【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがリキッドファンデーションにオイルを混ぜてツヤ肌を作るという方法です。
今回は乾燥肌の30代女性のためのツヤ肌の作り方をご紹介します。おすすめのオイルから塗り方まで詳しく説明します。参考にして下さい。

また、ツヤ肌を完成させたら、メイクもそれに合わせましょう。メイクする時のポイントもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘアセットを結婚式の前に美容院でしてもらうときのポイント

友達の結婚式に出席予定だけれど、ヘアセットを自分でする自信がない…二次会もあるからくずれにくい髪型に...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

手首が細い基準は手首の周りを測って15cm前後である

細い手首の女性は同性からみても魅力的ですので、男性から好印象なのは当然です。 細い手首になりたい女...

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか? 一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

モテる顔の特徴を知って、自分もモテる側の人間になろう

世の中にはモテる人とモテない人に分かれます。 その違いは顔だけにあるのでしょうか。 ここでは、モ...

腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。 腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的...

時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、...

ヘアカットでミディアムに!面長が似合うコツやおすすめを紹介

ヘアカットでミディアムヘアにしたいけど、面長が余計に目立つような気がして躊躇している人もいるかもしれ...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。 ただし、ボ...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

ショートヘアのアレンジはワックスを使うと簡単&可愛い

ショートヘアのアレンジに役立つワックス、ふんわりさせたいのに重くなってしまう、抑えたいのに膨らんでし...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。 ハイライト初心者でも、ハイ...

やってみたいヘアスタイルは前髪が短い髪型。似合う人とメリット

あなたの周りに前髪が短いヘアスタイルの人はいますか? モデルや芸能人にも見かけますが、どんな印象が...

スポンサーリンク

乾燥肌の人のためのオイルを使ったツヤ肌の作り方

乾燥肌の人は「マルラオイル」を使った方法がおすすめです。

マルラオイルとは、マンゴーの仲間のマルラから取れるオイルです。
さらっとしたテクスチャーな上に抗酸化作用が高いので、ツヤ肌メイクにはもってこいなのです。

マルラオイルでなくても、さらりとしたフェイスオイルで代用してもOKですよ。

オイルを使ったツヤ肌の作り方はいたってシンプルです。

「リキッドファンデーションにオイルを少し混ぜること」です。
たったこれだけで乾燥しにくい上に、憧れのツヤ肌を目指すことができますよ。

リキッドファンデーションに混ぜるオイルは6分の1程度が理想です。
あまり混ぜてしまうとリキッドファンデーションが肌にうまくなじまなくなってしまいますので注意してください。
マルラオイルは少量でも伸びがよいので、すこしだけ混ぜるだけで大丈夫なのです。

もしべたつきが気になってしまう場合は、フェイスパウダーを大振りのブラシにとり、ささっと顔を撫でると良いですよ。

ツヤ肌の作り方で重要なオイルを混ぜたリキッドファンデーションの塗り方

より綺麗なツヤ肌を作りたい場合には、オイルを混ぜたリキッドファンデーションの塗り方に注意しましょう。

ポイントは以下の3つです。

  1. 筆にチャレンジ
    是非筆でファンデーションを塗っていきましょう。
    筆で塗ることによって手で塗ったときよりも綺麗なつやが生まれますよ。
    平たい筆にリキッドファンデーションをなじませて、内から外になじませながら塗るだけ。
  2. 皮脂が多い部分はうす塗りに!
    皮脂で崩れてしまう鼻やおでこは薄塗りにしましょう。
    そうすることでそもそもの「崩れる」という概念を取り払ってしまうのです。
    フェイスパウダーで押さえるのもひとつの手ですよ。
  3. 目の下の三角ゾーンを大切に
    目の下にある三角ゾーンをご存知ですか?
    このゾーンを綺麗に仕上げると肌全体が綺麗に見えるという魔法のゾーンです。
    目の下の三角ゾーンを大切に仕上げることで、崩れ知らずの綺麗なつや肌を作りましょう。

オイルでパック!簡単ツヤ肌の作り方をご紹介します

オイルパックをして自慢の素肌を作って、肌が秘めたツヤを引き出しましょう。

  1. コットンにオイルを浸す
    パックにはコットンを使いましょう。
    チャックつきのポリ袋にコットンをいれ、オイルを投入すると無駄なくひたひたなオイルコットンが作れますよ。
  2. 顔に貼る
    乾燥の気になる部分にコットンを貼りましょう。
    目尻のしわが出来る部分やほうれい線ができる部分は皮脂腺がない部分で、乾燥しやすいためにしわが出来てしまうのです。
    この部分にオイルを足すとしわ予防にもなります。
    さらに光を集めたい目の下の三角ゾーンもコットンを張ると良いです。
  3. シリコンマスクで蓋
    オイルコットンは張り付きが悪いので。100円ショップでも手に入るシリコンマスクで蓋をしましょう。
  4. お風呂の中でパックするのもお勧め
    お風呂は天然のスチーム室です。
    スチームの力と合わせて肌に潤いをとじこめ、内からツヤがあふれ出す肌を作りましょう。

ツヤ肌を維持するためには、スキンケアも大切です

ツヤ肌を維持するためには、普段からスキンケアをして素肌を綺麗に保つことが大切です。

ツヤ肌を維持する朝と夜でのスキンケアのポイント

  • 寝ている間に出ている老廃物を洗顔でクリアにしましょう。
  • 化粧前にたくさんの化粧水を肌に与えましょう。ツヤ肌を生み出すポイントです!
  • クリームを塗ってしまうとべたついてしまうこともあります。朝は乳液で十分ですよ。
  • 乳液は肌に与えた水分を逃がさないように蓋をしてくれます。

  • 一日の疲れやダメージを回復させましょう。
  • 化粧落としは拭くタイプではなく、洗いましょう。
  • ほっとタオルで顔を暖めましょう。血行を良くすると老廃物も出て行きやすいです。
  • ふきとり化粧水もおすすめです。洗顔では落ちきらない角質を優しくオフしてくれますよ。
  • 化粧水で水分をたっぷり補給しましょう。
  • オイルや美容液をプラスすることで肌をワンランクアップさせることができます。
  • 乳液を塗った後、クリームを塗っても良いです。お肌へどんどん栄養を補給しましょう。
  • どんなに高い化粧水を使うより、大事なのは「睡眠」です。

ツヤ肌が完成したら、それに合うメイクをしましょう

ツヤ肌をもっと際立たせるためのメイク方法をご紹介します。

  1. フェイスパウダーは薄く
    フェイスパウダーをふんだんにつけてしまうと、せっかくのツヤが消えてしまいます。
    大き目のフェイスブラシにパウダーをとり、顔を撫でるようにのせましょう。
  2. クリームタイプ・ジェルタイプのものを使う
    ポイントメイクをパウダータイプからクリームタイプ・ジェルタイプのものを使ってみましょう。
    パウダーにはない「濡れ感」「ツヤ感」を演出することができます。
  3. パールやラメの入っていないリップメイクを
    パールやラメは光を集めることは出来ますが、ややわざとらしい印象になりがちです。
    自然なツヤを演出するために、瑞々しいテクスチャのグロスやルージュを使いましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688