。

そこで、パウダーファンデーションを使ったツヤ肌の作り方について、ツヤを仕上げるポイントやおすすめなどお伝えしていきましょう。

これで、パウダーの使い方や仕上げのポイントなどがわかれば、いつも艷やかな肌を手に入れることができるでしょう。
さらに、ツヤ肌の基本となる毎日のスキンケアについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

ヘアカットでミディアムに!面長が似合うコツやおすすめを紹介

ヘアカットでミディアムヘアにしたいけど、面長が余計に目立つような気がして躊躇している人もいるかもしれ...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、...

腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。 腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか? 一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。 あのア...

ヘアセットを結婚式の前に美容院でしてもらうときのポイント

友達の結婚式に出席予定だけれど、ヘアセットを自分でする自信がない…二次会もあるからくずれにくい髪型に...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

女は化粧で変わる。別人になれるメイクの方法

女性は化粧で変わると言いますが、通常では限度があります。 一般的な化粧の方法ですと、今より3割増し...

ボブのヘアアレンジ色々。ストレートでも華やかに見えるアレンジ

ボブスタイルは髪の毛を乾かす時間も短縮されお手入れも割と簡単なので、一度ボブにしたらやめられないとい...

ツヤ肌の作り方、プチプラで出来る方法とは

綺麗な女性の条件のひとつにツヤ肌がありますよね。 それはいつものお手入れとメイクをしているだけでは...

スポンサーリンク

ツヤ肌の作り方はパウダーファンデーションの使用量に注意すること

年齢とともに、肌のツヤが不足していると感じる女性は多いようです。
育児や家事に追われて、なかなか自分の時間を確保することも大変ですよね。ですが肌にツヤがあると、美肌に見え若々しい印象にもなるので、女性にとってはいつまでもツヤ肌でいたいものです。

ツヤ肌はメイクで作ることが出来るので、いつものメイクにツヤ肌ポイントをプラスしてみて下さい。

ツヤ肌にするために、リキッドファンデーションを使用している方もいると思います。
適度に油分を含んでいるリキッドファンデーションは、簡単に肌にツヤを与えてくれます。

その一方でメイク崩れしやすいと感じる方もいます。

しっかりと余分な油分をオフしないと、時間とともにどうしてもメイク崩れを起こしてしまいます。
これではせっかくのツヤ肌も台無しですよね。

実はツヤ肌はパウダーファンデーションでも作れます。

量を多くしてしまうと、パウダーファンデーションの粉っぽさが強調されてしまうので、量や塗り方にはポイントがあります。

使用するパウダーの量

パウダーファンデーションを塗るとき、メイクスポンジにべったりとファンデーションを取ってはいけません。

厚塗りになってしまい、ツヤ肌とは遠ざかってしまいます。

一度に取るファンデーションの量は、メイクスポンジの半分で十分です。

塗る順番

ファンデーションを塗るときは、面積の広いところから塗りましょう。

  1. おでこ
  2. 目の周り
  3. 鼻筋
  4. 口周り

の順番に塗っていき、最後の口周りは残ったファンデーションを塗る程度でOKです。

動きの多い場所にたくさんファンデーションを塗ると、崩れやヨレが起こりやすくなるので少量だけ塗るのがベストです。

どうしても足りなさを感じるときは、少量のファンデーションを重ねるように塗りましょう。

ツヤ肌の作り方はパウダーをのせた後の仕上げがポイント

薄くナチュラルを意識して、パウダーファンデーションでもツヤ肌が作れたはずです。
量に気を付ければ、パウダーファンデーションでもツヤ感は出せるのです。

さらにここで仕上げにもう一手間加えて、より輝くツヤ肌にしましょう。

メイクが肌に密着していないと、肌のトーンに合っていなかったり、粉っぽさが残ってしまうことがあります。

なので、自分の体温でメイクと肌が密着するように馴染ませます。

方法は非常に簡単で、あっという間に出来る裏技です。

パウダーファンデーションでメイクをした肌を、手のひらで覆うようにして体温を伝えるように温めます。一箇所一箇所ゆっくり丁寧に温めて下さい。この一手間でファンデーションが密着して、ナチュラルなのに綺麗なツヤ肌を完成させてくれます。

さらにハイライトパウダーの効果をプラスしてツヤ肌の作り方は完成

パウダーファンデーションを使って、ツヤ肌のベースとなる部分が完成しました。
ファンデーションを塗っただけでも肌が綺麗になり、パーッと明るくなりますよね。さらにハイライトをプラスすると、もっともっと自然に輝くツヤが出ます。
同時に顔に陰影が作られるので、立体感が生まれさらなる美人を目指せます。
  1. おでこと鼻筋のTゾーン
  2. あごの先端
  3. 目の下

の三点にハイライトを塗っていき、目の下はブラシに残ったハイライトを塗るくらいで大丈夫です。

面積が広くなるので、たくさん塗ってしまうと白浮きして不自然な状態になってしまいます。

目尻を囲うCゾーンと呼ばれる部分にハイライトを入れるメイクもあるので、仕上がりを見比べてみるといいですね。

パウダーファンデーションのブラシ使いもツヤ肌仕上げにおすすめ

ベースメイクをするとき、多くの方がメイクスポンジを使っているのではないでしょうか。
ファンデーションを購入すると付属でセットにもなっているので、何の疑問もなく使用している方が多いでしょう。

ツヤ肌ベースメイクには、ブラシを使ったメイクのやり方もおすすめです。

ブラシを使ったことのない方は、難しそうだし上手に出来なさそうと感じるかもしれません。
しかし、慣れてくるとブラシの方が使いやすさもあり、均一に塗ることが出来ます。

均一にファンデーションが塗れていると、その分仕上がりも綺麗ですしメイク崩れも防いでくれます。

メイクスポンジを使っても均一に塗れると感じますが、実はスポンジの方がムラになりやすいので、気付いていないだけで均一に塗れていないということが肌の上では起こっているのです。

ツヤ肌に欠かせないナチュラル感も出せるので、一度ブラシを使ったベースメイクを試してみてはいかがですか。

ツヤ肌を作るには透明感のでる毎日のスキンケアが大切

ファンデーションで作るツヤ肌について紹介してきましたが、やはり土台となる日頃からのスキンケアも重要なポイントです。

いくらメイク術を理解しても、土台となる肌がトラブルだらけではツヤのある肌は作れません。

きちんとスキンケアされていれば、メイク崩れも防止してくれます。

洗顔

肌に汚れが残っていては、メイクも綺麗に仕上がりません。
メイク汚れはクレンジングで落とし、肌の汚れがたっぷりの細かい泡で洗顔します。

このとき、肌をゴシゴシ擦らずに空気を含むように洗うのがポイントです。

最後に流水で何度も綺麗に洗い流して下さい。

化粧水

洗顔を終えた肌は水分が失われ、乾燥した状態になっています。
すぐに化粧水で水分を補給して下さい。

肌がふっくらするくらい、バシャバシャ化粧水を補って下さい。

乳液

化粧水で水分を補給した後は、乳液で油分を補給します。
水分だけを補っても、時間とともに蒸発してしまい、結局乾燥してしまいます。

油分を重ねることで水分の蒸発を防ぎ、潤いのあるスキンケアが完成します。

正しいスキンケアとメイクで、みんなが羨ましがるツヤ肌を手に入れましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688