ボブのヘアアレンジ色々。ストレートでも華やかに見えるアレンジ

ボブスタイルは髪の毛を乾かす時間も短縮されお手入れも割と簡単なので、一度ボブにしたらやめられないという人も多いでしょう。

ですがいつも同じようなヘアスタイルではなんだかつまらないと感じていませんか?

そこで今回はストレートのボブスタイルのヘアアレンジについて紹介します。

ストレートのボブは黒髪でも重い印象がないのでおすすめですが、まずは一つ結びにするアレンジのやり方やポイントを紹介します。

忙しい朝にもおすすめなのが、片耳にかけるスタイルやハーフアップ。それだけでも印象が変わります。

また「くるりんぱ」は、華やかさが増すスタイルで結婚式にもおすすめです。

時間に余裕がある休日などは、編み込みに挑戦してみませんか?やり方を紹介します。

色々試してみたいボブのヘアアレンジをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

まとめ髪【ロング】40代でも簡単オシャレになるコツとアレンジ

40代のロングヘアの女性がまとめ髪をするときは、どんなことに気をつけるとオシャレにまとめることができ...

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか?最近は女性のショートヘアス...

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか?一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

ツヤ肌の作り方はパウダーで!ツヤを仕上げるポイントやおすすめ

ツヤ肌の作り方はパウダーを使ってもできます。リキッドファンデーションだとメイク崩れが気になるという人...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。ハイライト初心者でも、ハイ...

女の魅力に拍車をかけられる、自分磨きの方法

女性の外見や中身は三者三様ですが、しっかり磨きをかけないと、輝くことは出来ません。元々美人だった...

目の下のくまは種類を知って正しい方法で消すことが大切

目の下のくまは年齢よりも老けて見られる原因です。一時的なものであればそれほど気にかけない方も多い...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは?結...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたい...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

手首が細い基準は手首の周りを測って15cm前後である

細い手首の女性は同性からみても魅力的ですので、男性から好印象なのは当然です。細い手首になりたい女...

同窓会にドレスを着るときの髪型とは?おすすめを紹介

成人式が終わった後の同窓会はドレスで出席の予定だけれど、髪型は振り袖のときと変えたほうがいいのでしょ...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。ただし、ボ...

スポンサーリンク

ストレートボブのおすすめスタイルと一つ結びのヘアアレンジのポイント

ボブは短すぎず長すぎず、またアレンジ次第では簡単にどんなスタイルも作れる優秀なヘアスタイルです。髪の長さも決して長いわけではありませんので、カラーリングをしない黒髪やトーンの暗いカラーでも決して重たいイメージにならず、また、髪が短いのでパーマをかけなくてもボリュームが付けやすいスタイルでもあります。

ストレートスタイルでボリュームが欲しい時には、耳あたりのボリュームが多くなるひし形シルエットのボブがおすすめです。

ストレートボブの簡単ヘアアレンジはやっぱり一つ結びのアレンジです。

忙しい朝でも一つ縛りならササっとできますよね。
結ぶ時にあえて顔周りや襟足におくれ毛を残す事によって、柔らかい印象のこなれた一つ結びを作ることもできます。

また、使うスタイリング剤によっても全く違った表情になり、今流行のウェットっぽい感じのスタイリング剤を使い、毛先を少しずつねじりながら取ることで、一味違った一つ結びを楽しむこともできます。

ボブスタイルの一つ結びは、毛先がちょこんとしていてとってもかわいいですよね。

忙しい朝でもOK!ストレートボブのヘアアレンジ

朝はゆっくり寝ていたいけれど髪型だって手を抜きたくない時には、一瞬で雰囲気を変えられたら最高ですね。
そんな時には、左右お好きな方の髪を耳にかけてみましょう。

ストレートボブの簡単ヘアアレンジは片方だけ耳にかけるのがポイントです。

ちょっとアシンメトリーっぽい雰囲気でクールさを出す事ができます。

もし、可愛いピンをお持ちでしたら、かけた方の髪にだけ付けてあげる事でアクセントを足す事ができます。

ストレートのままでも十分可愛いですが、スタイリング剤を付ける時間があれば、少し硬めのワックスなら手に少量取って手のひらに薄く伸ばし、髪全体に下から揉み込むようにして付けてあげると、ふわふわのスタイルになりますよ!

ハーフアップで、お気に入りのバレッタを付けたら知的さが増してデキる女の雰囲気になります。

顔周りの毛を少し残してハーフアップを作ったら、残った顔周りの毛を三つ編みやロープ編みで編んでハーフアップの毛先と一緒に結んだらちょっと手の込んだ今風のハーフアップの出来上がりです。

少しおくれ毛を残す事でこなれ感を出す事もできます。
その日の気分で変えてみるのも楽しいですね。

ストレートボブのヘアアレンジはくるりんぱで華やかに

くるりんぱの良い所は、くるりんぱを一つ加えるだけで手間がかからないのに手の込んだようなヘアアレンジになる所です。

ポニーテールもくるりんぱを取り入れるだけであっという間に今風のこなれ感満載のヘアアレンジにすることができます。

ポニーテールをする時にはそのまま縛っても良いのですが、できれば髪全体に薄くスタイリング剤を付けるとまとめやすくなります。

耳より下の位置でポニーテールを作りくるりんぱをします。
たったこれだけでも雰囲気はグッと代わりますが、更にくるりんぱした部分の毛やトップの毛を少し引っ張ってほぐす事でルーズな感じが出て抜け感のあるポニーテールがあっという間にできてしまいます。
お好きなヘアアクセサリーがあれば付けてあげると雰囲気の変化が楽しめます。

それからボブのアレンジは結ぶことばかりではありません。

前髪のアレンジ一つでも雰囲気はとっても変わります。
いつも前髪をおろしていたり、流していることが多い方は「ポンパドール」はいかがでしょうか。

前髪をただ上げるのではなく、ちょっとねじってピンで留めるだけの簡単なテクニックです。
ふくらみを多く持たせてあげるには髪の長さが必要になりますが、短くたってポンパドールは作れます。
髪が柔らかい人はハードスプレーを少しかけてあげるとボリュームをキープする事が可能です。
これなら髪を結ぶよりも楽にヘアアレンジを楽しむことができます!

くるりんぱを詰め込んだヘアアレンジは結婚式にもおすすめ

結婚式などの華やかな場所にお呼ばれされた時には、アップスタイルのまとめ髪で華やかにアレンジしたいですが、髪が短いからと諦めていませんか?

ストレートボブだってくるりんぱを使えば華やかなアップスタイルになることができるんです。

まずは下準備として、ホットカーラーや少し細めのコテなどを使って髪を全体に巻いておきます。
毛先だけでもカールがあると仕上がりが可愛くなります!

  1. 少し硬めのワックスを少しだけ手に取り、手のひらに良く伸ばします。
    髪全体にワックスを付け、髪をまとめやすくしておきます。
  2. 顔周りの毛は少し残すとふんわりとした印象を作る事ができますので残しておきましょう。
  3. 耳上の髪を使ってハーフアップを作り、くるりんぱします。
    くるりんぱした部分はちょっと髪を引っ張ってほぐすと柔らかい雰囲気になります。
  4. 作ったハーフアップの毛先は三つ編みにして、毛先は見えないように内側に入れてお団子を作ってピンで留めます。
  5. 残しておいた両サイドの髪は三つ編みにしてハーフアップの毛先で作ったお団子の反対側に持って行ってそのまま巻き付けるようにして処理してピンで留めましょう。
この工程を簡単にまとめると、ハーフアップを作ってくるりんぱをしたら、残りの髪は三つの三つ編みにします。
ハーフアップの毛先をお団子にしたら残った両サイドの三つ編みを巻き付けるだけという簡単な行程です。

普段のハーフアップにプラスアルファする事で、華やかなヘアアレンジを作る事ができるのです。
特別な日にぜひお試しください。

ボブスタイルでも編み込みにチャレンジ

編み込みは通常の三つ編みをしながら周りの髪をすくって作るスタイルですので、苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、二本の毛束をねじりながら進んでいく編み込みなら三つ編みの編み込みと比べて格段にやりやすいのでチャレンジしてみましょう。

カチューシャのように編み込むと骨格もカバーされていいことづくめです。

誰にでも似合うスタイルですので是非試してみてください。

  1. 髪は分け目で左右に分けます。
    7:3くらいの比率で分けると自然に見えますのでおすすめです。
  2. それから髪を少し取って二本に分けて縄のようにツイストにねじっていきます。
    左右どちらから始めても構いませんが、先に分け目の多い方から編み始めると上手にできます。
  3. 編み進めると同時に周りの毛を少しずつ取って編んでいき、耳後ろまで来たら一度ストップして今まで編んだところを少しほぐします。
    このほぐす作業が大切でふわっとなって雰囲気が優しくなるのと、骨格をカバーする働きがあります。
    良しと思ったら編み終わりをピンで固定して出来上がりです。

もちろん三つ編みの編み込みでやってもとってもかわいいですよ!

ねじりながら進んでいく先の毛を拾っていくイメージで編み進めてください。

ボブは扱いやすさがピカ一のヘアスタイルです。
ちょっとしたテクニックでいろんなアレンジができますので是非ためしてみてくださいね。