ショートボブのお呼ばれヘア!結婚式にOKな髪型をご紹介

結婚式に招待をされたら髪型は美容室でセットをしてもらいますか?それともセルフでアレンジをしますか?そもそもセルフのヘアアレンジは大丈夫?と、心配される方もいらっしゃいますよね。

結婚式にお呼ばれした場合、服装と同じように髪型にもマナーが存在します。そのポイントを抑えることができれば、セルフアレンジも大丈夫!問題はありません。

そこでセットが難しいと感じるショートボブのヘアアレンジ、結婚式の髪型マナーについてもご紹介をいたします。結婚式の前にはアレンジの予行練習をすると、当日焦らず練習通りに髪型をセットすることができます。下準備もお忘れなく!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ふわふわな雰囲気が人気!メイクで叶える憧れの癒やし系女子

メイクには流行があり毎年のように変わっていきますが、男性が変わらずに支持するのは優しそうな雰囲気...

【ツヤ肌の作り方】乾燥肌の人はオイルを上手に使いましょう

30代に突入して、肌にツヤがなくなってきたと感じる人も多いでしょう。中でも乾燥肌の人ほどそう感じるの...

ヘアセットを結婚式の前に美容院でしてもらうときのポイント

友達の結婚式に出席予定だけれど、ヘアセットを自分でする自信がない…二次会もあるからくずれにくい髪型に...

ショートヘアのアレンジはワックスを使うと簡単&可愛い

ショートヘアのアレンジに役立つワックス、ふんわりさせたいのに重くなってしまう、抑えたいのに膨らんでし...

血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたい...

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。 あのア...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

女の魅力に拍車をかけられる、自分磨きの方法

女性の外見や中身は三者三様ですが、しっかり磨きをかけないと、輝くことは出来ません。 元々美人だった...

ヘアセット方法で雰囲気の変わるロングポニーテールアレンジ方法

ロングのポニーテールはヘアセット次第で、アクティブにもキュートにもクールにも見せることができますよね...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

やってみたいヘアスタイルは前髪が短い髪型。似合う人とメリット

あなたの周りに前髪が短いヘアスタイルの人はいますか? モデルや芸能人にも見かけますが、どんな印象が...

まとめ髪【ロング】40代でも簡単オシャレになるコツとアレンジ

40代のロングヘアの女性がまとめ髪をするときは、どんなことに気をつけるとオシャレにまとめることができ...

ヘアアレンジ【ショート】シーン別アップスタイルのアレンジ方法

ショートヘアの人は、ロングヘアの人のようにヘアアレンジを楽しめないと思っていませんか。ショートヘアで...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

スポンサーリンク

ショートボブはどうアレンジ?結婚式での髪型のマナー

結婚式に招待されると、日程や交通機関について考える他に、着て行く衣装と髪型についても悩ましい問題です。

普段の生活でのスタイルとは違い、結婚式となるときちっと装わなければなりません。特に髪型に関しては「きちっと」がどの程度なのか悩んでしまいます。

美容院でセットしてもらえば間違いないのですが、結婚式場へ赴く前にその時間が取れない場合もあります。

また、結婚式に参加する費用は結構な出費になり更にヘアセットにまでお金をかけたくないという方も多いでしょう。

自分でヘアセット出来れば美容室へ行く時間も費用も不要となります。これは何とかしてマスターしたいものです。

まずは結婚式に参加するにあたって失礼になる髪形があるのかを知る必要があります。

髪型も花嫁より目立たないようにする事

結婚式では新郎新婦が主役なので、主役より人目を引いてしまっては申し訳が立ちません。

そこそこの華やかさに抑えた髪形を心掛けましょう。

結婚式では髪の毛が顔にかからないようにすること

挨拶で頭を下げたときや食事をする時に髪の毛が垂れないように顔周りの髪の毛をすっきりとまとめましょう。

結婚式には編み込みでショートボブも華やかになります

ショートボブの長さでは編み込みをしてまとめると顔周りはすっきりと、それでいて全体が華やかになります。

  1. トップを前から後ろに向けてのラインで3つに分けてそれぞれの区画から下の髪を取り入れながら編み込んでいきます。
  2. 襟足まできたらゴムで縛り、毛先をピンでとめて3つをバランスよくまとめます。
  3. 後れ毛はヘアアイロンでカールします。

それぞれの編み込みをしてゴムを縛る前にいくらか髪の毛を引っ張りあげておくとゆるっとした感じに仕上がりおしゃれになります。

ピンで留めた辺りに小さめのコサージュをつけると結婚式らしくなります。

ショートボブでも編み込みにすることによりアップにできる

普段は髪の毛を下ろしている場合には、いつもとは違っておめかしをして来てくれたという特別感が感じられます。

私が結婚式を挙げた時に、お友達がおめかしをして来てくれているのを見て、とても嬉しく思いました。

自分達の結婚式のために素敵な衣装を用意して髪型もおしゃれにして来てくれたのかと思うと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
特別な装いは招待してくれた新郎新婦も喜んでくれます。是非とも気合を入れて装いましょう。

結婚式の髪型なら小物をプラスするのもおすすめ

編み込みでアップにした髪型は多様にアレンジできます。
後ろにワンポイントで大き目のバレッタを付けたり、小振りなバレッタを2つコーディネートして付けるのも素敵です。
パールのビーズをいくつか差し込んでも華やかになります。

ショートボブで編み込みが難しい場合はハーフアップして飾りを付けるのもおすすめ

  1. サイドの髪の毛を取り後ろでゴムで縛ります。
  2. ゴムで縛った部分を頭皮に沿って上から通して「くるりんぱ」して毛先を巻きつけてピンで留めます。
  3. そこに髪飾りを付けます。
どんな髪飾りを付けたらよいのか迷う場合にはパールのあしらわれたものを選ぶと良いでしょう。

パールは冠婚葬祭で使用される代表的な素材なので、フォーマルな雰囲気になり結婚式にもぴったりです。

髪の毛をいじるのがとっても苦手…という場合には、ボリュームのあるシュシュを取り付けたような大判のクリップで髪の毛全体を挟んでまとめるのもおすすめです。

サテンとレースなどが合わさった高級感のある素材の商品を選ぶと、それだけでドレスアップしたように見えます。
スタイリングする自信がない場合には便利なヘアアクセサリーを探してみて下さい。
インターネットでも多数販売されています。

ショートボブもくるりんぱで結婚式の髪型に変身

くるりんぱはとても優秀なスタイリング方法です。これをマスターするだけでかなり多様な髪型を作ることができます。

ショートボブでくるりんぱアップスタイル

  1. まずは髪の毛をトップとその下を中段、更にその下を下段として3区画に分けます。
  2. まずは下段の左右の髪をそれぞれねじりながら束ねて先を一緒にゴムで縛ります。
  3. 次に中段を下段と同様に両サイドをそれぞれねじりながら束ねて後ろで一緒にゴムで縛ります。
  4. トップはゆるく束ねてゴムで縛ります。
  5. 下段をくるりんぱして毛先をピンで留めます。
  6. 中段も同様にくるりんぱして毛先をピンで留め、トップもくるりんぱして毛先を中段に隠して崩れないようにピンで留めます。

これでくるりんぱのアップスタイル完成です。
いくつかパールのビーズ付けると品よく華やかになります。

ショートボブの髪型を結婚式用にアレンジするコツ

くるりんぱはストレートの髪の毛で行うとツンツンと髪の毛が飛び出してボサボサなヘアスタイルになってしまいます。

髪の毛がストレートの場合には事前にヘアアイロンで巻いてくせをつけておくとゆるふわっとした感じに仕上がります。

編み込みでいくらか髪の毛を引き出してゆるっと感のあるまとめ髪にすると、髪の毛の色が黒くても垢抜けた印象に仕上がります。

ヘアアレンジは、とにかくぴっちりとスタイリングしてしまわず、ゆるっと感を出すことがポイントです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688