ふわふわな雰囲気が人気!メイクで叶える憧れの癒やし系女子

メイクには流行があり毎年のように変わっていきますが、男性が変わらずに支持するのは優しそうな雰囲気のメイクでしょう。
ふわふわとした癒やし系女子メイクなら、優しさだけでなく純粋なイメージのアップにも繋がります。
このようなメイクはベビーメイクやうさぎメイクなどいろいろな表現をされますが、どれもピンクを基調としてふわふわとした愛らしいイメージのメイクで、愛されメイクの王道といえるでしょう。
ここではベースメイクからはじめて、眉、目元、頬、リップの順でふわふわ癒やし系女子になれるメイク方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショートボブのお呼ばれヘア!結婚式にOKな髪型をご紹介

結婚式に招待をされたら髪型は美容室でセットをしてもらいますか?それともセルフでアレンジをしますか?そ...

手首が細い基準は手首の周りを測って15cm前後である

細い手首の女性は同性からみても魅力的ですので、男性から好印象なのは当然です。 細い手首になりたい女...

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。 でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

ヘアセット方法で雰囲気の変わるロングポニーテールアレンジ方法

ロングのポニーテールはヘアセット次第で、アクティブにもキュートにもクールにも見せることができますよね...

みんなに愛される柔らかい印象の女性にメイクで簡単に早変わり

女性は綺麗になるためにメイクをします。 そして綺麗になりたいという努力は本当に女性を美しくしま...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

ショートカットでもヘアアレンジしたい!学校にしていける髪型

ショートカットでもいつもと違うヘアアレンジで学校に行きたいときにはどんなことをしたらいいのでしょうか...

まとめ髪【ロング】40代でも簡単オシャレになるコツとアレンジ

40代のロングヘアの女性がまとめ髪をするときは、どんなことに気をつけるとオシャレにまとめることができ...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。 ただし、ボ...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

同窓会にドレスを着るときの髪型とは?おすすめを紹介

成人式が終わった後の同窓会はドレスで出席の予定だけれど、髪型は振り袖のときと変えたほうがいいのでしょ...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

ヘアアレンジでセミロングもデートで簡単可愛く!ポイントを紹介

ヘアアレンジでセミロングでもデートにピッタリなオシャレで可愛いヘアスタイルにしたいけど、不器用だから...

ヘアアレンジ【ショート】シーン別アップスタイルのアレンジ方法

ショートヘアの人は、ロングヘアの人のようにヘアアレンジを楽しめないと思っていませんか。ショートヘアで...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。 ハイライト初心者でも、ハイ...

スポンサーリンク

ふわふわとした優しげな雰囲気の女子に変身!一番大切なベースメイク

ふわふわとした柔らかい印象のメイクは男性からも人気があります。

優しい感じがするメイクで最も大切なのがベースメイクです。赤ちゃんのような柔らかな素肌感を目指してください。

ベースメイクは薄塗りが基本

メイクをしていないようなナチュラル感を残してください。

ベースメイクはついつい肌の悩みをカバーしようと厚塗りになってしまいがちです。いかにもファンデーションを塗っていますといった感じではふわふわメイクが遠のいてしまいますよね。

  1. 化粧水などで肌を整えた後で下地を塗ります。
    肌をカバーしたいのならリキッドファンデーションを全体的に薄塗りにしてください。
  2. 気になる部分にはコンシーラーを使います。
    にきびの後やそばかすなど、隠したい部分にだけコンシーラーを重ね、指で馴染ませてください。
  3. 最後にパウダーを薄く重ねておくと肌をより明るく見せ、健康的な印象にすることができます。

ファンデーションは色味も大切

肌の悩みが特にない人ならパウダータイプのファンデーションを使うとより自然な素肌感を出すことができます。全体的にパウダーファンデーションを薄く塗ってください。

そして自分の肌に近い色を選んでください。肌より白っぽい色を使うと首との境がはっきりわかり、自然な感じには仕上がりません。

ふわふわな癒やし系女子と思わせるポイントの眉メイク

ふわふわ癒やし系メイクは眉が決め手でもあります。

眉は柔らかい雰囲気を出すように、甘い感じに仕上げるのがコツです。
ふわふわメイクであっても眉を濃くキリッとさせてしまうと、力強いシャープな印象になってしまいますので気をつけてください。

平行眉は柔らかい印象になる

上がり眉では凛々しくて頼もしい印象になってしまいます。眉は骨格を無視して整えてもまた不自然な仕上がりになります。もともとの眉の形とのバランスを見ながら整えていきましょう。

眉に使うカラーはピンクブラウン系がおすすめ

肌にやさしく馴染み、主張しすぎない眉に仕上げることができます。

眉を描くときはまず眉の下の部分が平行になるように引き、バランスをみながら全体を描いていきます。太くなりすぎないように気をつけてくださいね。

ふわふわな癒やし系女子を印象づけるアイメイク

ふわふわメイクははかなげな感じを出すことがポイントです。アイメイクはきつくならないようにし、少しタレ目気味にすると良いでしょう。

温かみのある色で春をイメージしたメイクに仕上げること

アイシャドウはブラウン系を使います

色は濃くなりすぎないようにして、メイクをしていないかのように薄く仕上げてください。

  1. まぶた全体にベージュをのせて血色をよくします。
  2. ベージュとブラウンでグラデーションを作るよにしてアイシャドウをのせてください。アイシャドウは薄くつけるだけで十分です。
  3. 柔らかいタレ目の印象をつくるように、目尻の部分にだけに赤のシャドウを少しのせます。
アイライナーはブラウン系を使い、アイメイクが薄い分、少し濃い目に引くと良いでしょう。

目元に甘さを残しながら、ぱっちりと大きな目に仕上げてください。
ふわふわメイクの中に大人っぽさを出したい時は、目尻に濃いめのブラウンをプラスしてみてください。

目元がきりっとしながら、タレ目効果で適度な甘さを出すことができます。

つい触りたくなるようなふわふわほっぺメイク

ふわふわメイクはほっぺに特徴がありますよね。ほんのりのピンク色をした赤ちゃんの頬をイメージして、柔らかい質感と女の子らしい優しさを出すように仕上げます。

童顔を意識してチークを入れるのがコツです。

チークに使いたい色は赤とピンク

チークを入れるのは頬の部分だけです。

ニコッと笑ったときに盛り上がる部分にチークを入れて、ほっぺが火照ってるかのように丸くピンク色に入れてください。
ナチュラルに仕上げたいときはピンク色をほんのりとのせ、より幼く見せたいときには赤みを強くしてみてください。

小顔効果を狙いたいときはサイドの部分にもチークを足すようにします。頬の一番盛り上がる部分は色がはっきりわかるくらい濃い目にチークをつけ、サイドの部分は薄くナチュラルにつけるだけで十分です。

ふわふわ癒やし系女子メイクの仕上げはリップ

ふわふわメイクの仕上げはリップです。潤いのあるぷるっとした唇は健康的でとても魅力がありますよね。

唇がカサカサに荒れているとふわふわメイクも台無しです。

肌も当然ですが、唇も普段からしっかり手入れを忘れないでおきましょう。

リップはメイクに合わせてピンク系がおすすめ

ガーリーな雰囲気になるようなピンク色のリップを選んでください。

リップが薄いと目元や頬のメイクだけが目立ってしまいます。少し濃い目のピンクを選ぶのがコツです。

また、オイルリップなどを使って口元に透明感を出すようにしましょう。マットな仕上がりのリップは使わないようにするか、マットなリップで色をしっかりつけた場合は上からツヤ感のあるリップを重ねて潤いを出しても良いです。

口元はぷるっとした立体感のある潤いを残しつつ、主張しすぎないように仕上げるのポイントです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688