清潔感のある髪型にして、女性の魅力をさらにアップさせよう

清潔感のある人は、男女問わず好感が持たれます。
清潔感と聞くと、服装のことを一番に思い出す方も多いと思いますが、実は髪型も重要なポイントなのです。
ここでは、清潔感のある女性になるための髪型の選び方や、ヘアケア、さらに清潔感を完璧にするためのスキンケアについてもご紹介しますので、爽やかな清潔感を身につけて、素敵な男性を捕まえましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか?一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

女性の体型はどれがいい?男が好みの女の体型と特徴を解説

男性は、女性のどんな体型が好みなのか知りたい女性もいるのではないでしょうか。男ウケの良いスタイルにな...

手首が細い基準は手首の周りを測って15cm前後である

細い手首の女性は同性からみても魅力的ですので、男性から好印象なのは当然です。細い手首になりたい女...

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。あのア...

ボブのヘアアレンジ色々。ストレートでも華やかに見えるアレンジ

ボブスタイルは髪の毛を乾かす時間も短縮されお手入れも割と簡単なので、一度ボブにしたらやめられないとい...

ヘアアレンジ【ショート】シーン別アップスタイルのアレンジ方法

ショートヘアの人は、ロングヘアの人のようにヘアアレンジを楽しめないと思っていませんか。ショートヘアで...

ツヤ肌の作り方はパウダーで!ツヤを仕上げるポイントやおすすめ

ツヤ肌の作り方はパウダーを使ってもできます。リキッドファンデーションだとメイク崩れが気になるという人...

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

ふわふわな雰囲気が人気!メイクで叶える憧れの癒やし系女子

メイクには流行があり毎年のように変わっていきますが、男性が変わらずに支持するのは優しそうな雰囲気...

時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。ハイライト初心者でも、ハイ...

パーティー向きの髪型は、ミディアムならどんなアレンジが良いの

結婚披露宴などのパーティーにお呼ばれしたら、ドレスと一緒に髪型も華やかにしたいですよね。ある程度...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

ショートボブのお呼ばれヘア!結婚式にOKな髪型をご紹介

結婚式に招待をされたら髪型は美容室でセットをしてもらいますか?それともセルフでアレンジをしますか?そ...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

スポンサーリンク

女性におすすめな清潔感のある髪型のポイント

ショート

清潔感のある髪型のひとつに顔周りのスッキリ感があります。髪が短く縛ることが出来ないショートはカットの時点で髪が顔周りにかからないカットの方法をしてもらいましょう。

中でも口と鼻の間くらいの位置でふくらみを持たせたひし形のストレートのショートボブのシルエットは清潔感があり、更に明るい印象を与えることが出来ます。

ミディアム

ミディアムでも同様、周りの髪の毛はスッキリ見せる事で清潔感を出すことが出来ます。サイドの紙を大き目のカーラーやコテを使って動きをつけます。顔周りに髪が落ちてこないように整髪料を使うといいでしょう。

またストレートや裾だけ内側や外ハネになっている真っ直ぐでツヤのある髪が顔周りにあっても清潔感を出すことが出来ます。

ロング

清潔感のあるロングはゆがみのないストレートでツヤがある真っ直ぐな髪を想像させます。

裾だけワンカールさせて動きを出したり、全体に大き目のカールを施したふんわりしたスタイルもおすすめです。

清潔感のある髪型にするなら、女性はこんなところに気をつけよう

日々のお手入れが大事

傷んでしまった髪を再び健康な髪に戻すことは出来ません。傷んでしまった髪は切れる長さまで伸ばしきってしまうしか方法は無いのです。

日ごろから髪に負担をかけないことが大事です。

普段アイロンやコテを使っている場合熱によって髪の毛の水分が奪われて傷みを促進させてしまいます。

またセルフカラーをしている場合はカラー塗布から、放置時間まで意外と時間がかかってしまい薬剤によって髪が傷んでしまうこともあります。

きちんと規定の時間を守りカラーしましょう。
またその後もトリートメントなどで傷んだ毛先を修復しましょう。

正しいヘアケアを行いましょう

髪には見えない汚れがついています。自分から出る頭皮の脂、それにつく空気中の埃や汚れた空気中のゴミなどが髪の毛、又は頭皮についているのです。

毎日そのような環境に居るのだから、毎日シャンプーしてリセットした状態で寝ることが大事です。

リセットした髪には潤いも大事です。毛先のみしっかりと全ての髪の毛にトリートメントをして潤いを閉じ込めましょう。

清潔感のある女性の髪型にしても、臭いがしたらすべて台無し

洗い方に問題がある

頭皮の臭いはシャンプーの回数が少ないからと思われがちですが、臭いを気にしすぎて洗いすぎてしまう事で臭いを発することもあります。何度も洗うと頭皮に必要な水分が少なくなり乾燥してしまいます。乾燥を防ごうと油分で補うため頭皮からたくさんの油分が出てその油分を餌にする菌が繁殖する事で嫌な臭いを放出させるのです。

1回の洗髪でシャンプーは1回にして、指の腹を使って優しく洗ってみましょう。

普段の生活リズムが崩れによる頭皮の臭い

週末の夜更かし、仕事が繁忙期になり早い出社、残業などでいつもの生活リズムが崩れてしまった時、頭皮が臭うことがあります。

時間のずれ以外にも食事の栄養の偏りや摂取した脂質や糖分の量によっても頭皮に影響することがあります。

ストレスでもにおいがする

ストレスにより自律神経のバランスが崩れ、皮脂の分泌が過剰になる事で頭皮が臭くなることがあります。

清潔感を出したいのに髪がパサつきがちな女性におすすめなヘアケア

パサつく髪の原因のひとつに水分が足りていないということがあります。水分を多く取り入れることが出来る髪質に変える必要があります。

専門的な頭皮マッサージを受ける

シャンプーの方法や生活習慣、食生活によって頭皮が脂っぽくなったり、毛穴に汚れがつまったりしていることがあります。その状態が続くと脂っぽくなったり髪の土壌である頭皮が健康な状態ではなくなってしまいます。

頭皮洗浄は専門的なお店や、美容室などでも行っています。頭皮の状態を拡大して確認してから、状態に合わせて洗浄を行ってくれます。

シャンプーを見直す

シャンプーし終わりトリートメントやコンディショナー前の状態の毛先の状態を確認してみましょう。

水気を絞ったらほぼ乾いた状態になっている、指やくしを通したらちぎれてしまう状態であれば毛先に水分が行き渡ってはいません。

シャンプーで必要な水分や油分も洗い流している可能性があります。

毛先に負担がかからないように頭皮や根元を重点的に洗うだけでも毛先の洗浄は出来ます。

シャンプー後は毛先にトリートメントを多めにつけてラップやシャンプーキャップなどで多い浸透させて見ましょう。

タオルドライ、ドライヤーの温度を考える

シャンプー後の髪を拭いたり乾かしている時を見直してみましょう。

ドライヤーを長く当て乾かすよりも、タオルで十分に髪の水分を取り除くことが大事です。

タオルで髪の毛を覆い手を大きく開き指の腹を使い頭皮を拭きましょう。その時頭皮を強くこすってしまうと頭皮にダメージを与えてしまうため、手首のスナップを利かせて毛先の水分を散らすイメージをして拭きます。

毛先の束が細かくなり、しずくが滴り落ちなくなったら、頭皮から乾かしましょう。

そこでも毛先の水分は散らすイメージをして、ある程度乾いたら冷風に変えて乾かしながら水分を閉じ込めましょう。

完璧な清潔感を手に入れるためには、スキンケアにも力を入れよう

毎日のクレンジングとウォッシングは欠かさずに

毎日メイクをする人は勿論、日焼け止めを塗っただけでもクレンジングは必要です。またメイクはしていないけどという場合も肌の油分やミルクローションの潤いに空気中の小さな埃がついている場合があります。

ノーメイクで過ごした日もお肌のリセットのためにクレンジングはおすすめです。

クレンジングは油分と馴染んだら指先が急に軽くなりますそうなったらウォッシングで油分と汚れを落としましょう。

スチームタオルで毛穴をリセット

スチームタオルは美容エステや美容室等だけでするものと面倒なイメージがありますが、家で簡単にでき、スキンケア以外にも1日疲れた目を休める事に適しています。

フェイスタオルを濡らし水が滴らない程度に軽く絞ります。

ビニール袋に入れて口を縛らない状態で電子レンジの600Wで30秒~40秒を目安にかけます。

もった時外側が熱くなくても内側が熱くなっている時があるため注意しましょう。タオルを縦に長く折り鼻を出すようにして顔に当てましょう。

泡のクッションで毛穴の汚れをこそぎ取る

洗顔料を手に出し少量の水を加え馴染ませます。そこに水にくぐらせた泡立てネットをはさみ手の平をこすり合わせて泡を立てます。

ある程度泡が立ったらあわ立てネットの泡を絞り手の平と肌の間の泡でマッサージするように洗います。

全体洗い終わったら人肌程度のお湯で洗い流しましょう。

潤いを与え、閉じ込めましょう

ウォッシングが終えたら、乾燥する前にローションをコットンに取りパッティングしましょう。

顔全体に潤いを与えたら、ミルクローションで蓋をして更に乾燥を防ぎます。