時短ファンデーションはプチプラで叶う!おすすめや選び方のコツ

朝忙しくてメイクを時短で済ませたいという人には、時短を叶えるファンデーションがおすすめです。しかも、主婦に優しいプチプラコスメでも時短ファンデーションを選びことができます。

そこで、プチプラな時短ファンデーションのおすすめや選び方のポイントについてお伝えしていきましょう。

これで、あなたピッタリな時短ファンデーションを見つけることができ、お得にび肌を手に入れることもできますね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショートボブのお呼ばれヘア!結婚式にOKな髪型をご紹介

結婚式に招待をされたら髪型は美容室でセットをしてもらいますか?それともセルフでアレンジをしますか?そ...

女は化粧で変わる。別人になれるメイクの方法

女性は化粧で変わると言いますが、通常では限度があります。 一般的な化粧の方法ですと、今より3割増し...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

男もスキンケアのプレゼントは喜ぶ!選び方のポイントやおすすめ

男性へスキンケアのプレゼントは喜ばれるのかと心配になりませんか? 最近では、男性もスキンケアに気を...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

みんなに愛される柔らかい印象の女性にメイクで簡単に早変わり

女性は綺麗になるためにメイクをします。 そして綺麗になりたいという努力は本当に女性を美しくしま...

ヘアカットでミディアムに!面長が似合うコツやおすすめを紹介

ヘアカットでミディアムヘアにしたいけど、面長が余計に目立つような気がして躊躇している人もいるかもしれ...

モテる顔の特徴を知って、自分もモテる側の人間になろう

世の中にはモテる人とモテない人に分かれます。 その違いは顔だけにあるのでしょうか。 ここでは、モ...

ヘアアレンジでセミロングもデートで簡単可愛く!ポイントを紹介

ヘアアレンジでセミロングでもデートにピッタリなオシャレで可愛いヘアスタイルにしたいけど、不器用だから...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。 ただし、ボ...

まとめ髪【ロング】40代でも簡単オシャレになるコツとアレンジ

40代のロングヘアの女性がまとめ髪をするときは、どんなことに気をつけるとオシャレにまとめることができ...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

清潔感のある髪型にして、女性の魅力をさらにアップさせよう

清潔感のある人は、男女問わず好感が持たれます。 清潔感と聞くと、服装のことを一番に思い出す方も多い...

スポンサーリンク

メイクの時短にもなるファンデーションはプチプラでも選べる

家事や子供の用意、自分の身支度など朝の忙しい時間、どこか時間を削ってゆとりを持って出かけたいと思ってしまいます。

自分の身支度のひとつのメイクをサッと完成させる事で朝の時短になるでしょう。

そのためには2つの作業をまとめて行うことができるファンデーションや、クリームにする事でかなりの時短になります。

前もって手入れをしておくことも時短

スキンケアを丁寧に行っていると肌のキメが整いベースメイクに時間を取られる事はありません。

前日の夜のお手入れで肌の状況に合わせ重ねづけしたり、保湿をしっかり行うだけで朝の化粧をする時間の時短につながります。

時短できて美肌も叶えるプチプラファンデーションがおすすめ

リキッドファンデーション

サラサラした感触で薄付きで、気になるところのカバーができないのではないのだろうかと感じてしまう感触ですが、塗ったそばから顔色が明るくなり、粉っぽくならないためつや感を感じる事があります。

重ねてつける事でカバー力がアップします。

美容液が入っているファンデーション

お肌の色を整えてくれるファンデーションに美容液が入っているものです。

ベースにつけた美容液や乳液にプラスさらに保湿効果を高めてくれるファンデーションです。

お化粧しながらスキンケアを一緒にできる優れものです。

キメが細かいパウダーファンデーション

細かいキメでしっかりとお肌に密着しカバーしてくれます。細かい粒子にラメが入っているファンデーションもあり、つや感を出すことができます。

パウダータイプでも美容液配合のファンデーションがあり保湿効果も期待できます。

お手頃に購入できる金額のファンデーションでも想像以上の効果を試すことができます。

プチプラな時短ファンデーションを選ぶときのポイント

プチプラファンデーションはどの様なタイプのものを選ぶと良いのでしょう?

パウダータイプとリキッドタイプがありますが、季節やお肌の調子に合わせて使いわける事をおすすめします。

乾燥する季節のファンデーション

元々乾燥肌や暖房やエアコンなどでお肌の水分が不足しがちなときには、パウダーファンデーションを使うとしっかりと密着しなかったり、さらに乾燥して見えるときはないでしょうか?

また乾燥してお肌の調子がよくないときはスポンジでファンデーションをつけるだけでもダメージを感じるときがあります。リキットを使って保湿しながらカバーしたり使い分けるといいでしょう。

湿気が多い季節のファンデーション

気温が高く汗をかいてしまったり、湿度が高い時はテカリをおさえるパウダーがおすすめです。粒子が細かいパウダーを使うと長い時間メイクの崩れを防ぐ事ができます。

クレンジングしやすいものを選ぶ

メイクをオフするときはクレンジングとウォッシングが重要になります。

クレンジングとの相性が良いと時間をかけずクレンジングする事ができます。またクレンジングではなくウォッシングだけで落ちるプチプラなファンデーションもあるため確認して購入しましょう。

肌に合うものを選ぶ

顔につけるものなので自分のお肌に合わせて購入する事が大事です。肌の色に合わせるときはサンプルを手の甲につけて顔に近づけ首との色の差も確認しましょう。

肌の質に合うかはサンプルを使用しただけでは確認すること事ができません。お店の人にもらえるサンプルがないか聞いてしっかり吟味してから購入しましょう。

クッションファンデーションなら時短で簡単ツヤ肌に

手にクリーム状のファンデーションを取らずに、専用のパフを使って片手でファンデーションをつけることができるため時短につながるファンデーションの使い方をお伝えします。

  1. ファンデーションをパフにとります。
    パフ全体は使わずパフの上部を広く使いましょう。パフの使う部分にムラなくファンデーションをつける事を意識しましょう。
  2. おでこ、鼻、顎に軽くファンデーションを置き、最後に広い範囲で両頬に置きます。
  3. パフを横にして広く太く小鼻の横からこめかみに向かって伸ばしていきます。若干上に向かって外側に伸ばしましょう。
  4. 両頬が終わったらおでこを眉毛から髪の毛の生え際に向かって、鼻を小鼻から鼻の先に向かって、目元は押さえるようにファンデーションをつけましょう。

力を加えてしまうとお肌に負担がかかってしまうのでお肌がよれない程度の力でファンデーションをつけましょう。

優秀プチプラファンデでメイク時間を短縮しながらキレイな肌も叶います

美容液配合ファンデーション

1本で保湿、美白、日焼け止めをかなえてくれるファンデーションがあります。忙しい時間のメイクではスキンケアの手間を省くことができて便利です。

ミルクローションいらずのファンデーション

化粧水の後にすぐ使う事のできるファンデーションです。くすみをカバーしてくれるだけではなく肌色を調整してくれる機能や、テカリも防止してくれるためパウダーファンデーションの変わりもしてくれます。

肌をカバーするだけではなく、今ある肌をより綺麗にするスキンケアも重視しているファンデーションや美しく見せる細かなラメや色が使われているものがあります。

自分の肌質に合った色味を探し安心して使用することも大事です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688