ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは?

結婚式にお呼ばれしたときに困ってしまうのが前髪ですよね。後ろをアップにするのはできるけれど、前髪のまとめ方がわからない…いつもの前髪になってしまうなどアレンジ方法に迷ったときにはぜひこの方法を試してみてください。

簡単にできる前髪アレンジ方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。 ただし、ボ...

ふわふわな雰囲気が人気!メイクで叶える憧れの癒やし系女子

メイクには流行があり毎年のように変わっていきますが、男性が変わらずに支持するのは優しそうな雰囲気...

時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、...

腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。 腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的...

パーティー向きの髪型は、ミディアムならどんなアレンジが良いの

結婚披露宴などのパーティーにお呼ばれしたら、ドレスと一緒に髪型も華やかにしたいですよね。 ある程度...

ヘアセット方法で雰囲気の変わるロングポニーテールアレンジ方法

ロングのポニーテールはヘアセット次第で、アクティブにもキュートにもクールにも見せることができますよね...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか? 一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

ショートボブのお呼ばれヘア!結婚式にOKな髪型をご紹介

結婚式に招待をされたら髪型は美容室でセットをしてもらいますか?それともセルフでアレンジをしますか?そ...

ツヤ肌の作り方、プチプラで出来る方法とは

綺麗な女性の条件のひとつにツヤ肌がありますよね。 それはいつものお手入れとメイクをしているだけでは...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたい...

モテる顔の特徴を知って、自分もモテる側の人間になろう

世の中にはモテる人とモテない人に分かれます。 その違いは顔だけにあるのでしょうか。 ここでは、モ...

男もスキンケアのプレゼントは喜ぶ!選び方のポイントやおすすめ

男性へスキンケアのプレゼントは喜ばれるのかと心配になりませんか? 最近では、男性もスキンケアに気を...

スポンサーリンク

ヘアセットでアップにするなら前髪は編み込みがおすすめ

前髪を編み込みにするだけで前からはスッキリかわいい印象になり、横から見ても華やかな印象に仕上がります。

手の込んだワンランクアップの髪型に見える、おしゃれなアレンジをご紹介します。

  1. 編み込みをする前に、編み込むところと編まないところの髪を分けとります。
  2. 毛束を多くとりながら編み込むようにし、編み込みを目立たせたい場合は、ウラ編みで編み込んでみましょう。
  3. 襟足の中央あたりにきたら、毛先をゴムで結び、編み込んでいない髪を手ぐしでさっとまとめ、編み込んだ髪と合わせてゴムで結びます。
  4. ピンで留めながら形を整えて、必要に応じてスプレーで固めながら仕上げます。

ヘアセットをアップするときの前髪で迷ったときはナナメ

前髪のアレンジで悩んだときは、斜めに流してみましょう。

斜めに流す場合でも、ヘアスプレーを使って束感を作って少し持ち上げて動きを付けたアレンジにすると、柔らかさがありつつ大人の雰囲気が漂う甘すぎない前髪になります。

前髪を7対3でだいたい分けたら髪の多いほうをピンで仮留めして、分け目より上から多めに髪をとって分け目がわからないように緩めに流して仮留めした前髪と合わせて整え、ピンでしっかり留めます。

その日の気分に合った可愛いピンにしたり、細いピンをクロスさせて留めたりして、ピンの留め方にもこだわってみましょう。

おでこに自信のない人はこの前髪

おでこを出すことに自信がない方は、シースルーバングにしてみませんか?「シースルーバング」はおでこが透けて見えるくらい透け感のある薄めに作ったの前髪のことで、ふわっと軽く女性らしい印象になります。

シースルーバングは前髪をアップにしても下ろしても、どちらにも合う万能スタイルです。

薄い前髪があるのでおでこを隠すことができ、隠しつつ重たくならない好印象前髪なので、おでこを出したくない人におすすめですよ。

前髪が重くならないように、ウエット感を出して束感を持たせて動きをつけたフリンジバングもおすすめです。

目力が強調されて、目元がはっきりと可愛らしい印象になり、シースルーバングよりも前髪が多くても、重すぎない印象に仕上げることができます。

結婚式のお呼ばれヘアセットは前髪も崩れないように気をつけて

結婚式のお呼ばれは、主役を引き立てるために派手になりすぎないように気を付けながらも、いつもよりは華やかになるような服装に合わせたアレンジにしてみましょう。

ショートヘアの方におすすめなのが、お花の飾りがついたヘアアクセサリーです。
髪を耳にかけてアクセサリーを付けるだけの簡単アレンジなのに、華やかな印象になります。
華やかなアクセサリーに前髪をさっと流すだけで、すっきりした印象になるので、派手になりすぎることもなくなります。

お呼ばれに合うようなパールやキラキラストーンが付いたカチューシャでアレンジするのもおすすめです。
カチューシャを使うと派手になりすぎないか心配な時には、左右それぞれの髪で長めに編み込みを作ってカチューシャのように頭の上を通して留めたり、もみあげ付近から右の髪を左へ向かって頭の上を通りながら編み込んでカチューシャのようにしてみるアレンジも良いでしょう。

結婚式ではルーズにならないように気を付けなければいけないので、お辞儀や食事の時にアレンジした髪が垂れたり崩れてこないように、ヘアスプレーなどでしっかりセットしましょう。
大切なお祝いの席を、式中に崩れてしまった髪型のお直しで離れることがないように、崩れにくいアレンジをしましょう。

アップで前髪なしにするならココがポイント

前髪なしのヘアアレンジで、すっきりした印象にする時のポイントをご紹介します。

  • おくれ毛を出さずにまとめるとクールな印象になり、清潔感がアップします。
  • おくれ毛をたっぷり出して顔周りを隠すと、今どき感と小顔効果を狙えますよ。

おくれ毛は出し方、巻き方の違いで印象ががらっと変わります。
出し方、巻き方をマスターして、あか抜けた印象を手に入れましょう。

おくれ毛は顔周りの髪やうなじ周りにふんわりと出した毛束を言い、ポニーテールやお団子ヘアーなど、アップにしたときにおくれ毛があると柔らかい印象や色気がある印象に変わり、おくれ毛が多めだと色気のある雰囲気に、おくれ毛が少なめだと大人っぽさが演出できます。

おくれ毛は前髪の横、こめかみの横、もみあげ、耳の裏、えりあしといったあたりから毛束を取り、アレンジが崩れないように先に取っておくのがいいでしょう。

おくれ毛は3束くらいを目安に取りましょう。
たくさん出しすぎてしまうと重たい印象になるので、特に黒髪の方は取りすぎに注意が必要です。

夏は髪をまとめてすっきりした印象に、冬はおくれ毛を出してふんわりかわいい印象に、と季節に合わせて使分けるのもおすすめですよ。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688