腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。
腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的です。

下っ腹お腹になってしまう原因は、生活習慣、妊娠出産の影響、筋力の衰えなど様々です。
運動が苦手でも育児中で限られた時間しかなくてもきれいな腹筋に仕上げることは可能です。
きれいな腹筋がつくと、くびれも期待できます。

下っ腹お腹の原因を追求して改善していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ツヤ肌の作り方はパウダーで!ツヤを仕上げるポイントやおすすめ

ツヤ肌の作り方はパウダーを使ってもできます。リキッドファンデーションだとメイク崩れが気になるという人...

ボブのヘアアレンジ色々。ストレートでも華やかに見えるアレンジ

ボブスタイルは髪の毛を乾かす時間も短縮されお手入れも割と簡単なので、一度ボブにしたらやめられないとい...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

モテる顔の特徴を知って、自分もモテる側の人間になろう

世の中にはモテる人とモテない人に分かれます。その違いは顔だけにあるのでしょうか。ここでは、モ...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。ただし、ボ...

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

やってみたいヘアスタイルは前髪が短い髪型。似合う人とメリット

あなたの周りに前髪が短いヘアスタイルの人はいますか?モデルや芸能人にも見かけますが、どんな印象が...

ショートヘアのアレンジはワックスを使うと簡単&可愛い

ショートヘアのアレンジに役立つワックス、ふんわりさせたいのに重くなってしまう、抑えたいのに膨らんでし...

時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、...

女は化粧で変わる。別人になれるメイクの方法

女性は化粧で変わると言いますが、通常では限度があります。一般的な化粧の方法ですと、今より3割増し...

みんなに愛される柔らかい印象の女性にメイクで簡単に早変わり

女性は綺麗になるためにメイクをします。そして綺麗になりたいという努力は本当に女性を美しくしま...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。ハイライト初心者でも、ハイ...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか?最近は女性のショートヘアス...

スポンサーリンク

朝と夜のNG習慣えを整えてポッコリお腹を改善

ポッコリお腹の原因は普段している生活を改善するだけでも変わってきます。

朝ごはんはしっかり食べる。

朝目覚めて食欲がない時はあります。私たちは1日の始まりを目視で確認することが出来ます。しかし体内では食事を取り入れる事で1日の始まりを感じるのです。朝ご飯を食べないと1日の始まりが次のご飯からのスタートになってしまい、そのまま就寝前まで体内の生活リズムが狂ってしまい体内に脂肪を溜め込みやすい状況になってしまうのです。

甘い物を食べる時間は午後から

おきてから午前中のうちは食べた糖質を吸収しやすい時間帯になります。消化できなかった糖質は中性脂肪となり溜め込んでしまいます。午前中の甘い物の摂取には野菜や体に良いとされる脂質を一緒にとって糖の吸収を抑えましょう。

生活のリズムを整え体内も整えましょう。

仕事のリズムが夜働き、日中休む様な勤務体制、また週末の休みに夜更かしをしたり、寝られない環境が続くと睡眠のリズムも崩れますが、体内のリズムも崩れてしまいます。疲れてくると普段食べていないようなものを欲することがあり体内も普通の状況では無いと感じることがあります。

そして食した物を消化するスピードや量も変わってくることを実感します。それは寝る時間を十分に取っていたとしても、寝る時間おきる時間にばらつきがあり毎日のリズムが整っていないときにも起こりうることがあります。

まずは寝る時間おきる時間を整えた生活をはじめてみましょう。

産後の女性は骨盤の歪みが影響している可能性がある

妊娠しているときはお腹だけではなく、妊娠前よりも丸みを帯びて腰周りも大きくなっています。赤ちゃんを元気に出産するには必要な体の変化なのです。

骨盤が歪むと出るからだの変化

骨盤の歪み方によって姿勢が悪くなってしまいます。背中が反れてお腹が出ているように見えたり、真っ直ぐ体を支えていられないため背中が丸まってしまったり、場合によっては下半身の痛みにつながってしまいます。骨盤を整える事で体の痛みや正しい姿勢を保ちやすくなります。

普段の生活から骨盤のゆがみの原因を探ってみましょう。

椅子に座ったときに足を組んでいる。

椅子に浅く腰をかけると足が遊んでしまい落ち着かなくて無意識に足を組んでいるときはないでしょうか?どちらかに負担がかかってしまい、骨盤のゆがみがひどくなってしまうこともあります。

片側だけに体重をかける。

座って作業をする事が多い人は見直してみましょう。

しっかり座っているように思えてどちらかだけに体重をかけていることはないでしょうか?どんなに真っ直ぐ座ろうとしていても体が曲がってはいないでしょうか?

均等に負荷がかかっていない時は骨盤のゆがみを疑いましょう。子育て中のママも子どもの抱っこの際にどちらか得意な方向があるでしょう。たまに違う角度にしてみたり、方向を変えたりして自分の骨のゆがみを改善しながらお世話をしてみましょう。

運動が苦手な女性でもきれいな腹筋をつける簡単な方法

小さな子どもがいる子育て中のママでも空き時間に音を立てず行えるきれいな腹筋をつけるためのトレーニングです。赤ちゃんのお昼寝の時間を狙って試してみましょう。

平らな場所とマットがあればできる運動

  1. 自分が足を伸ばし、手を左右に広げた状態でも障害物がない場所を探し上半身が乗るくらいのマット又は座布団を敷きましょう。
  2. 仰向けになり両足を上げて、ひざから曲げひざから足先が床と平行になるようにしましょう。
  3. 手は腰の横に置いたり、前で組みましょう。
  4. そのままの状態で自然な呼吸を意識したまま5秒保ちます。出来る用になったら時間を延ばしていきましょう。1回5秒を終えたら5秒脱力し、それを10回繰り返します。1日5回を目標に頑張ってみましょう。

ステップアップしたい時はひざの間に折りたたんだバスタオルを挟んだり、足を左右に揺らして負荷をかけてみましょう。

きれいな腹筋をつけるためのコツ

一気には結果を出せるものではありません。きれいな腹筋が実感できてからも継続が必要になります。コツコツと行ってみましょう。

運動は毎日行う。

きれいな腹筋をつけようとはじめたはいいが、なかなか時間が取れなくて継続できないとなると思ったような効果を得られず、やる気が出ないことがあります。腹筋は短期間につくものではなく長い時間をかけてつけていくものなので、家事の合間やテレビをみながら、赤ちゃんをあやしながらなど何かをやりながらでも毎日行うことを意識付けましょう。また他のトレーニングと一緒に行う事で効果を感じられます。

なりたい腹筋の人の写真を見る。

女性に関わらずきれいな腹筋をつける運動というのは忍耐力と継続性が必要になります。しかしなかなか効果が見られないとやる気が出なくなってしまったり、途中であきらめたりしてしまいます。そんなときたまにテレビなどできれいな腹筋の女性トレーナーを目にする事で自分を奮い立たせることが出来ます。常に観られる位置に置き視覚からやる気を出してみましょう。

普段もお腹に力を入れる習慣をつける。

普段何気ない時のお腹を触ってみてください。意外と気が抜けた状態になっていることが多いです。家事をしながら、机に向かっているとき、子どもの抱っこ時なども姿勢を意識してお腹に力を入れてみましょう。お腹だけではなく背中も真っ直ぐにして肩甲骨を近寄せるように胸を張り一緒に他の部位も伸ばしてみましょう。

女性が腹筋を鍛えてお腹をきれいにするメリット

良い姿勢を保ちやすくなる。

腹筋がつくと体を真っ直ぐ保つことが苦痛ではなくなります。腹筋がない状態だと背中の筋肉だけで支えていたため、すぐに疲労を感じ気付いたときには姿勢が悪くなってしまいますが、背中の筋肉とお腹の筋肉で支えることが出来負担を感じず姿勢を保つことが出来ます。

体調が整う。

腹筋をしている時から腸が活動しているのか、お腹の音がなったり動いているのを感じることがあります。そして私は翌日、快便で腸内の便が出きったかのような爽快感を感じています。少しサボってしまうとその効果は止まってしまうため、毎日継続して体調を整える必要があります。

疲れにくいタフな体になる。

腹筋がつき腰に負担をかけず真っ直ぐ綺麗な姿勢を保つことが出来れば、腰痛や肩こり、首こりが辛くて体調が悪いという状態が軽減されてきました。数年続けていると基礎代謝も上がるのか冷えていてもすぐに体が温まるようにもなっています。

きれいな腹筋をつけることも大事ですが、疲れにくい体を手に入れて、更に腹筋に挑戦するのも大事なことです。